みなさんは最近よく眠れていますでしょうか?睡眠は「人生の約1/3の時間を要する重要な時間」であり、健康に生きていくためには「必要不可欠なもの」であります。

 そんな「睡眠」ですが、実は「頭を置く方角」で運気や睡眠の質が変化するという話があるんです。

にわかには信じがたい事ですがあるそうです。

 それも今回の記事テーマである「北枕」というキーワードです。

みなさんは「北枕」と聞いてどんな印象がおありですか?私は「北枕で寝ると頭が良くなる」と子どもの頃から親に言われてきました。

 今回はズバリこの「北枕」をテーマにお話しを進めていきたいと思います。

「北枕」には一体どんな意味があり、またどんな効果があるのでしょうか?気になるところを順番にみていきましょう。

北枕について学ぼう

 ではまず、「北枕」がどんなものなのか基本的な意味合いなどから順番に見ていきましょう。

「北枕」について普段から考える事なんていでしょうから、ある種の「読み物」くらいにして「ふぅーん」と、頭を軽くして、北枕で寝転がりながら気軽に見てみてください。

1. 北枕の辞書的意味


 まずは国語辞典で「北枕」を引いてみると、意味は「頭を北へ向け、足を南に向けて寝る事」…。

そのまんまですね。

まぁそうでしょうそうでしょう。

こんなもんでしょう。

あえて言うならば、頭は北を向いているのに、足は東に向いていたら、この説明から行くと北枕には成らないんでしょうね?
 寝返りを打ったようなときや、寝相が悪い様な人はどうしたらいいのかな?

2. 北枕の言い伝えの始まり

 そもそも「北枕」の始まりは、仏教の始祖である「お釈迦様」が入滅(亡くなる事)された時にしていた格好であることが始まりだそうです。

 ですからこれだけ聞くと、「あまり縁起の良いものではない」ということになりますよね?実際に古くは亡骸を安置する際にのみ極楽往生を祈願することで、この「頭北面西右脇(ずほくめんさいうきょう)」という手法が唯一許されていたそうです。

この「頭北面西右脇」は、よく「お釈迦様」の像などがテレビなどで紹介される時に観ますよね?
 そしてなぜ「お釈迦様」が亡くなる時に「北枕」にしたかと言うと、将来北に向かって仏教が繁栄してほしいという願いからそうされたそうです。

寝る方角を意識しよう


 では簡単に「北枕」の意味が分かった所で、次にその「効果」をみていきましょう。

そしてここで、「北枕」以外にも実は「色々な方角」によって「上がる運気、ご利益が異なる」ことがあるそうなんです。

つまりは「北枕以外にも良い寝方がある」という事なんです。

 ではではその気になる寝方はどんなものがあり、そしてその効果はいかに?

1. 北枕で寝るとどうなる?

 まずはテーマの通り、「北枕」からです。

北枕の場合、「お釈迦様の亡くなられる時の格好」として、あまり縁起がよろしくないものと前述でご紹介しました。

しかし実際は、上がる運気もあり、そんなに悪い寝方ではない事が分かりました。

分かりましたというか、世間ではそうみたいです。

 これの解釈の仕方としてはまず、「お釈迦様」は日常的に「北枕」で寝ていらっしゃったようです。

それは仏教の発祥インドでは「北に楽園がある」という教えがあったからです。

そして、「お釈迦様」が亡くなられる時も、「いつものように北を向いて寝かせられた」だけで、「頭を北に向けたから死んだ」ということではありません。

ですから「北枕は縁起が悪い」というのも少し違うみたいですね?
 はい、北枕の濡れ衣も晴れた所で、枕カバーも晴天でさっぱり乾きましたので本題に参りましょう。

 部屋の間取りの関係上、全ての方角を試す事は難しいかもしれませんが、ご自分に合った、「こんな運気が上がって欲しいな…」というくらいでいろいろな方角を試してみましょう。

これだけでも「不眠症」とか治ったりしないですかね?

