草食系男子って言葉も、最近ではもうすっかり定着した感じがありますよね。

もともとこの言葉ってどこから生まれたんだろう?って気になってので調べてみたら、コラムニストの深沢真紀さんが生みの親だったんですね!今まで知りませんでした。

深沢真紀さんと言えば、フジテレビの情報番組『とくダネ!』のコメンテーターをしている人!なので、筆者もとてもなじみがあるし、結構好きなんですよね♪

ああいうコメンテーターの人って、意外と経歴とか知らずに見ていたりしますけど、やっぱり時代を読み解く力とか、言葉の表現が巧みな方がなるんだな~って改めて納得しちゃいました。

草食男子という言葉を作った人だったとは、今後は深沢真紀さんのコメントも、より楽しみになりそう♡

ちょっと話は脱線してしまいましたが…
草食男子という言葉の生みの親である深沢真紀さんは、草食男子を『恋愛に縁がないわけではないのに積極的ではない、肉欲に淡々とした草食男子』として定義づけています。

筆者は草食系男子って、字面でなんとなくでしか捉えていなかったので…調べてみると結構面白そう!

深沢真紀さんがこの言葉を生み出して以降、いろんな人が“草食系男子”について持論を述べていたりもしているようで、草食系男子への関心は年々熱を帯びてきているみたいですね。

草食系男子が急増中?

周囲の人から注目を集め、分析され…と、何かと関心が高い存在である草食系男子。

その草食系男子が今、急増中!?なんてことも言われています。

草食系男子の意味は、主に“恋愛に積極的でない男性”と解釈されていることからも、世間一般では、草食系男子が増え続けることを危機的状況だと捉える風潮すらありますよね。

つまり男性のタイプとして草食系って、とってもイメージが悪く捉えられがちなんです。

でも、元々の名付け親である深沢真紀さんは、草食男子をむしろポジティブな言葉として発信したんだそうですよ。

「女性をリスペクトでき、人間として対等に付き合える新しい世代の男性たち」を表わす表現として、“草食”を採用したのだそうです。

本当はいい意味で、Newタイプの男性たちがいることを、世に知らしめたかったんですね。

言葉が一人歩きするなんてよく言いますが、草食男子という言葉も、深沢真紀さんの思いとは裏腹な広まり方をしてしまったみたい。

でもキャッチーであり、パッとイメージの付きやすい“草食”という言葉が、今のような広がり方をしたのにも何となく納得しちゃいますよね。

筆者も、詳しい語源や言葉が生まれた意味は知らなかったけど、何となく「草食系男子ばっかり増えたら困るなぁ」なんて思っていましたから。

こと恋愛に関しては、決して積極的ではない筆者(女性)としたら、やっぱり男性のほうからガツガツ来てくれないとって思ってしまいます。

関係性を築く上では、本来の意味である“女性をリスペクトでき対等に付き合える男性”であることはとても魅力的だけど、恋愛に積極的じゃないと、そもそものお付き合いが成立しないのでは?って。

今や草食系男子は恋愛の積極性だけに留まらず、仕事やプライベートでの人付き合いなど、とにかく何事にも消極的で控えめなイメージが持たれています。

増えると困るのか。

それとも、今の時代の新しいタイプの男性として、草食系男子は有りなのか。

今回は、草食系男子を徹底的に調べてみたいと思います!

1. 増加の背景とは?


