CoCoSiA(ココシア)

妬みを抑える10個の方法


人には様々な感情があります。

その中には良いものもあれば悪い物もあるでしょう。

誰もが負の感情をもたずに前向きに生活する事が出来ればどれ穏やかな日々を過ごす事が出来るのだろうと考えて居る事でしょう。

ですが、それをする事が出来る人は極々僅かな人だけです。

全く居ないと言っても過言ではない程、無理でしょう。

その為、私たちは上手く負の感情と付き合って行くしか無いのです。

負の感情を無理やり押さえる事が出来ないのであれば、それを上手く自分の中に消化させる方法を探すべきです。

それが出来るようになれば私たちの人生はずっと明るく素晴らしいものにする事が出来るでしょう。

沢山のある負の感情の中で、特に良くない物として例に挙げられるのが妬みの心です。

妬みとは、自分と比べ相手の事を羨ましく感じる心の事を指します。

妬みが起こるシチュエーションには様々な場合があります。

仕事などでの出世の速さや上司からの評価の違いによって起こる場合もあれば
、恋愛面で起きる場合もあるでしょう。

妬む気持ちがある事は、人間として仕方がない感情なのかもしれません。

それによってより自分自身に磨きをかける事が出来れば、それは妬む気持ちをプラスに変える事が出来て居るので100%悪い結果とは言えません。

しかしながら、妬みだけで心が一杯になってしまってはどうでしょうか。

相手の事ばかりが目に付き、肝心の自分の事を振り返る事が出来なくなってしまいます。

結局良い人生をおくる為には、自分自身の事をしっかりと振り返る事が一番でしょう。

その事を忘れずに負の感情との付き合い方を学んでみてはいかがでしょうか。

妬みの気持ちはあなたの人生を後退させます

妬み・嫉みは私たちの中に必ずある感情です。

特に女性の場合は、心の中にため込むタイプの人が多い事もありこの感情を多く持っていると言われています。

この感情は決して良い感情とは言えません。

だからと言って絶対にもってはいけないかと言われればそれもまた違った意見が出る事でしょう。

例えば、その妬みの気持ちを前向きに変換する事が出来ればそれはそれで問題ありません。

相手の事を羨ましく思うと同時に、自分もそれと同じようになれるように頑張ろうと思う事が出来たらそれはそれで人生を前向きに進ませるきっかけになる事が出来るでしょう。

問題なのは、その妬みの感情に全ての気持ちがマイナス方向に引っ張られてしまう事です。

相手を妬む事で、自分自身が頑張るのでは無く相手に対しての不満がドンドン大きくなって言ってしまうのです。

それによって、自分の心の中はどんどん黒い気持ちにおおわれてしまうでしょう。

例え同じ出来事が起きたとしても、負の感情に心がおおわれて居る人はより悲しく感じたり、怒りを感じる事になるでしょう。

それにより、日々の生活全てがマイナス方向に進む事も十分に考えられます。

私たちの人生は一度きりです。

その人生をどう過ごすかは、結局は自分自身が決める事なのです。

同じ出来事を不幸と考えるか幸せと考えるかによって、人生の豊かさは全く違った物になって行く事でしょう。

同じ人生を過ごすのであれば、日々を幸せに感じる事が出来る方が良いに決まっています。

自ら人生を台無しにする事が無いように、是非自分の心は自分でコントロールして行きましょう。

1. 妬みとはどういう感情?


『妬み』とは一般的に相手に対して、自分より優れている・恵まれて居ると感じ羨ましいと感じる心の事を指します。

ただ羨ましいと純粋に感じるだけであれば問題無いかもしれませんが、そこに怒りなどの感情が加わる事によって、それは負の感情としてあなたの心を支配してしまう事でしょう。

一度妬みの心が生まれると、全ての事が気になっていきます。

例え実際は違ったとしても、自分と相手を比べ羨ましいと思ってしまう事があるかもしれません。

更には、その差に怒りを感じたり何か優先されて居る・自分よりも良い思いをしていると感じる事で相手に対して怒りをぶつけてしまう事もあるでしょう。

自分の中だけで感情を持つ分には他人に迷惑をかける事はありません。

心の中でなら、どんなに悪態をついた所で問題無いのです。

ですが、それを外に出す場合は話は別です。

一時の感情によって心が支配されて居ると、その時は相手に怒りをぶつける事でスッキリする事が出来るかもしれません。

しかし、そのせいで大事な友人を失ったり仕事先出の立場が悪くなると言う事も十分に考えられるでしょう。

ですから、結局はその行動は自分自身に戻って来てしまい自分を苦しめる事になってしまうと言う事も十分考えられるのです。