家から出るのが面倒くさい、または家の中で生活のほとんどが事足りてしまうから家から出ないという人がいますが、さまざまな理由でとにかく家から出ようとしない人を「出不精」と言います。

出不精になる理由は人によって違いますが、基本的な特徴は似ています。

出不精な人の14個の特徴や、出不精にメリットはあるのかについてご紹介していきます。

出不精は悪いこと?

「出不精」と聞くと、とにかく家から出ない、引きこもりの人を想像しがちですが、それが何も悪いことというわけではないでしょう。

例えば病気で満足に動けない人や、紫外線アレルギーのために昼間外に出られない人など、理由によっては仕方なく出不精になっている人もいます。

また、出不精は家から出ないというだけであって、家の中では他の人同様にごく一般的な生活をしていることが多いです。

生活リズムもしっかりしており、在宅で仕事をしているため、普段は外に出ないという人もいます。

何も知らない人では、出不精イコールただの引きこもりという印象が強いですが、出不精の人の全員がそういうわけではありませんので、出不精は何も悪いことではないのです。

1. 出不精な人が増えている


近年、出不精な人が増えている傾向が見られます。

しかし、出不精だからといって外界からは隔絶されたところで生活をしているかというと、そういうわけでもありません。

現代ではパソコンのほかにスマホやiPadなどの通信機器が発達しており、インターネット上だけでなく、SNSなどでも大勢の人と一度に繋がることが出来ます。

家からは一切出なくても、仕事が出来て生活が出来るため、出不精になったところで何の問題もない人が増えているのです。

2. 出不精な人が増えている背景

最近では欲しいものがあれば、ボタン一つで購入することが出来ます。

ネット通販であれば家まで届けてくれるため、わざわざお店に行く必要もありません。

また、在宅での仕事が出来る人であれば、外に働きに行かなくても一日中家で休憩や家事をしながら仕事をして収入を得ることが出来ます。

ただ外に出たくないため家に引きこもっている人もいれば、外に出る必要性がなくなってしまったため、結果的に家にこもりがちになる人もいます。

ひと昔前までは、出不精は社会で生活したり、他者とのコミュニケーションを取ったりすることがまともに出来ないため家に引きこもる人というイメージがありましたが、近年ではそれに加えて、わざわざ家の外に出なくても済む人が出不精になるという現象が起きています。

そのため、結果として出不精が増えてきています。

3. 草食系男子は出不精?


恋愛に対して淡白で受け身な男性のことを草食系男子と言います。

この草食系男子は、ガツガツと女性にアプローチしていく肉食系男子とは正反対のタイプです。

肉食系男子は女性に対するアプローチが激しく、情熱的ですので、常にハンターのように獲物(女性)を狙っています。

特定の相手がいなければ、街に出て出会いの場所に行き、積極的に女性と関わろうとします。

一方で草食系男子は、とにかく奥手で自分からは女性にアプローチ出来ない人が多いです。

せっかく気になる人が出来ても、相手に振られるのが怖かったり、恥ずかしくてアプローチ出来なかったりして、せっかくのチャンスを棒に振ってしまうことも少なくありません。

そのため、特定の相手がいなければ、自分から出会いの場になど行かないことが多いです。

そうなると、友達同士で遊ぶ以外には自然と外に出る機会も減るため、草食系男子によっては出不精になってしまう人もいます。

4. 腐女子は出不精?

腐女子と聞くと、家に引きこもって腐女子友達とBL(ボーイズラブ)の話ばかりして、BLの本を読んだりアニメを見たりしているイメージがありませんか?確かにそういった一面もありますが、腐女子だからといって出不精というわけではありません。

むしろ、二次元の好きなキャラのためならば、舞台を観に行ったり聖地を巡礼したり、コミケに行ったりと案外アクティブな面も持ち合わせています。

腐女子に限らず、オタク男子でも同じことが言えますが、引きこもる時は引きこもり、どこかへ出かける時には思い切り遠方まで出かけます。

とはいえ、舞台やイベントなどがない場合には、仕事以外の時間は家にこもっていることも多いため、それを出不精と言うのであれば、腐女子も出不精に含まれるかもしれませんね。