草食系男子の捉え方は人それぞれですが、増えているのは間違いなさそうなんですよね。

名づけ親である深沢真紀さんが感じたように、今と昔とでは、男性の性質や有り方は変わってきていると、筆者も感じています。

でも時代と共に、時代に添った性格に変わってくるのは、当たり前と言えば当たりまえのこと。

今はそのちょうど狭間の転換期で、戸惑う人もいれば、「今の時代らしい!」と受け入れている人もいるということなのかもしれませんね。

もともと草食男子という言葉が生まれた時、一緒に“肉食女子”という言葉も生み出されているんですよね。

女性の社会進出が当たり前になりつつある今、同時に、女性をリスペクトし対等な関係を築こうという草食男子が増えてきているのも、自然な流れと言えるのでしょう。

男性の価値観が変化しなければ、女性の社会進出だって有り得なかったはずですから。

そう考えれば深沢真紀さんの、『草食男子、肉食女子』と言う言葉は、今の時代を的確に捉えた言葉だったってことなんですよね。

時代の流れと共に、どんどん人々の価値観も変わってきている。

それが、草食男子が増え続ける理由でもある。

ではこの時代の流れの中で、どう草食男子が増えるに至ったのでしょうか?
草食系男子の増加の背景を、もう少し詳しく見てみましょう。

1. 女性の社会進出

草食系男子の増加の背景。

この理由の一つには、先ほどもふれた通り“女性の社会進出”が挙げられますよね。

今、社会にどんどん進出して活躍する女性が増えてきています。

それが可能になったのも、ある意味では草食系男子が増えたからとも言えるんでしょう。

女性をリスペクトする草食系男子が社会に女性を受け入れ、対等に付き合うようになった。

だからこそ、女性が社会でどんどん能力を発揮できるようになってきたとも言えるんですよね。

また一方では、積極性がなく控え目な草食系男子よりも頼もしい肉食女子に、草食系男子が圧倒されている結果…という場合もあるのかもしれませんね。

女性に押され気味なのか、女性を受け入れているのかは、草食系男子の中でも二通りに分かれているのかもしれません。

ただどうしても、草食系男子の存在を受け入れられない年配の方々からは、「男なのにだらしない」と、Newタイプの草食系男子も、ただ甲斐性がないだけの草食系男子も、一緒くたに見てしまうのでしょう。

それが、草食系男子が増えることを良く思わない世の風潮に、繋がっているのだと思います。

どちらにしても、長く社会を引っ張ってきた男性側の価値観が変わらなければ、女性が活躍する社会なんて有り得ません。

草食系男子の増加の背景には、確かに女性の社会進出がありますが、それは男性が女性に押され、女性が男性を押しのけて上に立った。

というわけでは決してないんですよね。

時代の流れがそうであり、それにともない男性が、女性を対等に見る流れが出来上がってきた。

そんな彼らが草食系男子であり、女性の社会進出を後押ししていると言ってもいいのだと思います。

2. 親の育て方や家庭環境


時代の流れが変えたのは、男性の価値観だけではありません。

今草食系男子が増加している背景には、親の育て方や家庭環境も大きく影響していると言えます。

昔は子供が多いのが当たり前の時代でしたよね。

物も少ない中、人数の多い家族の中で分け合い、時に取り合いをしながら生きていたでしょう。

子供の数が多ければ、それだけ親の目も行き届きません。

それでも兄弟姉妹で協力し合い助け合いながら、なんとかここから這い上がろうっていうハングリー精神も、自然と身に付いていたんだと思います。

筆者の父がまさにそう。

ちょうど戦争が終わるころの生まれで、まさに物がない時代。

そして大きく世の中の流れが変化していく転換期です。

8人兄弟の末っ子で、子供のころに母親が目をかけてくれた記憶はないと言っていました。

代わりに兄弟に面倒を見てもらっていたみたいですね。

家庭の経済状況も厳しかったようで、そのころの母の苦労、そして何より父本人が苦しい思いをしたことが、大人になってからの父を支えていたようです。

父は母の愛情を思うように受けられなかったけど、いつか母を楽させてやりたいという思いは強かったようだし、自分が家庭を持ってからは、あのような苦労を自分の家族にさせまいと、高度成長期の中で踏ん張り続けてきたんです。

