CoCoSiA(ココシア)

要領が悪い人が逆に成長するかもしれない6個の理由


何でも効率よくこなすことができる人に憧れるのは、仕事をしている人なら当たり前の感情なのではないでしょうか。

また、家事をするにしても、同じだけの時間を使って効率よく低エネルギーで、もしくは同じだけのエネルギーを使っているのに短い時間で終わらせることができる人は良いですよね。

自分のするべきことを効率よく終わらせられる方が、自分の時間を好きに使うことができます。

よりストレスを感じずに済むようになるものです。

ところが、要領が悪い人はこれを自然に行うことができません。

要領が良い人は、何でも当たり前のように要領を良くこなすことができます。

要領が悪い人は、どこまでも要領悪く物事が終わらない状態になりますよね。

要領のよい人に憧れていても、そういった人々の持っている「要領の良さ」は、まるで生まれつきであるかのように思えてしまうこともあります。

それでは、要領が悪い人とはどのような特徴を持った人のことなのでしょうか。

要領が悪い人はそもそも、自分の要領が悪いということに気づいていないのかもしれません。

要領が良い人のことは「できる人」であり、自分の要領が悪いだけだということが分かっていない状態なのかもしれませんね。

ここでは、要領が悪い人の特徴や、逆に要領が良い人の特徴など、人の要領について見てみることにしましょう。

この記事の目次

要領が悪い人の定義とは

そもそも、要領が悪い人というのはどのようなタイプの人のことを言うのでしょうか。

要領が悪い人とは、読んで字のごとく「要領よく物事をこなすことができない人」のことを言います。

効率よく物事をてきぱきこなすことができる人は、要領が良いタイプと言われるでしょう。

それとは反対に、何をやっても非効率的で物事を上手にこなすことができないようなタイプの人は、要領が悪いと言われてしまいます。

要領が悪い人は、同じ仕事をするにしても時間がかかってしまいます。

自然と時間がかかるようなやり方を選んでしまうのが特徴だと言えるのではないでしょうか。

もちろん、要領が悪い人が仕事の内容でもミスをするわけではありません。

ただ、そのやり方が非効率的であるというのが一番の欠点なのです。

要領が良い人の特徴


要領が良いと言われる人は、いったいどのような特徴を持っているのでしょうか。

世の中には要領が良いと言われる人と悪いと言われる人がいますよね。

具体的に、要領が良い人はいったいどのような行動をしているから要領が良いと言われるのでしょうか。

要領が良い人は、要領が良いことがまるで才能のように扱われます。

もちろん、自然に要領よく物事をこなすことができるというのは、一種の才能かもしれません。

ですが、要領の良さは基本的に物事の巧拙ではなく、物事の効率の良さで決まります。

どこかにコツのようなものがあるはずなのです。

要領が良い人の特徴が分かれば、そのコツも分かるかもしれませんね。

要領が良い人の特徴について見てみることにしましょう。

行動に切れ目がない

要領が良いと言われている人は、基本的に行動と行動の間に切れ目がありません。

普通の人、もしくは要領が悪いと言われている人は、次の行動の前に考える時間ができてしまうでしょう。

どのように仕事を進めれば良いのか、どうやってそれを行えばよいのかと考える時間が必要なのです。

ですが、要領のよい人はそうした行動の切れ目を作り出しません。

前の行動の最後には次の行動のことを考えているので、切れ目なく次の行動に移ることができるのです。

一般的な人と同様に、要領が良い人も計画を立てなければ行動に移ることができません。

自分の中でどのようにしてその仕事をするのかの目算を立ててから行わなければ、効率よく仕事をすることができないのです。

ですが、要領が良い人は、その目算を立てるのも効率が良いのです。

目標が常に明確


目標が常に明確であるというのも要領が良い人の特徴ですね。

自分が何をゴールとして構えて仕事をしているのかが明確なのです。

そのため、仕事の途中に横身に逸れてしまうことがないのです。

要領よく仕事を行うためのコツは、まっすぐに目標に向かって効率よく仕事を行うことです。

関係のないことばかりを行っているようでは、いつまでも仕事が進みません。

できる限り無駄をなくすことが要領の良さを作るポイントなのです。

要領が良い人はゴールを常に明確に定めているので、無駄なことをせずにまっすぐとゴールに向かうことができるのです。

その効率の良さや無駄のないところが「要領が良い」と言われるゆえんなのでしょう。