DQNな人の20個の特徴。貴方のまわりにもいませんか?のイメージ写真

世間にはいろいろな人がいるものですが、たまに「DQN」と言われている人がいることをご存知でしょうか?

ネットでよく見る「DQN」。

昔からネット用語としてよく使われています。

しかし、どんな意味なのかよく分からない、という人も多いでしょう。

では、「DQN」の特徴とはいったいどんなことがあるのでしょうか?

詳しく解説していきます。

️DQNな人の特徴20個

「DQN」の正しい読み方、知っていますか?

これは、「ドキュン」と読みます。

アクセントは「キュ」につきます。

この言葉がどこから生まれたかというと、かつてテレビ朝日系で「目撃!ドキュン」というテレビ番組がありました。

1994年から2002年まで放送されていたんですよ。

それは、元ヤンなどが不幸な生い立ちについて明かすような番組でした。

その番組に出てきた一般人が、時として非常識な行動をしていることもあり、それで、不良やヤンキー系の人、さらに非常識でちょっと説明能力に欠けるような人のことを、2ちゃんねるで「ドキュン」と言われるようになったんです。

つまり、もともとはヤンキーなどを指す軽蔑的な言葉としてのネットスラングです。

しかし、最近ではもっと広い意味でつかわれることが多く、チャラチャラしている人とか、自己中心的で非常識な人、偏差値の低い人のことを指して使われることもあります。

企業なんかに対しても、労働基準法を全く無視していたり、サービス残業を当たり前のようにさせる会社のことを「DQN企業」と呼ぶこともあります。

では、そんな「DQN」にはどんな特徴があるのでしょうか?

あなたも周りにもいるかもしれない、「DQN」と言われる人たちについて、今回は調べてみました。

以下の点に当てはまったらあなたも陰で「DQN」と言われているかも!?

ドンキによく出没する

ドンキによく出没するDQNな人
彼ら、彼女たちが好むお店といったら、そう、ドンキです。

ドンキって昔から、ヤンキーたちが溜まっていましたよね!?

一昔前は、ドンキの入り口にはたくさんのヤンキーたちで賑わっていました。

特に、ちょっと田舎のドンキなんてすごかったですね。

最近では、そのような傾向をあまり見なくなりましたけど、やっぱりドンキにはよく出没しているようです。

ドンキはまだ一店舗しかお店がないような頃からほぼ24時間営業で、陳列は今のようにたくさんあってごちゃごちゃとした感じで、格安販売していたそうです。

当時は日中よりも深夜のほうが混雑していて、深夜は特にDQNだらけだったそうです。

24時間営業で、深夜にずっとうろうろしても、何も文句も言われない場所というのが唯一ドンキだったのでしょう。

今でも、やっぱり深夜になるとDQNの確立が高くなるようです。

そして、安くてDQNが好むような商品がたくさん置いてあります。

最近では一般のお客さんも多くなりましたが、それでもやたらヒョウ柄やファー、スウェットなどの商品が多いですよね?

DQNをメインターゲットにした商品陳列になっているのかもしれません。

スウェットやジャージを好む

DQNの定番ファッションといえば、スウェットかジャージです。

その格好でどこでも出かけちゃいます。

ちょっとおじさん、おばさんになると、そんな部屋着みたいな格好で外に出るなんてありえないと思うところですが、DQNにとってはそれがオシャレなんです。

DQN以外の人でも、スウェットやジャージを着て外出している人はいますが、着こなしがちょっと違うんですよね。

DQNのスウェットやジャージの基本的な着こなしは、大きめのダボっとしたスタイルです。

ちょっとだらしなく着こなす感じをイメージしてください。

男性なら腰パン気味にしてポッケに手を突っ込んで歩いていたり、女性なら袖を萌え袖にして歩いていることもあります。

ジャージには英語でいろいろと文字が書いてあったり、それも黒あるいは白の生地にゴールドの文字やイラストが入っている、ザ・DQNジャージを着ていることも多いです。

最近ではスポーツテイストのファッションが流行っていたり、オシャレスウェットなんていうのも流行っているくらいなので、スウェットとかジャージを着ている人が全部「DQN」ではないのです。

