CoCoSiA(ココシア)

女性恐怖症の5個の原因とは?


女性恐怖症と聞いて、自分のことだと感じた男性の方は、もしかしたら何らかの原因があるのかもしれません。

今回は、女性恐怖症についてどのようなメカニズムや、経験または女性恐怖症になってしまった主な原因などを追求していきたいと思います。

女性恐怖症をどのようにすれば克服できるかなど、一緒に考えていきたいと思います。

1人で悩まず、女性恐怖症と向き合い、少しでも女性恐怖症克服できるようになればいいなと考えております。

まずは、女性恐怖症に関するコラムを読み、あなたがどの程度女性恐怖症に悩んでいるのか少しずつ解決していきたいと思います。

女性恐怖症とは

そもそも、女性恐怖症とはどのような症状のことを表しているのでしょうか。

女性と接する時に極度の緊張や恐怖感。

または、女性とどのように接していいのかがわからないと言う場合は、女性恐怖症と言えるのかもしれません。

そのため、幼い頃は、女の子や目上の女性とも話しができた方は多いのかもしれません。

しかし、最近ではスマホやパソコンなどの普及により、直接会話をあまりしなくてもよくなりました。

または、バーチャルの世界へのめり込んだりしてしまう方も多いのが原因と考えられます。

そのため、人間関係や人と接する時に、どのように接していいのかわからなくなってしまう…。

人と接することが苦手になってしまった…と言う方が多いのではないでしょうか。

もちろん男性のみではなく、女性にも男性恐怖症と言うものはあります。

これは、男性だけの心の病気だとは考えにくいのかもしれません。

メカニズム


先ほどもお伝えしましたように、パソコンや携帯電話の普及により、生身の人間と接することが難しくなってしまう。

どのように接したらいいのかがわからず緊張してしまうよう。

そんな状況が起こった場合に、女性恐怖症も発症してしまう可能性が高いといえます。

さらに、思春期の場合、女性に対しての興味はあるものの、どのように接していいのかわからず、緊張したりこわばったりしてしまうことが原因と考えられています。

そして、その経験を克服することができずに、女性恐怖症がさらに悪化してしまうようなケースもあるようです。

交際経験はあることも

中には、女性恐怖症を発症する前に、女性と交際をしていた方もいます。

ただ女性に対してどのように反応したり、またはどのような反応を返されるのかが怖いため、昔にお付き合いしていた経験があるけれど、女性恐怖症になってしまった男性の方も多いのです。

このようなケースの場合、克服もしやすいかと思います。

早めの処置や心のケアが、この先、女性恐怖症を克服する大切な鍵となることでしょう。

また、女性と結婚してから女性恐怖症が発症する場合もあるのです。

なので、いつどのような時にこの女性恐怖症が発症してしまうかは人それぞれなのです。

ただ、現代の厳しい社会情勢や女性が進出してきた社会背景などにも、女性恐怖症になりやすい原因があるのかもしれません。

女性恐怖症の主な原因


女性恐怖症の主な原因としては、先ほどもあげたように、人間関係がうまくいかずに悩んでいる人に多いかと考えられます。

さらに人間関係に悩み、女性に対してどのような扱いやどのような接し方をすればいいのかわからない。

そして、緊張してしまい、怖がったりしてしまう男性に多い症状だと考えられています。

そのため、女性に対して恐怖心を抱いたり「怖い」などと感じてしまう人も多いようです。

そうして女性と接することができなくなってしまった男性が、女性恐怖症に陥りやすくなると考えられています。

幼少期のトラウマが多い

やはり、女性恐怖症の大きな原因としては、幼少期のトラウマが原因の場合が多いようです。

女性に対して何らかの怖さや、緊張感等を経験してきた男性だからこそ起きやすいのかもしれません。

その、主な原因としては母親からの虐待、または厳し過ぎる家庭環境。

恋人からの裏切り、または配偶者からの裏切り。

男性自身の劣等感や、幼少期の頃の学校でのいじめが問題になる場合も考えられます。

そのため、置かれる環境により女性恐怖症が発症してしまったケースがほとんどなのです。

そのトラウマさえ克服できれば、もしかしたら女性恐怖症を克服することも可能なのかもしれません。

まずは、ゆっくりてあなたの過去やトラウマを少しずつ思い出していてみてください。

1.虐待

母親や、あなたの周りにいる女性から虐待等は受けていませんでしたか?

トラウマの主な原因は暴力による虐待や、体や心の傷といったことが大きなトラウマをあなたに残してしまってるのかもしれません。

また、暴力などは受けていなくとも、言葉の暴力や言葉で傷つけられた経験がありませんか?