それが男の役割なんだって、小さいころから体に叩き込まれて大人になったようなものなんですよね。

昔の男性に草食系男子が少ないのは、そんな時代だったから。

筆者の父のような価値観の元で育ってきた人が多いはずです。

一方今は、子供が多い家庭は珍しいくらいです。

核家族化とも言われて、2世代3世代で暮らしている家もほとんど無いでしょう。

時代の流れと共に物は溢れてきたし、子供が少なければそれだけ物に困るっていう経験も無いですよね。

物だけじゃなく、親の愛情も独り占め出来ているかもしれません。

そうやって育った今の世代の若者たちには、昔の人より成りあがってやる!這い上がってやる!っていうハングリー精神が育たないのも当たり前ですよね。

もちろん、個々の家庭環境や育て方によっては一概に言えませんが、昔と比べたら、ぬくぬくと育てられた人は多いはずです。

筆者だってそう。

二人姉妹だし、女の子ってこともあって、大事に育てられたと思います。

こういった子供のころからの環境が、今の草食系男子が増える背景にも、大きく関わっていることは言うまでもありません。

自ら積極的に動かなくても与えられる環境なのですから。

ただもちろん、そういった余裕が生まれたことが、時代の変化を受け入れる草食系男子の寛容さに繋がっていったとも言えるんですよね。

草食系男子って、もともとは恋愛に対する積極性がない人ですが、恋愛に積極的にならないのも、やはりそれ以外で満たされているからとも言えると思うんです。

男が社会に出て、女を守ってやらなきゃと思うほどの理由がない。

それが、満たされている母の姿や、父の姿、そしてたっぷりの愛情と物を与えてもらえる今の家庭環境から感じ取るものなんだと思います。

草食系男子が増加する背景には、いろんな要素が複雑に絡み合っているとも言えるのでしょうね。

3. 男女平等の社会風潮

草食系男子が増加する背景にはもちろん、男女平等の社会風潮も関係していますよね。

男性と女性は同等の権利があるとする男女平等。

日本では、世界に比べてまだまだ男女平等にはなっていないと言われているけど…草食系男子の急増と共に、男女平等への流れも加速しているようにも思えますよね。

だけど男女平等って、筆者としてはちょっと難しいなって思う思想なんですよね~。

アフラフォーの筆者としては、やはり子供の頃はまだ男女平等って世の中ではありませんでした。

だから、昔ながらの考え方が抜けないのかもしれませんけどね。

ただもちろん、男性と女性とで差別されるのはおかしいって思っています。

筆者としての考え方はこうです。

男性と女性って、そもそも体の作りが違う。

力の面で見ても、男性と女性には差があるわけで…でも、それぞれに役割があるものだよなって思うんです。

男性と女性は“平等”というより、対等であるっていうほうがしっくりくるんですよね。

それぞれにしか負えない役割はある。

けど、どっちが上でどっちかが下。

どっちが偉くてどっちかが従わなきゃいけないってことじゃなく、それぞれが尊重すべき存在だってことです。

ある意味草食系男子は、女性をリスペクトし対等な存在として認めている男性たち。

なので、筆者の考え方とも似ているのかもしれませんね。

つまり男女平等が叫ばれ続けた時代を経て、男女差別の感覚が薄れていった今の時代だからこそ、草食系男子が増えたとも思うんです。

ただ思うのは、「男として、女性として」っていう感覚も無くなっていくのは違うかなって。

男と女の区別すらなくなっていったら、もちろん恋愛になんて発展しません。

もしかしたら、男女平等の捉え方をはき違えてしまっている草食系男子もいる…それが、周囲の人が草食系男子に感じる危機感なのかもしれませんね。

4. 結婚に対する価値観の変化

近年の結婚に対する価値観の変化も、草食系男子が増加する理由になっていると言えますよね。

昔は結婚して家庭を持ち、夫婦で協力しあって子供を育てていくのが当たり前でした。

社会を生きていく一人として、それが与えられた役割であると、誰も疑いもしなかったのではないでしょうか。

それが最近では、「人生結婚が全てじゃない」と考える人も増えてきていると思います。

筆者もまさにそのひとりなんですけどね(笑)

