あなたには親友と呼べる人がいますか?

友達が多いから、親友が多いという事にはなりません。

友達が多い人でも、もしかすると親友と呼べる人は少ない可能性もあります。

逆に、友達が少ない人でも、親友は多い事もあるかもしれません。

親友と友達は意味合いが違いますし、まったく存在価値としても変わってくるかと思います。

自然と自分には親友がいると言える人は、きっと楽しい、幸せな人生を送っているはずです。

多いに越したことはないですが、人数が問題ではありませんよね。

人生を送る上で、親友の存在があるかないかできっと幸せに感じられる場面はたくさんあるかと思います。

今回はそんな親友と友達、その違いについてご紹介していきたいと思います。

いままで同じ意味に感じていたという方には是非読んでいただきたい内容となっていますので、見てみてくださいね。

親友と呼べる友達、何人いますか?

親友と呼べる友達は何人くらいあなたにはいますか?

どこからが親友で、どこまでが友達なのかという定義などもとくにはないので、なかなか判断基準が難しいかもしれませんが、それでも親友ってなんとなく感覚で感じるものであったりすることが多いかもしれません。

それは高い信頼関係を築いているかそうではないかという事になってくるのではないでしょうか。

親友と呼べる友達が多いに越したことはないですし、一人でも親友と呼べる存在がいるのは、非常に人生が豊かになる理由にもなります。

あなたの人生において、親友という存在がいないのであれば、あなたの親友を作ってみてください。

きっと人生のあらゆる場面において幸せを感じられるようになるかと思います。

それだけ人と人とのつながりは大事な物であり、魅力的な物であるという事を知って頂きたいと思います。

友達は多くても親友は少ない人が多い

先ほどご紹介した通り、友達が多い人ってけっこう存在するかと思います。

交友関係が幅広く、様々な人脈を持っている人が該当するかと思います。

ただ、けっこうこのタイプって親友が少ない場合が多かったりもするんです。

もちろん親友が多い場合もありますが、一般的には友達→親友というようにステップアップしていく場合が多く、それは信頼関係だったり、一緒にいる時間が多かったりなどの様々な経験や体験を共有する事から始まります。

つまり、一緒にいる時間が多いという事が条件のうちのひとつになる場合があります。

なので、友達が多い人の場合は、不特定多数の人と関わっているので、自然と一人にかけられる時間って少なくなるんですね。

なので、自然と友達が多いけど、親友は少ないという構図が出来上がってしまうのです。

もちろん該当しない人も中にはいますが、それでもけっこう多くの方があてはまるのも事実だといえるのではないでしょうか。

親友は量より質!

親友は、友達と対比した時に、量より質だという表現が出来るのではないでしょうか。

そして、親友がたくさんいるという事は大事かもしれませんが、少なくても、それだけ質があるのであれば、それは全く問題はありませんし、それが大事になります。

質が低ければ、それだけの信頼関係という事になってしまいます。

たった一人でも、本当に心の底から信頼できるような親友と呼べるような人がいるだけで全く違ってきます。

逆に言えば、それだけ信頼できる友達が一人いれば、それだけで豊かな人生になります。

なので、親友を作るなら、たくさん作ればいいというわけではなく、たった一人でもいいから、間違いない信頼関係を築く事の方が重要だという事になります。

あなたにもし親友がいなくて、欲しいとおもっているのであれば、まずはたった一人でも心の底から信頼できるような友達を作る事から初めてみてください。

そして一緒にたくさんの経験体験を過ごして、信頼関係を築けるようにしてみてくださいね。

親友と呼べる友達の5個の共通点

それでは、ここからは親友と呼べる友達の共通点をご紹介していきたいと思います。

親友と呼ぶには、どういう事を境界線にすればいいのかという事をしっかりと理解しておく事で、一種の判断基準にも出来るようになります。

もちろん、心でもうこの人は親友だなと感じる事も多いかと思いますが、明確な基準を設けるのであれば、ご紹介する内容を実践できる、感じる事が出来るという事を判断の基準にしてもらえれば幸いです。

あなたに親友がいなく、欲しいと思っているのであれば、これからご紹介する事ができるような事ができるまで信頼関係を築けるようにしておくことが大事であるといえるのではないでしょうか。