5. 家で楽しめることが増えている

最近では、家で楽しめることが増えています。

最も大きな要因としては、インターネットの普及が挙げられますが、それ以外でもわざわざ外に出なくても家で充実出来る物が増えています。

むしろ、どうしても外に出なければ楽しめないことがある以外は、家にいるだけで大抵は事足りてしまいます。

どんなことで満足出来るため、外に出る機会が減っているのでしょうか。

1. パソコンの普及

今では各家庭に最低一台はあるというほどに、パソコンは世界中に普及しています。

家にパソコンが一台あれば、それだけで一日中時間潰しが出来てしまいます。

ネットサーフィンをして好きなHPを見に行ったり、YouTubeなどの動画を見たり、またテレビが無くてもパソコンを使えばDVDで映画を観ることも可能です。

掲示板やチャットで顔も知らない不特定多数の人と話も出来ますし、オンラインのゲームを楽しむことも出来ます。

パソコンに取り込んだこれまでの写真を眺めて思い出に浸ることも出来ますし、ネットが通じれば在宅で仕事や作業をすることも可能です。

パソコンさえあれば、大抵のことはなんだって出来てしまいます。

暇潰しとしてはこれ以上ないくらいに魅力的ですので、パソコンに夢中になって休日は一日中外に出ない、なんて人も少なくありません。

またそれが出不精に繋がってもいるのです。

2. ゲームの進化

ここ十数年で、ゲームは劇的な進化を遂げました。

最初はファミリーコンピューターのように規模の小さかったゲームが、今では家にいながら世界中の人とオンラインで繋がり、リアルタイムで一緒にゲームを楽しむことが出来るようになっています。

ゲームの種類もたくさんあり、どんどん新しいゲームも作られ続けていますので、一つのゲームをやり込んだらまた次のゲームというように切りがありません。

PS4などの最近のゲームでは映像もまるで映画のように美しく、ストーリーもかなり作り込まれているため、夢中になって画面に向かう人も多いでしょう。

ゲームもパソコン同様に、好きな人は一日中やり続けることが出来ますので、結果として家から出ない出不精に繋がりやすいのです。

3. 買い物も家からできてしまう

最近ではインターネット通販の増加による宅配会社の悲鳴がニュースなどでちらほらと聞かれるようになりましたが、それだけ実際にネット通販を利用する人が増えています。

Amazonや楽天など、ネット通販の大手企業では商品を購入するごとにポイントが貯まり、貯まったポイントを買い物に利用できるなど、さまざまな特典が付いていることも多いため、それもまたネット通販の利用者の増加に拍車をかけています。

また、直接店に買いに行くよりも安く購入することが出来るほか、店には売っていない商品がネットでは購入出来ることもネット通販の魅力の一つです。

日用品から食料品まで、欲しいもののほとんどがネット通販で買い求めることが出来るため、わざわざ外に出ずに家で買い物をする人も増えています。

4. 在宅ワークの普及

在宅ワークといえば、昔は家でシソを束ねたり、造花を作ったりするいわゆる「内職」のことでした。

しかし最近では、パソコンが普及していく中で会社から依頼を受けてデータをまとめたり、記事を書いたりするネットを使った仕事が増えています。

ネットで「在宅ワーク」と検索すれば、アンケートから事務作業まで、さまざまな在宅ワークが募集されており、利用者も年々増加傾向にあります。

在宅ワークの大半は、家で時間がある時にお小遣い稼ぎ程度に仕事をするものが多いですが、人によってはそれで収入を得ている人もいます。

例えばHPを作成したり、webデザインを担当したり、専門的なスキルがある人ほど高収入で仕事をすることが出来るため、在宅ワークで生計を立てているという人も最近では珍しくありません。

