女性恐怖症と聞いて、自分のことだと感じた男性の方は、もしかしたら何らかの原因があるのかもしれません。

今回は、女性恐怖症についてどのようなメカニズムや、経験または女性恐怖症になってしまった主な原因などを追求していきたいと思います。

女性恐怖症をどのようにすれば克服できるかなど、一緒に考えていきたいと思います。

1人で悩まず、女性恐怖症と向き合い、少しでも女性恐怖症克服できるようになればいいなと考えております。

まずは、女性恐怖症に関するコラムを読み、あなたがどの程度女性恐怖症に悩んでいるのか少しずつ解決していきたいと思います。

女性恐怖症とは

そもそも、女性恐怖症とはどのような症状のことを表しているのでしょうか。

女性と接する時に極度の緊張や恐怖感。

または、女性とどのように接していいのかがわからないと言う場合は、女性恐怖症と言えるのかもしれません。

そのため、幼い頃は、女の子や目上の女性とも話しができた方は多いのかもしれません。

しかし、最近ではスマホやパソコンなどの普及により、直接会話をあまりしなくてもよくなりました。

または、バーチャルの世界へのめり込んだりしてしまう方も多いのが原因と考えられます。

そのため、人間関係や人と接する時に、どのように接していいのかわからなくなってしまう…。

人と接することが苦手になってしまった…と言う方が多いのではないでしょうか。

もちろん男性のみではなく、女性にも男性恐怖症と言うものはあります。

これは、男性だけの心の病気だとは考えにくいのかもしれません。

メカニズム


先ほどもお伝えしましたように、パソコンや携帯電話の普及により、生身の人間と接することが難しくなってしまう。

どのように接したらいいのかがわからず緊張してしまうよう。

そんな状況が起こった場合に、女性恐怖症も発症してしまう可能性が高いといえます。

さらに、思春期の場合、女性に対しての興味はあるものの、どのように接していいのかわからず、緊張したりこわばったりしてしまうことが原因と考えられています。

そして、その経験を克服することができずに、女性恐怖症がさらに悪化してしまうようなケースもあるようです。

交際経験はあることも

中には、女性恐怖症を発症する前に、女性と交際をしていた方もいます。

ただ女性に対してどのように反応したり、またはどのような反応を返されるのかが怖いため、昔にお付き合いしていた経験があるけれど、女性恐怖症になってしまった男性の方も多いのです。

このようなケースの場合、克服もしやすいかと思います。

早めの処置や心のケアが、この先、女性恐怖症を克服する大切な鍵となることでしょう。

また、女性と結婚してから女性恐怖症が発症する場合もあるのです。

なので、いつどのような時にこの女性恐怖症が発症してしまうかは人それぞれなのです。

ただ、現代の厳しい社会情勢や女性が進出してきた社会背景などにも、女性恐怖症になりやすい原因があるのかもしれません。

女性恐怖症の主な原因


女性恐怖症の主な原因としては、先ほどもあげたように、人間関係がうまくいかずに悩んでいる人に多いかと考えられます。

さらに人間関係に悩み、女性に対してどのような扱いやどのような接し方をすればいいのかわからない。

そして、緊張してしまい、怖がったりしてしまう男性に多い症状だと考えられています。

そのため、女性に対して恐怖心を抱いたり「怖い」などと感じてしまう人も多いようです。

そうして女性と接することができなくなってしまった男性が、女性恐怖症に陥りやすくなると考えられています。

幼少期のトラウマが多い

やはり、女性恐怖症の大きな原因としては、幼少期のトラウマが原因の場合が多いようです。

女性に対して何らかの怖さや、緊張感等を経験してきた男性だからこそ起きやすいのかもしれません。

その、主な原因としては母親からの虐待、または厳し過ぎる家庭環境。

恋人からの裏切り、または配偶者からの裏切り。

男性自身の劣等感や、幼少期の頃の学校でのいじめが問題になる場合も考えられます。

そのため、置かれる環境により女性恐怖症が発症してしまったケースがほとんどなのです。

そのトラウマさえ克服できれば、もしかしたら女性恐怖症を克服することも可能なのかもしれません。

まずは、ゆっくりてあなたの過去やトラウマを少しずつ思い出していてみてください。

1.虐待

母親や、あなたの周りにいる女性から虐待等は受けていませんでしたか?