1. 仕事運

 今回の運気は主に「風水」に習ってまとめていきます。

「北枕の効果」はまず「仕事運の上昇」です。

風水では「北から良い運気が流れる」という考え方があるそうで、これは日本だからというのも理由に挙げられるそうです。

というのも風水では「日本の位置する北半球においては北から木が流れ込む」ということみたいなので、日本の場合、北枕が善しとされているんだそうです。

南半球なら南から気が流れるんですね?
 そういった事もあり、風水では北枕はとてもよく、仕事運についても主に「頭の使うお仕事」や、会社経営、商売屋さんには良い運気が流れ込みやすくなるそうですよ?

2. 健康運

 つづいて「健康運」です。

風水でいう北枕の健康運は、「北から気が流れ込む」理論で言うととても良く、「安眠」にも繋がるみたいです。

しかし折角良い気が流れ込んできても、頭の周りにいろいろ置いてあるいろいろなものが気を邪魔して留まり、そのまま放置していると「悪い気」になってしまい、気の停滞が逆に仇になってしまうそうです。

 ですから北枕で寝る際は、「気の流れ」を考えて、部屋を清潔にして、風通しを良くする事が重要のようです。

3. 金運

 つづいて「金運」です。

風水における北枕の金運はというと、風水では昔から金運は「西から取り込み、北で貯め込む」という言葉があるそうです。

 ですから金運においては「西」の方が重要だそうですが、お金が折角入って来ても、「出ていくばかり」では出費が嵩み意味がありません。

ですから、「不測の出費を防ぐために北枕」なのです。

「西も重要であるが、北も大事」。

出費を抑え、お金を貯めたい方には「北枕」がおすすめです。

2. 南枕で寝るとどうなる?

 では次に反対の方角の「南枕」ではどうでしょうか?「南枕」は個人的にあまり聞いた事がないのですがみなさんはどうでしょうか?気になるところ、さっそく見ていきましょう。

1. 仕事運

 風水における「南枕」の仕事運は、芸術家や、作家、デザイナーなど何かを創造するような「クリエイティブなお仕事」をされている方におすすめだそうです。

ですから仕事運はとても良いということです。

 クリエイティブな仕事については、想像力や直感力、ひらめきや構成力など、自分の頭や手でいろいろなものを具現化するお仕事です。

南枕は正にそんな人の為にあるような寝方だそうで、そういった直感力やひらめきの向上に効果があるそうです。

 気になる方はお試しあれ。

2. 健康運

 つづいて「健康運」です。

風水においては先ほどの北枕からすると「ちょうど真逆」になるので、健康運については余りよろしくないようです。

というのも仕事運でお話しした「直感力が向上する」というのが睡眠時にも活かされるということで、つまりは南枕で寝ようとしても、「冴えてしまう」のだそうです。

ですから睡眠にはあまり向いていない方角だそうで、そのせいで寝不足から健康を手放しかねないというのが「南枕」の特徴だそうです。

 しかし、お仕事との関係上、「南枕の仕事運にあやかりたい」と言う場合には、南枕で構わないと思います。

南枕にして「寝不足だな…」と思ったら、睡眠重視で、「北枕」にしてしまえば良いのです。

月・水・金は「南枕」で、火・木・土は「北枕」で寝るとかでも良いかもしれないですね?
 また「南枕は安眠できない方角」とされていますから、「5分だけ仮眠したい…」とか、「眠いからもう少し寝かせて…」といったときには「嫌でも冴えてしまう南枕」に頼ってみるのも良いのかも知れません。

3. 金運

 つづいて南枕の「金運」です。

これも「北枕の間逆」ということもあって余り良くないというのが風水における見解だそうです。

やはり金運は「西か北」がいいんでしょうね?
 南枕はとにかく「頭が冴えわたること」が売りのようなので、ゲン担ぎに「受験生の方」などは「南枕」を一時的に試してみるのが良いかも分かりません。

3. 東枕で寝るとどうなる?

 つづいて「東枕」です。

東枕のはどのような意味があるのでしょうか?