女性の社会進出に伴い、男性に養ってもらわなくとも自立して生きていけるようになった女性側の価値観。

家庭に縛られず、自由に生きていきたいとする男性側の価値観。

それぞれが少しずつ、結婚に対する価値観を変化させてきています。

それに昔は離婚っていうと、世間体的にもとてもイメージの悪いものだったし、女性がひとりで生きていくのもままならないことから、一生添い遂げるのが当たり前でした。

でも、離婚してもシングルマザーとして生きていく道も開かれている今は、我慢するより離婚するほうが得策だという風潮もありますよね。

社会の変化と、男女それぞれの価値観の変化により、結婚観は大きく変わってきています。

結婚、離婚でいったら、昔に比べれば女性の方がパワフルに生きぬく力を身につけたと言えるのではないでしょうか。

それが、草食系男子の増加の背景にもなっているのでしょう。

男性を必要としない女性たち。

家庭を守るという責任を負わなくてよくなった男性たち。

それぞれが、今の時代を作っているとも言えるのです。

5. 物に溢れて満たされている時代

草食系男子が増加した背景には、今の時代が物に溢れて満たされているということも、理由のひとつなんですよね。

親の育て方や家庭環境の変化の中でも触れましたよね。

物に溢れて何不自由なく育ってきた今の若者は、心も身体も満たされている状態。

物がない時代の人達のようなハングリー精神は、育ちにくい環境に生まれてきたんです。

これは前の世代の大人たちが、ハングリー精神の元に作ってきた世の中でもあるんですよね。

もっと便利に、もっと快適に生活できるように成りたいという気持ちで発展させてきたことで、その子供たちは、十分に満たされた生活を送れるようになったんです。

自分の子供には不自由のない生活を送らせてやりたいと願う親世代が踏ん張ってきたことで、幸せな環境が与えられた…。

だけどその一方で、得るものがあれば失うものもあるっていうのが今、浮き彫りになってきているのかもしれません。

そのひとつが、草食系男子とも言えるのかも。

草食系男子を負の遺産とは言いませんが、もし親世代の大人たちがハングリーに生きぬく力を子供に身につけさせたいと思っていたのなら…やり方はちょっと間違えてしまったのかもしれませんよね。

