人には様々な感情があります。

その中には良いものもあれば悪い物もあるでしょう。

誰もが負の感情をもたずに前向きに生活する事が出来ればどれ穏やかな日々を過ごす事が出来るのだろうと考えて居る事でしょう。

ですが、それをする事が出来る人は極々僅かな人だけです。

全く居ないと言っても過言ではない程、無理でしょう。

その為、私たちは上手く負の感情と付き合って行くしか無いのです。

負の感情を無理やり押さえる事が出来ないのであれば、それを上手く自分の中に消化させる方法を探すべきです。

それが出来るようになれば私たちの人生はずっと明るく素晴らしいものにする事が出来るでしょう。

沢山のある負の感情の中で、特に良くない物として例に挙げられるのが妬みの心です。

妬みとは、自分と比べ相手の事を羨ましく感じる心の事を指します。

妬みが起こるシチュエーションには様々な場合があります。

仕事などでの出世の速さや上司からの評価の違いによって起こる場合もあれば
、恋愛面で起きる場合もあるでしょう。

妬む気持ちがある事は、人間として仕方がない感情なのかもしれません。

それによってより自分自身に磨きをかける事が出来れば、それは妬む気持ちをプラスに変える事が出来て居るので100%悪い結果とは言えません。

しかしながら、妬みだけで心が一杯になってしまってはどうでしょうか。

相手の事ばかりが目に付き、肝心の自分の事を振り返る事が出来なくなってしまいます。

結局良い人生をおくる為には、自分自身の事をしっかりと振り返る事が一番でしょう。

その事を忘れずに負の感情との付き合い方を学んでみてはいかがでしょうか。

妬みの気持ちはあなたの人生を後退させます

妬み・嫉みは私たちの中に必ずある感情です。

特に女性の場合は、心の中にため込むタイプの人が多い事もありこの感情を多く持っていると言われています。

この感情は決して良い感情とは言えません。

だからと言って絶対にもってはいけないかと言われればそれもまた違った意見が出る事でしょう。

例えば、その妬みの気持ちを前向きに変換する事が出来ればそれはそれで問題ありません。

相手の事を羨ましく思うと同時に、自分もそれと同じようになれるように頑張ろうと思う事が出来たらそれはそれで人生を前向きに進ませるきっかけになる事が出来るでしょう。

問題なのは、その妬みの感情に全ての気持ちがマイナス方向に引っ張られてしまう事です。

相手を妬む事で、自分自身が頑張るのでは無く相手に対しての不満がドンドン大きくなって言ってしまうのです。

それによって、自分の心の中はどんどん黒い気持ちにおおわれてしまうでしょう。

例え同じ出来事が起きたとしても、負の感情に心がおおわれて居る人はより悲しく感じたり、怒りを感じる事になるでしょう。

それにより、日々の生活全てがマイナス方向に進む事も十分に考えられます。

私たちの人生は一度きりです。

その人生をどう過ごすかは、結局は自分自身が決める事なのです。

同じ出来事を不幸と考えるか幸せと考えるかによって、人生の豊かさは全く違った物になって行く事でしょう。

同じ人生を過ごすのであれば、日々を幸せに感じる事が出来る方が良いに決まっています。

自ら人生を台無しにする事が無いように、是非自分の心は自分でコントロールして行きましょう。

1. 妬みとはどういう感情?


『妬み』とは一般的に相手に対して、自分より優れている・恵まれて居ると感じ羨ましいと感じる心の事を指します。

ただ羨ましいと純粋に感じるだけであれば問題無いかもしれませんが、そこに怒りなどの感情が加わる事によって、それは負の感情としてあなたの心を支配してしまう事でしょう。