ですが、それでも上下ともにそれを着ていて、ダボっとして、けだるげに歩いている茶髪の人はDQNと思われてしまうかもしれません。

キティちゃんのサンダルを履く

これは、基本スタイルのスウェット上下、ジャージの着こなしにだいたい合わせているものですが、足元はキティちゃんのサンダルです。

それも、健康サンダル。

あのスポッとはけるやつです。

ひと昔けっこう流行りましたよね。

ジャージまたはスウェットにキティちゃんの健康サンダルがDQNにとっても基本セットなんですよね。

それも、あのサンダルでどこまででも行っちゃいます。

ちょっとそこまで・・・なら理解できるのですが、どんなお店もそのサンダルで平気で入れます。

屋外で、それも結構歩くのに、健康サンダルはちょっと足にも負担が大きいと思いますが、それでもそれがDQNスタイルなのです。

あの脱力感がきっとカッコイイのでしょう。

やたら派手髪

髪の毛は、明るい茶髪かもしくは金髪に近い髪色です。

男性は、明るい金髪で坊主っぽかったり、もしくは明るい茶髪のホストヘアーをもっと増し増しにしたような人が多いような気がしますね。

女性は、基本色の抜けた明るい茶髪。

ポイントは、色が”抜けている”ところで、きれいにいつも美容院でカラーを入れているというよりは、自分で市販のヘアカラーをして色を抜いているといった感じ。

だから、頭のてっぺんは黒髪が見えていてプリン状態なんだけど、毛先はもうパサパサの色の抜けきった金髪になっちゃっている、という感じです。

ある意味で、数年前に流行ったグラデーションカラーを昔から取り入れていますね。

あとは、ピンクカラーだったり、明るいカラーのメッシュを入れていたり、派手なヘアスタイルを好むようです。

DQNの子どもたちも、小さいときからなかなかのヘアスタイルをしていますよね。

小さい頃から茶髪にしていたり、男の子は襟足だけなぜか長くなっていたり・・・、田舎では今でもいますけど、ちょっと奇抜なヘアスタイルをしています。

眉毛がない

小学校高学年や中学校くらいになると、みんなちょっと自分の眉毛をいじったりしますよね。

しかし、DQNはそのような時期から、眉毛を整えるというよりかは、もう剃っちゃってたりします。

大人でも眉毛がない人は多いですよね。

眉毛がないと、やっぱりちょっとコワイ顔になれるからでしょうか?

男性も女性も、基本的に眉毛は細くて、眉尻はほとんどないという感じですが、男性の中には本当に全く剃っちゃっている人もいます。

ジャラジャラアクセ

DQNたちは、やたら大きなアクセをつけているイメージがあります。

特にゴールド系が人気のようです。

シルバーでも太いチェーンにクロスなどのモチーフがついた悪羅悪羅(オラオラ)系のアクセサリーをつけています。

ちなみに、悪羅悪羅系というのは、最近のDQNに多い最新系不良ファッションだそうです。

肉食系な男性のギラギラしたスタイルで、もちろん金髪に、黒の上下のジャージが基本スタイルのようです。

そんなジャージ姿に合わせるのはゴツイアクセです。

クロムハーツなどのハードLAスタイルがルーツになっているようですよ。

クロムハーツのパチモノは安値で手に入れられるので、高校生や10代のDQNも持っていますよね。

あと、DQNはゴールドのチェーンのネックレスが好きなように見えますが、やっぱりちょっとゴツくて、「俺がここにいるぜ!」みたいな存在感たっぷりなものが好きなのでしょうか。

そして女性はやたら指輪をしたがります。

それも、華奢なデザインの繊細なリングではなく、基本的に太めで大き目のリングをつけていますね。

香水臭い

近くを通ると、かなり臭い・・・というのもあります。

臭いというのは、香水がキツイからです。

そばを通って近くで動くとかすかに感じる香りではなく、もうどこを歩いたかわかるくらいにガッツリつけている人もいます。

香水をそこまでたくさんつけて歩かれると、周りにちょっと迷惑になってしまいますよね。

香水の匂いが苦手な人にとっては、同じ空間にはいられないくらいでしょう。

香害と言われてしまっています。

昔は、ヤンキーや不良といえばジバンシィのウルトラマリンをつけていましたよね。

あとブルガリがとにかく鉄板でした。

ドン・キホーテで安く買えるもので、ザ・香水!という感じの香りが人気のようです。

香りというのは、好き嫌いがかなり分かれるものですが、どの香水もつけすぎは品がないと思われてしまいます。

ちなみに、みなさん香水がふわっと香るくらいのつけ方をちゃんと知っていますか?