筆者の父も、自分が苦労したぶん自分の家族には同じような思いをさせまいと、必死で働いてきました。

その結果、甘々な娘二人が育っちゃったんですよね(笑)
というのも、筆者の姉は鬱で10年近く引きこもり生活をしていました。

もちろんそれは甘えだけではないんだけど…どこかで甘やかしもあったと言わざるを得ません。

父は今、姉に「とにかく自立して欲しい」と言うけれど、やっていることは真逆なんです。

筆者から見れば、自立して欲しいんだか自立させたくないんだかよく分かりません。

父としては、自分は親に何を言われることも無く、自分で自立して社会で頑張ってきた。

だから、子供も勝手に自立するものだと思っているらしいんです。

でも、そういったハングリー精神を養うには、父と筆者たち姉妹の育った環境は違いすぎるんです。

今の世代の若者に、草食系男子が増えてきたことに親世代の人達は顔をしかめるけど、そう育ててきたのは他でもない、親世代の人達でもあるんですよね。

昔は大変だったんだっていうのは分かるけど、やっぱりその体験をしてみないと苦労の真髄は分からないっていうのが、正直なところなんですよね。

2. 結婚率、晩婚率にも影響

草食系男子が増加した背景にある、結婚に対する価値観の変化や育った環境は、もちろん今の結婚率、晩婚率にも大きく影響しています。

昔なら結婚するのが当たり前で、20代のうちには結婚して家庭を持つのが自然な流れだったけど、今は30代で結婚といっても決して珍しくはありません。

社会進出した女性としても、20代って一番夢や希望に溢れて仕事にまい進している時です。

そこで結婚となると、経験もキャリアも、捨てることになったり中断されることになったりしてしまうんですよね。

どうしたって、妊娠したら中断せざるを得ないのですから。

そうすると、結婚に踏み切るのは遅くなるんです。

でも結婚が遅くなればなるだけ、妊娠出産にもリスクを伴ったりもして、それが少子化にだって影響しているんですよね。

今の世の中の、自分個人の満足を求め続ける風潮が草食系男子を生み、少子化の時代を生んだとも言えるのかもしれません。

全員が社会の一員として、社会の為に役割を果たそうという方向に動き出さなければ、国も破綻してしまうのかもしれませんよね。

これから先の時代をどう担っていくのか。

それは今の草食系男子と肉食女子に託されているんだけど…。

草食系男子の特徴21選

草食系男子が増加していくこれからの時代が、どんな時代になっていくのか。

社会進出をしていく女性たちもその一役を担ってはいるけど、やはり草食系男子の存在がどう関わっていくのかは気になるところですよね。

これからの世の中を作っていく草食系男子には、その一役を担うだけの資質があるのか!?ここからは、今の世代の新しいタイプの草食系男子の特徴を探ってみたいと思います。

1. とても真面目

草食系男子には、とても真面目という特徴があるそうです。

草食系男子が増えることを良く思わない人も多いけど、決して不真面目ではない草食系男子。

人や社会に迷惑をかけるようなことはしないので、そんなに悪く言われる筋合いはない!っていうのが、草食系男子側の意見なのかもしれませんね。

2. 物腰が柔らかい

物腰が柔らかいというのも、草食系男子の特徴となっています。

満たされた時代に生まれ育った草食系男子たちは、ハングリー精神こそ育たなかったかもしれないけど、心や気持ちに余裕がある人たちでもあるんですよね。

人を押しのけたり、傷つけたりしながら這い上がろうっていうガツガツした性格とは真逆で、優しくて物腰が柔らかいっていうのが、草食系男子なんです。

3. 自己主張をしない


草食系男子の、ちょっとマイナスな一面として見られがちなのが、自己主張をしないという特徴。

ガツガツと前に出る性格ではないので、どんなことも受け身で捉える傾向があるようです。

これが、優しさと捉えてもらえれば良いけれど、時と場合によっては「頼りない」とも思われがちなんですよね。

4. 痩せている人が多い

草食系男子には、痩せている人が多いという見た目の特徴もあります。

確かに、草食系男子に太っているイメージはありませんよね(笑)
太っているっていうことは、食欲に関してはハングリーな一面を持っているとも言えます。

食べることに関する欲求が人一倍強い人が太るわけですから…満たされすぎて強い欲求を持たない草食系男子には、痩せている人の方が多くなるのは自然なことなのかもしれませんね。

また、草食動物の草を食べているイメージにも合致するんですよね。

肉食じゃなくてヘルシーな草食ばかり。

だから太らない。

…と、連想されてしまうのも、草食系男子なのでしょう。

5. 恋愛経験が少ない

草食系男子を語る上で外せないのが、恋愛経験が少ないという特徴になるのでしょう。

草食男子の名付け親である深沢真紀さんも、草食男子を決して批難はしていない。

だけど、恋愛に対して積極的じゃないということは指摘しています。

もちろん、恋愛に積極的じゃないとダメってことはありません。

だけど、恋愛に積極的じゃないと、そのぶん恋愛経験は数えるほどになりがちですよね。

つまりそれが、生涯未婚や晩婚化、さらには少子化へと繋がっていくわけで…恋愛は個人の自由ではあるけど、社会の一員としてはちょっと、問題視されてしまう部分なんですよね。

6. 色白な人が多い


色白な人が多いと言われているのも、草食系男子。

これって、“草食系”という言葉から連想される、勝手なイメージの場合も強いと思いますが…どうしたって、日焼けした肌を持つ男性は活発そうなイメージになるし、色白の男性はそれとは逆に大人しそうに見られやすい。

痩せていて力も無さそうだし、活発に行動するというよりはゆったりゆっくり。

草食動物ののんびりと草を食べるイメージと相まって、草食系男子はインドア派で色白な人って思われやすい。

全ての草食系男子がそうではないとは思いますが…確かに筆者もこのイメージって持ってしまいます。

7. 結婚願望があまりない

そして一番に問題視されているであろう草食系男子の特徴が、結婚願望があまりないということなのでしょう。

筆者も結婚願望がないので人のことは言えませんが…恋愛に対して積極的になることも無ければ結婚願望が無いっていうのは、おじさんおばさんたちからしてみれば心配してしまうところ。

