人生は常に良いことだらけ、というわけにはいきません。

悲しいことや辛いことだってたくさん起こります。

あるいは楽しみ・生きがいなど何もなさ過ぎて毎日を虚しいと感じている人もいるかもしれません。

そんな時皆さんこう思ったことがあるんじゃないでしょうか?「自分はどうして生きているんだろう」「何をするために生きているんだろう」人は誰だってこんな風に自分の生きている意味について考えるもの。

でもこれって誰かが教えてくれるわけでもないし、簡単に答えが出ることではありませんよね。

もちろん筆者である私にも答えが出せることではありません。

けれど自分がなんのために生きているのかが分からなくても、生きていることで何ができるのか・何を得ることができるのか・どう生きていけばいいのか、などの答えは考えればきっと見つけることができるはずです。

今回は生きている意味ではなく、まず生きている意味が分からなくなった時何を考えればいいのか、それを皆さんにご紹介していきたいと思います。

生きている意味が分からなくなった人へ

まず最初に今この記事を読んでいる人の中で、人生に何か悩みを抱えていたり、生きていることに疑問を抱いている人はいますか?単に今だけ落ち込んでいて悩んでいるという人もいれば、中には人生を終えてしまいたいくらい辛い思いをしている人もいるのではないでしょうか?確かに人生は辛いことや悲しいことの連続で、生きる意味を見失いがちになるものです。

でもその分楽しいことや幸せなことだってあるのではないでしょうか?また家族や友達、恋人、仕事などあなたの周囲にいる人・あるものについて考えてみてください。

あなたにとって大切なもの、あるいはあなたを大切に思ってくれるものがきっとあるのではないでしょうか?そこに必ずあなたの生きる意味はあるはず。

例え生きる意味がはっきり分からなかったとしても、「このために生きていこう」「あの人のために生きていこう」そういう思いから人は生きようという希望を見出していくんです。

今回はそんな生きていくためのヒントのようなものをいくつかご紹介できたらと思っています。

もしも明確な答えが見つからなかったとしても、何かあなたのヒントとなるようなものが見つかる、そんな手助けができたらと願っています。

生きている意味がわからなくなる瞬間


「生きている意味が分からない…」そもそも人は一体どんな瞬間にそう感じるものなのでしょうか?大抵は苦しいことや虚しいことが起きて、人生に希望を持てなくなった時ですが、具体的にそれはどんなことが起きた時なんでしょう?まずはそこから知っていくことにしましょう。

每日が単調で楽しくない

朝起きて、仕事に行って、夜帰ってきて寝る。

大抵の人がこんな当たり前の毎日を過ごしていると思いますが、でもこんな当たり前の毎日を繰り返すことで人は生きている意味を見失いがちになってしまうんです。

なぜならこんな単調で同じことだけの毎日を繰り返すだけでは、人は人生になんの楽しみも目的も感じられなくなってしまうから。

そうすると人は段々人生がつまらなく感じるようになってしまい、そして自分が一体何を楽しみに生きているのか、なんのために生きているのかというのが分からなくなってしまうんです。

人生に意味を持たせるためにはやっぱり楽しみや刺激も大切。

だから友達と遊んだりなにか予定を入れたりなど、毎日の中にイベントを作ることが重要となってくるんですよね。

仕事で失敗した


人は何か大きな失敗をして落ち込んだ時にも「あぁ、自分はどうしようもない人間だ」「生きている意味があるんだろうか」なんて風に感じやすくなるものです。

特に仕事で失敗をすると余計にそう感じるでしょう。

仕事の失敗は自分1人の問題ではなく職場や周囲の人にも迷惑をかけてしまうことですし、上司などから怒られたり評価を下げられてしまうこともありますから。

余計に傷ついて自分に自信が持てなくなり、生きている意味が分からなくなってしまったりするんですよね。

また人によっては仕事にとても熱心で、仕事に生きる意味を見出しているなんて場合もあったりするので、そういう人は失敗をした時余計に生きる目的や希望を見失ってしまうのではないでしょうか。

