悪いことをしたときや、自分のせいで周りに迷惑がかかってしまったとき、ふと心に浮かんでくる気まずさやバツの悪さ。

それらはあなたの中にある「罪悪感」なのかもしれません。

罪悪感を感じる人は、自分が悪いことをしてしまったという自覚を持っています。

だからこそ、直ぐにでもその罪悪感を消したいと思いますよね。

罪悪感を感じたときにどのような対処をすればいいのか、その8個の対処法についてご紹介します。

罪悪感を感じた時の8個の対処法

罪悪感を覚えた経験のある人ならば分かると思いますが、罪悪感は自分にとってはとても辛く、苦しい感情です。

心の中がもやもやとして気持ちが悪く、自分がその場にいることを心苦しく感じてしまいます。

例え自分が相手を傷つけた側だとしても、傷ついた相手と同じくらいに自分の心が傷つき、「苦しい」と悲鳴を上げるのです。

胸が締め付けられ、呼吸をするのが苦しくなる、人によってはそれほど辛い心境に陥ってしまいます。

罪悪感を覚える人は、根は悪い人ではないことが多いです。

何が正しくて何が間違っているのかを理解しているからこそ、やってしまった後で大なり小なり自分も苦しむことになるのです。

しかし、いつまでも罪悪感を抱いてばかりもいられませんよね。

では、どうやって罪悪感に対処すればいいのでしょうか。

1. 自分が出来る範囲で謝罪の気持ちを表わす


罪悪感を消したいと思ったら、まずはその原因となった相手にとにかく謝罪をすることが一番です。

自分のプライドが謝罪するのを邪魔することもありますが、ぐずぐずしていてはいつまで経っても罪悪感は消えません。

それどころか、相手から先に謝らせてしまいかねません。

プライドが高い人は、相手に先に謝ってもらってから自分も謝りたいと思うかもしれませんが、そのやり方では思うほど気持ちがスッキリとはしません。

やはり自分から素直に謝るのが一番の方法なのです。

いざ謝るときには、自分の気が済むまで謝り倒したいと思うかもしれません。

しかし、あなたがあまりに謝罪をし過ぎても、今度は謝られた相手もバツが悪くなってしまいます。

ですので、自分が出来る範囲で謝罪の気持ちを表しながら、相手の様子や言葉も受け入れるようにしましょう。

「もういいよ」と言われたら、それ以上はしつこく謝り過ぎないように注意します。

また、もし「土下座しろ」など無理難題を言われた場合には、それを自分が出来ないと思ったら、無理に従う必要はありません。

あくまでも、自分に出来る範囲で謝罪の気持ちを示しましょう。

2. 相手の気持ちを確認する

罪悪感から謝罪をするときには、つい自分の気持ちが楽になりたいからと一方的に謝罪をすることがありますが、謝るときには必ず相手の気持ちを確認するようにしましょう。

自分が相手に対し「悪いことをしたな」と思っていても、相手が怒っている理由はあなたの考えていることとはまったく違っている可能性もあります。

謝るときにはまず相手の気持ちを確認してから、それに見合った謝罪の内容をするように心がけましょう。

謝罪の前には、相手がどんなことに対してどんなふうに怒っているのか、そしてこちらに何を望んでいるのかを、出来るだけ正確に把握するようにしましょう。

顔を合わせていきなり頭を下げて「ごめんなさい」もしくは「申し訳ありませんでした」の連呼では、相手側は困惑するか、余計に怒りが増してしまいます。

あくまでも、相手の気持ちに沿ってこちらが謝罪をしているという形をつくることが重要です。

3. 客観的に自分のしたことを振り返ってみる


あなたが罪悪感を感じているのは、「相手を怒らせた」「相手を傷つけた」ということが原因ですが、自分が相手をどんなふうに傷付けて、相手がどんなふうに傷ついたかまで細かく把握していることって、実はそう多くはありません。