昔は手首にシュッシュとつけるのが正しいつけ方のように言われていましたが、何プッシュもつけていると、香水臭い人になってしまって、周りから香害だと嫌われてしまいます。

ほのかに香る程度の品よくつけたいときには、下着の状態で立ち、自分の腰の位置程の高さで、前方むけてワンプッシュ放ちます。

一歩前に出て、そのワンプッシュした中に入る、といった感じにして自分に香水をまとう感じがいいそうです。

これだと動くとほのかに香る程度でつけられますよ。

低学歴

DQNは、学歴が低いという特徴があるようです。

というよりも、低学歴でヤンキー風の人たちを”DQN”と呼んでいるのです。

中卒の人とか、高校は中退の人も多いみたいですね。

昔の人はみんな高校にも行けずに、中学卒業後に仕事に就く人も多かったですが、それはそうせざるおえない状況ゆえだったり、ある一つの仕事を極める職人さんの家系であったりします。

それでも、学歴がないことがその人の人生に大きなマイナスの影響を与えて、ずっと学校に行けた人たちのことをうらやましく思いながら生きている人もいたのです。

でも、今の時代自分の努力次第で高校に行くことは可能ですし、めんどくさいことはあっても自分のこれからの人生を考えれば、それなりの教育を受けることの大事さはわかるでしょう。

もちろん、学歴がなくても自分の腕に職をつけて、立派に働いている方たちもいますので、それもすごいことですよね。

ただ、一生懸命に勉強してきた高学歴の人を「つまらない人たち」のようにバカにして、その人たちにお金をせびるような人は、”DQN”と言われてしまうのです。

常識や知識がない

常識がある、ないってすごく難しい線引きだと思いませんか?

何が常識で、何が非常識というのは、人の感覚とか考え方でちょっとづつ違うのです。

でも、日本の”一般的”なモラルというものは、普通の一般家庭ならお父さん、お母さんに教わっていたはず。

昔は、おじいちゃんおばあちゃんからもいろいろと「人様の迷惑になることはしないように」と教えられましたよね。

でも、DQNと言われる人たちは、そんな一般的なモラルを全く無視するような行動が目立っているので、嫌われてしまうことも多いようです。

例えば、住宅街が近くても夜に大声でしゃべって、近所迷惑になっている。

電車の中で化粧をしていることを人に注意されたことに逆ギレする、といった行為。

自分はいいかもしれないけど、周りの人が嫌な気持ちをしているとか、自分の行動が迷惑になっているということを考えられない人もいます。

常識が持てない、人の価値観を受け入れられないということであれば、反感を買うのは当たり前でしょう。

常識にとらわれないような自分がカッコイイ、と感じているのかもしれません。

さらに、学歴がないということと関係しているのかもしれませんが、あまり知識を持っていないということで、ちょっと一般常識から外れていることもあります。

でも、知識を持っていないことを自分で認めていて、詳しい人から教えてもらおうというような心がけができる人はいいのです。

ですが、「自分は強い」とか「自分たちが一番」」というような変なプライドを持っている人たちは、人から教えてもらおうとする態度は全くありません。

逆に自分よりも知識人のことをバカにして、何も知らない自分を屁理屈で正当化しようとすることもあります。

なので、何かトラブルが起きて話し合いで解決しようとしても、ちょっと難しい話になると逆ギレして力で抑え込もうとする傾向のある人もいるようです。

論理的な話が苦手だとしても、そこで力や暴力でねじ伏せようとすると、むしろ「この人頭が悪いんだな」と思われてしまうでしょう。

集団で行動する

集団行動が好きで、一人になると意外と静かであまり存在感が感じられないという人もいます。

そのような集団なら騒げるけど、一人になると何もできないのです。

ですが、DQNでも行動力があって頭のいい人は、一人で会社を立てて成功している人も多いですよね。

でも、中には一人になったら何もできない、という人もいるようで、集団の中では自分より上だと思った人にはすごくヘコヘコして、自分よりも下だと思う人に対しては、ものすごく大きな顔をする、という人もいます。

これはDQNに関係なく、社会の中でこういう人はいるでしょうね。

あと、友だちと一緒にいると、電車内でも道端でも構わずに周りの迷惑などを考えずに大きな声を出したり、大声でしゃべって場所を占領することもあるのに、一人になると急に隅に行って、静かにしている人もいます。

