あなたには親友と呼べる人がいますか?

友達が多いから、親友が多いという事にはなりません。

友達が多い人でも、もしかすると親友と呼べる人は少ない可能性もあります。

逆に、友達が少ない人でも、親友は多い事もあるかもしれません。

親友と友達は意味合いが違いますし、まったく存在価値としても変わってくるかと思います。

自然と自分には親友がいると言える人は、きっと楽しい、幸せな人生を送っているはずです。

多いに越したことはないですが、人数が問題ではありませんよね。

人生を送る上で、親友の存在があるかないかできっと幸せに感じられる場面はたくさんあるかと思います。

今回はそんな親友と友達、その違いについてご紹介していきたいと思います。

いままで同じ意味に感じていたという方には是非読んでいただきたい内容となっていますので、見てみてくださいね。

親友と呼べる友達、何人いますか?

親友と呼べる友達は何人くらいあなたにはいますか?

どこからが親友で、どこまでが友達なのかという定義などもとくにはないので、なかなか判断基準が難しいかもしれませんが、それでも親友ってなんとなく感覚で感じるものであったりすることが多いかもしれません。

それは高い信頼関係を築いているかそうではないかという事になってくるのではないでしょうか。

親友と呼べる友達が多いに越したことはないですし、一人でも親友と呼べる存在がいるのは、非常に人生が豊かになる理由にもなります。

あなたの人生において、親友という存在がいないのであれば、あなたの親友を作ってみてください。

きっと人生のあらゆる場面において幸せを感じられるようになるかと思います。

それだけ人と人とのつながりは大事な物であり、魅力的な物であるという事を知って頂きたいと思います。

友達は多くても親友は少ない人が多い

先ほどご紹介した通り、友達が多い人ってけっこう存在するかと思います。

交友関係が幅広く、様々な人脈を持っている人が該当するかと思います。

ただ、けっこうこのタイプって親友が少ない場合が多かったりもするんです。

もちろん親友が多い場合もありますが、一般的には友達→親友というようにステップアップしていく場合が多く、それは信頼関係だったり、一緒にいる時間が多かったりなどの様々な経験や体験を共有する事から始まります。

つまり、一緒にいる時間が多いという事が条件のうちのひとつになる場合があります。

なので、友達が多い人の場合は、不特定多数の人と関わっているので、自然と一人にかけられる時間って少なくなるんですね。

なので、自然と友達が多いけど、親友は少ないという構図が出来上がってしまうのです。

もちろん該当しない人も中にはいますが、それでもけっこう多くの方があてはまるのも事実だといえるのではないでしょうか。

親友は量より質!

親友は、友達と対比した時に、量より質だという表現が出来るのではないでしょうか。

そして、親友がたくさんいるという事は大事かもしれませんが、少なくても、それだけ質があるのであれば、それは全く問題はありませんし、それが大事になります。

質が低ければ、それだけの信頼関係という事になってしまいます。

たった一人でも、本当に心の底から信頼できるような親友と呼べるような人がいるだけで全く違ってきます。

逆に言えば、それだけ信頼できる友達が一人いれば、それだけで豊かな人生になります。

なので、親友を作るなら、たくさん作ればいいというわけではなく、たった一人でもいいから、間違いない信頼関係を築く事の方が重要だという事になります。

あなたにもし親友がいなくて、欲しいとおもっているのであれば、まずはたった一人でも心の底から信頼できるような友達を作る事から初めてみてください。

そして一緒にたくさんの経験体験を過ごして、信頼関係を築けるようにしてみてくださいね。

親友と呼べる友達の5個の共通点

それでは、ここからは親友と呼べる友達の共通点をご紹介していきたいと思います。

親友と呼ぶには、どういう事を境界線にすればいいのかという事をしっかりと理解しておく事で、一種の判断基準にも出来るようになります。

もちろん、心でもうこの人は親友だなと感じる事も多いかと思いますが、明確な基準を設けるのであれば、ご紹介する内容を実践できる、感じる事が出来るという事を判断の基準にしてもらえれば幸いです。

