あなたの周りには、ちょっと人と常識や感覚がずれていて、周りの人からめんどくさいとか、ちょっと恐い、ような人っていませんか?
世間にはいろいろな人間がいるものですが、たまに「DQN」って言われている人がいることをご存知でしょうか?
ネットでよく見る「DQN」。

昔からネット用語としてよく使われています。

しかし、どんな意味なのかよく分からない、という人も多いでしょう。

では、「DQN」の特徴とはいったいどんなことがあるのでしょうか?
あなたはもしかして「DQN」??

️DQNな人の特徴21個

「DQN」って、一見なんだかゲームの中の用語のようにも見えてきますけど、正しい読み方、知っていますか?
これは、「ドキュン」と読みます。

アクセントは「キュ」につきます。

この言葉がどこから生まれたかというと、かつてテレビ朝日系で「目撃!ドキュン」というテレビ番組がありました。

1994年から2002年まで放送されていたんですよ。

それは、元ヤンなどが不幸な生い立ちについて明かすような番組でした。

その番組に出てきた一般人が、時として非常識な行動をしていることもあり、それで、不良やヤンキー系の人、さらに非常識でちょっと説明能力に欠けるような人のことを、2ちゃんねるで「ドキュン」と言われるようになったんです。

つまり、ヤンキーなどを指す軽蔑的な言葉としてのネットスラングです。

しかし、最近ではもっと広い意味でつかわれることが多く、チャラチャラしている人とか、自己中心的で非常識な人、偏差値の低い人のことを指して使われることもあります。

企業なんかに対しても、労働基準法を全く無視していたり、サービス残業を当たり前のようにさせる会社のことを「DQN企業」と呼ぶこともありますね。

では、そんな「DQN」にはどんな特徴があるのでしょうか?
あなたも周りにもいるかもしれない、「DQN」と言われる人たちについて、今回は調べてみました。

以下の点に当てはまったらあなたも陰で「DQN」と言われているかも!?

ドンキによく出没する


彼ら、彼女たちが好むお店といったら、そう、ドンキです。

ドンキって昔から、ヤンキーたちが溜まっていましたよね!?
一昔前は、ドンキの入り口にはたっくさんのヤンキーたちで賑わっていました。

特に、ちょっと田舎のドンキなんてすごかったですね。

最近では、そのような傾向をあまり見なくなりましたけど、やっぱりドンキにはよく出没しているようです。

ドンキはまだ一店舗しかお店がないような頃からほぼ24時間営業で、陳列は今のようにたくさんあってごちゃごちゃとした感じで、格安販売していたそうです。

当時は日中よりも深夜のほうが混雑していて、深夜は特にDQNだらけだったそうです。

24時間営業で、深夜にずっとうろうろしても、何も文句も言われない場所と言ったらドンキだったのでしょう。

今でも、やっぱり深夜になるとDQNの確立が高くなるようです。

そして、安くて、DQNが好むような商品がたくさん置いてあります。

ドンキって、今では品のよう商品を安く売っていることも多くなって、一般のお客さんも多くなったけど、それでもやたらヒョウ柄とかファーとか、スウェットとか多いですよね?
やっぱり、DQNをメインターゲットにした商品陳列になっているのです。

