みなさんこんにちは。

突然ですがみなさんは「モンゴル」についてどんな印象をお持ちですか?「力士」を思い浮かべる方は多いのではないかと思います。

朝青竜や、白鵬、日馬富士などなど日本の大相撲を盛り上げてくれる「ヒーロー」のような方が日本国内では多いですよね?
 しかしこの「モンゴル」。

実は先の東北の震災のときには「1日分のお給料を役所の方々みなさまが出しあってくれて」、約1億円ほどの義援金を被災地に届けて下さったんです。

モンゴルのみなさん、本当にありがとうございます。

 このように意外に「親日派」が多いモンゴル。

今回はこの「モンゴルの人々の歴史や特徴」をまとめていき、皆さんの知らない「モンゴルのこと」についてさまざまな点をごようかい出来ればなと思います。

ではいきましょう。

モンゴル人とは

 まず単に「モンゴル」と言っても実は2つの国に分かれている事を皆さまはご存知ですか?日本人はあまりモンゴルに対し関心がないように思います。

現在、モンゴルは「北モンゴル」と、「南モンゴル」の2つに分かれています。

北モンゴルは独立しており国名も「モンゴル」と名乗っております。

それに対し「南モンゴル」はというと現在「中国の領土」として数えられ、中国側からの呼び名はそれぞれ独立国を「外モンゴル」、領土内の区域を「内モンゴル」と呼んでいます。

もしかしたらこちらの呼び方の方が聞き慣れている方は多いかもしれませんが、この記事では「北・南」を用います。

冒頭で話した「東北震災の義援金は北モンゴルの方々」が下さったものです。

 

モンゴル人の歴史

 少しだけこの「北モンゴル」、「南モンゴル」についてお話していきましょう。

どうしてモンゴル人に「親日派」が多いのかをご説明しておきたいところでもございますので。

 そもそも初めは「モンゴル」は一つでした。

「チンギス・ハーンの帝国時代」のことですね?しかしその帝国時代も終わりの時がやって来ました。

モンゴル崩壊を機に、「チベット仏教勢力」と同じくして中国の清朝に吸収されてしまったんです。

 この「清朝」とは満州で建国された中国最後の王朝のことです。

しかし、この清朝も「アヘン戦争敗北以降」、国内情勢の悪化に伴い「中国分裂の危機」におかれてしまったんです。

このことを受けて清朝は「諸外国の脅威に備える為に軍備拡大」を指示しました。

しかしそれは逆に「クーデター」を起こすきっかけに成ってしまい、清朝政権に反旗をひるがす「革命軍」が組織されてしまう事に成ります。

 その後中国国内の民意を得た革命派が選挙に勝ち、清朝政府は事実上崩壊、これを日本の教科書でも習ったであろう「辛亥革命」というんですね。

この革命派は「漢民族」と言われる種族で、今もなおこの漢民族の体勢が中国で続いていますので、現代の中国史では全てこの「漢民族目線」で歴史が語られています。

つまり現代の中国は「一人称が漢民族」ということですね。

 そしてこの辛亥革命に伴い、中国の支配体制を恐れた現北モンゴルがこの時逃亡、事実上満州にあった南モンゴルと分断が起こったんです。

この時逃れた北モンゴルは今のロシアと友好関係を築きました。

いわゆる「兄貴分」ですよね?
 そして辛亥革命後の新中国政権も分断しかけていた「中国を統一」することはままならず、その半端な体勢のまま、あの「日露戦争」が勃発してしまうんです。

結果はみなさんも知っての通り、「日本の勝利」。

ジリ貧だった感はありますが、勝った日本はここで現ロシアとある密約を交わしていたと言われています。

「北はロシアで、南は日本」、コレ何の話しだかわかりますか?もちろん「モンゴルの領土」の話です。

北モンゴルをロシアが、満州のある南モンゴルを日本が統治するといった密約だったと言われているんですね。

 こうして日本は満州を一大拠点として満州国の鉄道を始め、ありとあらゆる技術を投入し続けました。

その結果、南モンゴルは飛躍的に発展。

治安も改善され、多くの中国人や日本からも移民が相次いだ。

 しかし、その「安住の地」も第二次大戦での日本の敗戦を受けて、満州国が消滅し、その満州国争奪の内乱等々が頻繁に起こり、チベット自治区と同様に厳しい「民族問題」を抱えてしまう結果に成ってしまったんです。

 その後は南モンゴルは中国自治区に入ってしまったものの、日本側から北モンゴルへ「経済援助」が度々出され、短い時代だったが、「モンゴルを事実上、列強国と並ぶほどの発展を実現したという過去の日本の実績」もあってか、東北震災時には「恩返し」として日本へ涙の出るような有難いご支援をして下さったのです。

 今現在も満州国の名残であるさまざまな技術や建設物がモンゴルには残っており、日本が残した当時の「情熱」がモンゴルの方たちの心に未だに響き続けているのかも知れません。

