好きな人ともっと親密になりたい!…と考えた時、真っ先に思い浮かぶ手段はなんでしょう。

数十年前であれば、お手紙を書いてラブレターを渡そう、なんて考えたかもしれませんが、今の時代の最も身近なコミュニケーションツールと言えばスマホ!

最近ではメールアドレスを交換する、なんてことも滅多になくなり『ライン』などのメッセージチャットツールが主流になってきましたね。

家族にせよ友達や恋人にせよ、今や連絡に使う常用手段は主にLINEだと思います。

ただ、身近になり過ぎてしまったことで新鮮味が薄れているというのも確かです。

気楽にやり取りができる手軽さから、メッセージに込められた重要性や行間を読むということがなかなか難しくなってきたような気もします。

そこで今回は当たり前になってしまってあまり気付くことのない『ライン』落とし穴ややりとりのポイントについて考えていきましょう!

️好きな人へのラインの注意点21個

ラインは対象になる相手によって使用用途が異なりますよね。

単なる業務連絡だったり友達同士の他愛ない会話だったりするメッセージもあれば、中には好きな人とのメッセージもあるはず。

相手が好きな人となると、友達や家族とするラインとは、込められている想いも、費やす時間も、通知が来た時の喜びも…全てが全て違うものです。

普段はなんてことないラインというツールが一気に重要なものになって「好きな人が相手だと、どうしたらいいか分からない!」と悩める方も居ると思います。

️まずラインのNG行為から!


皆さんはラインを使っている時に、この人のラインはなんだかめんどくさいな~と感じたことはありますか?人によって感じ方は違いますが、ラインはメールなどとは違ったライン独特のルールがあります。

ラインがあまりにも日常化し過ぎていることから、意外と知らず知らずのうちにNG行為をしてしまっていることもあります。

気付かぬうちに好きな人からうざかられていたら悲しいですよね…。

今回は「こんなラインが来ると困る」「こういうラインはちょっと…」という声がおおかったNG行為を一挙紹介!

1.長文過ぎ

ラインの特徴は、まるでその場で会話を繰り広げるかのように短文でやりとりができるチャット形式なところ。

ラインは短い文章をサクサクと送りあって、リアルタイムで交流を行うことが多いですね。

最近では、ラインに限らずTwitterやインスタグラムなどSNS関係でも、主に短い文章を投稿しているからか、短文に慣れている現代っ子の人たちが増えています。

そのことからラインの文章が長いと「読む気にならない!」「返信するのが大変…」なんて感じるらしい。

例えば何行からが長文なのか…とリサーチしてみた結果、LINEでは“4行以上”になると長いと感じる人が多いみたいです!

スマホで使うラインのアプリは1行あたりの文字数が17文字程度になっているので。

これが4行というとだいたい70文字くらいでしょうか。

とはいえ、ラインで送る文章は、ぎっちり4行まるまる使って送ることは殆どなく、だいたいが改行するなど、見やすくなるように工夫して送ったりしますよね。

そうなると実質の文章量50文字に満たないくらいだったりするはず。

これが長文と言われると…長文なのか!?と少々疑問にも(笑)長文の定義が時代の流れによって変化しつつあるようです。

ちなみにラインが普及するまでの連絡手段だったメールでは、導入から文末まで10数行あってもおかしくありませんでした。

ラインのようにポンポンと返信を送り合うのではなく、1つメールの中にいくつかの話題が入っていて、長く内容の濃い文章を1日に数度送りあうようなケースが多かったようです。

メールが主流のころは、文章の長さ云々よりも「1日に何通程度往復するのがちょうどいいか」「あまり早く返信するとうっとおしいか」などが恋愛におけるメール連絡の悩みでしたね。

丁度いいラインの長さを検証


ラインの画面上で4行というと、どのくらいの文章になるのかと言うと…

「お疲れ様!
今日は一緒に映画に行けて楽しかった♪
また一緒に遊びに行こうね(^^)
ちなみに、来週末って空いてる?」

ラインの画面上に合わせて改行しながら4行にすると、だいたいこんなボリューム!ちなみに文字数は50文字程度です。

いかがでしょうか、丁度よく感じますか?物足りなく感じますか?