1、どんな悩みでも相談できる

親友であれば、まずはこれが大事になるのではないでしょうか。

あなたが持っているどんな悩みに関しても、相談が出来るという事が大事になってくるかと思います。

人には、たくさんの悩みを抱えていますよね。

でも、時にはその悩みが友達でも簡単には話せない場合だってありますよね。

それはまだその友達とは高い信頼関係が出来ていない場合があります。

そして、逆にどんな深刻な悩みでも話せる友達がいるという場合は、それだけその友達とは信頼関係が出来上がっているという事が挙げられます。

プライベートな悩みだったり、人には言えない悩みでも、この人なら相談できるなと思った、感じた場合はその人はあなたの中では親友であるという事になります。

また、人間は相手からすごく秘密的な内容の相談を受けた場合は、秘密を共有するという事から親密感だったり、信頼感を感じやすくなります。

自然と相談を受けた相手も、私にだけ話してくれたんだという気持ちを持ってもらえ、共有する事で信頼関係をさらに強くする事も出来るという事を覚えておきましょう。

ダメな所もさらけ出せる

一般的に、自分自身のダメな所ってあまりさらしたくないですよね。

周りからダメだなぁとか思われたり、あの人何してるんだろう?なんて思われたくないですよね。

でも、強い信頼関係を築いている場合は、ダメな部分でも恥ずかしげもなくさらけだす事ができるようになります。

あなたも、恥ずかしい事をしてしまう時、そこまで信頼関係が築けていない人の前と、信頼関係が築いている親友の前だと対応が変わってきませんか?

ダメな部分もさらけ出すことが出来て、自然と楽しい時間を過ごす事が出来る相手は、親友であり、信頼関係が出来上がっているといえるでしょう。

2、言いにくい事も言い合える

相手に対していいにくい事ってありますよね。

例えば、それが相手にとって傷つけてしまうほどちょっとひどい事だったり、あまりにもプライベートな事だったり、指摘しづらい問題だったりする可能性もありますよね。

信頼関係が築けていない友達の場合は、やはり相手から聞かれてもなかなか答えられない場合もありますよね。

ただ、信頼関係が築けている親友であれば、一般的には言いにくい事もきちんと言えることができますよね。

本当に相手の為を思うのであれば、時には偽りのない本当の事を相手に伝える必要性がある場合もあります。

親友であれば、相手の顔色を窺ったりする必要もなく、自分が思った本当の事を伝えられるはずです。

言いにくい事もきちんと言えるという場合は、相手は親友であるといっても過言ではないでしょう。

相手の事を第一に考えている

相手の事を第一に考えているか考えていないかという事が分かれ目になってくるかと思います。

相手の事を本当に思った時には、恥ずかしい事でもしっかりと指摘してあげる事が大事になります。

例えばですが、あなたの身の回りに喋っている時に歯の間にノリがはさまっていたとします。

あなたが信頼関係が築けていない、人がもしそうなっていた場合、おそらく指摘はしないでしょう。

ただ、信頼関係が築けている相手だと、何の躊躇もなしに相手に伝える事が出来ますよね。

それは、相手が恥ずかしい事だとしても、その場で言ってあげる事で、これ以上相手が恥ずかしい思いをしなくても済むような優しさでもあります。

表面上の優しさでそこで注意をしてあげないのは、今後相手が恥ずかしい思いをするのを容認してしまう事にも繋がります。

なので、しっかりと相手に指摘できるかできないかは大きな分岐点になるのではないでしょうか。

3、相手の感情に共感出来る

話をしている時や、一緒に何かをしている時に、相手の感情に対して共感できるかどうかという事が大事になってくるのではないでしょうか。

相手の感情に共感できるかできないかという事は非常に大きな分岐点になるかと思います。

例えば、相手は嬉しいと思っているのに、嬉しく感じられない、相手が悲しいと思っているのに、そう思えないなど、相手の感情に対して反発してしまっていたり、共感出来ていなかった場合は、少し信頼関係が足りていないか、相手に合っていない場合があります。

恐らく、そういった相手にはこちらもまだ親友と呼べる段階にはなっていないのではないでしょうか?
本当の意味で親友なのであれば、相手の感情にしっかりと同調できるはずです。