一度妬みの心が生まれると、全ての事が気になっていきます。

例え実際は違ったとしても、自分と相手を比べ羨ましいと思ってしまう事があるかもしれません。

更には、その差に怒りを感じたり何か優先されて居る・自分よりも良い思いをしていると感じる事で相手に対して怒りをぶつけてしまう事もあるでしょう。

自分の中だけで感情を持つ分には他人に迷惑をかける事はありません。

心の中でなら、どんなに悪態をついた所で問題無いのです。

ですが、それを外に出す場合は話は別です。

一時の感情によって心が支配されて居ると、その時は相手に怒りをぶつける事でスッキリする事が出来るかもしれません。

しかし、そのせいで大事な友人を失ったり仕事先出の立場が悪くなると言う事も十分に考えられるでしょう。

ですから、結局はその行動は自分自身に戻って来てしまい自分を苦しめる事になってしまうと言う事も十分考えられるのです。

妬みの感情をもってしまう事は、人間として当たり前とも言えます。

しかし、それで心を一杯にしてはいけません。

例え妬みの心を感じたとしても、それに負けない自分自身の心を作る事が重要です。

2. 「嫉妬」のほうがより強い感情

『妬み』と聞くと、多くの人が『嫉妬』と言う言葉を思い浮かべるでしょう。

確かに、これらの言葉には同じ漢字が使用されています。

意味合いも大きなくくりとしては同じと言う事もあり、混同して使用される事も多々あります。

しかし、これらにも厳密に言えば違いがあります。

と言うのも、妬みと嫉妬という状態を比べると嫉妬の方がより感情的で強い心を示す場合に使用されます。

その為、恋愛などの場面で使用される事が多くよりドロドロとしたイメージがあるでしょう。

一方で妬みと言うのはもう少し軽い状態の時に使用されます。

その為、まだ相手に対してさほど攻撃を開始していない、自分自身の心の中だけに起きている時に使用する事が出来る言葉とも言えるでしょう。

妬みからスタートした気持ちは、いずれ妬みに変化して行きます。

心が嫉妬で一杯になってしまう前にまずは妬みの段階で自分自身の心を整理する事が出来れば更なる被害を出す事も無く前向きに行動する原動力に変える事が出来るのかもしれません。

妬みと嫉妬の使い分けは厳密に決まっているものでは内容です。

これらの言葉は、TVや雑誌・本などのメディア媒体で度々使用されている言葉です。

その為、それらのシーンでの使用されている箇所での意味合いを考えこの理論が適応されているか否かを考えてみるのも面白い味方の一つかもしれませんね。

3. 妬みは全て自分が原因


妬みとは、相手と自分を比べ相手の方が優れて居る・自分には無い物を持っていると感じる事によって生れる感情の一つです。

この感情は、同性・異性関わらずに持つ事があります。

恋愛面においては、自分の好きな人が他の異性と話をしている事に対してイライラとした感情を持つ事があるかもしれません。

仕事の場面では同僚が自分より先に出世したり、上司からの評価を得ていると感じると、人は妬みの感情を持ちやすいと言われています。

しかし、これらの理由はどれも相手から何かされた事によって起きるものではありません。

自分自身が相手の事を見たり聞いたりした中で感じる感情なのです。

つまりは、妬まれている側の人間には、そんな認識すら無い場合も多々あると言う事です。

妬みの原因は、全て自分自身と言っても過言ではありません。

自分に自信が無い余り、他人がドンドン羨ましく見え負の感情をもってしまうのです。

しかし、結局どんなに妬んだ所でその人になる事が出来る訳ではありません。

自分自身の事をきちんと把握してそれに向き合う事が出来なければどんなに相手を妬み羨んだ所で何の成果も得る事が出来ないのです。

自分自身が変わらなければ、結局何もならない。

その事に気が付く事が出来るかによって、その後の人生は大きく変える事が出来るでしょう。

4. 妬みの気持ちを持ちやすいタイプの人とは?