特に専門スキルを持っているものの、子どもがいるため外に出て働きに行けないという主婦層には人気の高い仕事です。

出不精な人の14個の特徴

出不精になる理由は人によってさまざまですが、自他共に認める出不精の人たちには、共通するいくつかの特徴があります。

出不精のすべての人に当てはまるというわけではありませんが、「ああ、確かにねー」と思い当たる節があることも多いと思います。

いったいどんな性格の人が出不精になりやすいのか、14個の特徴を挙げていきます。

1. 人付き合いが下手

人付き合いが下手、もしくは苦手な人は出不精になる可能性が高いです。

仕事でどうしても外に出なければならない時以外は極力家から出たがらない人は、人付き合いが苦手なためまともな友人を作ることも難しい人が多いです。

仮に友人がいたとしても、その友人以外の人とは積極的に関わり合いになろうとはしないか、友人と会う時も自分の家で会うことが多いです。

人付き合いが下手な人は、自分が上手に人と付き合うことが出来ないことを嫌でもよく理解していますので、自分から積極的に人と関わろうとはしません。

そうなると、わざわざ外に出ようとはしなくなるのです。

また、人付き合いが下手な人は、直接人と顔を合わせて話をすることが苦手です。

しかしネット上でチャットなどの文字だけの会話であれば、抵抗なく話を弾ませることが出来ます。

そうなると余計に家に引きこもって、ネット上の相手とだけやり取りをする機会が増えていき、外に出る機会が減っていきます。

2. ケチである

お金のかからない外出は、頭を使えばいくらでも出来ます。

しかし、どんなに節制しようと思っていても、思わぬところから出費は生じてしまうものです。

ケチな人は、そのリスクを冒したくなくて、なかなか外に出ようとはしないことも珍しくありません。

外に出るのが嫌というわけではなく、また特別人付き合いが苦手というわけでもないですが、ただ「お金を使うのがもったいないから」という理由だけで出不精になる人も中にはいます。

極端にケチな人だと、他人の家に上がるのには手土産がかかり、また自分の家に招くのにももてなしがあれこれと必要になるため、わざと他者と積極的にコミュニケーションを取る機会を減らそうとする場合もあります。

3. 疲れ易い

人付き合いが苦手な人や、体力に自信がない人も、出不精になることが多いです。

単純に体力がない人では、親しい友人とちょっとそこまでの外出程度であれば、嫌がることはそうないでしょう。

しかし、遠出や体力を使う外出になると、途端に出かけることが億劫になることが多いです。

また、人付き合いが苦手な人や、他人と関わることに対して少なからずストレスを感じてしまうタイプの人は、ちょっと外に出ただけで物凄く疲れてしまうことがあります。

極端に対人コミュニケーションが苦手な人では、コンビニに行き、買い物をすることだけでも疲れてしまうこともあります。

体力的にもそうですが、特に精神的に疲れやすい人は、それを嫌って外に出たがらない人も多いです。

4. 人と話しをするのが面倒

対人関係が特に苦手なわけではなくても、人といちいち話をするのが面倒に思えるタイプの人は自然と出不精になることが多いです。

仕事では仕方なく人と関わることはしても、休日にまでわざわざ人と関わりたくはないため、外に出ることもなく引きこもってネットをしたり、ごろごろと過ごしたりしていることが多いです。

このタイプの人は、人と話すこと以外にも、大抵のことを面倒臭く感じてしまう傾向があります。

5. 繊細で傷つきやすい

繊細で傷つきやすい性格をしている人も、出不精になりがちです。

外へ出れば他人の目に晒されますし、心ない誰かの一言によって傷つく恐れがあります。

友達に外出に誘われても、遊びに行った先で何か悲しいことや辛い気持ちになることがあるかもしれませんし、そもそもそうやって人と関わり話をしている中で、自分が傷つくことを相手から言われてしまう可能性もあります。

