自覚は、責任と並んで社会人が持つべきもの。

これは、社会人としてのルールでもありますよね。

でも最近、自覚の無い大人が多いとも言われています。

あなたは社会人としての自覚、持っていますか?
「もちろん持っているに決まってる!」って思う人も多いのではないかと思いますが…自覚を持っていると勘違いしているだけになっている人も、中には居ると思います。

筆者も、改めて「自覚持ってる?」って言われると、パッと答える自信がありません。

自覚を持っているつもりではありますが、果たして本当に社会人としての自覚が自分にあるのかどうか…。

社会人になってもう10数年経過している筆者ですが、ここでいったん立ち止まって、自覚について改めて考えてみたいと思います。

皆さんも自分自身を振り返りながら、社会人が持つべき自覚について、一緒に考えてみませんか?

「自覚」を持つことは社会人のルール

先ほどもお話したように、「自覚」を持つことは社会人としてのルール。

なのですが、そもそも自覚を持つってどういうことなんだろう?
改めて自覚について問われると、持っているつもりになっていただけで、実は持っていなかったのかもしれない。

って、自信が無くなってしまう人もいるのではないでしょうか。

社会人になると、責任と同時に持つべきものが自覚なんですよね。

だけど、自覚を持つことって当たり前すぎて、疎かにしてしまいがちな感覚のような気もするんです。

責任は常に問われるものだけど、自覚は、自覚がない行動や言動が表面化して初めて、指摘されるものでもあると思います。

ですので自覚は、常に意識する環境にはないと言えるんですよね。

社会人としての自覚とはどういうものなのか。

自分に足りない自覚はあるのか。

まずは、「自覚」って何?という所から考えてみましょう。

1. 自覚の辞書的意味


まず、言葉の意味から「自覚」を正確に理解していきましょう。

自覚は、「自分を覚(おぼ)える”または“覚(さと)る」と書くんですよね。

この“覚”という言葉は他にも、“さます・さめる”とも読むことが出来ますが、自覚の場合は「おぼえる・さとる」の言葉の意味で捉えると良いでしょう。

この“覚”は、もともとは仏教用語なんだそうですよ。

そう知ると何となく、自覚とは、精神性的な意味合いが強いことも分かりますよね。

“覚”には、「今まで分からなかった道理や意味に気付く」という意味があります。

この意味が、自覚という言葉の根源とも言えそうですよね。

“さとる”という言葉には他に、悟るという漢字が使われることもありますが、“覚(さと)る”と書く場合は主に、感覚や直感のニュアンスになるようです。

ですので、覚える(=自然にそう思える。

感じる)に近い使い方がされる漢字だと認識しておくと、覚えやすいかもしれません。

「寒さをおぼえる」といった場合は、感覚の意味になりますよね!

覚を使った言葉にはほかに、「覚悟・覚醒・発覚・不覚」なども挙げられます。

これらにはいずれも、“さとる・はっきりわかる・目がさめる”などの意味合いがあり、どれも自身の感覚や直感、また精神性を表わしていますよね。

そんな覚の意味からも自覚は、「自分自身について、はっきりと知ること」が主な意味になっています。

ただ、社会人になってからの自覚という意味では、「自分をわきまえること」という意味合いの方が強いんですよね。

つまり、自分の状態(地位・任務・価値等)がどんなものなのかをわきまえるのが、社会人が持つべき自覚と言えるでしょう。

しばしば「責任をわきまえる」なんて言い方がされますよね。

つまり責任も、自覚が無ければ負えないものだと言えるのではないでしょうか。

2. 社会人って、いつから?