妬む気持ちは誰にでもある感情です。

その為、妬む気持ちがある事自体が悪い事という事はありません。

人間は必ず2面性を持った生き物です。

例えどんなに素晴らしい人格者だと言われているような人であったとしても、必ず良くない部分や考えかたを少しは持っている物です。

問題は、その感情とどのように付き合う事が出来ているかと言う事なのです。

例え、同じように相手の事を妬む心があったとしてもそれを他人にぶつけるかどうかによって外自身の価値が変わってくると言っても過言では無いでしょう。

自分自身の中の感情として、色々な思いを抱えていたとしても、それを外に出す事が無ければ何の問題もありません。

問題なのは、その気持ちをそのまま外に出してしまう事なのです。

どんな悪口や妬みであったとしても、それを口から出さなければ少なくとも相手に伝わる事はありません。

相手に伝える事が無ければ、最悪の自体はさける事が出来ます。

ですが、それを自分の感情のままに伝えてしまえば、関係を壊す事になったとしても不思議ではありません。

その時は一瞬スッキリするかもしれませんが後から後悔する事は目に見えています。

人間には様々なタイプが居ますが、その中には人の事を妬み易い人も居ればそうでない人もいます。

その違いは一体何なのでしょうか。

その違いに気が付く事が出来れば、自分自身の感情をコントロールするヒントを得る事が出来るかもしれません。

そこで今回は、妬みやすい人の特徴をまとめて見たいと思います。

1. 他人と自分をすぐ比べる

妬む人の基本は、相手と自分を比べてしまうと言う事にあります。

本当は、他人と自分を比べる必要はありません。

人にはそれぞれ、向き不向きというものがあります。

その人が出来たからと言って、他の人がなんでも簡単に出来るとは限りません。

また、他人に好かれる人も居ればそうでない人もいます。

自分がなかなか他人と関わる事が出来ないのに対して、他人と気軽に仲良く出来る人は人生が充実している様に見え、キラキラしているように感じるかもしれません。

ですが、人間は皆違って皆良いというような言葉があるように同じ人間が居ないのが基本です。

その為、例え他人が簡単に出来て居る事が出来なかったとしてもそれも一つの個性です。

出来ない事に対して、必要以上に落ち込んだり気にしたりする必要はありません。

例えその人が出来る事をあなたが出来なかったとしても、あなた自信が否定される事には繋がりません。

自分が出来る事でも相手が出来ない事はきっとあるはずです。

100%完全になんでもこなす事が出来る人など、この世には存在しないでしょう。

その為、あなたが比べ羨ましいと感じている相手であったとしても、その人はその人なりの劣等感を感じそれを克服使用としているのかもしれません。

他人と自分を比べ、前向きな考え方が出来る様になるのであればそれもまた生きていく原動力としては良いのかもしれません。

ですが、ただ相手と自分を比べ劣等感を感じていたとしても何も得る事は出来ません。

むしろ気持ちがドンドン打ちロ向きになり良い効果を得る事はで居ないと言っても過言ではありません。

他人の芝生は常に美しく見える物です。

あなたが不満に感じているような状況であったとしても、他の誰かから見れば羨ましいと感じる事が出来る環境かもしれません。

自分自身に与えられた環境で頑張る事が出来ない人は、例えどんな環境に身を置こうとも頑張る事は出来ないのでは無いでしょうか。

2. 劣等感が強い

他人を羨むという感情は、反対から考えれば自分自身の環境に満足する事が出来て居ないと言う事が挙げられるでしょう。

例え同じ環境で生活している人であっても、自分の生活に対してさほど不満を感じて居ない人は、他人の事を余り意識せずに生活する事が出来ます。

しかし、自分自身の環境に満足出来て居ない人は、他人の環境がとても素晴らしく見える事があります。

実際にはさほど差が内容な関係であったとしても、相手の状況がより良いように見えてしまうのです。

『隣の芝生は青く見える』というような言葉が昔から使われて居る程、他人の事は多かれ少なかれ良く見える物です。

ですが、自分自身の環境に満足していないとその気持ちが更に大きくなるという事が言えるのでしょう。

また、劣等感が強いとより妬む気持ちが大きくなっていくとも言われています。

例え、どんなに良い環境で過ごす事が出来たとしても本人がその事に気が付く事が出来なければ結局は何にもなりません。

常に上に上にと目指して行く事で、いつまで経っても満足する事が出来ない環境に自分自身をあえてその場にとどまらせる事になってしまうでしょう。

相手の事を純粋に羨む気持ちは悪い事ではありません。

