サンフレ男子!?
この言葉、皆さんは聞いたことがあるでしょうか?
筆者はこれまで知らなかったので、サンフレと聞いてもピンときませんでした。

これって一体何の略?と思ったら、どうやら“サンドバック・フレンド”の略なんだそうです。

サンドバックって、ボクシングの練習で使われるあのサンドバック?
サンドバックのような男子ってこと?
と、サンドバックフレンドと聞いても一体どういうことなのか、やはり分かりません。

…どうやらこれには、悲しすぎる男子の実態があるようです。

今回は、サンフレという言葉を知らなかった人、そして聞いたことはあるけど意味を理解していなかった人の為に、“サンフレ”について徹底解明しちゃいます。

悲しすぎるとまで言われちゃうサンフレ男子とは一体…!?

️最近、男女の形には色々あるよね

男女のお付き合いの形は、「○○フレ」という略称で表現されることがありますよね。

男女の関係性が多様化する中で、〇〇フレという名称も、時代と共にひとつ、またひとつと増えていきました。

でももうそろそろ、男女の関係性のあり方も、〇〇フレという名称も出尽くしたんじゃないかって思われていましたが…最近また、新しい男女の関係性が生まれるとともに、〇〇フレという名称も新たに誕生したようです。

それが“サンフレ”なんですよね。

男女関係の新しいあり方として、じわじわと浸透しつつあるサンフレ。

ですがその実態は、「そういう付き合いがあってもいいよね♪」なんて手放しで歓迎できるお付き合いの形とは、ちょっと様子が違うようです。

男女の恋愛関係において多くは、女性側が弱者になるケースが多いと思います。

もしくは、男女間の合意があるwin-winの関係性。

でも今回ばかりはちょっと雲行きが怪しい?そんな印象さえ受けるのがサンフレという男女の形。

そのサンフレの意味と共にまずは、色んな男女の形を表わす名称をおさらいしておきましょう!