何がやりたいのかわからなくなった時

先程もお話したように、人は楽しみや目的がないと人生がつまらなくなってしまい、生きる意味を見失いがちになってしまいます。

だから自分が今後何をやりたいのか、それが分からなくなってしまった時も、目的を見失ってしまい生きる意味が分からなくなってしまうのです。

例えば何か目標となるものや将来の夢などですね。

その目標となるものを途中で挫折したり諦めざるをえない状況になってしまったりして、今後何を目指したらいいのか分からなくなってしまった時がそうです。

また最初から特に目標や夢がなく、やりたいことが全く見つからないなんて人も当てはまるでしょう。

とにかく人生で自分がやりたいこと・やるべきことを見つけないと、「何をするために自分は生きているんだろう」と感じるようになってきてしまうんですね。

人間関係がうまくいかない時

家族・友人・恋人など、人間関係は人に大きな影響を与えるものです。

だから人間関係がうまくいかない時も人は大きなショックを受け、生きている意味さえ疑うようになってしまいます。

特に友人や恋人との時間を大切にしているような人がそうでしょう。

そういう人にとって大切な人達というのは本当に大きな存在で一緒に過ごす時間も多いので、例え些細なケンカなどでも傷ついてしまいます。

もしも万が一縁が切れるようなことがあったらそれは生きる楽しみや目的をなくしてしまうようなものとも言えるでしょうね。

まぁ本当に大切な人なら滅多なことでは縁が切れることはないと思いますが、決して失わないよう普段から周囲の人達を大事にするよう心がけるようにしなければいけませんね。

生きている意味がわからないときに考えたいこと

ではここからは生きている意味が分からなくなった時に何を考えたらいいか、それをご紹介していきましょう。

人が生きている本当の意味なんてすぐに答えが出るものではありませんが、でもそれに繋がるような答えがここからきっと見つかるはずです。

生きるとはどういうことなのか、自分が生きることで何か良いことはあるのか……まずはそういったことからゆっくり考えていくようにしましょう。

死んだら全てが終わるわけではない

人は生きている意味が分からなくなった時、「生きていてもしょうがないんじゃないか」「死んでしまった方が楽なんじゃないか」なんてことまで考えたりします。

でも勘違いしないでください。

死んだからといって全てが簡単に終わるわけではありません。

確かに自分自身は死んでしまえば人生を終えて楽になれるのかもしれません。

でも残された人達はどうなりますか?大切に思っている人達はどうなりますか?周囲の人達は死んだからと言ってパッと忘れられるわけではありませんよね?いつまでもその人のことを忘れられずに悲しんで、苦しい思いを抱えていかなければならないんです。

むしろ今まで以上に辛い悲しい人生を歩んでいかなければいけなくなるんです。

死というのは簡単には終わらず、ずっとそうやって残っていくんです。

自分の死のせいで大切な人達にそんな辛い思いをさせてしまうなんて考えたら、自分だって辛いですよね?もしも生きている意味が分からなくなって死を考えるようなことがあったら、その気持ちを思い出すようにしてください。

人生は授業である

人が生きている意味を見失いがちになってしまうのは、もうこれ以上自分の人生には何も起こらない、もう人生は終わり、そんな考えがあるからではないでしょうか?だからもしも生きている意味が分からなくなってしまった時は、人生は授業であるということを思い出すようにするといいでしょう。

なぜなら人生には終わりなんて瞬間はないから。

例え何歳になろうと何年生きていようと、人生は生きている限り何が起こるか分からないんです。

これからまだまだ知ることや学ぶこと、経験することだってたくさんあるんです。

だからもし今人生がつまらないと感じていたとしても、これから何か楽しいことや生きがいが見つかるかもしれませんよ。

そして新しい生きる意味を見つけることもできるのではないでしょうか。

生きている限り人は可能性を秘めているんです。

だから自分の中で勝手にその可能性を終わらせてしまうのではなく、これから何が起きるのかを期待するようにしてみましょう。

嫌いな自分を見つけて乗り越える

生きている意味が分からなくなった時、普通だったら人は良いことや前向きなことを考えようとするかもしれませんが……敢えて嫌いな自分と向き合ってみるというのはいかがでしょう?なぜなら今人生に生きる意味を見つけられないのはきっと自分に何か原因があるから。