子供のころは許されるけど、社会人になれば自覚を持つのがルール。

でも、社会人っていつから?と、子供と社会人の境目が分からない人もいるかもしれませんね。

社会人とは、その名の通り…社会の一員となっている人と言えるでしょう。

もっと詳しく言うと、社会活動に参加し、社会の中で自身の役割を担って生きる人です。

こう考えれば、子供も社会人ということが出来ますが、一般的に子供や学生は除外されています。

普通の流れで言えば、学生生活が終わって就職したら社会人となるでしょう。

ですが中には、学生生活が終わっても就職しない人もいます。

でもだからといって、社会人ではないということにはなりません。

社会に出て働く年齢になっていれば、社会人としての自覚を持つべき立場です。

3 社会人になりたくない人が増えている


社会人となって自覚が芽生え、その責任を全うしながら生きる人がいる一方で、最近では「社会人になりたくない」って言う人も増えているようですね。

社会人の年齢になっているのにも関わらず、どうにか社会人にならない方法を探して悪あがきをしている。

そんな大人たちが多いとか…。

そういう人達は、社会の一員としてその役目を果たそうという、協調性に欠ける人たちと言えるのでしょう。

子供のころから大人になるまで、人は皆、社会の恩恵を受けて育ってきています。

大人になり、社会人になれば、その多大な恩を社会に返していくのがあるべき姿です。

自分の役割を果たすことで、それは次世代の子供たちに還元され、その子供たちが社会人になればまた、その次の世代の子供たちの為に社会を作っていくのです。

そうやって社会は作られ、この流れは次世代へと受け継がれていくものなのですから。

社会人になりたがらない、大人になりきれない大人たち。

責任を放棄する大人たちが増えていけば、社会は崩壊してしまいます。

一定の秩序を守り生きていくことは、社会人としての役割でもあると思います。

4. 社会人になれない人も増えている

ただ中には、社会人に「なれない」という人もいるようですね。

社会人としての能力が欠如していて世の中に馴染めない、一種のパーソナリティ障害をを抱えている人達です。

身体的には大人になっているのに、心は子供のまま…むしろ「子供のままでいたい」と潜在的に思っている事から、ピーターパン症候群とも言われているんですよね。

症候群と言っても精神的な病気という訳ではなく、そういう性質の、特に男性を表わす言葉として使われています。

一見プライドが高くて大人として成熟しているように思えるのに、実は内心傷つきやすくて臆病者。

確かに男性はこういうタイプの人って多いですよね。

今回“自覚”についてのお話をしているわけですが、自覚の無い社会人のイメージとして筆者は、無意識に男性を思い浮かべていました。

何故かというとやはり、「男性は女性よりも精神年齢が低い」ということを実感することが多々あるからなのかもしれません。

ピータパン症候群…よく考えたら筆者の父もこのタイプなのかもなって。

普段は威厳を示しているんですけど、中身には子供っぽさが見え隠れ。

いや、歳をとるほどに隠れていないように思えますね。

甘えが結構強いです。

特に母に対しては。

社会人って、社会に出て働き出せばもう立派な社会人と呼ばれますが、そこに自覚を持っていなければ実は、社会人としては半人前なのでしょうね。

自覚が芽生え、立場をわきまえた行動で責任を果たせてこそ、社会人だと堂々と名乗れるのかもしれません。

自覚を持つとはどういうこと?

さて、自覚とともに社会人って何なのか?についても考えてきました。

筆者は…社会人としての自覚はあるけど、責任を果たせていない。

半人前の社会人といったところでしょうか。

皆さんはご自身について、どうお感じになりましたか?

自覚を持つとは、一言でいえば「自分をわきまえること」となるわけですが、社会人としてはさらに、自分をわきまえた“行動が出来ること”が求められていることになります。

自分を知り、自分のとるべき行動を覚る。

これが、社会人としての自覚であり、自覚したことに添った行動をとることが、責任を担って生きていくことになるのだと思います。

ただ、「自分をわきまえる」って簡単なようで難しいですよね。

自分で捉える自分と、社会で求められるものにはギャップがあるかもしれません。

まぁギャップがあるとしたら、それは自分をわきまえられていないことになるんですが…広い目で社会全体を捉え、自分を客観的に見ることが出来なければ、自分をわきまえることは出来ないんですよね。

社会での自分の立場をわきまえ、自覚を持つということは一体どういうことなのか?
ここからは、もっと具体的に社会人が求められている自覚についてお話していきたいと思います。

