嗜好という言葉がありますよね。

日常的にもよく使われる言葉だと思いますが、皆さんは嗜好の意味をきちんと把握されているでしょうか?
筆者は正直なところ…自信がありません。

趣味嗜好という四文字熟語もあり、その意味は“個人的な好みやたしなみ等のこと”。

この意味からも、嗜好は人の好みを表わしているのは分かるのですが、果たして正しく使えているのかどうか、不安が残るところです。

嗜好の意味について検索してみると、Q&Aサイトなどでも議論が巻き起こっていました。

「嗜好」と「趣向」の違いや、「性的嗜好」と「性的指向」の違い等々…。

嗜好という言葉を誤用してしまったり、嗜好の意味が捉えづらいと思っている人も多いようです。

という訳で今回は、“嗜好品”と呼ばれる数々のモノと共に、“嗜好”という言葉の意味について深堀りしてみたいと思います。

どうぞ、お付き合いください♪

嗜好はその人のアイデンティティーのひとつ

嗜好の意味を理解するにあたってヒントとなるのが、「嗜好はその人のアイデンティティーのひとつである」ということ。

頭の良い人は「あぁ!なるほどね」と、嗜好の正しい使いどころが分かったかもしれませんね。

でも筆者はこう説明されても、「ふ~ん?」と、まだスッキリはしません。

だってこうなったら、アイデンティティーの意味も、正確に捉えられているか自信が無いのですから(笑)
もちろん、なんとなくは分かりますよ?“自分”を表現するものとか、自分らしさとか…そういった意味ですよね。

ということは嗜好は、“自分らしさを表わすもの”ということになるのでしょうか?
きっとこれも、間違っていないような気はするのですが、正解でもないような…。

まずはこの「嗜好はアイデンティティーのひとつ」というヒントを元に、嗜好の意味について調べていきたいと思います!

1. 「嗜好」の意味

まずは単純に、嗜好の意味を辞書で調べてみました。

すると、“あるものを特に好むことや親しむこと”、そして“たしなむこと”などとあります。

特に飲食物についての好みについて使われるのが一般的となるようです。

確かに筆者にも、飲食物など摂取するものについて使うイメージがありました。

そしてその飲食物は、“嗜好品”と呼ばれるものとなるわけですが…この場合、「カレーが好き」「ラーメンが好き」といった、単純な好き嫌いを表現するものではないんですよね。