トラウマの主な原因は暴力による虐待や、体や心の傷といったことが大きなトラウマをあなたに残してしまってるのかもしれません。

また、暴力などは受けていなくとも、言葉の暴力や言葉で傷つけられた経験がありませんか?

そのように悲しい思いをした場合に、あなたのトラウマとなってしまうのかもしれません。

あなたが弱いわけでは無いのです。

環境が悪いせいで、あなたの幼少期のトラウマになってしまっている可能性が非常に高いのです。

2.厳しい環境

また、母親やあなたの周りの女性の方が虐待をしていなくとも、家庭環境が厳しすぎたり、学校での生活が苦しかったりする場合にも、女性恐怖症発症してしまう場合もあります。

とにかく相手に対して恐怖心や怖がる気持ち。

また、どのように接したらいいのかわからずに、パニックになってしまうケースもトラウマにつながってしまう場合もあります。

なので、厳しい環境に置かれたとしても、あなたの心が弱いわけではないのです。

ただその厳しい環境があなたに合っていなかっただけなのかもしれません。

3.裏切り

幼少期のトラウマもありますが、例えば、思春期になり交際を始めた相手からひどい裏切りがあった場合。

または、友達同士でも裏切られた経験がトラウマとなりあなたを苦しめている場合もあります。

相手からすればなんともない事でも、あなたにとっては深く傷ついた経験になっているのかもしれません。

そのため、相手はあなたを傷つけたと思っていないケースも少なくありません。

あなたに謝罪などをすることもないのかもしれません。

相手からの謝罪がないまま過ごしてきてしまっているため、しばらく裏切られたことで苦しめられている場合もあります。

さらに、一度裏切られたことで、また信用して相手に裏切られるのではないかという恐怖感に変わる場合もあります。

裏切られる経験をした場合、女性恐怖症発症してしまう場合もあるのです。

4.劣等感

自分がいつも何もできない、自分がいつも悪い、自分に価値があるのか?などいつも劣等感を感じてはいませんか?