あなたに親友がいなく、欲しいと思っているのであれば、これからご紹介する事ができるような事ができるまで信頼関係を築けるようにしておくことが大事であるといえるのではないでしょうか。

1、どんな悩みでも相談できる

親友であれば、まずはこれが大事になるのではないでしょうか。

あなたが持っているどんな悩みに関しても、相談が出来るという事が大事になってくるかと思います。

人には、たくさんの悩みを抱えていますよね。

でも、時にはその悩みが友達でも簡単には話せない場合だってありますよね。

それはまだその友達とは高い信頼関係が出来ていない場合があります。

そして、逆にどんな深刻な悩みでも話せる友達がいるという場合は、それだけその友達とは信頼関係が出来上がっているという事が挙げられます。

プライベートな悩みだったり、人には言えない悩みでも、この人なら相談できるなと思った、感じた場合はその人はあなたの中では親友であるという事になります。

また、人間は相手からすごく秘密的な内容の相談を受けた場合は、秘密を共有するという事から親密感だったり、信頼感を感じやすくなります。

自然と相談を受けた相手も、私にだけ話してくれたんだという気持ちを持ってもらえ、共有する事で信頼関係をさらに強くする事も出来るという事を覚えておきましょう。

ダメな所もさらけ出せる

一般的に、自分自身のダメな所ってあまりさらしたくないですよね。

周りからダメだなぁとか思われたり、あの人何してるんだろう?なんて思われたくないですよね。

でも、強い信頼関係を築いている場合は、ダメな部分でも恥ずかしげもなくさらけだす事ができるようになります。

あなたも、恥ずかしい事をしてしまう時、そこまで信頼関係が築けていない人の前と、信頼関係が築いている親友の前だと対応が変わってきませんか?

ダメな部分もさらけ出すことが出来て、自然と楽しい時間を過ごす事が出来る相手は、親友であり、信頼関係が出来上がっているといえるでしょう。

2、言いにくい事も言い合える

相手に対していいにくい事ってありますよね。

例えば、それが相手にとって傷つけてしまうほどちょっとひどい事だったり、あまりにもプライベートな事だったり、指摘しづらい問題だったりする可能性もありますよね。

信頼関係が築けていない友達の場合は、やはり相手から聞かれてもなかなか答えられない場合もありますよね。

ただ、信頼関係が築けている親友であれば、一般的には言いにくい事もきちんと言えることができますよね。

本当に相手の為を思うのであれば、時には偽りのない本当の事を相手に伝える必要性がある場合もあります。

親友であれば、相手の顔色を窺ったりする必要もなく、自分が思った本当の事を伝えられるはずです。

言いにくい事もきちんと言えるという場合は、相手は親友であるといっても過言ではないでしょう。

相手の事を第一に考えている

相手の事を第一に考えているか考えていないかという事が分かれ目になってくるかと思います。

相手の事を本当に思った時には、恥ずかしい事でもしっかりと指摘してあげる事が大事になります。

例えばですが、あなたの身の回りに喋っている時に歯の間にノリがはさまっていたとします。

あなたが信頼関係が築けていない、人がもしそうなっていた場合、おそらく指摘はしないでしょう。

ただ、信頼関係が築けている相手だと、何の躊躇もなしに相手に伝える事が出来ますよね。

それは、相手が恥ずかしい事だとしても、その場で言ってあげる事で、これ以上相手が恥ずかしい思いをしなくても済むような優しさでもあります。

表面上の優しさでそこで注意をしてあげないのは、今後相手が恥ずかしい思いをするのを容認してしまう事にも繋がります。

なので、しっかりと相手に指摘できるかできないかは大きな分岐点になるのではないでしょうか。

3、相手の感情に共感出来る

話をしている時や、一緒に何かをしている時に、相手の感情に対して共感できるかどうかという事が大事になってくるのではないでしょうか。

相手の感情に共感できるかできないかという事は非常に大きな分岐点になるかと思います。

例えば、相手は嬉しいと思っているのに、嬉しく感じられない、相手が悲しいと思っているのに、そう思えないなど、相手の感情に対して反発してしまっていたり、共感出来ていなかった場合は、少し信頼関係が足りていないか、相手に合っていない場合があります。