嗜好品の場合の飲食物は、“栄養を取るためではないけど好んでいるもの”になります。

つまり、生命維持のために必要不可欠となる主食とは違って、楽しむことがメインの目的となる飲食物のことです。

そしてこの“嗜好”が、アイデンティティーのひとつだと言われることについても調べてみましょう。

アイデンティティーの意味こそ捉えるのが非常に難しいのですが、辞書によると“自己同一性”や“身分証明”などとあります。

また、帰属性を持つものも、アイデンティティーとなるようです。

噛み砕いて言うと、「自分が何者かを分かっている」ということや、「自分を認めている」こととなるんですね。

一番わかりやすいのは、「あなたは何者ですか?」と聞かれた時に答える答えが、アイデンティティーだということです。

「私は〇〇というもので、〇〇出身で、〇〇という会社で働いていて、趣味は〇〇で…」など、自分の属性や好みなど、自分を表現するものがあると思います。

それがアイデンティティーであり、嗜好は、自分を表現するもののひとつになるということです。

楽しむためだけに好んで摂取する飲食物は、その人個人の拘りでもありますよね。

ひとつの個性であり、自分の特徴を表わすものとしてぜひ示しておきたいのが、嗜好品とも言えるのでしょう。

2. 栄養が無いものが殆ど

嗜好品となる飲食物を摂る目的は、生命維持ではなく楽しむこと…となる嗜好品は、栄養が無いものが殆ど。

むしろ嗜好品は、身体に害があるものも多く見られます。

でも、身体に害があったとしても目的が生命維持じゃない以上、嗜好品を辞められないのが人間。

人は貪欲で、自分の欲求を満たさずにはいられません。

しかし嗜好品は、物によってはストレス解消やリラックス効果があり、身体を作る栄養素はなくても、ある意味では生命維持に役立つこともあります。

心理的な面をサポートする役割を果たすので、そのぶんその嗜好品に頼りやすく、依存しやすいとも言えるんですよね。

つまり、欲求不満を解消する矛先がどこに向かうのか、そしてその依存度がどれくらいかということは、その人の内面を表わすことにも繋がります。

それを示すものとしても嗜好品は、アイデンティティーのひとつだと言えるのかもしれませんね。

3. つまり贅沢品とも言える

栄養が無いものが殆ど。

もしくは栄養があり過ぎたり、毒だったりして身体に害をも与えかねない嗜好品は、贅沢品とも言えるんですよね。

人が生きていくために最低限必要なものではなく、生命維持の観点で言ったら余計なものとなるのが嗜好品。

楽しむため、欲を満たす為、心の弱さを補うためと…贅沢品を求めるのは、動物の中でも脳が発達し、感情をもった人間特有の現象とも言えるのかもしれません。

しかもその贅沢品によって命を脅かすこともあるのですから、人間の欲というのは、どこまでも厄介なものです。

しかも嗜好品には、お金もかかりますよね。

余計なものに生活に必要なお金を費やし、時に命を費やす…。

贅沢以外の何物でもありません。

4. 「趣味」とはどう違うの?

同じような意味合いだと思われる「趣味」と「嗜好」。

どちらも自分が好むもので、アイデンティティーのひとつになるものです。

でも「趣味嗜好」という四文字熟語があることからも、それぞれに指し示すものが別にあることが分かりますよね。

「趣味」と「嗜好」は一体どう違うのでしょうか?

趣味の辞書的な意味は、“専門としてではなく、楽しみとして愛好するもの”また、“物事から味わいや趣きを感じ取る能力”とあります。

辞書の意味を見ると、嗜好の意味とかなり近いように感じますね。

でも、それぞれの言葉があるのにはきっと理由があるはずなので…ここでは漢字から、それぞれの言葉の意味を紐解いてみたいと思います。

趣味は「趣き味わう」と書きますよね。

「趣(おもむき)」の意味には、“味わい”や“心の向かうところ”、“様子・感じ”などがあります。

一方嗜好は、「嗜み好む」と書きますよね。

「嗜(たしな)み」には、“好み・心得”や“慎み・心掛け”などの意味があります。

ただ、嗜みの意味の中には“趣味”も記されており…
「嗜好」が「趣味」としての意味合いも持っているのは、辞書も認めるところのようです(笑)