あなたが思ってるほど周りはあなたを低い評価で見ているわけではありません。

しっかりあなたが頑張った姿や、優しい姿など見ている人は必ずいるはずです。

まずは、他人と自分を比べるのではなく、あなた自身がしっかりしていれば劣等感を感じる事は何もないのです。

しかし、家庭環境や周りの友達の付き合いなので、人と比べることがあったり、比べられることが多い場合もあります。

その場合も、劣等感につながってしまうことが考えられます。

そのため、「テストで悪い点を取ったらまた怒られる」自分ができない人間だと思われる。

または、自分が何もできないなどと感じてしまうような怒られ方や、周りからの態度にあなたの心が疲れ果て、劣等感へと変わっていったのかもしれません。

そのため、自分から何かを発信することが怖くなってしまっている。

そして、女性に対しても嫌な態度を取られるのではないかと心配になり、女性恐怖症発症してしまう場合もあります。

5.いじめ

幼少期の頃のトラウマが原因の大きな1つとして、いじめにあった男性が抱える心の傷が多いかもしれません。

いじめている相手は、面白がってあなたのことをからかっていたかもしれません。

そしてそれがいじめに発展してしまったり、まともにいじめを受けてしまった経験がある方は、人に対して接することがとてもこわく感じてしまうことでしょう。

また、どのように人に接していいのかがわからなくなってしまう場合もあります。

そのため、極度の緊張感からなかなか自分の思いや気持ちを人に伝えることができず、苦しい思いをしてきた人も少なくは無いようです。

いじめをしてきた人は家にこもりやすい性質になってしまうため、なかなか外へ自分の気持ちを発信することができません。

ストレスを抱えてしまったりトラウマになってしまったり、凝り固まった考え方になってしまったのかもしれません。

いじめを受けた男性のほとんどは、女性恐怖症になっている可能性も高いといえます。

女性恐怖症の特徴

では、ここからは女性恐怖症の主な特徴や行動、または言動などをお伝えしていきたいと思います。

女性恐怖症の方は、人と接するの怖かったり、緊張するため、思うように話ができなかったり、また、会話が弾まないような特徴もあります。

あなたが人と接する中で怖いと感じる部分や、緊張してしまう部分をよく思い出しでみてください。

そして、下記の行動をよく読んで、あなたの行動とマッチしているか見合わせてみてください。

そこに、答えとなるような大きなヒントが隠されているかもしれません。

辛い気持ちはよくわかります。

でも、前向きに女性恐怖症と向き合い、少しずつ人と接することが怖くなくなったり、女性恐怖症がなくなっていけばいいですね。

目を合わせない

まず誰が見てもわかる行動と言えば、目を合わせないことです。

つまり相手の顔をよく見て、または目を見て話すことができないのです。

目を合わせると、何か自分の心を読まれているような気持ちになって緊張したり、怖がる気持ちになってしまうのかもしれません。

昔から、人と目を合わすのが苦手な人います。

ですがやはり、会話をするときは相手の目を見て話すことがマナーなのではないでしょうか。

それが、聞く相手の姿勢だと筆者は感じています。

しかし、心の病気や人に対して恐怖心を感じる人は、相手の目を見て話すことが難しいのかもしれません。

グループでは平気

さらに一対一の関係であれば、なかなか緊張して話すこともできないのですが、大勢の中やグループの中で入る事が平気な場合が多いのです。

それは、あなたにスポットライトが浴びることがないと思っているからなのです。

つまり、人前でスピーチをするなどといった事は到底無理なのです。

ですが、グループの中での会話や動作には不思議と緊張感があらわれにくいのです。

その大きな理由としては、リラックスしている状況を保つことができているからでしょう。

また、対面で話すわけではないので、様々な人と交流でき、気持ちが楽なのかもしれません。

1対1を避ける

グループの中では平気なのですが、やはりマンツーマンの状況にはかなり弱いようです。

緊張してしまったり、相手と目を合わすことができなかったり。

また、何を話していいのかわからなくなってしまったり…。

そんなことを考えていると、どうしていいのかがわからなくなってしまう場合もあるようです。

そのため、一対一を避けてしまう傾向にあるようです。

たとえその相手がとてもいい人だとわかっていても、緊張してしまうため、マンツーマンでの会話や行動は苦手なのかもしれません。

プライベートの話をしない

女性恐怖症の人は、プライベートの話をしないため周りからは謎めいたように感じられる事があります。

また、何を考えているのかよく分からないなどと言われた事はありませんか?

