あなたの周りに徳の高そうな人はいますか?お坊さんや神主さん、人望の厚い先生など、思い浮かべればきっと一人はいると思います。

徳のある人たちは、いつも人から慕われていて、心にも余裕があるように見えますよね。

そんな徳のある人に自分もなりたい!という人のために、徳を積むための18個の所作についてご紹介します。

徳を積むためにやりたい18個の所作

徳というものは、努力して身につけるものです。

しかし、技術のように何度も練習を重ねて身につくものではなく、また人から「こういうものだよ」と教わって理解出来るものでもありません。

徳のある人になりたいと思ったら、あれこれと努力をするのはもちろんですが、最終的には自分で悟りを開くしかありません。

「悟りを開く」と聞くと、なんだかとても難しいことのように思えますが、実はそうでもありません。

何故なら、「どうやったら徳が身につくか」と考えていること自体が、徳のある人になるための第一歩をすでに踏み出しているからです。

では、悟りを開くために行うべき具体的な行動について以下にご紹介していきます。

1. 誰に対しても平等に接する


徳のある人は、基本的には誰に対しても平等に接します。

善人悪人関係なく、根本的には同じ人間として接しますので、「あの人は性根の悪い人だから」「あの人は犯罪者だから」などと偏った見方は一切しません。

周囲の人たちがある人に対して悪く言っていたとしても、もしかしたらただ風評が悪くなっているで、実際には本人は悪い人ではないのかもしれませんし、周囲の環境によって悪い人になってしまったのかもしれません。

しかし、偏見が入ってしまうと、そういった「もしかしたら」の可能性が見えなくなってしまい、一方的にこちらの価値観で相手を判断してしまうことになります。

しかし、徳がある人は決して偏見で相手を見ることがないため、接する人の良いところを上手に見つけることが出来ますし、相手の性格や行動によって差をつけることもありません。