キスフレ

名称からもその関係性が想像出来る“キスフレ”。

これは「キス・フレンド」の略称ですよね。

肉体関係は持たないけど、キスまではする男女関係がキスフレとされています。

男女の関係性って、そもそもは恋愛関係を語るのが王道ですが、“〇〇フレ”の場合はフレンド、つまり恋愛関係ではなく友達関係なんですよね。

キスフレという男女関係のあり方。

これが女子大生の間で流行していると言われていた時期がありました。

その頃のある調査では、「キスフレはいる?」という質問に、36%の女性が「いる」と回答したのだとか。

キスフレが流行るっていうのも…アラフォー世代の筆者としては、なんだかなぁって思ってしまいます。

日本女性の貞操観念はどこへやら?って感じですよね。

筆者もキス止まりの相手がいなかったわけではありませんが、その相手を友達だと思ったことはありません。

ベースには特別な感情があったし、その先に行くことが叶わなかっただけって話。

キスだけを楽しむ相手。

それってお互いにどういう感情なのでしょうね?
筆者なら、キスが叶うならその先も期待しちゃいそうですけど…。

ソフレ

男女の形としては、“ソフレ”なんていうのもあるんですよね。

筆者はサンフレも知らなかったけど、ソフレも??でした。

ソフレは、「添い寝・フレンド」の略なんですね!!
添い寝するだけの男女関係で、やはり肉体関係は持たない間柄なのだそうです。

かなりライトで健全な関係性とも言えるのかもしれませんね。

添い寝しながら深い話をしたりもするようで、肉体関係の欲求解消よりも、心の隙間を埋める存在としてソフレはあるようです。

子供のころにお母さんが添い寝してくれると安心して眠れたり、リラックス出来たりする。

そんな幼い子供心を満たすのが、ソフレの存在なのかもしれませんね。

ソフレが流行るっていうことは、つまり心に寂しさを抱えている大人が多いということでもあるのかも。

ただ、こういう関係は普通、パートナーに求めるものですよね。

恋愛関係のあるパートナーだからこそ、添い寝してくれる相手がいることに喜びを感じられるし、より安らぐんじゃないかな?って、思っちゃいます。

これも恋愛離れと言われる、今の若者たちならではの価値観なのかな?
でも、ソフレが成り立つということは、お互いの信頼関係があってのことですよね。

それだけ心を通わせることが出来る相手なら、恋愛関係になれば尚幸せなんじゃないかって思うのですが…ソフレ肯定派の人にとっては、こういう考えこそ野暮なのかな…。

カモフレ

そして“カモフレ”という男女の形。

また知らないワードが出てきちゃいました(笑)すっかり最近の若者の流行には付いていけてない、アラフォーの筆者です。

カモフレは、「カモフラージュ・フレンド」の略なのだそう。

カモフラージュの関係性って??と、やっぱり意味がわかりません(笑)
カモフレは、恋人のフリをし合う男女のことなんだそうです。

付き合っているように見せかける…つまりカモフラージュするということですね。

一体誰に、何のためにカモフラージュするんだ?って思っちゃいますけど…。

カモフレの関係性では、恋人同士のようにデートをしたりもするのだそう。

時には手をつないだり、キスをすることもあったり!?キスフレと似たような関係性なのかもしれませんね。

メリットとしては、やはり寂しさを埋めるところにあるようです。

恋人がいない者同士、恋人がいる感覚を味わえるってところでしょうか。

特に、恋人たちのシーズンやイベントに一緒に居られたり、恋人同士で行きたいイルミネーションを見に行ったり出来るなど…そういった時に都合のいい存在となっているようです。

いっそのこと恋人になればいいじゃんって思っちゃいますが…恋人ってなると煩わしくなっちゃうのかな?
筆者だったら、カモフレがいたとして、相手に恋人が出来たらすごく複雑な気持ちになりそうです。

それに、カモフレがいたら恋人も出来なくなりそうだし。

やっぱり、今の若者の価値観には理解に苦しみますよね。

ビリフレ

男女の形にはまだまだあります!それが“ビリフレ”。

これも知りませんでしたよ~。

ビリフレって何!??

ビリフレは、「リハビリ・フレンド」の略称なんだそう。

とっさに年配の男女の関係性?って思っちゃいましたが、そんなわけないですね(笑)
ここでいうリハビリは、失恋から立ち直るためのリハビリ。

その心のサポートをしてくれるのが、ビリフレという存在となるようです。

失恋の愚痴を聞いてくれたり、慰めてくれたり、寂しい時に一緒に居てくれたり…失恋してぽっかり空いてしまった心の隙間を埋めてくれる存在なんですね。

これって昔からあったように思いますが…それに名称が付いたってことなんですね。

ただ、ビリフレになってくれる男性側は、下心がある場合もあるみたいですよ。

もちろん純粋に、友達として親身になってくれる人もいるでしょうけど…失恋によって空いた彼女の心の隙間に入り込むっていうのは、昔からの常套手段じゃないでしょうか。

ビリフレから恋人にっていうパターンもよくあるということなので、まぁひとつの恋愛パターンなのかなって思いますよね。

女性側が、ビリフレとして男性を利用するっていう場合もあるみたいですが、わざわざビリフレなんて名称をつけるほどのことでも無いような…。

そんな気もします。

そして、サンフレ

そして、いよいよ“サンフレ”です!
サンフレは、最初にもお話した通り「サンドバック・フレンド」の略称ということですが…果たしてこれは、どんな関係性なのでしょうか?

これまで解説してきた○○フレの多くは、お互いのメリットがある関係性でした。

ビリフレは、女性が男性をそう呼んで利用する側面がありますが、ビリフレから恋人へというメリットが無いわけではありませんよね。

そんな中サンフレは、女性が男性をサンドバック代わりにするという、男性側にはメリットが無いと思われる関係性です。

「精神的サンドバック」と解説されてもいますので…サンドバックにされる男性がいかに可哀想なことか。

でもM気質な人なら、それでも喜んじゃうのかな?

サンフレの場合、何より男性側が女性に好意を寄せているというのが特徴的で、女性側は相手のその恋心をいいように利用して、ストレス発散をしているとのこと。

男性側は好意があれば、彼女のわがままでも何でも、聞いてあげようと努力しますよね。

つまり、そんな気持ちを利用してやりたい放題言いたい放題…まるでサンドバックのように扱っているということなんです。

人によって程度は違うようですが、ちょっと可哀想ですよね…。

これも女性進出社会になってきて、女性が力をつけたからなのかな?