プライベートを知られる事で、自分をさらけ出すと感じてしまったり、プライベートを知られるのが恐怖に感じてしまっているのかもしれません。

プライベートの話をして、相手に変に思われたらどうしよう・・・。

また、プライベートの自分を知られて引かれたら辛い。

など考えてしまうため、なかなか心を打ち明けて話すことが難しいのです。

もっと、自由に話をしたいと感じているのに、なかなかプライベートなはなしが出来ないもどかしさがありますよね。

黙り込む

一対一になったり、会話を盛り上げようとはしないため黙り込んで喋ろうとしなくなってしまいます。

まず、何を喋ればいいのか話のネタなどを考える事すらできないため、ただ黙っているしかないのです。

沈黙は相手にとっては苦痛に感じる人もいます。

プライベートな話を振っても、プライベートな話すらできない状況です。

沈黙になった相手は、あなたに嫌われているのではないか?と考えてしまうほどでしょう。

気の利いた言葉すら言う事もできないため、相手もあなたにどのように接したり話したりしたらいいのか分からないかもしれません。

そうなった時には、思い切って相手のプライベートな話を質問してみるのもいいかもしれません。

緊張感が見て取れる

女性恐怖症の方は相手から見ても分かるほどに、緊張感が伝わる方が多いです。

なので、相手にも変な気を遣わせてしまったり、なぜ緊張しているのか伝わらない場合もあります。

あまりに緊張をしてしまうようであれば、少し席を立ち外の空気を吸い、緊張感を和らげるようにするといいのかもしれません。

あまりに緊張してしまうと、相手にも緊張感が伝わってしまいます。

出来るだけ緊張感がある時は相手に緊張していることを伝える事も大切です。

心良い人は、そんなあなたが苦しむ様子をみて色々と考えてくれるかもしれません。

一歩踏み出す勇気も、時には大切です。

女性を信じられない

女性恐怖症の男性は、過去に女性のことでトラウマになっている人は、特に女性を信じられないタイプの人が多いです。

極度に女性に対し不信感を抱いているため、どのように気持ちの整理をつけたり、心の折り合いをつければいいのかわかりません。

そのため、女性に言われたことを必要以上に重く受け止めたり、冗談が通じなかったりする場合もあります。

真面目な性格からか、過去のトラウマや傷ついた気持ちがまだまだ癒されず、ズルズルとここまで来てしまったことも原因かと感じます。

女性の言うことや、女性から言われたことを素直に受け入れられない面があるので、女性に対して不審に思っている部分もあります。

女性を信じられないという女性恐怖症の男性は多いのです。

女性恐怖症を克服するには

では、どのようなことをすれば女性恐怖症を克服することができるのでしょうか?

なかなか自分で考えていても答えは見つからないですよね。

考えるのがめんどくさくなってしまったり、このままでも社会に馴染めなくとも生きてはいけると諦めてしまっているかもしれません。

そして、そんな自分が嫌だけどどうしても直すことができなかった方にも、女性恐怖症を克服できるよういくつかの行動を起こしてみることが大切です。

このままじっとして過ごしているより、明るく笑って女性とも気兼ねなく話ができる状況が素敵だと感じませんか?