だからその原因を見つけてそれを乗り越えれば人生の楽しみや目的を発見できるよになるかもしれませんよ。

あるいはそれを乗り越えるということが人生の新たな目的となるかもしれませんよね。

自分の短所に目を向けるというのは嫌なことですが、勇気を出して向き合って、まずは自分の嫌いなところを見つけてみましょう。

そして次にそれを乗り越えるためにはどうしたらいいのかを考えて、行動してみるようにしましょう。

生きる意味を見つけるだけではなく、自分自身の成長にも繋がるはずですよ。

生きがいは何?あなたの使命は?

生きている意味が分からないという人の場合、「自分の生きがいが分からない」「自分がなんのために生きているのか分からない」と悩んでいる人も多いので、これは難しいことかもしれませんが……敢えて自分からその分からないことに向き合って、自分の生きがいや使命を考えてみるのも1つの方法と言えるでしょう。

例えば仕事やプライベート・人間関係など、今のあなたの状況をしっかり見直してみて、そこから生きがいやあなたにできそうなことを探してみてはどうでしょう?誰にだって役立てることやできることは必ずあるもの。

自分を見つめ直すことで自分の能力などを改めて知り、その答えを見つけることができるかもしれませんよ。

そうして生きがいや使命を見つけることができれば生きる意味もきっと見出せるはず。

大きなことでなくても些細なことでも構いません。

あなたができること、あなたがしたいと思えることを見つけることから始めてみましょう。

人のために生きてみたら?

生きている意味が分からなくなるというのは、それは人が自分の世界だけで生きていて自分のことしか考えていないから、というのが原因だったりします。

でも人というのは実は自分のためよりも、誰かのために生きようとすることで強くなれるもの。

だから生きている意味が欲しいと思ったら、誰かのために生きることを考えてみてはどうでしょうか?例えば家族や友人・恋人など自分にとって身近で大切な人達のためですね。

直接その人達のために何かするというわけではなくても、「頑張る姿を見せてあげたい」「一緒に楽しむ時間を作りたい」そういう思いがあるだけで人は生きる目的ができて、頑張ろうと思えるようになるのではないでしょうか。

またそれがキッカケとなって大切な人達を過ごす時間が増えれば、それもまた人生の楽しみとなりますよね。

まずは自分にとって誰が大切なのか、誰のために生きたいと思うのか、そこから考えてみるようにしてみてくださいね。

過去や未来のことはどうでもいい!今を生きる

生きている意味、つまり人生について考えた時、人はどうしても過去の自分を振り返ったり未来のことまで考えたりしてしまうものです。

でも過去を振り返ったってどうしようもないし、今生きている意味を見出せないのに将来のことなんて考えても不安なだけですよね?人によってはあれこれ思い出したり考えすぎて、かえって生きる意味を見失ってしまうかもしれません。

だから余計なことは考えず、今を見つめることが大事!まずは現在の自分を見つめ直して、生きる楽しみや目的になりそうなものを探してみるようにしましょう。

そして今という時間を一生懸命生きることだけを考えるようにしてくださいね。

自信を持って今を生きられるようになれば、過去も誇れるようになるし、自然と将来にも希望が持てるようになるはずですよ。

産んでくれた親はどうなる?