 これからもモンゴルの方々とは「同じアジア人として友好的な大親友同士であり続けたいですね?」

モンゴル相撲

 次に「モンゴル」と言えば何と言っても「モンゴル相撲」です。

そもそもモンゴル相撲とは「ブフ」と言われる「総合格闘技の総称」なのです。

アメリカなどでは「モンゴリアン・レスリング」なんて呼ばれているみたいですしね?日本では相撲の原点とも言われたりしますよね?
 このモンゴル相撲、大きく分けて北モンゴルの「ハルハ・ブフ」、南モンゴルの「ウジュムチン・ブフ」の2つに分かれるんです。

白鵬関は「ハルハ・ブフ」の力士だったそうです。

 ハルハ・ブフのルールは、ひじ・ひざ・頭・背中・お尻が地面につくと「負け」となってしまう競技です。

対してウジュムチン・ブフのルールは足の裏以外が地面につくと負けとなってしまいます。

 では日本の大相撲との違いはなんでしょうか?まずは衣装です。

大相撲は「まわし1枚」なのに対し、ブフは首飾りやブーツ、膝のプロテクターまでさまざまな競技服が決まっています。

 次に異なる点は競技場です。

大相撲は「土俵」で取組をしますが、ブフでは広大な草原全てががバトルフィールドなんです。

ですから「押し出し」に関連した決まり手はないという事ですね?
 そしてブフは「時間制限」もありません。

正に「戦士同士の死力を尽くした戦い」のような印象を受けます。

こういった大相撲との違いから「モンゴル相撲」すなわちブフは成り立っており、双方違った楽しみ方が出来るんですね?

モンゴル人の9個の性格

 ではではモンゴル人の歴史と、国技についてお伝えしてきましたが、つづいてはいよいよ本題、モンゴル人の方の、その「民族性」について考えていきましょう。

1.負けず嫌いである

 まずは「負けず嫌い」なところです。

こちらは国技であるモンゴル相撲「ブフ」のルールを考えてみても良いかも知れません。

「ブフ」では、試合時間や場所の指定はありません。

時間や場所に縛られず、戦士同士がお互いの死力を尽くして最後まで戦うのです。

 そうして屈強な体と体が本気でぶつかった瞬間、互いに対する「尊厳心」が生まれるのではないでしょうか?
 つまりは「常に限界ギリギリのマジ勝負」をしているのがモンゴル人なんです。

そういった国技を長年の歴史と共に築き上げられた民族性は「勝利に対する美徳がある」と言わざるを得ないでしょう。

勝ち負けにこだわりがある

 そして更に言えば、「勝ち負けにこだわりがある」のも特徴でしょう。

勝負に対しこだわりがあるからこそ、「負けず嫌い」に成る訳です。

相手に勝つこと、そして負ける事がどんな意味を持っているのか?モンゴル人の方々は記事冒頭の「モンゴル建国から分裂」までの歴史を考えても「痛いほどよくわかっているはずの民族」です。

「チンギス・ハンの帝国時代」から、清朝政権による支配を通じて満州と北モンゴルの分裂が起こり、そして満州崩壊で現在の中国、ロシア体勢の政権下。

いろいろな事がモンゴルにはありました。

だからこそ他の国に比べ「勝負の危険性、と重要性」について痛い程分かっているんです。

2.温厚な性格である

 モンゴル人は強いからこそ、普段は温厚な性格です。

「勝負を重んじる」からこそ、「無駄な争い」は絶対にしないのです。

それをしても何も意味を成さないのは歴史が証明しています。

 死力を懸けた「勝負」と、無為な「争い」についてはきっちりと「差別化」が図れているんですね?ですから普段はとても温厚で、争い事に対しては嫌悪感を以って自制できる面があるんです。

喧嘩にならなければ温厚

 ですので、モンゴル人は「怒らせなければ」良い人ばかりです。

しかしいくら温厚でも、人間なので怒る時は怒るでしょう。

自分の家族や、友人、恋人をけなされたり、陥れられたりする場合は、モンゴル人の屈強な剛腕が首元まで落雷のように振り下ろされる事でしょう。

こうなればヤル事は「ジャパニーズ・トラディショナル・土下座」しかないですね?ふざけるのは絶対に辞めましょう。

3.時間にルーズである

 モンゴル人は元々、「遊牧民族」ですので、基本的に太陽の動きを見て大らかに生きてきた民族です。

そのため、日本人に比べれば時間にルーズな面はあります。

しかしここで注意すべき点は、「日本人が時間に厳しすぎる」という民族性がある事は忘れてはいけません。

 確かに社会を生き抜いていくためには「時間の管理は必要」です。

時間の管理をする事でいろいろな事象が円滑に回っていくのです。

そう考えると、時間厳守は社会人の常識のように思えます。

しかし日本社会の常識とは言えても、国際的な常識とまではなっていない部分もあるのです。

 日本人の場合、電車が定刻よりも何分遅れればそれを「遅延」と感じるかというと、よく
「1分でも遅れれば遅延と感じる」と言いますが、実は「15秒でも遅れれば遅延」と感じるというデータもあるようです。