繊細な人はそうして、自分が傷つくかもしれないあらゆることをネガティブに想像してしまい、どんどん積極性がなくなり外に出なくなってしまうことが多いのです。

繊細な人は、それだけ自分の心の殻に閉じこもる傾向がありますので、誰かと一緒に過ごしていても、自分を上手く出せない人が多いです。

そのため、自分がまったく傷つくことがないように、自ら出不精になることもあります。

6. 好奇心がない

好奇心が強い人は、あらゆることに対して興味を持ちます。

また、興味を持ったことに対してはとことん追求することも多いため、積極的に興味の対象について調べたり、外に出て行って活動したりします。

そしてそこから趣味になっていくことも大いにあります。

一方で、まったく好奇心がない人は、毎日特に代わり映えのしない生活を送っていることが多いです。

毎日決まったことだけを繰り返し、それ以外のことや新しいことには関心を示さないため、いつもと同じことを行ったら後はダラダラと何もしないことが多いです。

そのため、外に出て過ごす習慣がない人は、休日は出不精になる可能性が高いです。

7. 流行に疎い

出不精の人は、基本的に流行に疎い人が多いです。

流行に敏感な人は、積極的にファッション雑誌などをチェックして、今年の流行りの服装を自分のファッションに取り入れることをします。

そして、流行のファッションに身を包むと、誰しも外に出かけたくなるものですので、友達を誘って自ら外に出かける人も多いです。

しかし、出不精の人は流行に疎い、もしくは興味を示さない人が多いため、その年の流行りのファッションなどもチェックしていないことが多いです。

例年と特に代わることのないファッションであれば、わざわざ外に出かけたいとも思わないことでしょう。

流行に対して捻くれた見方をしているわけではなく、単純に興味がないため流行にも疎くなるのです。

8. 面倒くさがり屋

出不精には面倒くさがり屋が多いです。

お腹が空いて何か食べたいと思っても、家に食料がなければ外に買いに行かなければなりません。

それを面倒くさがってご飯を抜いてしまったり、何か欲しいものがあっても買いに行くのが面倒くさくて行くのを止めてしまったりすることは日常茶飯事です。

夏場には暑くて外に出るのが面倒で一日中家にこもっていることもあれば、冬は反対に寒くて外に出る気にならずに、やはり一日中家に引きこもっていることが多いです。

仕事で仕方なく外へ出ることはしますが、休日はダラダラとどこにも出かけずに出不精に過ごしている人は、一々外に出るのが面倒だと感じていることが多いです。

9. お洒落に無頓着

外に出れば、嫌でもある程度は人目が気になって、それなりの格好をしなければなりません。

例えそれが上下ジャージ姿であっても、一応は人前に出られるような服装をします。

友達や恋人と頻繁に出かけている人は、それこそお洒落にも気を遣うでしょう。

一方で、家から一歩も出ずにいる人は、誰の目も気にすることなくダラダラと過ごせますので、当然お洒落をすることもありません。

だらけた格好はとても気楽なので、それに慣れてしまうとまともな格好をすることに疲れを感じてしまい、ますますお洒落からは遠ざかってしまいます。

10. 食べ物の原料にこだわりがある

食べ物の原料にこだわりがある人も、意外と出不精になることがあります。

何故なら、コンビニやスーパーで購入したもので適当に食事を済ませることが出来る人では、食事時になるとふらっと出かけて店で買って食べるなり、外食で済ませるなり出来ますが、食べ物の原料にこだわっている人はそれが出来ないからです。

アレルギー、もしくは素材にこだわる人は、食べ物の原料が手に入る時にまとめて購入し、普段は食材を買いに出かける機会がそう多くはありません。

一気に注文して自宅へ届けてもらったり、自家栽培をしたりして食事を作ることが多いため、他の人のように頻繁に外へ買い物に出かけることはないのです。

そのため、在宅で仕事をしながら、食事の内容にもこだわって宅配で注文している人は、用事がない限りはあまり外へ出かけることがなくなり、出不精気味になることもあるのです。

11. ペットを飼っている

ペットを飼っている人は、毎日仕事や学校から家に帰るとペットの世話をしたり、一緒に遊んだりして癒されることが多いため、自然と外へ出かける機会が減りがちです。

犬であれば毎日散歩に連れて出かけることはしますが、猫やウサギ、鳥などのペットであれば基本的には散歩の必要がないため、家にこもって面倒をみることが多いです。

ペットはどんな仕草も愛くるしく、一緒にいて心が癒されます。

ペットは仕事や学校で疲れた心を癒してくれますので、恋人がいなかったり、友達が少なかったりする人は余計にペットに入れ込んでしまって、自分からはあまり外に出かけていかなくなる人も少なくありません。

猫を飼っている男性、もしくは犬を飼っている女性は婚期を逃すと言われるほどに、ペットには人の心を掴んで放さない魅力があるのです。

12. 友達が少ない

友達が少ない人は、休日には誰かと一緒に遊びに行くこともあまりないため、家に一人でこもりがちになってしまうことが多いです。

また、浅く広い関係の友達はいても、基本的には一人で過ごすことの方が気楽だと考えている人では、わざわざ休日にまで友達と遊ぶ気にもなれず、敢えて家で一人だけで過ごすことも珍しくありません。