それをきっかけに多くの事に挑戦する事が出来る用になればそれはそれで素晴らしい事なのでしょう。

しかし、多くの場合他人と比べすぎる余り自分の人生を投げやりに生活してしまうという方が増えています。

それでは自分自身の人生を無駄にしてしまっているとも言えるのでは無いでしょうか。

自分自身の人生を前向きな気持ちで生きる事によって多くの事を自分の力にかえる事が出来るのです。

3. いじめやしいたげられた経験を持つ

他人を羨んだり妬んだりする人は、自分自身に自信が無い方が多々います。

自分に自信が無い~こそ、他人の姿が実際の姿以上に素晴らしく光り輝いて見えるのかもしれません。

一度幸せそうだと感じてしまうと、何をやっていたとしても幸せそうに見えてしまうものです。

その為、初めは純粋な気持ちで見ていたのにも関わらず、妬みの原因となってしまうでしょう。

劣等感を持つ原因として考えられる事は、いじめなどの経験です。

それらの事を経験した事がある人は、どうしても他人からも評価を気にする傾向があります。

評価を気にしすぎる余りに、自分自身の存在を否定してしまう事に繋がって行くのです。

それらの悲しい経験をした事がある人に対しては、自分自身に自信をもってと言っても簡単な事ではないかもしれません。

しかしながら、他人の評価ばかりをきにして生きる人生は楽しいとは言えないでしょう。

自分の事を認めてあげる事が出来るのは自分自身しか居ません。

その為、まずは自分が自分を認めてあげる所からはじめましょう。

そうする事で、自分に自信を持つ事が出来るようになるかもしれません。

そうする事で、他人と自分を比べる事を辞めて前向きに行動する事が出来るようになるかもしれません。

4. 独占欲が強い

妬みの感情が生まれる中で、最も強い感情として知られて居るのが恋愛などに関する時に生まれる『妬み』です。

例えば、自分の好きな人が他の異性と話をしていたとします。

本当は、単に会話を楽しんでいたり、場合によっては単なる事務連絡を話しているだけに過ぎない事もあるでしょう。

しかしながら、それを深読みして仲良くしていると感じそこに嫉妬してしまうのです。

これは、例え両想いであったとしても同じ事でしょう。

相手に常に自分の事を見ていて欲しい。

他の人と仲良くする事が心配だ。

などと理由は沢山ある事でしょう。

独占欲が強く、自分だけを見て欲しいとの気持ちが強ければ強い程妬む気持ちも大きくなって行く事でしょう。

好きな相手の視界に常に居たいという気持ちも分かります。

相手が浮気症の人なのであれば、つい心配になって束縛したくもなるかもしれません。

しかしながら、人間は本来追う生き物です。

その為、余りにも自分自身が追われていると窮屈に感じる事もあるかもしれません。

また、相手の気持ちが自分に向いていると感じる事によって、かえって調子に乗ってしまい相手の事をないがしろにしてしまうケースも否定出来ません。

相手の人が一緒に居て心地いいと感じる事が出来る空間を作って挙げる事が出来るかどうかが、ずっと一緒に居る事が出来るかどうかの大きな瀬戸際となる事でしょう。

妬みを抑える方法10選

妬む気持ちは多かれ少なかれ誰もが持っている感情です。

しかし、その感情をコントロールする事が出来るかによって、その後の人生は大きく変わって行く事でしょう。

自分の人生をより良い物にする事が出来るかどうかは自分自身にかかっています。

妬みに心を支配され、他人の事ばかりに目を向けるのでは無く、自分自身の事を考え生活することが出来るかどうかが大事なポイントでしょう。

そこで、妬みの気持ちを押さえる方法をご紹介させて頂きます。

1. 自分を好きになろう

妬む気持ちが強い人は、それだけ相手の事を羨ましいと感じていると言う事が言えるでしょう。

つまりは、それだけ自分の事を好きではないと言う事にも繋がります。

自分の人生に満足出来て居ないからこそ、他人の事が良く見えてしまうのです。

あなたが羨ましいと感じている人の日々も、断片的なものでしかありません。

それ以外の部分はあなたの人生の方が幸せな事だって十分に考えられます。

あなた自身が自分の人生に背を向けているからこそ、何も変わる事が無く成長の無い時間を過ごしている事だってあるでしょう。

他人の見ている暇があるのであれば、自分の人生を見つめてみてはいかがでしょうか。

人を羨む時間があるのなら、自分の人生をより良い物にする為に行動する事が必要でしょう。

それが出来るかどうかで、今後の人生の出来が変わってくると言っても過言ではありません。

2. 嫉妬の原因は全て自分の中になるということを認識しよう

嫉妬は多かれ少なかれ、誰にでも起こる出来事です。