次に多くの皆さんが「長い!」と感じる4行以上のラインはと言うと…

「お疲れ様!
今日は一緒に映画に行けて楽しかった♪
なにか今度お勧めの映画あったら教えて
欲しいな~。

また一緒に遊びに行こうね(^^)
ちなみに、来週末って空いてる?
気になっている展示会があるんだけど
良かったら一緒に行かない?」

この文章はラインの画面上でいうところの8行程度、108文字の内容です。

話題としては大したことではないのですが、ラインにしてみるとちょっと長く思われてしまいます。

ラインではなくメールだったのであれば特に長いと感じることもないのですが、ラインと言うツールを通すと吹き出し仕様で改行も小マメなので見え方が違うんでしょう!

1~4行程度のラインならラフな感じで簡単に返せる印象があるみたいですが、それ以上になると「こっちもちゃんと長く返さないといけない」と思ってしまうみたいですね。

先ほど上記で紹介したような長文気味のラインは、途中で切って、2回に分けて送ってみると見え方も違います。

いかに短文かつ簡潔に自分の気持ちを伝えるかがポイントということですね!メールより逆に難易度が高いような気がします!

2.質問し過ぎ

疑問形ばかりのラインというのは、返す側からしてみると、とても面倒なものです。

好きな人のことならば色んな情報を仕入れたい、それに質問形式なら会話が長続きする、という理由からラインで執拗に質問ばかりをしてしまう人も居るはず。

質問したくなる気持ちは分かりますが、会話を持たせるために質問ばかり繰り出すのは良くありません。

それに、もし相手があなたに対して関心を持ってくれている場合や会話を楽しく思ってくれているのであれば、質問に質問で返してくれるはずなので、自ずと一方的ではなく双方の情報を交換し合うような内容になっていきます。

質問を投げかける時は自分から一方的に質問を続けるだけのラインになっていないか、気にしてみてください。

それに、質問したいことがあるのであればラインではなく直接会った時の話題としてとっておくという手もありますよ!

3.どうでもいい内容ばかり

ラインは簡単にやり取りをできるツールなので、メールなんかよりとても気楽な気持ちで送りあうことができます。

前まではコンタクトを取るにしても「なにかキッカケになる話題を見つけてメールしてみよう!」なんて、送信の度にいちいち動機を見つけたりしましたし、送ってからメールが開かれたのか、まだ読まれていないのかも分からず返事が来るまでドキドキしたり、センターでメールが止まっていないか小まめに問い合せをしたものです。

もはや今「センターに問合せ」なんて言っても、もう通じないかもしれないですね(笑)

ラインは特性的にも、その用途的にも、メールなんかよりずっと他愛ないものです。

それゆえに内容の薄いどうでもいい話題が繰り広げられがち。

あなたも誰かから「暇だ~」「今何してるの?」「あのテレビ見た?」「この動画面白いから見てみて!」など、特にこれといった用事がなくてもラインが送られてきたことがあるでしょう。

自分も頻繁にこういうラインを送ってるなあ、と思う人はちょっと注意が必要かもしれません。

こういった、なんてことない内容のラインが送られてきた時というのは、タイミングよく暇をしていれば、いい話し相手にもなりますが、そうでないとちょっと面倒だったりするもの。

たまに来る程度なら、時間もあるし付き合おうという気にもなりますが、あまりにも主題のないラインばかりが来るのでは考えものです…。

さらに返事も来ていない、既読にもならない、という状況で次々と一方的にラインを送るなんていうのは絶対にNG!

いわゆる“かまってちゃん”だと思われてしまいますし、ラインのやり取りに新鮮みや特別感というのも感じないでしょう。

中には、おはようからおやすみまで、誰かしらとずっとラインをしているような人もいますが、学生や社会人など属性が違ったり、ライフスタイルが異なる人が相手となるとラインに対する感覚も違います。

特に好きな相手ならば、自分のラインが負担にならないように相手のライフスタイルを弁えて節度を持った連絡をすべきです。

煩わしく思われないようタイミングと頻度には気を付けましょう。

4.しつこいスタンプ

ラインの特徴の一つでもある“スタンプ”!自分の気持ちやちょっとしたコメントをワンクリックで送れるとても便利なツールですよね。

わざわざ入力せずとも「OK」「了解」などの返事系から「ごめんね」「ありがとう」「おはよう」などコメント系・挨拶系までスタンプで済んでしまうのですから楽ちんです。

しかし、これも楽ちんゆえの手軽さが仇となることがあります。

話のきっかけにまず、様子をうかがうようなキャラクターのスタンプを送ってみる…なんていうのは良くある手口ですね。

可愛いと思う人も居るかもしれませんが、何個も立て続けにスタンプだけをしつこく連投してくる人は正直ちょっとめんどうに思われがち!

