CoCoSiA(ココシア)

自己中な人の26個の特徴


一時流行りましたよね、「自己中」という言葉。

あなたジコチューといわれるとショックです。

でも誰でも生きている限りその人なりに自己中なのではないかなと思います。

自己中、つまり自分中心でないと生きていけないじゃないですか!と思うのですがどうでしょうか?他人中(タニンチュー)なんて人生嫌ですから。

ただ、そうはいっても世間一般にいわれているのは人から嫌われる自己中、人をゲンナリさせる困ったチャンの自己中です。

私の周りに以前、本当に困ったチャンの自己中人間がいました。

周囲の人は話をしていてもイライラするし、腹は立ってくるしで、疲れるといってみんな相手にしなくなっていきました。

私もそうだったのですが、あるときふと、自分の中にも同じ要素はないだろうか?と思い始めたのです。

自分のことを考えてみれば、表面に出してはいなくても似たようなところがあるのではないかと考えてみると、人のことはいえないなというのが本音でした。

ただ、一歩引いて自分自身を見つめることができるから、上手く抑えられているだけなのかもしれないと気づいたのです。

心理学的にいうと、「投影」とか「投影の引き戻し」なんていうらしいですね。

自分の中にある嫌な部分を人に投影して相手を嫌いになったり非難したりしてしまうということです。

とはいえ自分が悪かった、自分の投影で相手が自己中に見えていただけなんて大人らしいことはいいません。

今は自己中というのはどういう人なのかということを書いているのですから。

大人になるということは自分が自己中であることに気づき、誰しも自己中で生きて行きたい他の人と生きて行くということでもあるのだと思います。

大人になってもそういったことを理解せず自己中のまま生きて行こうとするようなやっかいな自己中人間と共存するためにはまず自己中がどういったものなのか把握する必要があると思っています。

️自己中な人の特徴26個

基本的に嫌われる自己中な人の特徴ってどういったものでしょうか?

自己中な人の特徴を26個上げてみました。

自分が1番じゃないと気が済まない

自己中は基本的に自分が一番じゃないと気が済まない人ですね。

こういうとどんなに人より優れている人なのかと思いますが、人と比べて優秀なところが多くて自己中な人ももちろん多いとは思いますが、決して人と比べて優れたところが少ない人で自己中な人も多いから驚きます。

それではなぜ自分が1番じゃないと気が済まなくなるのでしょうか?1番になるところがいったいあるのでしょうか?という疑問が生まれますが、その人なりに1番だと思えればいいようです。

たとえば誰かが話をし始めたとします。

仮にAさんとします。

Aさんは昨日あったことを基に自分の体験談を話し始めました。

それを聞いていたBさんはAさんの話を最後まで聞くことができません。

自分も同じような体験をしたことがあったからなのですが、Aさんの話の腰を折って自分の話にしてしまいました。

そこから30分くらBさんの独壇場です。

楽しい話だったのでそのときは場も盛り上がり良かったのですが、そういったことが毎日毎日続けば、誰もがBさんと会話をする気がしなくなってきました。

Bさんにとっては、自分の体験が1番であって欲しいのです。

そして、その場において1番面白い話をするのは自分であって欲しいようです。

自己中な人は、会話するということにおいても、自分中心でなければいけないと同時に、自分の話が1番盛り上がりたい、この場では自分の体験が1番だとみんなに認めて欲しいという、すべて自分が1番ということが優先されるのですね。

もちろんお金や持ち物、洋服、学歴、仕事、成果なども自分が1番でありたいとがんばる自己中の人もいっぱいいますね。

それなりに頑張るので成果があがるようなのですが、周りの人はちょっと疲れます。

賢い人は自己中人間を上手く1番にしたてておいて、自分は蚊帳の外で生きていけますが、どうしてもつられて張りあってしまうという人も多いのではないでしょうか?

あの人は自己中だからと、ほうっておけばいいものの、イライラすることがあるかもしれませんね。

人を下に見ている


自分が1番だということは自分が上で在りたいということですよね。

それは人を下に見たい、見ているということに他ならないと思うのです。

本来人間に上下はないはずです。

でもそれは理想論です。

無意識にあの人は自分より頭がいい、自分はあの人より仕事ができるなどと、人は自分と人を比べてしまう生き物かもしれません。

自己中人間はそれが顕著に表れている人間ですね。

本当に自信のある人は自慢も卑下もしません。

それはどうしてかというと、自分というものの本質に自信があるからです。

持ち物や容姿は自分の本質ではないということを知っているからなのでしょうね。

いわば洋服のようなもの。

そう考えると人を下に見て、自分の方が上だと思う人はむしろ自信がない人ということです。