その為、嫉妬する気持ちが強いからと言って人間としてなにか問題があるとかそういう事ではありません。

しかしながら、嫉妬する気持ちが強ければ強い程、自分の人生を無駄にしてしまっていると言う事を忘れてはいけません。

例えば、相手の事を妬み攻撃している人は結局自分の人生を否定している事になるのです。

どんなに素晴らし人生だとしても、肝心の自分が納得出来て居なければまったく意味が無いでしょう。

しかし、例え他人から評価をされる事が無かったとしても自分自身が他人と比べる事をせず、今の人生に納得する事が出来て居るのであればそれはそれで素晴らしい事なのでは無いでしょうか。

妬む気持ちの、大きな原因となって居るのは自分自身の心の中です。

同じ出来事が起きたとしてもそれに対して羨ましいと感じるかどうかによってその後の日々は大きく変わって行くのです。

他人の事ばかりに目を向けている人生は、明るい人生とは言えません。

楽しいとは言い難いでしょう。

妬む事で、自分自身が人生をより残念な物にしてしまっています。

そのことを良く理解して、他人では無く自分自身に目を向けるようにしてみてはいかがでしょうか。

それをする事が出来れば、もっと生きやすい日々があるのでは無いでしょうか。

7. 人のブログやSNSを見るのをやめよう

近年、私たちの周りには多くのインターネット環境があります。

その為、どこに居ても常にインターネットを見る事が出来るでしょう。

インターネットはとても便利な機能です。

これらが普及した事によって、いつでも気軽に多くの情報を手に入れる事が出来ます。

チョットした空き時間でも使用する事が出来るので、最高の暇つぶしグッズと言っても過言では無いかもしれません。

しかしながら、インターネットが普及した事によって、マイナス面もあります。

物事には、必ず2面性があります。

その為、多くの方から評価をされているインターネットであったとしても、それが100%良いものだとは言えないでしょう。

インターネットが普及した事によって起きたマイナス面の一つにSNSと言うものがあります。

SNSとは、インターネットのサイトなどを利用してお互いが、自分の近況を更新する事によって離れた場所に住む友人やなかなか気軽に会う事が出来なくなってしまったような友人とも、連絡を取り合う事が出来るツールの事を指します。

これは、国内にとどまる事無く、世界各国様々な人と繋がりを持つ事が出来ます。

その為、コミュニケーションツールとしてとても素晴らしい物と言えます。

しかし、一方でそこにアップされた記事を見る事によって相手に対して妬む心が生まれる事もあります。

自分が辛く大変な日々を送っている最中に、なんとも陽気な写真がアップされたら羨ましいと感じるかもしれません。

相手が日常としてアップした記事が、あなたにとってはとても羨ましく妬みの原因となる事だって十分に考えられます。

人の気持ちは、本人にしか分かりません。

投稿者が自慢の気持ちでアップしたものなのか、なんとなくでアップしたのかどうかは分かりません。

しかしながら、少なくともそれを見る事によってあなた自身が羨ましいと感じ、妬みを感じてしまうようであれば、それを見る事を止める事をお勧めします。

自分がアップする際も、悪気は無いとしても他の人々に対して自慢しているような事になる事が無いようになど様々な事に注意をして投稿しなければ、大きなトラブルに発展する事もあります。

実際、それによって大きなトラブルになってしまったケースもめずらしい事ではありません。

SNSは楽しい物ですが、使い方を間違えてしまうととても面倒な事になる場合も多々あります。

便利なものほど、使い方については良く考え利用する際にやみくもに使用せずきちんと考えながら使用する事をお勧めします。

8. 妬むのではなく真似をしてみよう

相手の事を見て、羨ましいと感じる事は生きていく中で多々ある事です。

それは、何も嫉妬をして妬んでいると言う事ではなく、単純に羨ましい・素晴らしいと感じている事もあり得るでしょう。

この『羨ましい』という感情は、決して悪いものではありません。

その羨む心を原動力にする事が出来れば、日々の人生をより前向きな物にかえる事が出来るでしょう。

例えば、芸能人や海外セレブなどに対して『羨ましい』という感情を持ったとします。

彼らは別の世界に住んでいると言う事もあり、羨ましいと感じた所で同じような生活をする事は一般の人にとっては無理かもしれません。

しかし、同じようなスポーツを初めて見たり、健康的な食事・ファッションの取り入れ方など出来る事を真似する事によって自分の生活に変化をもたらす事も出来るかもしれません。