だからこそ誰に対しても平等に接することが出来るのです。

もしあなたが平等さを身につけたいと思ったなら、まずは相手の本質を、周囲の評価や見た目の印象などで決めつけないように意識することから始めましょう。

2. 時間を無駄にしない

徳のある人は、時間を無駄にすることがありません。

ただのんびりと過ごしているように見えても、その行動には何かしらの意味があります。

また、時間を無駄にしないというのは、隙間時間をぎちぎちに埋めてしまい、忙しなく動き回ることではありません。

まったく時間に余裕がなくなってしまうと、忙しさに心の余裕までなくなってしまうということを、徳のある人はよく理解しています。

そのため、もし徳のある人がただ何もしていない時間を過ごしているとすれば、それは気持ちの入れ替えや、リフレッシュをする必要があってそうしているのかもしれません。

もしくは、のんびりしているようで、頭の中ではあれこれと物事を考えているのかもしれません。

徳のある人になりたいと思ったら、時間配分やどんなことに対して有効に時間を使うべきかをまず考えるようにしましょう。

それを繰り返すことで、その内上手に無駄なく時間を過ごせるようになっていきます。

3. 自分の感情を上手くコントロールできる


徳のある人にも、当然喜怒哀楽の感情はあります。

許し難いと思えることがあれば怒りますし、また悲しいことがあれば涙を流します。

普通の人とまったく変わらない感情を持ち合わせていますが、徳のある人は上手に自分の感情をコントロールしています。

その場その時に合わせて、例え理不尽なことがあっても怒りを表すことなく笑顔で対応出来ますし、とても辛いことがあってもそれを周囲には漏らしません。

そのため、周りの人たちは後になって、「えっ、あの時ってあの人にはあんなことがあったの!?」と驚くこともしばしばです。

大人になるにつれて、誰しもある程度は自分の感情をコントロール出来るようになります。

しかし、徳のある人ではそれが徹底しているため、一見周りからは感情をコントロールしているようになど見えず、いつもまったくの自然体のように思えます。

もし徳を身につけたいと思うのなら、まずは自分の感情に振り回されることなく、その場その場に適した感情でいられるように心がけましょう。

4. 常に前向きでいる

徳のある人は、常に前向きに物事を考えています。

むしろ、徳のある人で後ろ向きな考え方をしている人など皆無といってもいいでしょう。

前向きに物事を捉えるようになると、例えどんな困難が訪れても、必ず何かしらの突破口を見出すことが出来ます。

それがいわゆる「ピンチをチャンスに変える」というものです。

後ろ向きに物事を考えていると、困難が訪れたときに「もうダメだ」と何もかも諦めてしまいやすく、またどうすればいいのかが分からずにパニックに陥りやすいです。

しかし、前向きに物事を考えている人では、困難を目の前にしても、「どうやったら良い方向へ進むか」を常に考えています。

そうすることで気持ちが冷静になれ、突破口を見つけやすくなるのです。

また、常に前向きな人は、常に明るく笑顔でいることが多いです。

笑顔はたくさんの福を呼び込み、そのポジティブさにあやかりたいと、自然と周りには人が集まってきます。

そうして徳がある人には常に人だかりが出来ますので、徳を積むためにも日頃から前向きに物事を考え、笑顔で過ごすように心がけましょう。

5. 人の悪口を一切言わない

「人の口に戸は立てられぬ」ということわざがあります。

これは、「世間の噂ばなしは防ぎようがない」という意味です。

このことわざの通りに、例えどんなに自分が内緒ばなしにしたことでも、いつの間にか周囲の人には伝わっていることが多いです。

中でも特に悪口の類は、あっという間に広まります。

そして、悪口を言った人に対する周囲の評価もまた悪くなってしまいます。

ただでさえ、人づてに聞くはなしには尾ひれがつきやすいものです。

ちょっとした愚痴が、本人に伝わる頃にはとんでもない罵詈雑言になっていることも珍しくはありません。

徳がある人は、そういったことを知ってか知らずか、人の悪口を一切言いません。

基本的には誰に対しても平等に接するため、相手を悪く思うことも少ないのでしょう。

そして、悪口を言わないということは、それだけでその人に対する評価が上がり、印象が良くなります。

また、信頼も寄せられやすくなりますので、ますます人徳のある人になっていきます。

自分が嫌なことをされたり、理不尽に思ったりすることがあると、つい口から悪口や愚痴が零れてしまいそうになりますが、それをグッと堪えて人の悪口を言わないように努めましょう。