先程「人のために生きてみたら?」というお話をしましたが、中でも特に自分の親のことについて考えてみるのはいかがでしょうか?なぜなら親というのは自分を産んでくれたかけがえのない人。

そしていつでも自分を想い味方でいてくれる大切な存在です。

その大切な人のために頑張っていこうと思えれば、それが生きていく意味に繋がっていくのではないでしょうか。

またもしも生きることに希望を持てなくなり死を考えている人がいたら、その時親がどうなるのかを考えてみてください。

愛する我が子を失った親の悲しみは想像もしきれないほど辛いものです。

そんな悲しみを抱えたままこれから何十年も生きていく親のことを考えたら、自分だって辛くなるし罪悪感でいっぱいになりますよね?何も大きな成功をしたり、親に誇れるような子を目指さなくても良いんです。

親は子供がいつまでも健康で自分の傍にいてくれることを望むもの。

だからこれからも親と一緒にいてあげよう。

それを生きていく目的にしていけば良いんですよ。

生きている意味よりも「どう生きたいか」

先程もお話しましたが、人が生きている本当の意味なんて簡単に分かることではありません。

自分がなんのために生きているのか、どんな宿命を受けて生きているのか、その答えは誰も知らないしもしかしたら一生分からないことかもしれません。

だからこそ人は生きている意味を探すよりも、自分がどう生きたいかを考えていく方が大切と言えるのではないでしょうか?どう生きたいか、その答えなら自分で見つけ出すことができるはずですし、それが新たな生きていく意味にもなっていくはずです。

人のために生きていきたい、仕事を頑張っていきたい、自分に誇れるように生きていきたい、とにかくなんでも良いんです。

この1度しかない人生を良い人生だったと思えるようになるために、自分はどう生きていきたいのか。

それを考えて達成するために行動に移していけば良いんですよ。

そもそも生きている意味というのは運命や誰かに決められるものではなく、そうやって自分で見つけていくものなのかもしれません。

生きている意味は探すのではなく、自分で決める。

まずはそう切り替えてみることが大切かもしれませんね。

なんでもいいからやりたいことをやる

生きている意味が分からなくなった時。

そんな時はあれこれ考えるのをやめて、とりあえず自分のやりたいことをなんでもやってみるのも良い方法でしょう。

色々考えたって答えが出ないものは結局出ないし、その分時間が無駄になってしまいます。

だったらやりたいことをやって過ごした方が楽しい人生を過ごせるのではないでしょうか?そうすれば例え生きている明確な意味が分からなくったって、充実した人生を送れているという実感ができるはずです。

それにもしかしたらそのやりたいことが将来への夢や目標へと繋がって、自分の生きる意味や目的になるかもしれませんよ。

まずは行動あるのみ!なにか気になっていることややりたいことがあるのなら早速行動に移してみましょう。

また既になにかハマっているものがあればそれに集中するようにしてみましょう。

とにかく自分のやりたいようにやって、思い切り楽しむようにしてくださいね。

孤独は悪いことじゃない

先程、人間関係がうまくいかない時に人は生きている意味を見失いやすいとお話しましたね。

もしかしたら友人や恋人がおらずいつも孤独で、それが原因で生きていることを虚しく感じている人もいるかもしれません。

でも考えを切り替えてみてください。

孤独というのはそんなに悪いことではありません。

なぜなら孤独というのは1人ぼっちになってしまう時間なのではなく、1人の時を楽しむことができる時間だから。

自分だけの時間を誰にも邪魔されることなく、その分やりたいことなどに使い、人生を充実させることができるんですよ。

また人は1人でいる時間を作ることで、人を見る目や人間関係を育てる力を養うとも言われています。

つまり孤独を体験するからこそ、本当に自分にとってかけがえのない大切な人と出会い、絆を強めることができるかもしれないということです。

人生とは結局誰かのためではなく自分のもの。

だから孤独というのは自分にとって本当に大切なものや生きている意味を見つけていくのに必要な時間とも言えるのではないでしょうか。

生きている意味がわからない人にオススメしたいこと

ここまでは生きている意味が分からなくなった時に”考えるべきこと”についてお話してきましたが、次は”実践するべきこと” ”オススメしたいこと”についてご紹介していきたいと思います。

考えることも大切ですが、実際に行動を起こせば人生が変わる可能性をもっと広げることができますよ。

決して難しいことではないので、自分にできそうだなと思うものから少しずつ始めてみてはいかがでしょうか?