1. 「嗜好」=「趣味」としての意味合いも持つ

「嗜好」=「趣味」の意味合いがあるとしても…同じ意味だと言ってしまうと、それぞれの言葉が存在する意味がありません。

筆者が漢字から推測するに…趣味は、“興味や関心を示すもの”と言えるのではないでしょうか。

その物事の味わいや様子に、心が特に動かされるものが趣味となるのだと思います。

そして嗜好は、“心を満たすもの”と言えるのだと思います。

趣味と比べると、好きという気持ちはより強く、自分では制御できないもの。

嗜みの“慎み・心掛け”などの意味からすると真逆の印象になってしまいますが、要は自分の心が主体となっているのが嗜好と言えるのではないでしょうか。

その物事の趣きがクローズアップされているか、自分の嗜みにスポットが当たっているかという違いですよね。

2. オートバイやカメラなど

つまり嗜好品は、気持ちの高揚感を味わうことに、大きな意味があるということになります。

摂取し得られる楽しいという感情や、気持ちの高まりが、嗜好品特有のものということです。

そんな嗜好品となるものは、特に飲食物を指し示してはいるのですが、時にオートバイやカメラなども嗜好品と言われることがあります。

オートバイやカメラは趣味とも言えますが、体感的や感覚的に気持ちを刺激する側面があることから、嗜好品だということも出来るんですよね。

オートバイの場合は特に、趣味として所有している人が多いものだと思います。

自動車は生活必需品として必要とされたりもしますが、オートバイは、荷物や人を運ぶ目的で考えると自動車には劣ります。

反面、スピード感によって得られる高揚感や、操作性を楽しむことを目的とすると、とても心を満たしてくれる乗り物であると言えます。

それに、自動車を所有し、趣味としてオートバイも所有している場合は、それは贅沢品とも言えますよね。

こういったことからも、オートバイは嗜好品としての意味合いが強いものだと言えるのでしょう。

5. 依存性が強くなる

この様に、心を刺激し高揚感を味あわせる嗜好品は、依存性が強くなるものだとも言えます。

生きていくためや生活していく上で、必ずしも必要ではない贅沢品。

だけど、他では得られない刺激があり、心の欲求を満たしてくれるものは、その感覚に依存しやすいということです。

気持ちの良い高揚感に病みつきになり、ある意味その感覚に洗脳されてしまうんですよね。

生活に必要なお金を費やしてしまうかもしれない。

生きていくための命を削るかもしれない…。

という自制心上回り、自分の欲求を満たす為だけに行動するようになっていってしまうのです。

人の欲求というのはそれだけ強力なもので、欲求を満たされることによって得られる感覚は、人の理性をも麻痺させる可能性があるということなんですよね。

6. 嗜好品を摂取すると人はどうなる?

嗜好品は、強い依存性を示せば理性を崩壊させる危険性があるものです。

ただもちろん、嗜好品にはリラックスやリフレッシュなど、人に良い影響を与える場合もあります。

嗜好品の良い影響を受けるのか、嗜好品によって人生が崩壊するのか…それは紙一重だけど、どちらに転ぶかによっては大きな違いを生むものだと思います。

理性を保ったまま嗜好品を嗜むのか、嗜好品によって洗脳されてしまうのか。

全ては自分次第だと言えそうです。

さて、皆さんには嗜好しているものはありますでしょうか?
何か嗜好品を楽しんでいますか?
ここまで、嗜好品の悪い側面を特にクローズアップして解説してきましたが、実は筆者にも摂取している嗜好品があります。

自分でも悪い影響があることを実感しているからこそ、嗜好品の危険性も述べてきたのです。

それでも辞めていないし辞められない。

それが嗜好品という存在なのです。

筆者のように、何か嗜好品を摂取している人は、それによって得られる感覚や、自分に及ぼす良い影響も悪い影響も理解していることでしょう。

ただ、嗜好品というものに興味はありつつも摂取していないという人は、嗜好品によって人はどうなるのか…その感覚が全く分からないかもしれませんね。

そんな方たちの為に、嗜好品によって人はどうなるのかについても解説していきましょう。

1. 気分が良くなる

まず嗜好品には、気分が良くなるという特徴があります。

贅沢をしているという喜び、自分の欲求を満たしているという満足感。

体感的や感覚的に得られる気分の良さは、リラックスやリフレッシュの効果もあり、人生にエッセンスを加えてくれるようなものです。

特にストレスの多い人や、悩みを抱えている人は、その気分を紛らわせてくれる気分の良さに、嗜好品を頼りにしていたりもするでしょう。

筆者の場合は、摂っている嗜好品と言えばコーヒーとたばこになります。

朝はコーヒーを飲まなければ一日が始まらず、仕事に根を詰めている時はたばこを吸う時間がリフレッシュの時間。

また、ダイエットや健康を考えれば控えたいアイスクリームも、時に無性に食べたくなり我慢が出来ない時があり、アイスを食べる時は一番幸せを実感する時かもしれません(笑)アイスクリームは特に、筆者にとって気分を良くする目的の為だけに摂る贅沢品となっています。

2. 頭が冴える

また、嗜好品を摂ることで頭が冴えることもあります。

嗜好品による気持ちの良さや高揚感によってリフレッシュしたことで、頭が冴えるように感じることがあったりしますし、その嗜好品そのものに、頭が冴えるような感覚を味あわせる効果がある場合もあります。

