CoCoSiA(ココシア)

B型性格の8個の特徴


血液型診断を信じますか?科学的根拠はないといわれるのですが、確かに何かあるように思えますよね?

占いなのか何なのかはよくわからないですが上手く利用するもよし、話題作りのひとつでもよし、です。

きっと、「あるある」「そうそう」といっていただけると思います。

A型が40%と一番多い日本の中でB型はどちらかというと異質に受け止められることも多いようですね。

今回は個性的なB型の性格の特徴をまとめてみました。

B型性格の8個の特徴

1.好奇心旺盛で明るい

好奇心旺盛で明るいです。

明るいといってもワイワイガヤガヤ、キャーキャーと騒ぐタイプの明るさももちろんいますが、おしゃべりをあまりしない物静かな人もいますが、心根が明るいというかいろいろなものに興味を示すので楽天的に見えるのでしょうか?新しいもの好きのB型は目の前の新鮮さを感じるものが好きです。

それが明るさというか前向きに見えるのかもしれませんね。

実際には見た目は暗そうなB型を何人も知っています。

でも人生どこか割り切っているなと感じさせるいのです。

興味を示せるものがあればB型は少々の不満も我慢できるようです。

反対にそれがなければストレスを溜めこみ元気がなくなったり体調を壊したりする人が多いですね。

雰囲気作りが上手

雰囲気作りが上手です。

何をしてもどこでも楽しみたいという欲求があるので雰囲気作りにつながるのかもしれません。

努力して雰囲気作りをしているのではないのですが、B型には固苦しさがないので、周囲をリラックスさせるのでしょうね。

それも雰囲気作りにつながっています。

仕事や勉強などの実力に関してはプライドがあるかもしれませんが、対人関係においては自分がピエロ役になっても平気なところがあります。

それより場の雰囲気が自分にとって心地悪いほうが息がつまるのでしょうね。

あるB型の男性ですが、普段はとても寡黙なひとなのですが、お酒を飲むととても陽気になるいいお酒の飲み方をします。

お酒を飲んでいないときには、人に気使いなどしない、我が道を行くタイプです。

決して人に迷惑をかけたりしないし、人の気分を害するような言葉も発しないのですが、「黙々」という表現が彼にはピッタリというような雰囲気を醸し出している男性です。

ところが、ひとたびお酒が入ると、「黙々」さはどこかへ消えてしまいます。

人の話をニコニコ聞いて、ときおり自分のおもしろい話を披露したりとその場を盛り上げてくれるのです。

お酒を飲んだときの彼が本来の姿なのではないかなと思います。

雰囲気作りがとても上手な姿に驚くばかりです。

自分の気持ちに正直

B型ほど自分の気持ちに正直な血液型はありません。

本人からしたら気を使っているつもりかもしれませんが、自分の気持ちが許すことしかしたくないというタイプです。

でもそれは道徳的だとかまじめという意味ではないですね。

わがままといえばわがままです。

やりたいことはやりたいし、やりたくないことはやれないです。

お世辞やおべんちゃらがいえないかといえばそうではないのですが、そういった社交辞令自体を自分がやりたいと思えばちゃんとやりますが、いいたくなければいえないでしょう。

自分が楽をできるか、自分がやりたいことをやれているかということが一番大事なB型ですから、自分の気持ちに正直になれないシチュエーションというのがこたえるようです。

普段は「黙々」なB型の彼がお酒を飲むと雰囲気作りにひと役かってくれる人に変身するということを前述しましたが、自分の評価を少し上げたいのなら、普段からちょっと気を使い雰囲気作りをしてもよさそうなのにと彼を見てていつも思います。

でもしたくないときはしたくないというB型ならではですね。

2.情に厚く、義理堅い

情に厚くて義理堅いところがあります。

人から受けた恩は忘れないとともにお返ししようとする義理堅さがあります。

B型というと楽天的なので、情などとは無縁なように見えるのですが、意外に思われるかもしれませんね。

悪く出ると陽気そうに見えるわりに執念深いところがありびっくりさせられるかもしれません。

困っている人を見過ごせなくて関わってしまうかもしれません。

執念深さが前面に出たB型はとても冷酷に仕返しをしたりします。

紙一重というところです。

感情移入しやすい

ドライに見えて感情移入しやすいというのも特徴です。

感情移入するとはどういうことでしょうか?