CoCoSiA(ココシア)

うざい女にありがちな11個の行動・言動


世間で何かと嫌われる事の多い「うざい人」。

自分の周りにも心当たりがある人も多いのではないでしょうか。

特に女性同士の会話では頻繁に登場する印象がありますが、男性から見てもうざいと感じる女性が存在しているのも事実です。

今回はそんなうざい女にありがちな事についてまとめてみました。

うざい女ってどんな人

うざい女と聞くとどのようなイメージが浮かぶでしょうか。

人によってイメージや実際に感じた事や経験した事が異なるので、はっきりとした定義というものもありませんよね。

ここからは、一般的に多く見られるうざい女のタイプについてご紹介しますので是非チェックしてみて下さいね。

もしかしたら身近な人も当てはまっているかも知れませんよ。

裏表が激しい

うざい女と言えばまず思い浮かぶのが裏表が激しい女性。

一見、人前では明るくて気さくに見えますが、一人になった時や、自分が気に入らないと思う人の悪口を本人がいないところで平気で言うタイプの人です。

その為、周りからは「こっちまで巻き込まないでほしい 」
と思われている事がしばしばあります。

また、中にはそんな自分の事を「私、サバサバしてる性格だから」と周りの人間に言っている人も存在しているようです。

しかしながら、他人から見れば周りを巻き込む迷惑な女性なので、勘違い女と思われる事もあるようです。

そもそも人の悪口を平気で言う人は信用されないので裏表が激しい女性が嫌われてしまうのも仕方ありませんね。

攻撃的

誰でも嫌な事があれば攻撃的な気持ちになるものですが、人や物に対して何かと文句を言ったり、怒りをぶつけるようなタイプの女性です。

「だから、でも、どうせ」などが口癖。

妙にプライドが高く、自分の思い通りにならない事があると八つ当たりをしたり、自分よりもチヤホヤされている女性を見ると見下すような行動も見られます。

しかしながら、そのほとんどは劣等感や勝手な思い込みが原因であり、決して自分を見つ直すといった事はしないところも攻撃的な女性によく見られる特徴です。

その為、常にカリカリしていてストレスも溜まる一方。

そんな様子に本人は気付いていないようですが、周りの人間は関わりたくないので冷静に一歩下がって見ています。

自己顕示欲

自己顕示欲が強いというのもうざい女の特徴です。

「私を見て!」と言わんばかりに、常に周りの人間に自分の魅力をアピールする事に力を注いでいます。

厄介な事に周りに褒められたい、認められたいという気持ちが非常に強く、終わりというものがありません。

一度満足感を得られても、時間が経てばまたすぐにアピールしたくなってしまうのです。

特に、最近ではSNSなどの普及により、自撮りや生配信などを最大限に利用したアピールがよく見られます。

そして、その多くは自分では決して「可愛い」とは言わないという特徴があります。

自己顕示欲が強い女性なので、周りから「可愛いね」と言わせる事で満足するのです。

それも頻繁に行われる為、見せられる度に多くの人から「またか・・・」と辟易されてしまいます。

そもそも、全ての人から共感を得られるなんてあり得ませんよね。

【自己顕示欲については、こちらの記事もチェック!】

こじらせ

例えば、女性同士の会話などで「私なんて全然可愛くないから!」とやたらと自分の事を卑下する光景を見た事がありませんか。

そのようなタイプもうざい女の特徴です。

以前、「こじらせ女子」という本が出版された事でも話題になりましたが、自分の事を女性らしく思えなかったり、モテないという強い劣等感を持っている女性です。

ある意味、謙虚とも言えるのですが、あまりにも自分の事をこじらせて考えてしまう為、聞かされる人によっては大袈裟に見えてうざいと思われてしまうようです。

また、こじらせ女子同士が会話をする場合、「私の方が!」とお互いに自分をこじらせ続けるという無限ループが起こるという特徴もあります。

多少のこじらせは可愛げがありますが、いつも自分を卑下するような事を聞かされのは正直疲れてしまいます。

偽善者

人前でやたらとキレイ事を言うようなタイプもうざい女の特徴の一つです。

争い事をしている人や、悩んでいる人の間に割って入るのが大好きで、もっともらしい事を言っているだけで、結局解決には至らない事もしばしば。