6. 努力することを楽しむ

徳のある人は、常に努力を惜しみません。

当人は努力を苦痛なものとして当たり前に受け止めているのかもしれませんし、もしくは努力することを辛いと感じることがないのかもしれません。

しかし、一般的な考え方としては、努力することは大変なことであり、また困難なことでもあります。

必要に駆られて努力することはあっても、自ら進んで努力したがる人はそうはいないでしょう。

もしあなたが徳を積みたいと思ったら、必ず何かしらの努力をする必要があります。

そして、その努力に耐えうることが出来なければ、徳のある人になることは出来ないでしょう。

努力は辛いものですし、大変なものです。

しかし、努力を楽しむように心がけることで、努力することを苦痛に感じなくなることも出来ます。

努力することを楽しむ簡単な方法として、一つひとつの目標を小さく設定しましょう。

例えば「今日は善い行いを3つする」と一日の始まりで目標を立てます。

立てた目標が無理のないものであれば、一日が終わる頃には目標を達成出来たという達成感や充実感が生まれます。

これが毎日続くことで、自分に自信が付くようになります。

自信が付けば自然と前向きな姿勢になることも出来ますので、まずは小さな目標を立ててそれをクリアするための努力をしていきましょう。

7. 人を見る目を養う

徳のある人は、人を見る目があります。

それは、外見だけで相手を判断せずに、相手の本質を常に見極めようとするからです。

人を見る目を養うためには、まず外見を見ることも大切ですが、決して外見だけで判断しないように気をつけましょう。

外見から相手の立ち振る舞いや仕草、話し方などをチェックします。

外見が第一印象であれば、相手の仕草や振る舞いは第二印象といったところでしょう。

そして最も重要なのが、相手の行動パターンをよく観察することです。

どんなに表裏の激しい人物でも、一人で無防備な状態でいる時には、本性が必ず姿を現します。

それをしっかりと観察し、相手の本質を探りましょう。

まずは身近な存在の相手を観察することから始めると良いかもしれません。

最初の内は相手の本質を判断するのに時間がかかりますが、慣れてくれば必ず人を見る目が養えるようになります。

そして、相手の本質が見え、例えそれが悪だったとしても、それで相手を悪人とは決めつけないようにしましょう。

徳のある人は、相手がどんな人でも基本的には平等に接します。

本質を見極めたからといって、自分の価値観で相手のすべてを推し量らないようにしましょう。

8. 自我を通さない

自己犠牲の精神を貫く必要はまったくありませんが、強引に自我を通そうとしないように注意しましょう。

我の強い人でももちろん徳は積めますが、我が強い分どうしても自分の意見を通そうとしてしまいがちです。

もし自分の意見が確実に正しいと分かっていれば、余計によかれと思って自我を通そうとしてしまいますが、相手からすればそれは不快な行為です。

徳を積みたいと思ったら、正しさや間違いは置いておき、まずは自我を通さずに相手の意見や意志を尊重するように努めましょう。

相手の意見をよく聞くことで、なぜ相手がそのように思ったのかの意図を理解することが出来ます。

相手の意図を理解することは、相手の本質を理解することに繋がります。

自我を持つことも大切ですが、それを押し通すことよりも、相手の意見を聞き相手を理解することの方が大切だと考えるようにしましょう。

9. 綺麗な言葉遣いをする

言葉の遣い方で、相手の品性が覗えます。

相手の本質を見極めようとする人は、言葉遣いだけで相手を判断することはありませんが、多くの一般的な人たちは、言葉遣いによって相手の品性や性格を判断する傾向が強いです。

そのため、徳を積みたいと思ったなら、まずは綺麗な言葉遣いで生活するように努めましょう。

誰しも乱暴な言葉遣いの人の話を真剣に聞こうとは思えません。

しかし、丁寧で綺麗な言葉遣いは耳に心地よく、自然と相手の話に耳を傾けようと思えます。

また、若者の間で流行っている言葉遣いを身につけてしまうと、相手によってはこちらの言っていることを理解出来ない可能性もあります。

そのため、老若男女とまったく支障がなく円滑な会話のコミュニケーションを取るためにも、流行り言葉は使わず、ごく一般的な綺麗な日本語で話をするようにしましょう。

10. いつも笑顔でいる

いつも前向きな人は、いつも笑顔でいることが多いです。

それを真似しようと思い、笑顔で過ごすように努めていても、心の中がネガティブだと、どうしても自然な笑顔を作ることは出来ません。

そのため、まずは前向きなものの考え方が出来るように努めましょう。

少しずつでも良いのでそれが出来るようになってくると、自信がついて顔にも自然な笑顔が表れやすくなります。

自然な笑顔が出来るようになったら、今度はいつも笑顔でいるように心がけましょう。

笑顔は人を安心させ、笑顔のあるところに周りの人たちも集まってきます。

11. 人に親切にしても見返りを求めない

「情けは人の為ならず」ということわざがあります。

これは、「他人に情けをかけることで、回りまわって自分も誰かに助けてもらえる」という意味のことわざですが、それを期待して人に親切にしないように心がけましょう。

誰かに親切にすると、どうしてもその見返りを求めてしまいがちです。

例えばボランティアで清掃活動や誰かの手伝いをしたときに、相手から物理的な見返りを求めることはなくても、感謝の気持ちを示して欲しい、と考えてしまうことはあります。

「相手のためにしてあげたのだから、ありがとうの一言は欲しい」と思ってしまうこと自体が無償のものではないですし、また相手によっては一方的な押し付けの感情となってしまいます。

そのため、日頃から親切をしても、それに対する見返りは求めないようにしましょう。

例え親切にした相手に邪険な態度を取られても、「それでも相手のためになっただろうからいいや」と思えるように、自分に言い聞かせましょう。

言い聞かせずに、自然とそう思えるようになれば、かなり自分の中の徳は積まれていることでしょう。