相手に誠心誠意の謝罪をするときには、相手の怒りや悲しみの気持ちに寄り添うことが大切です。

また、後になって何故自分がやってしまったのかを反省するためにも、客観的に自分のしたことを振り返るようにしましょう。

思い出せばまた苦しい気持ちがこみ上げてくるかもしれませんが、それを克服しなければ、また同じことを繰り返してしまいます。

自分が罪悪感を覚えるに至った原因を、最初から最後まで出来るだけ詳しく思い出し、また客観的に振り返る努力をしましょう。

感情が昂ってしまうときには、深呼吸をして、少し気持ちを落ち着けてから振り返るようにします。

同じ過ちを繰り返さないためにも、しっかりと反省をしましょう。

4. 償えることがあるのなら償う

罪悪感を解消するには、誠心誠意の謝罪と、自分に出来る範囲の償いをすることです。

例えばあなたがお店の責任者で、スタッフがお客からクレームを出してしまったとします。

あなたは責任者として、お客に誠心誠意謝罪をしますよね。

しかし、ただ謝罪をすればいいような、甘いお客はそう多くはありません。

お客はクレームを入れる際に、今後は問題が改善されるのを望みますが、それ以外にも今の時点での店側の償いを形として求めている場合があります。

どんなにその求めるものが無理難題だとしても、店側としては出来る範囲での償いをしなければなりません。

そんなとき、あなたならどうしますか?理想としては、お客がクレームを入れる原因となったものを改善して渡すようにします。

例えば食事であれば新しく作り直し、値段を取らないようにする、また日用品や雑貨類であれば、新しいものと交換して、さらに値引きするなりクーポン券を渡すなりするなど。

店で出来る範囲の償いを形にして渡すことで、客側の溜飲も下がることがほとんどです。

中にはただ文句を言いたいだけのお客もいます。

そんなときにはどんな内容であっても、とにかく話を聞き、お客に同意をします。

誠意を尽くした謝罪をすれば大抵のお客は納得しますし、クレームにかこつけて無理難題を言ってくるお客に対しては、深く謝罪をしながらも「出来ないものは出来ない」と断りましょう。

その場に他のお客がいれば、そのお客がただ難癖をつけているだけなのが分かるため、店の評判に大きな傷がつくことはないでしょう。

このように、謝罪をするときには自分に出来る限りの謝罪をしながら、相手の求める償いをすることがポイントです。

5. 自分だけが悪くないのでは?という視点で考え直してみる

トラブルが起きて謝罪をすることになったとき。

まずやってはいけないのが「自分だけが悪いわけじゃない」と開き直った考え方をすることです。

罪悪感を抱きつつもそんなふうに意地を張るとトラブルが長引きますし、自分の気持ちもいつまで経ってもスッキリすることはありません。

また、罪悪感から「自分だけがぜんぶ悪い」と思い込むことも止めておきましょう。

罪悪感が強ければ強いほど、つい自分がすべて悪いのだと思ってしまいがちですが、それではトラブルの本質を見ることが出来なくなってしまいます。

また、その場で自分ばかりが謝罪をして気持ちがスッキリしても、根本的な解決にはならないため、また同じことを繰り返してしまいかねません。

トラブルが起きて罪悪感を覚えたときには、まずは気持ちを落ち着かせましょう。

興奮状態になっていると、冷静な判断が出来なくなってしまいます。

一人静かな場所に行き、深呼吸をして気持ちを落ち着かせたら、トラブルの内容について出来るだけ客観的に振り返ります。

罪悪感があると自分の方が悪いと思ってしまいやすいですが、「自分だけが悪くないのでは?」と他の部分にも原因がないかを見直しましょう。

どんな理由にせよ、トラブルになってしまったことはあなたにも原因があります。

しかしあなただけが原因ではないはずです。

どちらかを責めるのではなく、いったいどこにトラブルの原因があったのかを、冷静に振り返ってみましょう。

そうすることで、自然と解決策も見えてくることでしょう。

6. アロマオイルなどでリラックスしてみる

誰かと喧嘩をしたときやトラブルになってしまったとき。

その場ではどうしても気持ちが興奮状態になっていて、冷静な判断や言動が出来なくなってしまいます。

罪悪感はその後、冷静になってからじわじわと心に浮かんでくるものです。

興奮状態の熱が引いた後には、今度は罪悪感から居心地やバツが悪くなり、そわそわと焦りや後悔の感情が次々に浮かんできて落ち着かなくなってしまいます。

気持ちが落ち着いていない状態では、冷静にトラブルについて客観的に振り返ることは出来ません。

そのため、心が落ち着かないときにはアロマオイルなどでリラックス出来るように試してみましょう。

アロマオイルの香りは精神を落ち着かせてくれます。

もしアロマオイルがなければ暖かいお湯に浸かるのもいいですし、静かな空間でクラシックなどの癒しの効果のある音楽を流しながら、気持ちを落ち着けるようにしましょう。

気持ちが落ち着いたら、そこで何故トラブルになってしまったのか、もし相手を怒らせたならどんなふうに謝罪をすればいいのかなど、今後の自分の対処法について考えましょう。

7. 次は同じ罪悪感を感じないよう努力しよう、と学びの経験値にする

罪悪感は、「やってしまった」という後悔の想いから生まれます。

後悔先に立たずとはよく言ったもので、やってしまった後にくよくよと悩んでも、何の解決にもなりません。

後悔の気持ちが湧いてくるのは止めようがありませんが、せめて次は同じ罪悪感を感じることがないように、今回のことから学んで自分の経験として活かす努力をしましょう。

今日やってしまったことを何度も思い返し、どんな流れでトラブルになってしまったのか、どんなときに自分もカッとなってしまったのかなどを忘れないように心に刻んでおきます。