友達はいても数が少なく、誰かと一緒でなければ積極的に外に出かけることが出来ないという人も、出かけてくれる友達がいなければなかなか外に出る気になれないことが多いです。

これは友達の数で自信がついたり、また自信を失ったりする人の場合行動が顕著です。

13. 運動不足

運動不足の人は、普段はあまり外に出ず、家でごろごろと過ごしていることが多いです。

寝てばっかりの人もいれば、起きて家の中である程度の活動はしますが、歩いて散歩に出かけたり、体を動かしたりする機会が少なければ、その内必ず運動不足になってしまいます。

運動不足が続くと、せっかくそれまで体についていた筋肉が脂肪に変わってしまうため、特に暴飲暴食をしたわけでもないのに、気付けば太ってしまっているということにもなりかねません。

出不精の人は家から出ることがあまりないので、必然的に運動不足に陥ってしまうのです。

また、例え家の中でエクササイズなどをしていても、在宅ワークのように家にこもりがちで仕事をしたり、出かける機会が少なかったりすれば、それでもやはり運動不足になってしまいやすいです。

14. 家の居心地が非常に良い

家が大好きな人っていますよね。

自分の家や自分の部屋は他のどんな場所よりも居心地が良くて、気持ちが落ち着ける唯一の空間です。

外で嬉しいことがあった日には自分の家で思い切りはしゃげますし、反対に辛いことがあった日には逃げ帰るように家に帰って、落ち着ける空間でとことん落ち込む・・そんな風に、その人の中で最も大きなパーソナルスペースでもあるのが、自分の家なのです。

自分の家に非常に居心地の良さを感じている人では、外で何をしている時にも、「早く帰りたい」「帰ったらまず何をしよう」など、家に帰ることを優先的に考えていることが多いです。

今自分がいる場所を例え嫌だと感じているわけではなくても、自分が最も気持ちが落ち着ける場所に早く帰りたいと思うのは自然な感情なのです。

そんな人では、自分の家にいることでとにかく安心感を得ることが出来ますので、友達と遊びに出かけている時にも、旅行に出かけている時にも、ふと気付けば自分の家の自分だけの空間が恋しくなることもあります。

ある人では、折角旅行に出かけたのに、目当ての場所だけを観光したら他を見て回ることもなく、さっさと家に帰ってしまったという話もあります。

そんな風に、自分の家が恋しい人ほど、常に家にいることを望んでいますので、自然と出不精になってしまうのです。

出不精であることのメリットとは?

出不精であることは、一般的にあまり良くないイメージがありますが、実はメリットもたくさんあります。

確かに家からあまり出なければ運動不足になりやすいですし、人とのコミュニケーションが苦手な人はますますそれを改善させるチャンスを失っていってしまいます。

しかし、家からあまり出ないということをもっと単純に考えれば、それなりのメリットがあるのも確かです。

では、一体どんなメリットがあるのでしょうか。

1. お金が貯まる

家から出なければ、単純に考えてそれだけお金を使う機会が減るため、自然とお金が貯まります。

外に出かければ購買欲をそそられるような魅力的なものがたくさんあります。

必要なものを買いに外に出たつもりが、気付けば予定になかったものまで大量に買い込んでしまった、なんて経験がある人も少なくはないでしょう。

買い物に行かなくても、友達と外へ遊びに出かければ、ランチやカフェである程度は出費してしまいますし、出かければそれだけ交通費やガソリン代もかかってしまいます。

しかし、出不精で家から出る機会が少なければ、それだけ支出を抑えることが出来ます。

ネット通販をすれば家にいながら買い物が出来てしまいますが、外に出た時とは違い、自分が本当に欲しいものだけを吟味して購入することが出来ますので、結果として無駄な出費が抑えられます。