恐らく、そういった相手にはこちらもまだ親友と呼べる段階にはなっていないのではないでしょうか?
本当の意味で親友なのであれば、相手の感情にしっかりと同調できるはずです。

相手の幸せを素直に喜べる

相手の幸せを素直に喜べるかそうではないかという事が非常に大きな分岐点になるかと思います。

この相手の幸せを素直に受け入れられない、祝福できないという場合は、少し相手に対して信頼関係が足りていないか、相手の事を好きではないかのどちらかになっているかと思います。

中には、相手に対して嫉妬してしまうという事もあるかもしれません。

相手との関係が親しいものだからこそ感じる嫉妬のようなものもあるかもしれませんが、それでも心のどこかで祝福できていないとそれは少し問題がある可能性があるかといえるでしょう。

相手の幸せを祝福できるかどうかという事は非常に大事な事であり、祝福できないようでは、のちのちに何か問題になってしまう可能性もあります。

相手との信頼関係をもっと深い物にするべき可能性が生まれているかもしれませんね。

4、ものの貸し借りが出来る

相手に対して、自然とものの貸し借りが出来るという事も信頼関係が築けているかどうかという事になっています。

信頼関係が築けている場合は、しっかりと相手に対して信頼をしているので、多少大事なものでも相手に対して貸すことが出来ます。

ただ、信頼関係が築けていない場合、物が返ってこなかったらどうしようかなどを考えたりすると、自然と相手に対してものの貸し借りが出来ない場合があります。

なので、自然とものの貸し借りができるかどうかという事は、親友であるかないかという事の判断基準にもつながってくるのではないでしょうか。

その点を踏まえた上で、自分自身の親友と呼べる存在に対してそれができるかどうか考えてみてはいかがでしょうか?

信用しあえている証拠

相手に対して、多少なり大事なものでも貸しても問題ないと思えるのであれば、それは相手に対して信頼関係が出来ている証拠であり、相手に対して信頼しているからこそ貸しても問題ないと心から思っている証拠です。

信頼していない相手には大事なものなんて貸せないですし、貸したいと思えないですよね。

相手から貸してほしいと言われて、大事な物を貸せる人間は信頼している、大事な人間であるといえるでしょう。

なので、まだ相手に対して信頼関係が出来ていない人からの言葉に対しては不安がつきまといます。

信頼している人にはしっかりと返ってくるという安心感もありますし、返してと気遣わなくても言えるような関係になっているからだといえるでしょう。

5、どんなに離れても関係が変わらない

親友と呼べる存在にまで発展した場合、例え相手と離れていたりしていても、問題なく対応が変わらないという事がいえるでしょう。

例えば、あなたが友達がいたとして、ずっと何年もあっていない状況が生まれて、久々に会ったとして、普通の対応が出来ますか?
もしもここでちょっと気まずくなってしまったり、相手に対してしどろもどろになってしまった場合は信頼関係がまだ築けていない場合が多いです。

逆に、どんなに離れていても、会っていなくても、信頼関係が結べている親友という存在であれば、久々に会っても何の問題もありません。

普通に会話も出来ますし、関係がおろそかになる可能性もないでしょう。

親友まで行っていないレベルだと、疎遠になってしまった場合、連絡を取らなくなったり、相手と会う機会もそのまま消滅してしまう可能性があります。

それでも、信頼関係が結べていれば、問題なく関係を築けますので、これができるかどうかという事を考えた時に、親友であるかないかという事がわかるのではないでしょうか?

離れても心の距離は離れない

たとえどんなに離れていても、親友という存在をお互いが認識していれば、それは何の支障もありません。

心の距離は離れないですし、久々に会ったとしても、お互いが自然と受け入れられるような関係になっているかと思います。

どんなに離れていても、会っていなくても、対応が変わらないでいられる、普通のまま話せるという場合は、親友になっている場合がほとんどです。

そういった人間関係を結べるという事が非常に大事ですし、友達の最終形態になるかと思います。

ここまで信頼関係を結べるくらい、人間関係を見つめてみてはいかがでしょうか?
人生がきっとより楽しい物になるかと思いますし、濃い人生を歩めるようになるかと思いますよ。

友達と親友の違いは?