どうせ後悔の感情が湧いてくるのなら、それを利用してたくさん反省して、次はないように努めましょう。

今回の罪悪感が自分の中で大きなものであればあるほどに、次に同じことが起こりそうになったときにトラブルを回避することが出来ます。

同じことを繰り返さないように、客観的に今回のトラブルを振り返って、どうすれば良いのかをよく考えましょう。

8. 視野を広くもってひとつのことにとらわれないようにする

あなたがもし、誰かを傷つけるようなことを言って喧嘩になってしまったとき。

あなたの中に生まれる罪悪感のほとんどは、「何故あんなことを言ってしまったのか」という自分の発言に対する後悔の気持ちでしょう。

自分がやってしまったと思うことが強ければ強いほど、後になって罪悪感が生まれたときに、そのことだけしか考えられなくなってしまいます。

しかし、あなたの罪悪感の原因が相手を傷つけるような発言をしたことだったとしても、そこに至るまでにはいくつかの経緯があったはずです。

そもそもどうして言い合いになってしまったのか、相手のどんな態度や発言が引き金で、自分も酷いことを言ってしまったのか。

自分が相手を傷つける発言をした後の相手の反応はどうだったかなど、相手と喧嘩になった原因の流れをすべてきちんと思い返すことが出来れば、何故自分が相手を傷つける発言をしてしまったのかの原因が分かります。

そして原因が分かれば、それに対して自分がどう謝罪をして対処すればいいのかも分かってきます。

喧嘩になった直後には、自分がしてしまったと思うことだけがすべての原因だと思い込んでしまうことが多いです。

しかし、それだけに囚われていると、喧嘩の本当の原因にまでたどり着くことが出来ません。

喧嘩やトラブルを根本的に解決させるためには、視野を広くもち、ひとつのことだけに囚われないようにすることが大切です。

罪悪感に苛まれているあなたへ

罪悪感に苛まれることが多い人ほど、ある性格の特徴が見られます。

例えば自分の中の善悪がハッキリと分かれていたり、日頃から売り言葉に買い言葉をしてしまうことが多かったり。

また、性根は優しいけれど親しい相手にはつい意地を張ってしまう性格など、罪悪感に苛まれる人にはある種の強い感情の特徴が見られます。

その感情はとても強いため、罪悪感も人一倍になってしまいやすいです。

誰かとトラブルになったとき、自己反省するためには罪悪感の感情は確かに必要です。

しかし、それも過ぎてしまうと余計に自分を苦しめてしまうことにもなりかねないため厄介なのです。

1. 自分の中のルールに違反し自分自身が許せない

罪悪感を感じる人の場合、単純に相手を傷つけて後悔することが多いですが、それ以外の理由でも罪悪感を感じることがあります。

「この場合にはこうしなければならない」という、自分の中でのルールがある人ほど、それを守れなかった場合に自分自身を許せずに、罪悪感の感情が湧いてきてしまいます。

例えば「お年寄りには必ず席を譲るべし」というルールがあなたの中にあるとします。

電車の中であなたは席に座っていて、お年寄りが立っているのを見つけたとき、あなたは自分の中のルールに従って席を譲ろうとします。

いつもならば問題なく席を譲っているところを、そのときのあなたはたまたま足を怪我していて、揺れる電車内で立つことは困難な状態にありました。

どうしても席を譲れない状態なのですから、「仕方がない」と思えばそれで済みますが、自分の中でのルールに縛られていると、「お年寄りに席を譲れない自分が許せない」と思ってしまい、罪悪感を抱いてしまうのです。

怪我をしていれば当然席は譲れません。

それなのに、自分の状態には関係なく、自分の中でのルールを守れないことに対して強い罪悪感を抱いてします。

罪悪感を抱く人の中には、こういったタイプの人も存在しています。

自分のルールがある人は、大抵はそのルールに従って生活していますが、それがたまたまある条件で出来なかったときに、誰に対してでもなく自分が許せずに罪悪感を抱いてしまうのです。

2. 自分が悪いと思い過ぎるのは間違っている場合も

罪悪感を感じる人の多くは、自分が悪いと自覚しているからこそ罪悪感を抱きます。

その中でも「とにかく自分がぜんぶ悪い」と思い悩み過ぎる人もいますが、あまり思い込み過ぎても、そこから良い方向へと変えていくことが出来なくなってしまいます。

「自分がぜんぶ悪い」と思うことで、トラブルや喧嘩になった根本的な原因を探ることが出来ずに、「とにかく謝罪をする」という方法のみに頼ってしまいます。

しかし、一方的にそう思い過ぎると物事の本質を見ることが出来ず、また今後の解決策や同じことを繰り返さないための学びにまで行きつくことが出来ません。

罪悪感はあくまでも主観的な感情であるため、トラブルを解決したいと思ったら冷静になって客観的な物の見方をしなければなりません。

しかし自分が悪いと思い過ぎる人では、それが中々出来ないため同じことを何度も繰り返してしまうのです。