誰でも仲間がいると一人よりも勇気が出るのはわかるのではないでしょうか。

ただ、勇気が出るのと気が大きくなるのとはちょっと違う気がします。

ガンを飛ばす


人から見られたい、一目置かれたいというような願望を丸出しにしているようにも見えるDQNですが、ちょっとでも見てくる人たちに対してはすぐにガンを飛ばすことも。

これは「自分は強い」ということのアピールの一つなのではないかといわれています。

昔、不良だった人の意見ですが「なめられたくない」「自分は強いんだ」ということを見せつけるためにガンを飛ばすようです。

ガンを飛ばしている、つまり喧嘩を売っているということで、自分のガン飛ばしに恐れるように逃げる人たちを見て、「やっぱり自分は強いんだ」と勘違いしていることもあるようです。

「弱い犬はよく吠える」といいますけど、自分より弱いものを相手に威張ることで、自分の不安定で弱い心を安定させようとしているのかもしれません。

なので、だれかれ構わずガンを飛ばしていると、逆にあまり強い人には見られませんから、自分を強く見せたい人も、なめられたくない人も、無意味にガンを飛ばして周りを威嚇しないほうがいいでしょう。

本当に強い人は、冷静だし、そんなに威嚇しません。

バイクや車で煽る


普通の速度で運転をしているだけなのに、すごく後ろから煽ってくるDQNの車いますよね。

抜くならただ安全なところで抜けばいいし、わざわざ煽って自分の存在をアピールしてこなくてもいいのに…、と思ってしまいます。

あと、多いのがバイクをやたら目の敵にしているDQNの車です。

なぜか、バイクは車から煽られることが多いそうです。

何かDQNにとってイラっとするポイントがあるのかもしれませんが、道路はみんなの場所なので、DQNのためだけにあるのではありません。

人の運転を邪魔したり、安全な走行を妨害したりするのはやめてほしいですね。

あと、追い抜かれることにすごく怒って、逆にあとで煽ってくるDQNもいるようです。

自分を追い抜くなんて生意気だ、と思っているのかもしれません。

路上タバコ

タバコを吸っている人は、ぜひマナーを守って吸ってほしいですよね。

そうでないと、もっと喫煙者の居場所はなくなります。

でも、DQNにとって車から腕を出してタバコを吸い、その吸殻をポイ捨てするのは当たり前みたいで、結構それをしている人を見かけます。

あと、歩きタバコをしている不良たちは多いです。

歩きタバコは最近ではマナー違反として大人たちなら知るところとなっているはずです。

一部のDQNにとっては、まだその意味が理解できないのかもしれません。

タバコを吸うか吸わないかは本人たちの自由ですが、タバコは他人への迷惑になることもあることを理解したうえで吸うべきものですよね。

でも、自分のことしか考えられない人は、他人がどのような不快感を持っているかということを理解できないし、考えようとしないようです。

タバコを吸って歩いている自分がカッコイイ、と感じるのかもしれませんが、そこに他人への配慮がないと、ただの常識外れの人になってしまいます。

声が無駄にデカイ

耳が遠い人に話しかけているわけでもないのに、やたらに声が大きい人。

静かにしないといけない場所では、ちょっと迷惑ですよね。

どうして、声が大きくなってしまうのでしょうか?