やりたいことを明確にする

まずは自分のやりたいことを明確にすることから始めてみましょう。

やはり人はやりたいことがハッキリしてそれを目標にすることで、一気にやる気も出てきますし、それが生きていく意味や目的になりますから。

とりあえず最初に自分のやりたいことを考えてみるようにしましょう。

もしもハッキリした目標がなかなか見つからないという場合は、とりあえず自分のやりたいことや興味があることをリストアップしてみても良いですね。

そしてその中から自分がこれからも取り組んでいきたいこと、頑張っていきたいことはどれかをよく考えてみると良いでしょう。

あるいは先程お話したように、とにかくなんでもやりたいことをやってみて、そこから選択していっても良いですね。

どれだけ選択肢があっても時間がかかっても良いので、自分が本当にやりたいことを見つける。

まずはそれを目標にしてみましょう。

いつも明るい人と向き合う

生きている意味が分からず悩んでしまうと、どうしても気分が落ち込んでしまうものですよね。

だからそんな時はいつも明るい人と一緒に過ごすようにして、その人と向き合ってみるのも良いと思います。

なぜなら人は一緒にいる人から大きな影響を受けるものだから。

明るい人やポジティブな人と一緒にいればこっちまで自然と明るくなれますし、自分にはない考え方なども新たに発見できるかもしれませんよ。

明るくなれば気持ちも切り替わって、生きていくことに対してこれまでとは違う考え方もできるようになるかもしれませんしね。

ただしいくら明るいからと言って自分と合わない人と一緒にいるとかえって疲れてしまうので、できれば一緒にいて楽な人を選ぶようにすると良いでしょう。

そしてその人と過ごす時間を増やして、明るい気持ちをどんどんお裾分けしてもらうようにすると良いですね。

口癖を変える

生きている意味が分からず悩んでいる時は、思い切って自分を変えて気持ちを切り替えてみるのも良いですね。

でも自分を変えるというのもなかなか難しくて簡単にはできないことです。

そこでまずは口癖を変えてみるというのをオススメします。

なぜなら口癖というのは実は人生を左右する大事な要素でもあるからです。

例えば「どうして自分はこうなんだろう」なんていう風にいつもネガティブなことを言っている人は気持ちも暗くなってしまうし、本当に物事がうまくいかなかったりしますよね?またその反対にポジティブなことばかり言っている人は物事まで順調だったりします。

そう、人が口に出して言うことというのは実は人の行動・生活にそのまま大きな影響を与えていたりするんです。

なので人生について色々悩んでいる人はまずは口癖を変えて、自分自身や生活に影響を与えてみるのも良いかもしれませんよ。

そんなことで、なんて思う人もいるかもしれませんが、実際世の中には口癖を治したことで病気が治ったなんて事例もあったりするんです。

とりあえずまずはネガティブな発言や考えをしないように心がけてみるのはどうでしょうか?

気分転換をする

人は1度悩み始めるとずっとその事ばかり考えてしまって、モヤモヤしてしまうものです。

でもモヤモヤした頭で物事を考えたって良い答えは出ないし、結局また悩んで…ってただただ悪循環になってしまいますよね。

生きている意味なんて難しいことを考えている時なんて余計にそうです。

だから悩んでいる時や考えている時は、たまに気分転換をすることも必要。

少しその悩みから離れて頭や気持ちをリフレッシュさせると良いでしょう。

例えば買い物やスポーツ・映画鑑賞など、自分の好きなことならなんでも構いません。

とにかくストレス解消できそうなことをしてみるんです。

またちょっと遠出や旅行をしたりなど、普段とまったく違う環境に行って気分を変えてみるのも良いですね。

頭や気持ちがリフレッシュできれば、きっと新しい考え方や発想もできて、悩み解決への糸口になるかもしれません。

1度思考をストップして、自分の好きなように過ごしてみることにしましょう。

人のためにできる何かを始める

先程もお話しましたが、人は自分のためよりも誰かのために生きた方が強くなれるし、能力も発揮できるものです。

なので人のためになるなにかを始めてみるというのも良い方法ですね。

例えば家族や友人など、身近な人がなにか困っていたらその手助けになるようなことをしてみるのも良いでしょう。

あるいはボランティア活動などに参加して、まったく知らない人の役に立つようなことをするのも良いと思います。

募金や献血など、些細なことから少しずつ取り組んでいくのも良いですね。

どんなことでも人のために動けるようになれば、自分だって嬉しいですし、人生だって充実してくるはずです。

生きてる意味だって見出せるようになるかもしれませんよ。

まずは自分の周りでなにか人のために役立てることはないか、探してみることから始めてみませんか?