意味もなくスタンプばかり送る行為は、行き過ぎると「この人は暇なのか?」とマイナスイメージを抱かれてしまうことがあるので、使い過ぎには注意です。

特に用事もなくスタンプを送るというのは、本当に気心の知れた人のみに通用する手段です。

距離感を図っている相手に対しては、用事もないのにスタンプを送ってそれっきり、というようなことは絶対に止めましょう。

それと、スタンプに頼り過ぎて返信が雑になってしまうのも注意したいトコロですね。

スタンプの「ありがとう」より、実際に打ち込んだ「ありがとう」の方が温かみがあるように感じるという声も多いのです。

スタンプばかりに頼らず、自分で打った文を上手く組み合わせて使いましょう!

5.根掘り葉掘り聞く

リアルで会う場合も、ラインで連絡を取る場合も、しつこい人と言うのは嫌われやすい!好きな人ともっと密接な関係になりたいからと言って、あれもこれもと欲張って聞きすぎるのはよくありません。

特にラインでは、文面からでしか相手の感情を読み取ることができません。

直接会っていれば話している最中に表情や仕草、声色などから「つまらなそう」「興味がなさそう」「嫌がっている」という感情を読み取ることができますが、ラインではそうはいきませんよね。

相手があれはこれはと聞かれることに対して、快く思っていなくても、ライン越しではなかなか気づくことができませんから、あまり突き詰めた話をするのには適していないでしょう。

レスポンスが軽快に進むからと言って、ついつい掘り下げてしまうこともあると思いますが、大切な話は直接会った時の為にとっておきましょう!

6.下心丸出し

あまりにも恋愛感情が明け透けなラインと言うのは、どうにも対応がし辛いものです。

恋愛関係に発展しているのであればまだしも、まだ付き合ってもいない状況でラインからのアピールが過ぎるというのはいただけません。

もちろん、好きな相手に自分の気持ちに気付いて欲しい、意識して欲しい、という欲が出るのは仕方がないことですが、あまりにも下心が丸出しになってしまうと相手側としては気まずいでしょう。

両片思いという状況で互いに駆け引きを楽しんでいる分にはいいですが、相手が自分に対してどういった感情なのか分かりかねる時は過剰なアピールは控えましょう。

例えば、「●●みたいな人凄いタイプなんだよね!」と脈絡もなくむやみやたらに相手を褒めちぎったり、ペットの写真を見せて「見に来ない?」とスグに家に来るように誘いかけたりするような定番の誘い文句は異性受けがとても悪いので要注意。