1. 社会のルールをしっかり守ること

社会人の自覚としてまず挙げられるのは、社会のルールをしっかり守ることでしょう。

特に日本は、秩序を守る国民として海外から称賛されるほど、皆がルールを守って生きています。

日本人として、これから先も「秩序のある国」と言われ続けるにはやはり、私たち社会人がルールを守って生きていくことが大切になってきます。

これからの日本がどうなるかは、日本人ひとりひとりの行動にかかっているんですよね。

社会のルールには、実に様々なものがあります。

法律で定められたルールから、人がお互いに気持ちよく生活していくための暗黙のルールまで。

罰せられなければ何をしてもいいというものではなく、それはやはり秩序という概念なのだと思います。

私たちは普通、この社会のルールを、成長していく中で自然と身につけていくものです。

だけど中には、自分中心に物事を見ている社会人もいます。

社会全体を捉えることなく、自分のことしか考えられない人は、「社会のルールを守る」という考えも浮かばないのかもしれませんね。

そういう人達が社会の秩序を乱し、住みづらい世の中を作っていってしまうのです。

それに、社会のルールを無視して自分のことばかりを考える人が増えていくと、日本もいずれ犯罪まみれの国になっていくかもしれません。

事実今だって、犯罪のニュースが流れない日はないですからね。

社会のルールは、人々が暮らしやすい生活をお互いに維持していくためのルールです。

居心地の良い世の中を作っていく一員だという自覚をもって行動をするのが、社会人としてのひとつの役割なんです。

2. 他人に迷惑をかけないこと

「他人に迷惑をかけないこと」も、社会人が自覚しておきたいところですよね。

これは、社会のルールのひとつとも言えるでしょう。

自分の行動に責任を持ち、社会全体のことを考えて行動していれば、他人に迷惑をかけるようなことは行動はしません。

そうやって、世の中の秩序は保たれ、暮らしやすい社会が保障されるのです。

社会人としての自覚が無い行動といえば、しばしばニュースになる飲酒運転なんかがそうでしょう。

社会のルールを無視し、結果他人に迷惑をかけるのが飲酒運転です。

迷惑どころか、命を奪ってしまうことさえありますよね。

命を奪いかねない行動をしてしまえる人は、社会人としての自覚を疑われて当然です。

また、車の運転でいうと最近では、高齢者ドライバーによる事故も気になるところです。

飲酒運転ほどのあきらかな悪質さは無いにしても、やはり自覚が出来ていないと言えますよね。

自分の運転能力の低下を自覚できず、他人に迷惑をかける可能性に考えが及ばないことが、高齢者ドライバーによる事故の多さなんだと思います。

筆者の両親もそろそろ車の運転について考えなきゃいけない年齢に差し掛かってきました。

既に遠出は控えてもらい、遠出する時には声をかけてもらっています。

近場の運転はまだまだするにしても、せめて急にアクセルを踏んだ時の制御装置は必要かなと思っている所です。

運転をしたいという気持ち。

運転が必要である環境。

それは確かにあると思います。

社会でのサポート体制の強化ももちろん必要ですが、ひとりひとりが、自分のことより「他人に迷惑をかけないこと」を優先出来れば、きっと運転を辞められるんですよね。

社会人一人一人が持っておきたい「他人に迷惑をかけない」という自覚。

皆さんはどれだけ持てているでしょうか?

3. 自分の言動に責任を持つこと

社会人の自覚を持つということは、自分の言動に責任を持つことでもあります。

もちろん、言動以外に、行動にも責任を持つのが社会人ですよね。

子供の頃なら、自分の感情のまま、思ったままに言葉を発したり、行動をしたりしても許されるところがあったでしょう。

でも成長する中で、自分に責任を持つことを学んでいるはずなのです。

ですので、自分の言葉や行動を、感情に左右されるようでは、社会人としては未熟だということになりますよね。

社会人なら、常に社会全体を捉え、自分自身を客観的にみる感覚を持たなければなりません。

これが出来ないと…一部の政治家さんたちのように、失言問題へと発展していくのでしょう。

特に政治家ともなれば、社会人としての立場とともに、政治家としての立場をわきまえなければなりません。