食事代も自炊で済ませれば安く済みますので、頻繁に外に出帰る人よりもお金が貯まりやすいです。

2. 事故に遭わない

外に出る機会が少なければ、それだけ事故に遭う可能性も低くなります。

もちろん家にいても機器類の漏電やガス漏れなど、事故が無いわけではありませんが、それは自分で気をつけていればいいだけの話です。

しかし、外に出るとどれだけ自分が気をつけていたところで、事故に巻き込まれる可能性があります。

例えば歩いている時に自転車や車にひかれてしまったり、反対に車を運転している時に飛び出してきた歩行者や自転車を跳ねてしまったり。

飛行機や船に乗れば墜落や沈没の可能性もありますし、工事現場の側を通った際に鉄骨が落ちてくるかもしれません。

もっと極端な話をすれば、雷に打たれてしまう可能性だってあるのです。

どれも滅多に起きることではありませんが、それでも万一自分が事故に巻き込まれてしまう可能性だってあります。

しかし、家に居れば自分の家の中のことに注意してさえいれば、よほどのことがない限りは事故に遭うことはないので安心です。

3. 風邪がうつらない

風邪やインフルエンザは、基本的に人から人へと感染して発症します。

特に風邪やインフルエンザが流行っている時期に外に出たり、電車やバスなどの公共交通機関に乗ったりすれば、それだけウイルスを自分がもらう恐れがあります。

家にこもっていても家族がいれば、家族が外からウイルスをもらってくる可能性もゼロではありませんが、それでも自分も頻繁に外に出ているのに比べれば、いくらか風邪がうつるリスクを減らすことが出来ます。

4. 趣味や特技のスキルアップが早い

ゲームにせよパソコンにせよ創作にせよ、家にこもっている時間が長ければ、それだけ集中して自分のやりたい作業に取り組むことが出来ます。

その結果、他の人に比べると、趣味や特技のスキルアップが格段に早くなります。

元々趣味も特技も自分の好きなことですので、時間を忘れて夢中になって没頭出来るためスキルアップは必至とも言えるでしょう。

5. 通勤時間なく仕事ができる

在宅ワークをしている人は、通勤する必要がないのが最大のメリットです。

家にいて仕事が出来るため、朝起きてから仕事をする時間帯も自由なことが多いです。

そのため、例えば朝は家事をやり、時間が出来たらそこで少し仕事をし、ランチを食べてから夕方まで仕事をして、夕方からはまた家事をすることも可能です。

好きな時に仕事と家事を両立出来るため、時間や出勤日数などの束縛もなく非常に便利です。

また、体調不良の時にも家で無理することなく休めますし、誰に気を遣うこともなく自分のペースで仕事が出来ます。

一方で、個人事業の仕事として在宅ワークをする場合には、厚生年金や社会保険が使えずに、あくまでも個人の国民年金や国民健康保険で支払いをしなければなりませんが、ある程度稼ぎがあればそれも大きな問題ではないでしょう。

6. 危険な人物との接触がない

外に出れば危険がいっぱいです。

子どもだけでなく、大人でも危険な事件や事故に巻き込まれる可能性は低くありません。

しかし、出不精であまり外に出る機会がなければ、精神異常者に襲われる心配もありませんし、ストーカーの被害に遭う心配も減ります。

電車に乗っている時や夜道で痴漢に遭う不安もないので、安心して家で過ごすことが出来ます。

もちろん宅配業者を装った不審者なども中にはいますが、家にいる時には自分が注意していれば良いので、外に出るよりは危険は少ないでしょう。

7. 時間を有効に使える

外に出る機会があると、家から外出する時間や、外出先から帰る時間などもかかってしまいます。

しかし、一日中家にいるのであれば、どこかへ移動する時間のロスもないため、時間を思い切り有効に使うことが出来ます。

外に出る用事がある時には、「あとちょっとだけ作業が出来ればいいところで切りがつくのに・・!」というもどかしい思いに駆られながら出かけなければならない時もありますが、最初からずっと家にいるのであればそんなこともないため、精神的なストレスも減らせます。

8. 精神的な安定が得られる

人間はさまざまなところからストレスを感じます。

出勤や通学途中で、仕事や勉強をしている時に、または他人と接している時など、人によってストレスを感じる理由は違いますが、その多くが外に出て、自分以外の何かや誰かと関わっている時です。

しかし、だからと言って一人きりでいればまったくストレスを感じないかというと、そういうことでもありません。

一人きりの寂しさがストレスになることもあります。

とはいえ、外に出て、他人と接したりすることで精神的に不安定に陥ることが多い人の場合、家にこもって一人でいる方が精神的な安定を得られるのかもしれません。