良くも悪くも、身体や脳に刺激を与える嗜好品は、一時的にでも良い影響を与える効果があるんですよね。

それが麻痺による勘違いであっても、何かに行き詰っている人にとっては病み付きになる感覚であり、依存を生み出しやすいとも言えるのだと思います。

たとえばそれが薬物だった場合は薬物依存となり、人を崩壊させるほど、人生に強力な悪影響を及ぼしていくことになるんですよね。

3. モチベーションがアップする

嗜好品によって、気分が良くなり、頭が冴えてくるような感覚を味うことで、モチベーションがアップすることもあるんですよね。

ある意味、飴と鞭のようなもので、「贅沢品を与えてやったから頑張ろう」と、嗜好品を摂取したことをキッカケに、気分をリフレッシュさせて自分を鼓舞させていたりもするのです。

モチベーションアップや、集中力の継続のために嗜好品を摂る人は、ご褒美をあげないと動けないタイプだとも言えるでしょう。

そのくらい、常に精神的にギリギリのラインで頑張っている人だとも言えるのかもしれません。

もちろん人は、禁欲ばかりの人生では面白味が無いし、嗜好品をとることでモチベーションアップという良い影響を受けられるなら、それもやる気を出すうえでは必要なものだと言えます。

それがほどほどに嗜めればプラスに働き、依存してしまえば逆に、マイナスになるということです。

4. 依存してしまう

ここまででも何度もお話してきた通り、嗜好品には依存性が強くなりやすいという性質があります。

依存してしまえば、健康や人生、生活や経済面など、悪影響を及ぼす可能性が十分にあります。

筆者が嗜好品の意味合いで摂取しているアイスクリームも、気分は良くなり、糖分を摂ることで脳を働かせるという良い効果もありますが、依存してしまえば…摂りすぎることによって太る。

身体を冷やす。

肌荒れを引き起こす。

など、女性としては悪い影響を及ぼすことも大いにあります。

たかがアイスクリーム。

みんなも普通に食べるアイスクリーム。

でも、嗜好品として愛用している筆者には、依存という危険性をはらんだ食べ物になっています。

もちろんコーヒーも、健康に良いという話も聞きますが、健康目的ではなく気分を満たす為だけに飲んでいるし、タバコなんて百害あって一利なし。

これらが無いとモチベーションがあがらない。

これが無いと一日が始まらない。

これが無いと、仕事を継続することが出来ない…と、筆者も正直依存してしまっています。

それに、仕事などにストレスを抱えるほど、嗜好品への依存度も、嗜好品の数も増えていったりしています。

嗜好品に頼っている状態って、本来心も身体も、健康的な状態だとは言えないんですよね。

7. 海外では日本で禁じられているものが嗜好品であることも

嗜好品には沢山の種類があり、何が嗜好品となるのかは、その人が嗜好として取り入れているかどうかにもよるのだと思います。

ただ、気分を高揚させる嗜好品は、その麻痺の作用が強く、理性を失わせて他人に害を与えるものも、中にはあるんですよね。

筆者が依存しているアイスクリームやコーヒーなら、自分に害はあっても他人にまで影響を及ぼすことはありません。

タバコの場合は副流煙などによる他人への健康被害もありますが、マナーを守って楽しめば問題の少ないものだと言えますし、マナーを守ろうという理性を失ってまで、タバコを吸おうとはなりません。

そんな中、理性を失うほどの麻痺と高揚感を与えるものと言えば薬物ですよね。

薬物を摂取した状態で車を運転することによる事故。

理性を失うことによって人に暴力を加えることなど、他人の命を脅かす危険性があるのが、違法薬物です。

自分が楽しみ、自分の命が削られてもいいのならタバコと同じだとも言えるかもしれませんが…違法薬物の場合は、その中毒性から強い依存を引き起こし、それが悪の温床ともなっていることから、日本では法律で禁止されているのです。