️ダントツで可哀想なサンフレの実態とは

さて、ここまでは新旧それぞれ、巷で話題に上る「○○フレ」という、様々な男女の形をご紹介してきました。

アリなのかナシなのか。

時に議論が巻き起こる○○フレですが、結局は人それぞれの価値観に委ねられているんですよね。

そんな中で最近じわじわと広まりつつある“サンフレ男子”。

先ほどもご紹介したように、その実態は、女性の筆者からしてもちょっと可哀想な気がしてしまうものです。

サンドバックのような扱いを受ける男性。

そして、男性をサンドバック代わりにしてしまう女性。

その関係性は一体、どんなものなのでしょうか。

そこに合意はあるの?
女性はサンドバックになる男性に対してどんな感情を持っているの?
と、何かと気になるサンフレという新しい男女の関係性。

ここからは、さらに“サンフレ”を深堀りし、その実態を明らかにしていきたいと思います。

サンドバッグフレンドのこと

サンフレとは、これまでもご紹介してきたように「サンドバック・フレンド」の略称。

ボクシングの練習、そしてストレス解消の道具として使われる、あのサンドバックです。

筆者は最初、サンフレのサンがサンドバックだと知った時、サンドバックのようにどっしりとした、がたいのいい男性を友達として持つってことなのかなって思っちゃいました。

砂の詰まった重みのあるサンドバック。

そんな男性は、ある意味頼りに出来そうじゃないですか?だから、ボディガード的な役割をしてくれるとか…そういうことなのかな?って。

でも実際は、サンドバック本来の使い道と同じ。

実際にパンチを繰り出してボコボコにするわけじゃないですけど、精神面での打撃を与えているってことなんですよね。

精神的なサンドバッグの男友達

サンフレは、先ほどもご紹介したように「精神的サンドバック」とも呼ばれているそうで、ストレス発散のためのサンドバック的役割になるのがサンフレ男子。

実際のサンドバックは物であって、感情はありません。

だからいくらでもストレス発散のためのパンチを打てるんですが…サンフレ男子は人間です。

相手にも感情がありますからね、女性側に罪悪感は無いのでしょうか?
筆者だったら、やっぱり相手が「傷ついていないかな?」と気になって、思うようにストレス発散にはならない気がします。

逆に罪悪感を感じて、自己嫌悪に陥ってしまいそう。

でも実際、サンフレ男子という言葉が生まれたからには、サンフレになっている男性がいて、サンフレを作っている女性がいるということなんですよね。

サンフレは自分に好意を持っている

しかもサンフレになる男性は、女性に対して好意を持っていると言います。

そんな男心を、ある意味逆手にとって、サンフレに仕立ててしまう女性がいるということになるんですよね。

なんだか女性が、悪魔のように見えてきちゃいますね。

自分に好意を持ってくれているなら…
私のわがままも受け止めてくれるよね?
ストレス発散のサンドバックにしたって怒らないよね?
…だって、私のこと好きなんでしょ?
と、どれだけ気持ちが本物かを試すかのように、好き放題に相手を痛めつけてしまうということですよね。

もしかしたら男性側も、その彼氏候補テストに合格するために必死なのかもしれませんね。

もしくは、好きな相手なら何をされても我慢出来るのか、それが逆に嬉しいM気質なのか。

はたまた、とっても心が広い男性なのか。

でも、彼氏候補ではない

しかし、男性側がいくら女性のストレス発散のサンドバックになってあげても、決して彼氏候補にはなれないのがサンフレ。

相手の気持ちの本気度を試すようなことをしておきながら…女性側に全くその気はないというのが、サンフレ男子の悲しいサガなのです。

それが、サンフレ男子が可哀想過ぎると言われる所以。

男性の純粋な恋心を利用してしまうなんて、女性側も大胆だなって思えますよね。

これも、草食男子が増え、肉食女子が増えたからなのでしょうか。

でも、だとしても、男性側が彼氏候補になるために頑張っていて、その気持ちをその気もないのに女性が利用しているのなら…その関係性でバランスが取れているうちはいいかもしれないけど、男性が女性の気持ちに気付いた時、一体どうなるんだろうって…。

男子の好意をトコトン利用している

女性側に全くその気はないけど、男性の好意を利用してしまうサンフレという関係。

サンドバックというくらいだから、それはもうトコトン!サンドバック代わりとして利用しているようです。

女性側がそれだけストレスが溜まっているとも言えて、百歩譲れば、サンフレ男子に甘えているのかもしれません。

どれだけパンチを繰り出しても受け止めてくれるし動じない。

ちょっとやそっとじゃ破れない、サンドバックだと思ってしまうのかもしれませんね。

でも相手も人間。

しかもサンドバックになってあげるのには、女性への好意があるからこそ。

その好意が実らないものだと知ったら…サンフレ男子はどんな気持ちになるのかな。

そんな風には考えないのかなって、やっぱりサンフレ男子に同情しちゃいますね。

つまりめちゃくちゃ可哀想な男子

とにかくめちゃくちゃ可哀想なサンフレ男子。

他の〇〇フレとは、大きくジャンルが違う関係性にも思えます。

女性にとって、サンドバックのようにどれだけ打っても受け止めてくれる男性は、時に必要な存在なのかもしれません。

動じないほどの大きな心を持った男性なら、サンドバックになっていることも分かったうえで、受け止めてくれているのかもしれないけど…
男性って、案外心はナイーブ。

それでいて、女性よりはやっぱり力では勝ります。

サンフレ男子が彼氏候補じゃないと分かった時、逆上でもされて厄介なことになならないものか…関係性が関係性なだけに、それが崩れた時にどうなるのかなって、筆者としてはちょっと心配もしちゃいます。