カウンセラーや専門医に相談

まずは、専門知識のある方に見てもらうことが大切なのかもしれません。

素人目や素人ではなかなか専門分野の知識がありません。

まずはカウンセラーや専門医に相談することをお勧めします。

家族や兄弟、または昨日おける仲間と話をし問題が解決するのであれば、おそらく女性恐怖症までには至らなかったのかもしれません。

しかし、ここまで生活に支障きたしてしまったり、生きることが苦しくなってしまうようであれば、普通の女性が苦手だと言う範囲ではないのです。

しっかりと自分の気持ちに向き合うことと、女性恐怖症だという自分を受け入れましょう。

そして、カウンセラーや専門医に相談することで少しは心が軽くなるのかもしれません。

お金や時間がないなどと理由をつけ、なかなかカウンセラーや専門医に相談することがなかった方もいると思います。

ですが、ぜひこれを機に、一度カウンセラーや専門医のもとを訪ねてみてはいかがでしょうか。

心理療法

お薬に頼る事は簡単なのです。

しかし、心理的に働きかけるような両方を持ち試みることで、少々長期間になる可能性もありますが、回復したときに女性恐怖症に戻ることが少ないかと感じます。

中には、何度も心理療法に通っている人もいます。

それは人それぞれ生活環境や考え方も、またその日の気分も違うため、一概にいつから何時までには治るという保証はできません。

しかし、お薬に頼るよりかは、体のことを考えれば心理療法がお勧めです。

また、女性恐怖症と向き合うことで、自分がどのような考え方や考えの仕組みがあるのかがわかるかもしれません。

それに、同じようなルーティーンにハマってしまわないよう考え方や感じ方を直すことができるのかもしれません。

根気のいる作業になるかと思いますが、コツコツと積み上げてきた物を解きほぐしていってみてはいかがでしょうか。

自信をつける

まずは、自分自身に自信をつけることが大切です。

過去のトラウマで完全に自信をなくしてしまっている方がほとんどです。

まずは否定的な言葉はやめるようにして、前向きに考えられるようになればいいですね。

なかなか、今まで考える思考回路が出来上がってしまっているところに、新しくプラス思考の思考回路が入っていきにくいかもしれません。

ですが、何度も何度も繰り返して、マイナスに思った事はプラスに変える考え方をしていきましょう。

そうすれば徐々に自分に自信がついていくのかもしれません。

こちらもかなり根気のいる作業で、長期間になる可能性もあります。

コツコツと自分のペースでゆっくり進めていくようにしてくださいね。

必ず、無理はしないことが大切です。

まずは自分に自信をつけ、普段の生活で緊張しすぎない自分を作り上げることから始めましょう。

得意分野を持つ

自信をつけるために、まずはあなたが得意なことを思い出してみてください。

または趣味でも何でも構いません。

あなたがこれだったら人には負けないことや、もしくはこれなら自分でもできそうかな?と感じる分野があれば、それはあなたの強みになります。

なので、得意分野を持つと言う事は、いずれあなたの自信につながることになります。

あなたが好きな事から何でも始めてみてはいかがでしょうか?

自分には、何の取り柄もないなんて思っていませんか?

例えば、几帳面で掃除をするのが好きなのであれば、その得意をもっともっと磨くことでお掃除マイスターになれるかもしれません。

さらに、釣りが好きなのであれば、釣り好きの仲間との交流ができるようになるかもしれません。

このようにどのような事でも構いませんので、まずは何かを始めてみましょう。

一歩ずつ目標をクリアする

一度ににたくさんのことを初めてみるのではなく、1つのことを一歩ずつ1つずつコツコツと目標をクリアするようにしていくと良いでしょう。

例えば、今日は女性の社員の人に挨拶をしてみよう。

そして明日は2人の女性の人に挨拶をしてみよう。

このような小さなことから始めるので十分なのです。

何も、自分にハードルが高いところからスタートしましょうと言う話をしているのではありません。

あなたができることを1つずつクリアしていくことが大切なのです。

全く関係を持たない事は楽なのかもしれませんが、世の中にはたくさんの女性がいます。

やはりいずれは女性と関わる時が必ず来るのです。

その時に女性恐怖症が克服されていないのであれば、互いに気を使い合ったり、下手をすればあなたが傷つくことがあるのかもしれません。

このようなことを起こさないためにも、小さな目標を一歩ずつコツコツとクリアしていくことが大切なのです。

損をする女性恐怖症

では、具体的に女性恐怖症で損をしてしまうようなケースをいくつかご紹介していきます。

あなたが今まで経験してきたことや、あるある体験談などを盛り込んでいきたいと思いますので、ぜひ読んでみてください。

また、女性恐怖症が克服できなくとも、克服したい気持ちになればその日からスタートできることもあるはずです。

女性恐怖症で長年悩んできたため、考え方も孤立してしまったり、頑固な考え方になってしまっている場合もあります。

しかし、そのような考え方では知らず知らずのうちに損をしているかもしれません。

それでもいいよと強がるのは今回はやめにしてみましょう。

そして、女性恐怖症と向き合い新たなあなたの生活をスタートさせてみてはいかがでしょうか?