1. 仕事運

 東枕の特徴は何と言っても「太陽の上がる方角」ということです。

ですから風水的には、「東」と言う方角は生命の起源・発現が暗示されており、「若さを得られる方角」ともされています。

 そういった面から、「東枕」の風水的効果は、仕事運においては「アグレッシブに動き回るような営業等の仕事が吉」という事だそうです。

 さらに言えば「スポーツ選手」とかもこれに当たりますよね?また「若さが得られる」という事から、生命力に溢れ、「やる気や向上心」なども強くなっていくそうなので、明るさが重要な「接客業」などの方も「東枕」から大きな恩恵が受けられそうです。

2. 健康運

 東枕の健康運は、上記でも書いた通り、「東は若さ」なので、健康運はウナギ登り、どんどんどんどん若くなり、活発に人生を送れるようになるでしょう。

コレは言い過ぎですけどね?また若さが有り余って、「早起き」にも効果があるそうです。

 私も「低血圧ぎみ」で朝起きるのが結構辛いタチなのですが、明日から「東枕」にあやかって「早起き」を習慣づけてみようと思います。

3. 金運

 つづいて「東枕の金運」です。

風水において「東」の方角はあまり金運とは良い部分がないようです。

「東」の方角は、お金よりもやはり「健康運重視」で、ひきごもり気味の方や、新生活で不安を感じているような方は「生きる活力がアップする東枕」でしっかり睡眠を取り、明るく元気に毎日を送ってみて下さい。

 ですから「五月病」にも効くみたいですよ?騙されたと思ってやってみたり、何か「お悩み」を抱えていらっしゃる方も、「東枕で寝れば活力が…」と思い込めば、「病は気から」で何か変化があるかも知れませんので、「物は試し」、気になる方は是非とも「東枕」をお試しください。

4. 西枕で寝るとどうなる?

 4方角最後は「西枕」です。

ここまでくれば「東の逆」と思っていただければさほど間違いはないと思います。

風水において「西」の方角が暗示するものはズバリ「お金」と、「恋愛感情」、それと「遊び心」だそうです。

 では実際に「西枕」は一体どんな効果があるのでしょうか?順番に見ていきましょう。

1. 仕事運

 まずは西枕の「仕事運」からです。

上記で簡単にご紹介したとおり、西は「お金」、「恋愛」、「遊び」の象徴です。

 ですから風水における「西枕」の仕事運は、「飲食系や金融系」のお仕事が良いようです。

「結婚相談所」などの「恋の仲介人」のお仕事も良さそうですし、「ブライダル」のお仕事にも向いてそうですね?
 とにかく「西」は、お金に絡むものが多いので、どんなお仕事にも「お金」が付き物ですから、仕事運には申し分はなさそうです。

2. 健康運

 つづいて西枕における「健康運」です。

風水によると西枕の健康運は、「余り良くない」というのが通説です。

というのも「東」は太陽が昇る方角であったので、その間逆にあたる「西」は、そうです、「太陽が沈む方角」なんです。

「金運や仕事運、また恋愛運まで上がっちゃうけど健康運は右肩下がり」なので、「人生上手くいかないもんですね…」って感じですね、これは。

 さらに「年配の方」ならまだいいそうですが、「若い方」は、「西枕」を多用し過ぎると「老ける」というのが風水の考え方です。

また西は「安息」を意味するので、単純な睡眠においては良いのですが、ついつい寝過ぎてしまうという部分もあるそうなので、注意が必要です。

一旦寝たら起き上がれないようになってしまうかも。

 いいことばかりではありませんが、「西枕」はいろいろな恩恵を受けられる面白い方角です。

今置かれているご自身の境遇を考えて「必要な時に試してみる」と何か悩みが解決でき、明るく人生を楽しく送れるようになるかも知れません。

3. 金運

 最後に西における「金運」についてです。

再三ネタばれしているのでもうここで語る事はありませんが、「西」は風水において「お金が流れ込む方角」だそうで、そのことからも、金運についてはピカイチです。

 しかし上記でもお話ししましたが、西はその分「健康運が下がる」という傾向がありますので、お金欲しさに「老けいってしまう」のも残念なことなので、ケースバイケース使い分けていきたいですね?