声が大きい人の中には、日頃生活している環境が雑音が大きくて、大きな声で話すのが癖になっている、ということもあります。

例えば、仕事場が工場だったりすると、機械の音が大きいので、話すときには大声で話さなければいけなかったりしますよね。

あとは、パチンコなどに行ってきた人も、すごくうるさい声で話します。

周りの雑音が耳に残っているのかもしれません。

あとは、心理的な要素も関係しているのかもしれません。

自分の意見を押し通そうとするときとか、圧力をかけたいときなど、人は大きな声で威勢を張りたくなります。

ゆっくりと丁寧に普通の声で話すよりも、大声でちょっと乱暴な言い方をするほうが人に威圧感を与えますからね。

自分は強いんだ、ということをわからせたいとか、人に威圧感を与えたいというような心理があると、無駄に大声になってしまうのかもしれません。

あとは、自分の存在をみんなに意識してもらいたい、という無意識のアピールなのかもしれませんね。

言葉遣いが悪い

例えば、男性でも女性でも相手に対して「お前」という人。

あまりよく知らない間柄で「お前」と言われたら不快感を覚えますよね。

人に不快感を与えたり、他人への尊重や敬意といったものを持たない人は、言葉遣いが悪かったり、乱暴だったりします。

話し方は人によって全然違いますよね。

しゃべり方や言葉遣いに、その人の生い立ちとか品性というものが表れたりします。

そして、周りの環境に大きく影響を受けるものでもあります。

親の話し方、言葉遣いを聞いて、子どもたちは真似しますよね。

なので、DQNの仲間に囲まれていれば、不良言葉やヤンキーたちがよく言っているような言葉を出すようになるのです。

「マジくそうぜ~」とか女の子でも平気で言ってしまいます。

「死ね」とか「キモイ」とか他人を批判する言葉を連発したり、自分の子どもに対しても「うるせーんだよ」「ふざけんなよ」とか「ぶっ飛ばされてーのか」といった言葉を大声で叫んでいることも。

見ているこっちがかなり不快になります。

口汚い言葉で叫んでいる割に、行動が何も伴っていないと、なんだか見ていてがっかりしますよね。

周りの迷惑を考えない

基本的に自分の欲望や権利が一番。

周りの人の気持ちとか、自分の言葉や行動がどんな影響を与えているか、ということに鈍感な人がDQNと言われます。

周りの迷惑を考えられないから、常識がないと言われてしまうのです。

自分の思うことをしたい、好きなことをしたい、という気持ちはわかりますが、この日本で一人で生きているわけではありません。

周りの人の気持ちや迷惑を考え、もし注意されたらその気持ちや意見を尊重することは大事なことなのではないかと思います。

それができないと、浮いた存在になってしまうし、周りの人から嫌われれてしまうのです。

自分さえ良ければいい

周りの迷惑を考えない、ということにつながっているのが、自分さえよければそれでいい、という考えではないでしょうか?

そういう考えをしている人には、常識とかモラルと言っても受け入れてもらうのは難しいですよね。

「迷惑している?だから何?」「お前が迷惑しているとか、マジどうでもいい」というように、いくら注意をしても相手にしてもらえないかもしれません。

よく聞く話ですが、ドラックストアなどでDQNの子供が騒いでいて、危ないから店員が注意したのに、それに逆切れして定員に頭を下げさせていたという例。

自分勝手すぎますよね。

その他にも、自分の都合や気分で全部左右されたり、相手には自分に合わせることを求めるけど、相手に何かを求められるとキレたりします。

そして、力で人を押さえつけて、自分の好きなようにしようとするのです。

一見普通に見える人でも、異常に自己中で自分だけよければそれでいい、というような非常識な人たちに対してもDQNという言葉は使われます。

地元愛が強い

ヤンキーや不良たちは、地元愛がすごく強い人が多いイメージがあります。

自分の故郷を愛しています。

だから、昔はヤンチャしていたけど、大人になって落ち着いたたら地元を支えたい、と地元に帰ったり、学生のころからそのまま地元で過ごしている人も多いようですね。

成人しても就職しても、ほとんどの人が地元に残って、田舎で仕事をしています。

昔からの友達関係がずっと残る地元は居心地がいいのかもしれませんね。

【地元が好きな人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

お祭りが好き

お祭りには全力で参加する、という大のお祭り好きという特徴もあります。

町内会のお神輿をかつぐのも率先してやってくれるようです。

地元愛と、集団でバカ騒ぎできるそのイベント性に惹かれるのかもしれません。

成人式に派手な袴で登場

成人式での、あのあり得ないほどの派手な袴!

女の子たちは着物を花魁のように着こなしていたりもしますよね。

成人式でのDQNたちの気合の入れようはすごいです。

全身、金ピカの袴で登場し、大暴れしている人もいます。

成人式での格好は、自分をどれだけ大きく見せつけ、目立つための勝負服と考えているのです。

成人式で大暴れして事件を起こしたり、警察沙汰になる人はみんなネットではDQNとして扱われています。

成人式というのは、もともと自分が大人になったということを自覚して、これからを生き抜いていく青年を祝い、励ますための式典です。

毎年DQNたちの姿がテレビで報道され、一番注目されていますよね。

今年の不良少年少女たちは、どんな袴、スタイルで成人式を迎えるのかな?とこちらが楽しみになるくらいですね。

一種のファッションショーのようになっています。