女性側からすれば潔癖症にみえる

女性恐怖症は、女性側からすればとても神経質に見えるため、潔癖症だと感じられてしまうことが多いのです。

最近、男性にも潔癖症の方が多く、現代病のようになってしまっているところがあります。

しかし、それは仕方がないことです。

時代の流れや時代の背景により、潔癖症になってしまった方も多いのではないでしょうか。

また、家庭環境で母親などがよく掃除をする人であったり、すぐに汚いなどと言う言葉をかけ続けられたような家庭環境であるなら、その子供は潔癖症になってしまう可能性が非常に高くなります。

また、女性が男性のことを潔癖症と感じればお付き合いや、恋人にしたいと言う気持ちは減ってしまいます。

なぜなら、女性は男性には引っ張っていってもらいたいのです。

そのため、潔癖症の彼だと、様々な細かいことが気になってしまうので、一緒にいる女性が疲れてしまう場合があります。

やはり男性はどんと構えていて欲しいのです。

嫌われていると勘違い

女性恐怖症の男性から、嫌われていると勘違いしてしまう女性も多いようです。

女性恐怖症の男性は、女性に対してどのように接したらいいのかわからないのです。

そのため、素っ気ない態度をしてしまうことが多く、相手の女性は嫌われていると勘違いをしてしまうようです。

もし、あなたが恋を抱いた女性があなたに嫌われていると感じてしまえば、その恋はおそらく上手くはいかなくなるでしょう。

女性は、嫌われていると感じる相手とはやはり距離を置きたくなるものです。

このままでは、女性が寄ってこないくなってしまうのかもしれません。

女性恐怖症とはいえども将来結婚のことを考えたり、お付き合いをしたいと考える方もいるのではないでしょうか?

そのような未来の芽まで潰すようなことをしなくてもいいのです。

もっと、気軽に女性と話ができるあなたは、とても素敵だと自分でも感じませんか?

結婚から遠ざかる

女性恐怖症の場合、女性を知らず知らずのうちに遠ざけてしまっている行動や言動してしまっています。

そのため、なかなか女性の方からこちら側へ寄ってきてくれるパターンは少ないのです。

そして、女性との接点がないまま、婚期が遅れたり、結婚なんてどうでもいいと言うような考えに陥ってしまいます。

結婚を望んでいない、または結婚をしたくないと考えてしまっているのであれば、それはそれでその考えは個性なのかもしれません。

しかし、歳をとるにつれて、やはりあの時結婚しておけばよかったなぁ?などと思い返すこともよくあることです。

後になって後悔をしてしまっても、その時はもう二度と戻ってくる事はないのです。

あなたがまだ未婚で、女性恐怖症になっているのであれば、その女性恐怖症を直してくれるような素敵な女性に出会えるのかもしれません。

もし、出会えなくても、あなたが自力で女性恐怖症を直すのであれば、またあなたの周りにも素敵な女性が現れるではないでしょうか。

女性の女性恐怖症も存在する

最近では女性の方が、女性恐怖症になられる方も増えてきているようです。

やはり、男性同様過去に辛い経験やトラウマいじめなどを経験した。

女性の共同生活や女性から過去に嫌な思いをさせられた…という経験から、女性恐怖症になってしまったケースもあるのです。

男性と同じように、女性も女性恐怖症で苦しんでいる人がいると言う事は、男性だけの悩みでもなさそうです。

女性も女性なりに女性恐怖症と向き合おうとしている方もいるのです。

男性ばかりが悩んでいるなどと考えないようにしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

あなたの女性恐怖症は少しでも克服したいというような気持ちになりましたか?

あなたが患う女性恐怖症で、生活がしにくかったり、生きづらい環境であったり、人に気をつかってしまうような生活はもうたくさんだと感じませんか?

女性恐怖症がなければ、どれだけ生きるのが楽しくなったり、楽になる事かとよく考えるものです。

しかし、そのような気持ちになった時が女性恐怖症を克服するチャンスなのかもしれません。

そのチャンスを見逃さず、逃さず一度女性恐怖症としっかり向き合ってみてはいかがでしょうか。