更に細かく方角を区切ると・・・

 さてここまでいかがでしたでしょうか?「枕の方角」によってさまざまな運気の影響がある事が分かりましたが、次はもっと細分化したものをご紹介していきます。

 今回挙げる方角が、「北東」、「南東」、「北西」、「南西」の合計4つです。

いままでの「合わせ技」のようになりますが一体どんな効果が得られるのでしょうか?

1. 北東枕にした場合

 まずは「北東」です。

北東とは風水的には「鬼門」を意味する方角だそうです。

何だか恐い印象ですが、大丈夫です。

 「北東枕」で上がる運気は「①蓄財」、「②変化」、「③不動産」の大きく分けて3点です。

おさらいすると、「北」はお金が留まるような方角でしたね?ですからお金が貯まる、「出費が少なくなる」ということで「蓄財」ということになるんです。

 また「東」は「生命」を意味する方角だったので、アグレッシブに「変化」を望む方の運気をバックアップしてくれます。

 そして「北」はさらに「楽園」の方角なので、物件や土地などの不動産に恩恵があるとされています。

この3つの関連事でお悩みの方は、微妙ですが、「北東枕」をお試しになってみてはいかがでしょうか?

2. 南東枕にした場合

 次に「南東枕」です。

南東枕の場合は主に「人間関係」の運気が上がります。

「東」は若さ、「南」は直感力でした。

この2つが合わさると、「人間関係」に恩恵のある方角に成るそうです。

特に若い女性の「恋愛」においては良い方角だそうですよ?
 しかし、「南」の方角は、直感力以外はあまりよろしくない方角でした。

本当に普段から「人間関係」に思い悩んでいる方は試してみても良いと思いますが、個人的に余りご利益がなさそうなので、私はおすすめしません。

 でも試してみるくらいは良いと思います。

恋愛運は部屋の清潔さにも影響を受けるようなので、寝室をキレイにしておく事も良い出会いの為には必要な習慣であるのでしょう。

3. 北西枕にした場合

 つづいて「北西枕」です。

風水において「北西」という方角は「出世」を意味する方角だそうです。

職場的にも家庭的にも「地位の向上」が見込めるそうです。

しかし、本来自身の性格で「我が強い」と感じる事が多いまたは、言われる事が多い方はこの方角で眠ることで、更に「我が強くなってしまう」ということだそうなので、その点注意が必要でしょう。

折角地位が向上しても、誰も突いてきてくれなかったら「裸の王様」も同じで、残念な結果になってしまいますしね。

 それに「西」は「老い」の方角です。

健康運もあまり良くないので、使い分けが重要になってくるでしょう。

4. 南西枕にした場合

 最後に「南西枕」です。

風水において「南西」は、「仕事運や勉学運」が向上するそうです。

またそれに伴い、忍耐力などの「強い精神力を養うこと」にも効果があるそうで、ご自身の人生をひた向きに頑張る、いわば「頑張り屋さん」のための方角と言っても良いと思います。

 努力を惜しまず何かをやり遂げたいとお思いの方は、一度この方角にあやかってみてはいかがでしょうか?

寝相が悪くて動くとどうなる?

 記事冒頭でもお伝えしましたが、寝る時は「北枕」で寝て、寝ている間に寝相が悪くて「南枕」になったら風水的にはどうなるんでしょうか?という疑問ですが調べてみると、「気にしなくて良い」だそうです。

基本的に寝ているときの体勢が重要なので、寝返りを打って頭の方角が変わる事は運気に影響が厳密には出てしまうそうですが、「気にし過ぎるのは良くない」という回答でした。

 何事も神経質になり過ぎるのが一番悪い事みたいですね?ですからこの「〇〇枕」も「なんかいい事があったらいいな?」というくらいで良しとしといた方が良さそうですね?