『羨む』と『妬む』と言う感情は、スタートは同じ気持ちだったのかもしれません。

しかし、それが前向きに捉えるか、後ろ向きに捉えるかによってその後の行動は大きく変わって行く事でしょう。

どうせ同じ感情がスタートなのであれば、是非前向きな原動力として多くの物事を捉える事が出来た方がずっと幸せです。

妬む気持ちは、自分の心を見だし醜い物にしてしまうでしょう。

心が醜くなると、感情や表情などにも影響が出てしまい、ドンドンと付き合いにくい人になっていってしまう事でしょう。

そうならない為にも、自分の心を前向きにコントロールする事が大変重要です。

9. あまり我慢しないで、心を解放して生きよう

心の中で考えている事は他人からは見る事が出来ません。

見えないからこそ良いという考え方もありますが、一方で見えないからこそ考えている事は口を使って離さないと誰にも伝わらないという事もあるでしょう。

自分の中に多くの事をため込んでいく性格の人は、それだけ多くのストレスも心に溜まって行く事になります。

ストレスは、体には勿論心にも決して良いものではありません。

その為、それがドンドン溜まっていく生活は決していい生活とは言えないでしょう。

溜まったストレスは、いつか必ず決壊します。

そうなった時に、負の感情で心が一杯になってしまう事もあるでしょう。

そうなってしまうと、元の状態に自分を戻す事は意外と簡単な事ではありません。

その為、長い間負の感情と折り合いを付けながら生活をして行かざるを得なくなる事でしょう。

そうなってしまう前に、心の中に溜まったストレスは定期的に発散して行きましょう。

発散の方法は人によって違います。

友人と話す事でスッキリする人も居れば、買い物やカラオケなどでスッキリする事が出来る人もいます。

方法は何だって構いません。

自分が一番楽しいと感じる方法を使って、心のバランスをとって行きましょう。

10. 毎日を忙しく充実させて妬む暇を無くしてしまおう

妬む心はあればある程、自分自身の生活を蝕んで行きます。

普通に生活していれば、さほど不満を感じる事も無く、幸せな人生を歩む事が出来るのにも関わらず、相手と自分を比べ羨む事によって普通の日々を勝手にみじめな物に変えてしまって居るかもしれません。

また、考え方が全て妬みによって支配されてしまうと全ての感情がそちらに引っ張られてしまいしまいには怒りを覚え相手を攻撃するようになってしまう事もあるかもしれません。

怒りに任せて攻撃をした所で、一瞬はすっきりするかもしれま線が後になって必ず後悔する時がやってくるでしょう。

更には、友人を無くしてしまったりなど周りから人が居なくなってしまう事も十分考えられます。

その為、妬みを抱いたとしても良い事は何もないのです。

妬む気持ちは、暇な時ほど発生します。

やる事が無いからこそ、他の人の事が気になり無駄に
SNSを覗いたりして、勝手に妬む材料を見つけてしまう事になるのです。

そうならない為には、自分自身が他人の事を気にする暇も無いくらい忙しくすれば良いのです。

充実した日々を過ごしている人は、他の人の事を妬む事が少ない事が分かっています。

他にもやる事が沢山あるので、他の人を気にしている暇が無いのです。

自分の人生に満足している人は、他人と自分を比較する必要が無いので、無駄に妬む心を感じる必要がありません。

人生は一度しかありません。

せっかくの人生を他人にばかり目を向けて生きていてはもったいないとは思いませんか。

自分の人生を充実したものに変える事が出来れば、自然と周りの事など気にならなくなり自分なりに楽しく過ごす事が出来るようになります。

人を妬む事が多い人は、それだけ暇なのかもしれません。

その事をふまえ、自分の人生を良いものに出来るように日々を充実させていきましょう。