7.返事の催促

ラインは読んだら即レスポンス、というような考えが浸透していますね。

既読機能があるので「なんで読んでいるのに返事ないんだろう」とソワソワ気にしてしまう気持ちも分かります。

しかしそれに対して、返事の催促をするようなことはしてはいけません。

ラインを読める状況=ラインを返せる状況であるわけではありませんから。

既読で返事がないからといって「おーい」「既読無視!」などわざわざ追い打ちをかけるようなコメントをしたりスタンプを送ったりするのは控えましょう。

8.病みライン

相手の気を惹きたいがゆえに、自分を卑下したり、体調が悪いアピールをしたり、わざと心配をかけるようなラインをするのは良くありません。

「私なんて…」「もう死にたい!」「毎日しんどい…」など、暗い内容のラインばかり送られてきたら、相手も滅入ってしまいます。

相談をするのと病みラインを送るのでは、全く意味合いが違いますので、自分の現状を悲観的に共有するような内容はやめましょう。

トークだけでなく、ラインのタイムラインに鬱々とした意味深なメッセージを投稿したり、急にアイコンを真っ黒にしたりする行為もあまりよく思われません。

9.早すぎる返事

ラインを送ったらものの数秒で返信が返ってくる、というのはスピーディーな対応で好意的に感じますが、あまり早すぎるというのは控えたいところ。

なぜかというと、相手にもそのスピード感を求めているように感じられるからです。

簡単にレスできるところがラインの最たる特徴ではあるんですが、あまり早く対応し過ぎると2人で話す時間があっという間に終わってしまいます。

比較的じっくりまったり返信をしていくと、急かしている雰囲気にならずにお互い気楽にやりとりできるはず。

相手の返信ペースに合わせて調整するのも一つの手ですね!あんまり即レスだと前のめりで必死な様子に感じられるので、塩梅を見極めながら駆け引きを大切にしましょう。

10.相談し過ぎ

話のキッカケが作りたいからと言って、なんでもかんでもラインで相談したりするのはNG!「あなたにしか相談できないこと」というようなニュアンスで相談を持ち掛けるケースであれば、特別感があるので相手としても嫌な気分はしないでしょう。

しかし些細なことをいちいち相談していては、めんどくさがられてしまいます。

それこそ、付き合っても居ない相手に「これってどう思う?」「夜ご飯何がいいかな?」…なんてどうしようもないことを相談をするというのは以ての外です!「なんで俺or私に聞くのだろう…」と不審がられるような状況にならないようにしましょう。

徐々に段階を踏んで良い関係を築いていき、最終的にはどんな些細なこと、小さなことでも気さくに相談し合える間柄になれるように…まずは、別の方面で努力しましょう!

11.悪口多過ぎ

わざわざラインをしてまで人の悪口や悪態ばかりついている人というのは、誰がどう見ても印象は良くないでしょう。

人を下げて自分の評価を上げるような、姑息な手段を使おうとしている人は今すぐ中止!それに、好きな人が相手であるならば、ラインで悪口を言い合って盛り上がるような間柄になりたいわけでもないでしょう。

それに、悪口しか話す話題がないような人との恋愛はきっとうまく行きません。

明るく前向きな話題が共有できる相手とだからこそ、ラインを通じて互いのモチベーションを上げたりするような良い効果が見込めます。

互いにプラスの要素を与えあえる存在になれると、将来を見通した安定した関係が築けると思いますよ。

️次はラインでやるべきこと!

いかがでしょうか、普段の自分のラインと比較してみて何か当てはまる部分はありましたか?「やっちゃった!」という意識がある人は、今から改善していきましょう!
当てはまらずとも、今以上に好きな人とのラインを盛り上げたい人やうまく良い方向へ進ませたい人も“好印象のラインのコツ”を知っておくことで、きっと役立ちますよ。

では早速、今日から使えるラインの基本テクニックを紹介します。

12.程よい絵文字/顔文字

素っ気なさすぎる文章はNG!絵文字を付けて読みやすく、楽しそうな文章づくりを目指しましょう。

メッセージは相手の顔が見えないやり取りになるぶん、文章から伝える印象や好意というのが恋愛成就に繋がる重要ポイント!
しかし、むやみやたらに絵文字を連発するのではなく、程よく文末や文章の中間あたりに付けるくらいがちょうどいいですね。

使いすぎてしまうとチャラついた印象になるのでやりすぎは注意!

13.アクセントにスタンプ

スタンプは会話のメッセージそのものとして使うのではなく、会話の合間に流れに合わせて使う方が効果的!「ありがとう」「おはよう」など、コメントがついたスタンプもありますが、それだけで使うと手抜きに見えてしまうことも…。

メッセージそのものとして送っておしまいにするのではなく、メッセージにプラスするアクセントとして使いましょう!スタンプの使い方も、意外とセンスやテクニックが問われるものです。

14.話を聞いてあげる

やはり、ラインを最大限活かすためには一方通行ではなく双方が楽しく交流できるのが一番です。

自分の話ばかりをするのではなく、それとなく相手の近況を聞いたり、なにか困っているような時は率先して相談役になり聞き手に回るなどちょっとした気遣いが重要です。

ラインは互いの親密度を高めるためにとても有用なツールです!リアルタイムにメッセージを反映し合って、離れていても同じ時間を共有できるのですから是非上手に活用しましょう。

文章だと、なかなか本音が読み取りずらいですが、ちょっとした変化を見落とさないようにして相手の気持ちを尊重したいですね!