生まれ年と枕の方角の相性

 次に「生まれ年」と、「枕の方角」の関係性についてご説明いたしましょう。

こちらは正直、文章では少し説明しづらいのですが、まず風水とは「八卦(はっけ)」と呼ばれている8つのエネルギーで世界は構成されているとしています。

もちろんこの世界の住人である「人間」も、この「八卦」で構成されています。

 特に人間の場合はその「生まれ年・性別」で分類された「本命卦(ほんめいか)」が重要になります。

この本命卦は、「乾(けん)、兌(だ)、離(り)、震(しん)、巽(そん)、坎(かん)、艮(ごん)、坤(こん)」から成り、これに伴いそれぞれの「吉方位」や「凶方位」が決定するそうです。

 ですのでまとめると、自身の「生まれ年・性別」によって、「より良い枕の方角」が異なるということです。

 まず生まれ年が「昭和12、21、30、39、48、57、平成3、12、21年」に該当される男性は「離」、女性は「乾」です。

 つぎに「昭和13、22、31、40、49、58、平成4、13、22年」に該当される男性は「艮」、女性は「兌」です。

 さらに「昭和14、23、32、41、50、59、平成5、14、23年」に該当される男性は「兌」、女性は「艮」です。

 さらにさらに「昭和15、24、33、42、51、60、平成6、15、24年」に該当される男性は「乾」、女性は「離」です。

 まだまだ、「昭和16、25、34、43、52、61、平成7、16、25年」に該当される男性は「坤」、女性は「坎」です。

 そして、「昭和17、26、35、44、53、62、平成8、17、26年」に該当される男性は「巽」、女性は「坤」です。

 次に「昭和18、27、36、45、54、63、平成9、18、27年」に該当される男性は「震」、女性は「震」です。

 つづいて「昭和19、28、37、46、55、平成元年、10、19、28年」に該当される男性は「坤」、女性は「巽」です。

 最後です、「昭和20、29、38、47、56、平成2、11、20、29年」に該当される男性は「坎」、女性は「艮」です。

 ではでは、次に「本命卦」と「吉方位・凶方位」を対応させていきましょう。

 まず「震(しん)」の方は、最大吉は「南」、大吉は「北」、中吉は「南東」、小吉は「東」、小凶は「南西」、中凶は「北東」、大凶は「北西」、最大凶は「西」です。

 次に「巽(そん)」の方は、最大吉は「北」、大吉は「南」、中吉は「東」、小吉は「南東」、小凶は「北西」、中凶は「西」、大凶は「南西」、最大凶は「北東」です。

 次に「離(り)」の方は、最大吉は「東」、大吉は「南東」、中吉は「北」、小吉は「南」、小凶は「北東」、中凶は「南西」、大凶は「西」、最大凶は「北西」です。

 次に「坎(かん)」の方は、最大吉は「南東」、大吉は「東」、中吉は「南」、小吉は「北」、小凶は「西」、中凶は「北西」、大凶は「北東」、最大凶は「南西」です。

 次に「坤(こん)」の方は、最大吉は「北東」、大吉は「西」、中吉は「北西」、小吉は「南西」、小凶は「東」、中凶は「南」、大凶は「南東」、最大凶は「北」です。

 次に「兌(だ)」の方は、最大吉は「北西」、大吉は「南西」、中吉は「北東」、小吉は「西」、小凶は「北」、中凶は「南東」、大凶は「南」、最大凶は「東」です。

 次に「乾(けん)」の方は、最大吉は「西」、大吉は「北東」、中吉は「南西」、小吉は「北西」、小凶は「南東」、中凶は「北」、大凶は「東」、最大凶は「南」です。

 最後に、「艮(ごん)」の方は、最大吉は「南西」、大吉は「北西」、中吉は「西」、小吉は「北東」、小凶は「南」、中凶は「東」、大凶は「北」、最大凶は「南東」です。

 はい、長々書きましたが、一応風水ではこのように「生まれ年・性別」によって「本命卦(ほんめいけ)」が決まり、その「本命卦(ほんめいけ)」に対応するよりよい方角である「吉方位」、あまりよろしくない方角である「凶方位」が決まっていくんですね。

 あまりこの「吉方位・凶方位」にこだわり過ぎると逆に良くない事が多いと思いますので、できるだけ頭を空っぽにして、「へぇー、そうなんだー」くらいに留めておいた方が良いと思われます。

 特に、「同い年の恋人」を持った場合、見てみると「生まれ年の同じ男性と女性で、吉方位・凶方位が真逆」になっているので、もし愛し合うことになっても「一緒に寝られない」という事になってしまいますよね。