ただ、日本では違法な薬物が海外では嗜好品のひとつとして、普通に利用されている場合もあります。

それが大麻(マリファナ)ですよね。

マリファナと言えば、日本人なら普通、違法薬物のひとつだという感覚がありますよね。

でも、マリファナは違法薬物のひとつである覚せい剤とは大きく違うとも言われています。

医療用として使われていることもあり、日本と海外ではマリファナの捉え方が違う場合もあるんですよね。

つい先日までも、女優の高木沙耶が、日本でのマリファナ解禁を訴えていたりもしました。

医療分野で、治療の痛みを軽減させる目的での使用を許可して欲しいという訴えです。

結局、大麻所持で捕まりましたけどね。

…そう、海外では嗜好品のひとつでも、日本の法律でダメなものはダメなんです。

マリファナに依存性が無いからいいとか、マリファナによって人に危害を加えることが無いからいいとかいう問題ではなくて、日本では違法です。

でもその法律の網をかいくぐったり、マリファナ使用や所持をしている人がいるということは、やっぱり理性を失っているとしか言えませんよね。

法律を破っても、辞められないということなんですから…。

嗜好品の歴史

嗜好品はその人のアイデンティティーであり、気分を高揚させてくれる贅沢品。

一方で、依存症となる危険性をはらんだものでもあるんですよね。

嗜好品も使いようで、嗜む程度に自制が出来るかどうかがポイントとなるわけです。

そんな嗜好品にも歴史があります。

長い年月の中で人々の嗜好は変化しているんです。

贅沢品という側面のある嗜好品なので、何が贅沢品となり、何が人々を高揚させるかというのも、時代と共に変わるんですよね。

そこには、人々の経済事情や、心理的欲求の変化が表れていたりもします。

昔は何が人々を魅了し、今はどんなものが嗜好されるのでしょうか。

1. 昔はどんなものが嗜好品だった?

その昔、日本にも物の無い時代がありました。

特に戦時中や戦後は、生きていくために必要な食糧にさえ困る日々を送っていたのだと思います。

食欲というのは、人の誰もが持つ三大欲求のひとつでもあり、食料不足の時には特に、「お腹を満たしたい」「美味しいものをいっぱい食べたい」という欲求が満たされないことがストレスにもなっていたでしょう。

食糧不足、物不足の時代があり、その欲求を満たそうとしたからこそ、物で溢れ食糧に困らない今の日本が作られたと言ってもいいと思います。

欲求を満たしたいという思いが原動力になって、発展してきたわけです。

つまり、食料や物不足に苦しんでいた時代は、なかなか手に入らないものが贅沢品となり、誰もが持つ三大欲求の食欲を満たす“食べもの”が、嗜好品となっていたのです。

また、日本発祥ではない食料や日本で生産されていなかったものなどが特に、憧れと共に嗜好品の意味合いを強くしていたのかもしれませんね。

1. 砂糖

かつて砂糖は高級品だったという話を聞いたことがあるのではないでしょうか?
今でこそ、スーパーに行けば気軽に手に入り、調味料のひとつとしても欠かせないものとなっていますが、その昔は手に入りづらい贅沢品だったと言います。

砂糖の持つ甘みは、人を幸せにさせたり気分を高揚させてくれる、不思議な魅力を持っています。

それは今も昔も変わらずに、人々を虜にさせたのだと思います。

日本にとっての砂糖は、海外から高級品として持ち込まれる形で伝えられたと言います。

日本に伝わったのは奈良時代のことで、当時は薬として扱われたこともあったのだとか。

次第にお菓子などの原料として使われ始めるのですが、最初は貴族だけの特権のようなものだったそうです。

一般市民に広くいきわたるようになったのは、明治時代に入ってからになるようで、多くの庶民にとって砂糖は贅沢品そのものだったわけです。

やがて日本国内でも砂糖の生産が始まり、消費はどんどん伸びていきますが、戦時中に台湾が日本領になった時に、砂糖生産の拠点は台湾へ。

それにより、昭和に入ると砂糖はほぼ自給できるようになっていったと言います。

しかし、その後日本は敗戦。

台湾を失って再び砂糖は手に入り辛いものとなるのです。

そんな時代を経て、国内生産や輸入により安定して供給される今があるわけなんです。

砂糖ひとつとっても、時代によって人々の攻防が見えてきますよね。

時代によっては手に入らない贅沢品だったけど、それでも人は砂糖を求め続けたわけで…一度知ってしまったあの甘みは、人を依存させる誘惑の甘みとも言えるのでしょう。

今となっては砂糖は、調味料のひとつとしても欠かせないものですが、砂糖が嗜好品と言われる所以は、砂糖を摂取することによって引き起こされる健康問題があるからかもしれません。