草食系男子が歳を取った時に、支えてくれる人がいないってことになってしまいますからね。

筆者の場合は結婚願望が元々ないんじゃなくて、次第に無くなっていったという方が正しいんですけど…それも、草食系男子が増えたせいもあるのかも?
付き合ってきた人がことごとく、恋愛にも結婚にも積極性がなかったですからね。

若いうちに積極的に結婚について考えてくれる人に出会っていたら、筆者も今ごろ結婚していたのかもしれません。

8. 文系の人が多い

文系の人が多いのも、草食系男子の特徴なんだそうですよ。

確かにこのイメージありますよね。

優しくて物腰が柔らかいっていう特徴からも、静かに本を読んでいたり物思いにふけっているイメージなのが、草食系男子。

やっぱり、物に溢れていて満たされている時代だからなのかな~。

何か物を生み出そうっていう思考にはならないのかもしれませんよね。

9. あまり外に出かけない


先ほどの“色白”っていう特徴とも併せて、あまり外に出かけないっていうのも、草食系男子の特徴と言われています。

外に出かけないから色白で、外に出かけないから痩せてひ弱そうなんですよね。

これも、全ての草食系男子がそうだとは言いませんが、このイメージはどうしてもある!
やっぱり自宅に物が溢れていて、外に出なくても満たされるものが十分にあるってことが原因にもなるんでしょうね。

10. オタクっぽい

オタク=草食系男子ってわけでは無いはずなんですけど…世の中の認識はほとんど、草食系男子といえばオタクっぽいになってしまうでしょうね。

筆者も、今回草食系男子についていろいろ調べてみるまではそうでした。

男ならガツガツ引っ張って欲しいっていう、筆者としての男性の好みもあるので、そうでない男性は草食系男子だし、表に出てこないオタク的なイメージを持っていました。

家の中で、ネット上で…恋愛もバーチャルで完結しちゃってるんだろうな~って。

こうイメージされちゃうから、草食系男子が増えることに危機感を持たれるし、本来の思いとは違った形で草食男子って言葉が広まってしまったのでしょうね。

11. 性欲が無い

草食系男子が恋愛に積極的じゃないのは、性欲がないという特徴が大きく関わっていると言えそうですよね。

性欲って動物の本能的な部分ですよね。

それがあるから、女性にアプローチし、恋愛を成功させようとするといっても過言ではないでしょう。

なのにその性欲がなかったら?恋愛をする意味も、結婚する意味もありませんよね。

本来草食動物は、性欲がない動物ではないそうなんです。

だけど、日本で言われる草食系男性は性欲も無い。

満たされているあまりに、性欲という欲求も研ぎ澄まされないんですかね…。

12. 受け身で慎重

受け身で慎重。

これも、草食系男子によく言われている特徴ですよね。

特に恋愛に関しては、“受け身すぎる草食系男子”なんて声が、女性から聞こえてきます。

筆者の昔の彼も、今思えば草食系男子でした。

自分から告白して付き合ったことがなく、告白されると流されるまま付き合う。

筆者は当時その彼との結婚を望んでいましたが、慎重すぎるあまり結婚に踏み切れない。

受け身で慎重という草食系男子の特徴にぴったりはまっています。

さらに、とても物腰の柔らかい優しい人でしたしね。

でもやっぱり、筆者としてはしびれを切らしたって感じでした。

決定力も決断力もなくて、よく言えば慎重だけど、女性からしたら頼りがいがない。

「もういいや」って思ってしまいましたからね。

結婚に慎重になるのもわかる。

でも、慎重になるにもほどがある!っていうのが、草食系男子なのでしょうね。

13. 自分の時間を大切にする

草食系男子には、自分の時間を大切にするという特徴もあります。

自分の時間を大切にするというよりは…一人でも十分楽しい!っていうのが、草食系男子なんだと思います。

一人での楽しみ方を心得ていて、それで十分満たされた生活を送っている草食系男子は、より自分の時間を大切にしたいとも感じるのでしょう。

それが何よりも幸せな時間なのですから。

そうなると、誰にも邪魔は出来ません。

もちろん、女性の存在も不要だし、女性が入り込む隙もないのかもしれませんね。