「寝るときだけ、頭と足を逆に向ければ良いって?」、うん、意味深な事はやめなさい。

さぁ、最後の項目に行きましょう。

ぐっすり眠れる枕のおすすめ素材

 はい長ったらしい文章に飽き飽きしているあなた。

私は書いている方なんでもっと飽き飽きしてます。

まぁそんなことはどうでも良いんですが、最後にもうひと押し、ぐっすり寝られる「枕」をまとめて本記事を締めくくりたいと思います。

 よく「家の枕でないと寝られない…」と、旅行先にも「自前の枕」を持っていかれる方がいらっしゃるそうですが、たしかに「枕」は重要なのです。

オーダーメイドの枕でも「タオル一枚入れた高さの違いでも快適さが大きく異なる」そうで、枕って本当に奥が深いんですよね?
 しかも記事冒頭のように、「睡眠時間は人生の時間の1/3を占める」という事なので、このことも含めいかに睡眠が重要かは分かって頂けるかと思います。

 そこで最後に「おすすめ安眠枕」をいくつかご紹介していきたいと思います。

1. 低反発枕

 まずは「テッパン」の「低反発枕」です。

別に「鉄製の板で出来ている」訳ではございませんよ?低反発とは「反発性が少なく、やわらかい」のが特徴です。

ですので、頭が自然に沈み込み、その人その人に合った形状に枕が変形してくれるため首から肩全体に圧力が分散していくんです。

 そのため「低反発枕」は疲れにくく、無理のない体勢で寝られ、首や、頭、肩などを痛めてしまう心配も少なくなるんです。

 「低反発枕」が通販などで出した頃は結構高額な物ばかりでしたが、いまはホームセンターなどでも比較的安価な物が多いので気になる方は、店頭でお試しになってみてはいかがでしょうか?

2. そばがら枕

 つづいて昔ながらの「そばがら枕」です。

古い民宿や旅館などに行くとまだこの「そばがら枕」をつかっているところを見かけます。

 たまに使うと「痛いかな…?」と思いますけど、寝てみると結構快適なんですよね?まくら投げもしやすいし…。

 「そばがら枕」の最大の利点は何と言ってもその「通気性」です。

暑い夏でもそばがらの「ひんやり」した感触はとてもいいですよね?しかもそばがら同士の間に隙間が出来るのでそこを通る空気によって定期的に枕周辺の「熱や湿気」を吸い取ってくれるんですね?
 寝苦しい夜にはピッタリの逸品です。

しかし、飽くまで「そばがら」を使用しているので、「アレルギー」方は使用不可であり、「中身がつぶれて粉が出てしまったり」、場合によっては「虫が湧く」こともあるので、定期的なメンテナンスが非常に重要になってきます。

しかし、その他の枕も洗ったり、天日干ししたりは同じく必要なので、面倒臭さは同じなのかも知れませんね?

3. 塩枕

 最後に「塩枕」です。

「塩枕」とは、その名の通り枕の中に「塩」がたんまり入っている枕の事です。

この「塩枕」の利点は「熱を取る」ことです。

東洋医学では「頭寒足熱」という言葉があるそうです。

これは足元を暖かくして、頭を冷やして眠ることで健康になるというものです。

 つまりは「塩枕」で頭部の熱を取ることでこの「頭寒足熱」が実現できるというものなんです。

あとは「マイナスイオン」も効果があるみたいですが、「マイナスイオン」についてはまだ学術的に分かっていない事が多いので、あまりいい利点とは言えないのかも知れません。

 「塩枕の使い方」は、塩枕をビニール製の袋に入れて「冷蔵庫で冷やし」、寝る時に取り出したら、水分を拭き取って使うだけです。

保温効果もありますので、結構な長時間「冷たい枕」として使う事が出来ます。

寝る時に冷房ばっかり付けていられないという方は、一度試されてはいかがでしょうか?
 しかしそんな「塩枕」にも弱点があります。

それは「湿気」です。

中身は「塩」なので、湿気を多く吸います。

その結果枕が「硬く」なり寝心地が悪くなるケースもあります。

その点だけはご注意を。