さらに「韓国が3分」、「ドイツが15分」、「イギリスが25分」から遅延とそれぞれ感じるようです。

 モンゴルの場合、鉄道の遅延認識の時間は調べられませんでしたが、それの答えに近いことを次にお話しします。

時間を厳守するという概念がない

 モンゴルの場合、時間間隔の最小時間は「おおよそ30分」であると言われています。

というのもモンゴルの言葉では元々時間を表す時に「30分よりも少ない時間を示す言葉がなかった」のだと言います。

もしそれが本当ならば、時間的感覚を考える際、「30分以内の感覚・認識」がないことになり、待ち合わせなどをしても、30分遅れはザラだという事に成ります。

実際、モンゴルに旅行に行った方のブログ等々を見ると、「待ち合わせ時間から30分以内に着けばセーフ」という表現は良く見受けられるモノに成ります。

 でも決して「モンゴル人が時間を軽んじている」訳ではありません。

今まで時間というものに対して、そこまで注意深く生きていく必要性がなかっただけです。

むしろ時間よりも、仕事がきちんとできるか?家族を守られるか?などのような他のことについて考え注意しておくことの方が重要だったのでしょう。

それに普段から頻繁に「危機的状況」が起こった訳でもないのなら、時間的感覚が大らかの方が「集中力が続いたり」、「ストレスが溜まらずに長い時間を仕事に充てられる」という事もあるのかも知れません。

4.怠け者な人が多い

 かといって日本人からみればその事が「怠け者」的に見えてしまう事もあるかも知れません。

しかしこれももしかすると「日本人が学ぶべき発想」なのかも知れません。

日本人は度々、「頑張る事を美徳」として捉えがちな部分があると思います。

「死ぬまで働け」みたいなことです。

 確かに「人生において頑張る事はとても重要な事」です。

頑張る事を辞めたら自分の成長も、生活の安定も見込めないでしょう。

しかしその「頑張り」もケースバイケースもっと使い分ける事が出来なければ、いつか「疲弊し脱落しなくてはいけなくなります」。

人間は続く集中力や続く努力の時間的制約が必ずあります。

「タダいたずらに頑張ればいいってもんでも無い」訳です。

 きちんと目標を決めて、それを達成する為に何が必要か?そしてそれが達成されれば一時休息。

これが仕事を長くやっていくために必要な「大原則」だと思います。

「死ぬまで働け」は、「死ぬような年齢まで働くためには、休みや効率も重要視しろ」という事だと思います。

 学校の掃除の時間で、早く終わるために頑張って「最適の方法を考え出し努力して終わらせたのに」、「掃除の時間は全部掃除に充てなければならない」という謎の発想の下、先生に怒られた人はいなかっただろうか?これこそも日本教育の弊害です。

 掃除をする為に学校に通っている訳でもない訳ですから、終わったなら即座に「次の作業」に移った方が生産的です。

それは別に遊びでも良いでしょう。

ストレス発散や、友達と戯れることで、いろいろな社会勉強になるのですから。

しかしそれを許さないのが日本人的教育の発想なんです。

 日本人はもう少し、「休むために働く」ように心掛けないと、長々と会社に入り浸って何にもやっていない様な社員だけが評価される意味のわからん方式から一向に逃れられない「非効率な社会」になっていってしまいます。

社員も「時間内に仕事を終わらせる工夫」もしなくなりますしね?

 こんな社会では誰も育っていかないでしょう。

目標があればがんばれる

 日本教育の悪口に発展してしまいましたが、今回は「モンゴル人の方についての記事」です。

モンゴル人はそんな大らかな民族性ではありますが、やる時にはやります。

 きちんと目標があれば、頑張るのです。

日本に来ている多くの力士を見ていれば「そのひた向きさ」は分かるはずです。

5.借りた物を返すという考えがあまりない

 また大らかな性格が「借りパク」となってしまう事もあるようです。

しかしこれも「身近な物はみんなで共有するもの」、「堅い事は抜き」という事とも取れます。

消しゴム貸したくらいで「恩人」にはならないんですね?それで返ってこなかったら、自分も誰かに借りれば良い、それくらいのものなんです。

貸した物は返ってこないと思ったほうがいい

 ですからモンゴル人に対しては「迂闊に何かを貸すと最悪返ってこない事」もあるかも知れませんので、特に神経質な方は何も貸さない方が良いかもしれません。

 しかし皆さん思い出して下さい。

日本が経済支援でモンゴルに援助をしていた経緯があるからこそ、震災の時には自分のお給料を切り崩してまで、日本のために「恩返し」して下さったんです。