与えられたダメージが大きかったほど、収まりきれない怒りも呼び起こすものですからね。

サンフレ男子を作っている女子には程々に…と言いたいです。

それにせめて、有難みと感謝の気持ちは持ってあげてねって。

️サンフレのメリット

とにかく「可哀想!」と、同情の声が集まるのがサンフレ男子。

男女の新しい形とはいえ、その実態の多くは、女性側の一方的なものとなるようです。

男性側も分かっていたとしても、サンフレに仕立てるのは女性。

女性主導の関係性であることは明らかです。

そんな女性たちにとって、サンフレ男子はどんな存在になっているのでしょう?
サンフレを作ることに、一体どんなメリットを感じているのでしょう?
ここからは、男性側にはほぼメリットが無いと思われる、サンフレのメリットについて調査してみました。

男女の形をメリットで考えるなんて、なんだか切ないですけどね…。

不満や愚痴を吐き出せる

サンフレ男子は女性にとって、彼氏でも無ければ彼氏候補にもならない存在。

フレンドとは言っていますが、相手には好意があるのですから、友達関係とも違うのでしょうね。

彼氏でもなく、将来的に彼氏にする可能性も無いということは、その相手に女性としての可愛げを見せなくてもいいということになるんですよね。

好きな相手と違って、「嫌われたくない」とか「可愛いと思われたい」なんて気持ちが沸かない。

しかも、今後付き合っていく友達とも違うので、余計な気を遣わなくていい。

気兼ねなく不満や愚痴を吐き出せる、都合のいい相手がサンフレ男子ということです。

関係性を築くつもりが無いということは、つまりどうでもいい相手。

だから、なんでも吐き出してぶつけることが出来る。

それが、サンフレの大きなメリット。

無感情のサンドバックと、同等の扱いが出来る相手ってことですよね…。

それに相手は自分に好意を持っているのですから、愚痴や不満も受け止めてくれるし、それによって嫌われることも少ない。

女性にとっては確かにメリットなのでしょうね~。

なんでも相談できる

サンフレ男子相手なら、不満や愚痴も平気で吐き出すことが出来るということは、なんでも相談できる相手でもあるということなんですよね。

いい意味で言えば、ありのままの自分を曝け出せるのがサンフレ男子。

とも言えるのかもしれません。

気を遣う相手であれば、言えることと言えないことに線引きがありますが、どうでもいい相手なら、何と思われようと構わないってことなんですよね。

相手のことが好きなサンフレ男子にとっては、もしかしたらこれはちょっとしたメリットにもなるのかな?他の人には見せない自分を曝け出してくれる、唯一の相手になれるのですから。

でもかと言って、決して彼氏にはなれないのがサンフレ男子の悲しい現実。

それをどう捉えるか…なのかもしれません。

精神的に安定する

どんな自分でも曝け出せちゃう相手がいるっていうことは、曝け出す女性側にとっては精神的安定をはかれるというメリットがあるんですよね。

我慢も気兼ねもいらない。

ということは、精神的にかなり楽になれるはずです。

サンフレ男子を作る女性にとっては、そんな存在があるからこそ、他の人との付き合いや関係性を保てるのかもしれません。

そもそもサンフレ男子が必要だということは、それだけ日常的にストレスを抱えているとも言えますし、そのストレス発散の場がないと精神的に不安定になってしまうということ。

サンフレ男子は、そんなギリギリのバランスを保つ役割をしてくれているのかもしれませんね。

性格の悪い部分を見せられる

そして自分を曝け出すっていうことは、弱い自分、汚い自分、性格の悪い自分など、特に好きな人には見せたくない自分も曝け出すことになります。

普段は我慢したり、隠している自分の邪悪な部分も全部、サンフレ男子にならぶつけられるんですよね。

それも結局は、どうでもいい相手だからなんですけど…好意を寄せているサンフレ男子にとっては、全て受け止めてあげなきゃいけないって思ってしまうのでしょう。

嫌な自分を曝け出し、サンフレ男子に悪態をつきながらも、「あなたにしか、こんな自分は見せられない」と、特別感を演出しながらサンフレ男子を操ったりもしているようです。

