女子が、好きな男性や彼氏にされて嬉しい行動に「壁ドン」や「後ろからハグ」などがありますが、日常的ではないけれど憧れているのが「お姫様抱っこ」です。

身長が172センチもある筆者ですら、淡く「お姫様抱っこをしてくれる王子さまはいないかしら」と思っていたほどなので、世の中の女性の多くがお姫様抱っこに憧れていることは間違いありません。

簡単にできるものではありませんし、憧れだけで終わってしまう女子も多いと思いますが、だからこそ男性が力強くお姫様抱っこをしてくれたら喜ばない女子はいません。

しかし、お姫様抱っこは簡単にできるものではありません。

軽い気持ちでやってしまって取り返しがつかなくなるのは避けたいですね。

彼女にお姫様抱っこをしてあげたいと考えている男性や、告白、サプライズでお姫様抱っこを計画している男性は、失敗しないために入念に準備をしていただきたいのです。

女子が間違いなく胸キュンする正しいお姫様抱っこの方法や、ロマンチックなお姫様抱っこにするためのシチュエーションを一緒に考えていきましょう。

お姫様抱っこを計画中のあなたへ!

彼女の誕生日が近づいている・・・。

できればそこでサプライズ的にお姫様抱っこをしてみたい。

彼女にプロポーズを考えている・・・。

OKをもらえたときはそこでお姫様抱っこをしてあげたい。

そんな風に思っている素敵な男性もいらっしゃることでしょう。

女性はドラマや漫画でしかお姫様抱っこには縁がないと考えることも多いので、実際にお姫様抱っこをされたら感激間違いなしです。

しかし、間違ったお姫様抱っこや、場所・シチュエーションを間違えると、感激どころか最悪な思い出になってしまいます。

大好きな彼女に夢のような体験をさせてあげたいのなら、しっかり「正しいお姫様抱っこ」を知り、自分自身も準備をしなければなりません。

最高のお姫様抱っこをして、彼女の最高の笑顔を見られるように、お姫様抱っこについてしっかり勉強しておきましょう。

1. お姫様抱っこの形とは?

漠然と「両腕で抱きかかえればいいんだよな」と思っている人もいるでしょうが、何となくの形だけ想像していても実際やろうとしたらうまくいきません。

ですのでまずは形をしっかり覚えましょう。

まず片腕を女性のわきから入れ、背中に手を回ししっかり女性の体を受け止めます。

もう片方の手は膝の下に入れ、そこもぐっと力を入れ、女性を落とさないように持ち上げます。

背中に回した方の手が胸の近くに行くと思いますが、そこで胸を触ってしまわないように自然に腰のほうに移動しましょう。

膝の裏に回した腕も、お尻に近くなってしまっては不快に感じる女性もいるので、下半身は膝に回した腕で受け止められるようにします。

当然ですが、膝に回した腕のほうの手を太ももやお尻に這わせるのは厳禁です。

女性を持ち上げて、抱きかかえられた女性が自然と男性の首に手を回せる形だと正しい形でお姫様抱っこができていると言っていいでしょう。

わきの下ががっちりホールドされていないと女性は安心して体重を預けられませんし、膝の下に回した腕が頼りないと女性が持ち上がりません。

正しいお姫様抱っこをするには腕力もいりますし全身の力も必要になってきます。