もちろん、砂糖には栄養もあるのですが、砂糖は取らなくても身体に支障はないとも言われていて、むしろ健康被害の方が大きいという声もあります。

そういった点で言うと、タバコと同類であると…。

2. チョコレート

また、チョコレートは今でも嗜好品と言えると思いますが、その昔は贅沢品という位置づけだったそうです。

チョコレートも、海外から日本へもたらされたもの。

輸入でしか手に入らない貴重な高級品だったわけです。

やがて国内生産が開始されると、高級品から庶民のお菓子となっていくわけです。

日本で庶民へと広まっていったのは1920年代から30年代にかけてだそうですが、やはり戦争でカカオ豆の輸入がストップされたりすることで、チョコレートが手に入り辛くなる時期がきます。

チョコレートも砂糖と同じように、人々の欲求に応じてあの手この手で代用品が作られたりもして…魅惑の味であったことは、今も昔も変わらないのでしょう。

その後日本が敗戦し、アメリカ軍が日本に入ってきたときに大量のチョコレートも日本にもたらされることになるのです。

子供たちが米兵にチョコレートをねだったという話は有名ですよね。

今も日本人にある外国人への憧れって、手に入らないチョコレートを持っている米兵への憧れとも重なるものがあるのかもしれません。

手に入らない貴重な高級品。

それに憧れる気持ちと、忘れられない誘惑の味。

それが人々を熱狂させていたのかもしれません。

今も嗜好品となっているチョコレートですが、昔は今よりも嗜好品の代表格といった存在だったのだと思います。

2. 最近の若者の嗜好品

時代と共に変化してきている嗜好品。

かつては砂糖やチョコレートが嗜好品で、それが普及すると今度はタバコやお酒が嗜好品の代表として台頭してきたと思います。

しかし最近は、それも変化しつつあるようです。

最近の若者の嗜好品事情は、どうなっているのでしょうか?

1. お酒を飲む量が減ってきた

日本が高度経済成長を遂げ、物が溢れるようになってから、嗜好品のひとつとして親しまれてきたお酒。

ですが最近の若者は、お酒を飲む量が減ってきているようです。

お酒は、嗜好品としての代表的な効果が期待出来るもの。

気分の高揚感を味わえたり、ほろ酔い気分で嫌なことを忘れられたり…人付き合いのツールとしても欠かせないものです。

だけど、合法とはいえ、その中毒性や感覚麻痺による危険が知れ渡ってくると、あまり良いイメージは持たれなくなってきたんですよね。

それに健康被害も多く、何よりお金もかかります。

嗜好品というのは、法律で禁止こそされていませんが、高い税金によってある一定の規制を促しているものとも言えるんですよね。

お酒だって安ければ、際限なく飲んでしまう人が多いと思います。

となれば、健康被害や、他人に危害を加えるほど理性を失わせたりもしてしまいますから。

最近の若者のお酒の量が減ってきたのには、不健康そうなイメージに加え、アルコールに依存してしまえばお金もかかるという、お財布事情も関係していると言えるのです。

2. タバコを吸う若者が減ってきた

もうひとつ、嗜好品の代表と言われるタバコ。

これも、最近の若者の間では摂取する人が減ってきたと言われています。

タバコももちろん、お金がかかりますから、経済事情がそれを許さない状況であるとも言えるでしょう。

また、最近では政府もタバコの規制にも力を入れています。

屋外で据える場所はどんどん少なくなり、愛煙家にとっては生きづらい世の中が作られつつあります。

それだけ健康被害が大きいものでもあるということなんですよね。

それに、副流煙によって周囲の人への害も知られるようになってきてからは、より悪のイメージが強くなったと思います。

最近の若者の愛煙家が減ったのは、お財布事情も含め、世界のタバコ撲滅の動きが功を奏してきていると言えるのかもしれません。