15.返しやすいメッセージを

メッセージを送る時は、相手の立場に立つことを忘れずに!折角勇気を振り絞って送ったメッセージでも、相手が「なんて返せばいいのか…」と困ってしまうようでは何の意味もありません!あまりにも突拍子がなかったり、支離死滅だったり、意図が伝わらないようだと相手を困惑させるだけでなく、相性の部分でマイナスのイメージを与えるかもしれません。

相手の性格や行動を考えて、返信しやすいようにちょっと誘導しちゃおう!ってくらいがいいかもしれませんね。

まず大前提として、仮に自分宛てに送られてきても困らないメッセ―ジを考えましょう。

16.分かりやすく褒める

好きな相手に送るラインならば、ある程度の好意を感じられる内容を送ってアピールすべきです。

あまりにもあからさまな内容を送るのは要検討をする必要がありますが、相手のトップ画像が変わった時や、なにか嬉しい報告があった時などは、分かりやすい言葉でストレートに褒めてみるのもあり!
それが普段から言っているような言葉では効果が薄れるので、褒め言葉は普段から安売りするのではなく、ここぞという時のためにとっておきましょう!「いつも以上にかっこいいね!」「一段とかわいいね!」「そういうの物凄くタイプだな」「それ好きだな」…など、相手に意識してもらえるような言葉を選んでぶつけてみてください。

17.ボキャブラリーを増やす

ラインの会話でも、通常の会話でもボキャブラリーって意外と重要!いつも同じ言葉で返信をしていたら、代わり映えがせず、相手的には「つまらないのかな」「興味が無いのかも」と不安を感じてしまうかもしれません。

「いいね」「そうだね」など相づち一つを取ってみてもそうです。

いつも同じパターンになってしまっていないかトークの履歴をチェックしてみましょう。

言葉のボキャブラリーが増えて使うワードが変化するだけで、会話が新鮮に感じるはず。

いつも似たり寄ったりの言葉を使うことのないように、言葉の引き出しを増やしてみましょう!人のラインの文章を参考にしてみたり、ネットのコラムを読んでみたりして使えそうなワードを頭にストックしてみるだけで違いますよ。

18.突然ラインを控える

何度も言いますが、恋愛は駆け引きがとても重要です。

押してダメなら引いてみろ、とよく言うようにラインも毎日ひっきりなしに送っていればいいという分けではないのです。

ラインのやりとりが当たり前の状況になって、新鮮さが薄れてきたな…と思ったら一度ラインを送るのを控えてみるのが良いでしょう。

当たり前の存在が急にいなくなると、寂しさを感じるものですよ。

いくら送りたくても我慢してみてください。

そういう状況になった時、相手からラインが来るようであれば脈ありかも!送るのを控えた途端、向こうからも何の連絡なし、となってしまうと、相手にとってあなたの存在はその程度と言う可能性も…。

19.思わせぶりな態度

押してダメなら引いてみろ、引いてダメなら押してみろです!ダメ押し、と言う言葉があるようにダメでも押してみたら意外となんとかなったりします。

ちょっと押しが弱いかも…自分の気持ちが伝わっていないのかも、と不安になったら、諦める前に相手があなたに興味を抱くキッカケを作ってみましょう!
あえて恋愛の話を持ち出して、自分はあなたが好きなのだと臭わせてみたりすれば、相手も「もしかして自分のことが好きなのかも?」と気づくはず!意外と恋愛は、相手の好意に気付いてから意識し始めることが多いものです。

告白とまではいかないにしても、今自分が恋愛中で幸せなのだ、それはあなたなのだというような気持ちをアピールしてみるといいかもしれません。

20.お誘いには乗り気で

好きな相手からのお誘いはどんな些細なことでも、乗り気で応えましょう!もったいぶっていたらせっかくのチャンスをみすみす逃すことになるかも。

まだ早いかな、もうちょっと焦らそうかな、なんてことが出来るのは恋愛上級者の人だけ。

「通話しよう」「食事に行こう」というような嬉しいお誘いがあったら、喜んで乗ってみてください。

21.自分からデートに誘う

誘われるのを待っていても、なかなか思うような進展がない人は、思い切って自分から誘ってみるのも吉!やっぱり恋愛はキッカケづくりが大切ですから、受け身のままではいけません。

積極的な行動で相手の意識を自分に向けさせちゃいましょう。

本格的なデートでなくても構いません。

ちょっとしたことでも構わないので、一緒に居る時間を少しでも作ってみることがポイント!