スウェットやジャージを好む

DQNの定番ファッションといえば、スウェットかジャージですね。

その格好でどこでも出かけちゃいます。

ちょっとおじさん、おばさんになると、そんな部屋着みたいな格好で外に出るなんて、ありえないと思うところですが、DQNにとっては、それがオシャレなんです。

DQN以外の人でも、スウェットやジャージを着て外出している人もいますけど、着こなしがちょっと違うんですよね。

DQNのスウェットやジャージの基本的な着こなしは、大きめのダボっとしたスタイルですね。

ちょっとだらしなく着こなす感じ。

男性なら、腰パン気味にしてポッケに手を突っ込んで歩いていたり、女性なら袖を萌え袖にして歩いていることもあります。

ジャージには、英語でいろいろと文字が書いてあったり、それも黒あるいは白の生地にゴールドの文字やイラストが入っている、ザ・DQNジャージを着ていることも多いです。

スウェットやジャージって、すごく楽チンですよね。

だから、それでどこでもうろうろしたくなる気持ちってわかりますよね?
それに、最近ではスポーツテイストのファッションが流行っていたり、オシャレスウェットなんていうのも流行っているくらいなので、スウェットとかジャージを着ている人が全部「DQN」ではないのですが、それでも上下ともにそれを着ていて、ダボっとして、けだるげに歩いている茶髪の人は、DQNと思われてしまいそうですよ。

キティちゃんのサンダルを履く

これは、基本スタイルのスウェット上下、ジャージの着こなしにだいたい合わせているものですが、足元はキティちゃんのサンダルです。

それも、健康サンダル。

あのスポッとはけるやつです。

ひと昔けっこう流行りましたね~。

でも、どうしてキティちゃんのあのサンダルが標準靴なんでしょうね?
ちょっと良くわかりませんが、ジャージまたはスウェットにキティちゃんの健康サンダルが基セットなんですよね。

それも、あのサンダルでどこまででも行っちゃいます。

ちょっとそこまで・・・なら理解できるのですが、お店とかもそのサンダルで平気で入れます。

屋外で、それも結構歩くのに、健康サンダルはちょっと足にも負担が大きいと思いますが、それでもそれがスタイルなのです。

あの脱力感が、きっとカッコイイのでしょう。

やたら派手髪

髪の毛は、明るい茶髪かもしくは金髪に近い髪色です。

男性は、明るい金髪で坊主ぽかったり、もしくは明るい茶髪のホストヘアーをもっと増し増しにしたような人が多いような気がしますね。

女性は、基本色の抜けた明るい茶髪。

ポイントは、色が”抜けている”ってところで、きれいにいつも美容院でカラーを入れているというよりは、自分で市販のヘアカラーをして色を抜いているといった感じ。

だから、頭のてっぺんは黒髪が見えていてプリン状態なんだけど、毛先はもうパサパサの色の抜けきった金髪になっちゃっている、という感じです。

ある意味で、数年前に流行ったグラデーションカラーを昔から取り入れていますね。

あとは、ピンクカラーだったり、明るいカラーのメッシュを入れていたり、派手なヘアースタイルを好むようです。

DQNの子どもたちも、小さいときからなかなかのヘアースタイルをしていたりしますよね。

小さい頃から茶髪にしていたり、結構昔ですけど男の子は襟足だけなぜか長くなっていたり・・・、田舎では今でもいますけど、ちょっと奇抜なヘアースタイルをしています。

眉毛がない

小学校高学年や中学校くらいになると、みんなちょっと自分の眉毛をいじったりしますよね。

しかし、DQNはそのような時期から、眉毛を整えるというよりかは、もう剃っちゃってたりします。

大人でも無い人多いですよね!
眉毛がないと、やっぱりちょっとコワイ顔になれるからでしょうか?
男性も女性も、基本的に眉毛は細くて、眉尻はほとんどないという感じですが、男性の中には本当に全く剃っちゃっている人もいます。

眉毛がないといえば、あの「ピンポン」の映画でドラゴンを演じた中村獅童さんが、眉毛をそっていましたけど、あれはなかなか気迫がありましたよね。

あんな感じを目指しているのかもしれません。

ジャラジャラアクセ

DQNたちは、やたら大きなアクセをつけているイメージがありますね。

特にゴールド系が人気のようす。

シルバーでも、太いチェーンに、クロスなどのモチーフがついた悪羅悪羅(オラオラ)系のアクセサリーをつけています。

ちなみに、悪羅悪羅系というのは、最近のDQNに多い最新系不良ファッションだそうです。

肉食系な男性のギラギラしたスタイルで、もちろん金髪に、黒の上下のジャージが基本スタイルのようです。

そんなジャージ姿に、合わせるのはゴツイアクセです。