ある意味、精神的サンドバックになることが良いことなんだって、洗脳しているようなものですよね。

筆者が昔、彼に「お前はダメだ」と罵倒され続け、「俺がいないと何も出来ない」と思い込まされたのと同じだなぁって思います。

サンフレ男子は、女性版洗脳パターンなのかも。

そう考えたら、ものすごい嫌悪感が沸いてきちゃいました…。

総合してストレス解消

サンフレ男子を作る女性にとっては、色んな意味で多くのメリットが得られるというわけです。

…そりゃそうですよね。

自分はストレス発散出来るのですから。

しかも普通なら気を遣うべき、感情を持った人間をサンドバックにするのですから、そりゃあ気持ちがいいことでしょう。

自分が相手を洗脳し、支配者にでもなれたような勘違い感覚は、病み付きになるのかもしれません。

きっとサンフレ男子を作る女性は、もともと、ちょっと危ない支配欲を持っているのでしょうね。

ストレス発散と言えばまだ聞こえがいいくらい、支配欲や征服欲が強い女性なのかもしれません。

そうでも無ければ、サンフレ男子でストレス解消♪なんて、普通は出来ないですからね。

どうでもいい相手だからこそできるワザ

結局どうでもいい相手だからこそ、サンドバックにも出来てしまう。

でも他では、全く違う自分を演じている訳で…表と裏の顔が違う女性なのでしょうね。

もちろん、大抵の女性が二面性を持っているとは思いますが、サンフレ男子を作ってしまうくらいだから、その差も相当激しいのでしょう。

だからこそストレスも抱えることになるし、サンフレ男子でもいなければ自分のバランスが保てなくもなるのでしょうね。

サンフレ男子を解放してあげられる時が、ちゃんと自立した女性になれたときなのかも…。

だが、男子のストレスは溜まるはず

女性からサンドバック扱いにされ、言いたい放題やりたい放題にされるサンフレ男子。

中にはそれでもいい!と言う人もいるのかもしれないし、特別な存在だと思い込んでいる人もいるのかも。

もしくは、男性の方が一枚上手で、実は弱い部分も全部曝け出させてあげているだけ…という場合もあるのかも?

ただ何にせよ、サンドバック状態に扱われて傷つかない男性はいないでしょう。

心が広くたって、ズッシリと構えていたって、無傷なはずもありません。

それに、精神的な傷っていうのは、身体の傷よりダメージも大きいです。

目には見えないだけに、どれだけ傷ついているかっていうのも計り知れません。

それはいずれ、サンフレ男子にとってもストレスへとなっていくはずです。

そうなった時、変な爆発の仕方しないかな?っていうのが、筆者が心配するところ。

筆者が昔の彼に、精神的支配をされ、洗脳されていた時は、最終的に殺意が沸きました。

わずかに残っていた理性が歯止めをかけましたけど…彼が殺されたとしたら、その犯人は私だろうな~って、よく考えていたんです。

もしかしたら、サンフレ男子を作っている女性は、そうならないように上手く操れているのかもしれないけど…ストレスが溜まっていないはずは無いですよ。

️サンフレ男子は自覚があるのか?

さて、圧倒的に可哀想なのはサンフレ男子で、男性をサンドバックにしてしまう女側が一方的に、悪に見られがちなサンフレ。

女性である筆者も嫌悪感を抱く実態がそこにはあるのですが…そもそもサンフレ男子側には、サンドバックにされている自覚はあるのでしょうか?

よく「騙す方が悪いのは当然だけど、騙される側も悪い」という考え方がありますよね。

騙される側の非もゼロではないと。

この考え方で言うなら、サンフレ男子にも問題があると言えます。

隙があったり、受け入れてしまったり…全く気づいていなかったり?どれにしても、サンフレにされてしまう要素が、男性にもあるということなんですよね。

サンフレ男子は、自分の立場を一体どう受け止めているのでしょうか?

好きな人のためなら…というパターン

サンフレ男子の中には、サンドバックにされていることを分かっていながらも、やはり好きな人の為になるのなら…と我慢をしてあげている人もいるようです。

自分の好意を利用されていると分かっていても、好きな人の為ならサンドバックになるのも本望って…健気すぎます。

無自覚で本当に可哀想なパターン

ただ、無自覚で、自分がサンドバックにされていることにも気付いていない。

そんな人も当然いるわけです。

自覚があるならまだいいけど…無自覚なんだとしたら、本当に可哀想。

こういう人ほど現実を目の当たりにした時に、逆上でもしちゃうんじゃないかって心配になっちゃいます。