️好きな人にドキドキのライン♡

好きな人とのラインって、一瞬一瞬が幸せの連続ですよね!そのドキドキとワクワクをイイ形で成就させるためにも、ラインを有効活用しながら距離を縮めていきましょう。

あなたが好きな人とのラインを「楽しい」「もっと繋がっていたい」「もっと続けていたい」と思うように、相手にとっても有意義で楽しい時間になるようなやり取りをしましょうね。

好きな人のラインをゲット!

そもそも、好きな人のラインをまだゲットできていないと言う人もいるかもしれませんね。

ラインさえゲットできてしまえば、距離は一気にグッと縮まるはず。

とはいえラインを聞くと言うことは、すなわちあなたの連絡先が知りたいです!と好意を示していることにもなるので、相手から意識を向けてもらうための大きなキッカケにもなります。

まずラインを聞いて断られるというのは、そうよっぽどのことがないとありえないはず。

断られる心配は殆どないわけですから、勇気を出して第一歩を踏み出しましょう!

返事が来ると胸がキュンキュン

好きな人とラインを交換できれば、その人とメッセージのやり取りができるだけでなく、あわよくばタイムラインなどでプライベートな情報を垣間見ることもできちゃうわけです!
その情報をキッカケにして話を広げることもできますし、逆にこちらの情報を流してアピールするという手もあります。

ラインを知っているのと知らないのではもはや、スタートラインが違います。

メールのころのように「好きな人だけ特別な着信音にする」なんてことはできませんが、その分、着信音がなる度に「誰からのラインだろう!」というドキドキを感じたり、キュンキュンする胸の高鳴りを楽しむことができますね!

でも返事がこないと不安に…

好きな人との関係が一進一退するたびに、心はジェットコースターのように急上昇したり降下したりと忙しいもの。

ラインを通じたやりとりで状況が一転することもよくある話です。

良い時もあればちょっと残念な時もあります。

それこそ既読になったのに、いつになっても返事がない時なんかは「迷惑だったかな」「なにかマズイことを言ったかな」なんて不安が募って仕方ないですよね…。

恋愛は山あり谷ありですから、気長に待ちましょう!いつも全力で向かっていると疲れちゃいますから、時にはクールダウンして休憩しましょうね。

️ラインも大事だけど…告白は直接しよう♡

ラインは仲を深めるために便利なコミュニケーションツールではありますが、告白はやっぱり直接するべき!これはどんなに文明が進化しても変わらないことです。

きちんと顔を見て想いを伝えるという行為は、恋愛にせよ仕事にせよ絶対に必要なもの。

ただ文章で伝える想いとは重さが全く違います。

面と向かって告白するのはラインで伝えるよりも何十倍も恥ずかしいかもしれませんが、その想いが叶った時の喜びだって何十倍も大きいですよ!付き合うキッカケとなる告白は、いつになっても忘れられない思い出のワンシーンになりますから、是非互いの大切な記念日になるよう、素敵な演出をしましょう。

️好きな人にラインするときはこの21項目を思い出して!

どうしてもうまく行かせたい恋がある人は、そのために自分ができる最大限の努力をして臨むべきです!「あの時ああしておけばよかった…」なんて、後悔することにならないように、ラインのメッセージや返信ひとつにせよ、きちんと対策を練って効果的な行動をしていきましょう。

ちょっとした行動の積み重ねが、あなたの印象を良くも悪くも変えていきます!折角なら、自分の恋が良い方向へと向かうように頑張ってみようじゃありませんか。

ここまで読んでくれたと言うことは、きっとラインで送るメッセージの一つさえも気にしてしまうほど夢中になっている相手がいるということではないでしょうか。

どうしても手に入れたい恋愛があるということですよね。

相手の為に変わりたいと思う気持ち、そしてそのパワーを向けられる恋や愛があるというのは、本当に素敵なことだと思います!是非、今回紹介した内容を頭の片隅に置いてラインの際に思い出してくれたら嬉しいです。