人生を楽しむ!

生きている意味を見つける……そのためにはまず人生を充実させたり楽しむことが必要になってきます。

なのでまずはなんでも良いので、人生を楽しむことを目標としてみましょう。

趣味や自分の好きなことに積極的に取り組むのも良いでしょう。

家族や友人と過ごす時間を増やしたり、1人の時間を思いっきり満喫しても良いですね。

とにかく頑張ろう・必死に生きようとするのではなく、まずはなんでも楽しもうという気持ちが大事。

自分の人生を心から楽しめるようになれば、きっと自然とそこから生きている意味だって見つけることができるかもしれませんよ。

これからは難しいことを考えるのはやめて、体の力を抜いて、ちょっとだけ気楽に生きてみるようにしてみましょう。

環境を変える

もしも生きてる意味が分からず思い詰まったら……。

そんな時は周囲の環境を変えてみるのも1つの方法です。

例えばすぐにできることで言うと、部屋のインテリアを変えたり新しいファッションを取り入れたりすることですね。

その際断捨離をして、古くなった物などを一気に捨ててスッキリするのも良いでしょう。

またなかなかすぐにできることではありませんが、思い切って仕事を転職したり引っ越しをするという方法もあります。

引っ越しが無理ならどこか行ったことないところへ旅行へ行って、数日違う環境の中にいるというのも良いと思います。

とにかくこれまでとは違う環境に触れるということが重要。

環境が変われば自然と気持ちだって切り替わりますし、これからまた頑張ろうというやる気も一層出てきたりしますよ。

なにか些細なことでも構いません。

自分の周りで変えれるものを見つけて実践してみるようにしましょう。

新しいことを始めてみよう

生きている意味が分からなくなった時は、環境を変えたり気分転換することも大切ですが、新しいことを取り入れて自分の世界を広げることも良いと思います。

自分の世界が広がればその分選択肢も増え、生きるための目標などが見つかる可能性も広がるからです。

なのでそのためにもなにか新しいことを始めてみるのが良いでしょう。

この場合も趣味でも自分の興味のあることでもなんでも構いません。

仕事などに関することでも良いでしょう。

とにかく新しいことに挑戦するということが大切なんです。

新しいことを始めるというのもなかなか勇気がいることではありますが、でも世界を広げるだけではなく自分自身の成長にも繋がるはずです。

もしかしたら人生を楽しめるようになるキッカケになるかもしれませんよ。

もしもなにか新しいことに挑戦する機会を見つけたら、勇気を出して、積極的に取り組むようにしてみてくださいね。

生きちゃいけない人なんていない!生きている意味は必ずある(まとめ)

どうだったでしょうか?生きている明確な意味は分からなくても、なにか生きるためのヒントを得ることはできたのではないでしょうか?先程も言ったように筆者にも生きている意味というのはハッキリとは分かりません。

でもこれだけはハッキリと言えます。

それは、この世に生きちゃいけない人なんていないということ。

例え分からなくても誰にでも生きている意味は必ずあるということです。

なぜなら人は必ず誰かに必要とされて生まれてきて、そして誰かに愛されて生き、絶対になにかの役に立っているからです。

誰かやなにかのために生きている、そしてなによりもまず自分自身のために生きている。

それが自然と生きている意味へと繋がっていくのではないでしょうか。

これからまた生きていくことに悩む機会がたくさんあるかもしれません。

でもそんな時でも決して「生きてはいけない」なんて思わず、自分がどう生きたいか・なんのために生きたいのかを考えて、それを希望や目標として生きていきましょう。