ここまでは親友と呼べる分岐点であったり、判断基準についてご紹介していきました。

それでは、具体的に友達と親友の違いについても気になるのではないでしょうか?
確かに、どこからが親友で、どこまでが友達なのかという事がどうしても気になるかと思います。

なので、一般的な判断基準として、ここからご紹介していく内容を考えてみてはいかがでしょうか?
あなたの周りの人間関係を思い浮かべて頂き、誰か親友であり、誰が友達なのかという事をご紹介する内容を踏まえて考えてみてください。

当てはまるのであれば、それを基準にして今後の人間関係のヒントとしてとらえていただければと思います。

逆にご紹介する内容を実践できる相手になると親友であるともいえるようになるので、それが出来るようにするためにどうすればいいのかと考えれば、親友を作れる方法にも繋がります。

欠点を指摘出来るか出来ないか

相手に対して欠点を指摘できるかどうかという事が大事になるのではないでしょうか。

欠点を指摘する事って非常に難しい事であるとも思います。

例えば、相手に対して欠点を指摘した時に、相手によっては傷ついてしまったり、相手は怒ってしまう事もあります。

それは信頼関係を築けていない場合が主です。

それはこちらも同様ですし、だからこそ指摘出来ない場合もありますよね。

でも、本当の意味で信頼関係を築けている場合は、本当の意味で相手を思った時には私的できるくらいの関係でいられることが大切であり、相手に躊躇なく指摘する事ができれば、それは信頼関係が築けている親友になるのではないでしょうか。

ちょっと事で関係が壊れないと信じている

信頼関係が築けていれば、ちょっとしたことでもその信頼関係は崩れません。

信頼関係という裏付けがあり、これまでの経験体験などが勝った場合には、簡単に関係は崩れないでしょう。

なので、関係が壊れてしまうという事も不安に思う事がありませんし、それだけの信頼関係があるという事になります。

相手に指摘する際に躊躇してしまうのは、信頼関係が足りていないという事にもなりますので、その点が友達と親友をわける分岐点になるのではないでしょうか。

あなたの友達や親友にこれはあてはまりますか?
もし当てはまるのであれば、これがあなたの中でのひとつの基準になっている可能性がたかいといえるでしょう。

これを参考にして友達との付き合い方を考えてみてはいかがでしょうか?

何年会えなくても接し方が変わるか変わらないか

学生であれば、そこまで住んでいる場所などが変わる事はないかと思いましが、社会人になるとどうしても転勤であったりとか、自分の目的などに応じて住む場所は変わっていきますよね。

例えば、日本の中で離れている地域に住んでいたりとか、中には海外に行ってしまったという人もいるでしょう。

距離が離れてしまうと、自然ともろい人間関係であれば、崩れていく可能性が高くなります。

ただ、それでも強い信頼関係が築けていれば、問題なく接することが出来るはずです。

例え何年会っていなくても、その会っていない間の話も楽しく会話することができるはずです。

その時間を楽しく過ごせるか、きまずくなってしまうかという事が親友と友達の分岐点になるのではないでしょうか?

一度築いた信頼関係はなかなか壊れません。

離れていても、問題なく話せるレベルまで信頼があるのであれば、それは親友だといえるのではないでしょうか。

過去・現在・未来の区別なく繋がれる

人によっては、信頼関係が築けていないとどうしても過去現在未来の区別が出来てしまいます。

信頼関係が築けていれば、自然と区別なく繋がる事ができるようになります。

もちろん不器用な人もいるので、たとえ信頼していたとしてもあっていなければしどろもどろになってしまうという人もいるかもしれません。

でも、それは最初だけで信頼関係が築けていれば、自然と数分後には以前と同じような関係にすぐに戻ることができるはずです。

なので、やはりどういった状況でも信頼関係が築けていれば、しっかりと対応が変わる事なく話せるという事を理解していただきたいと思います。

あなたには離れて、何年もあっていなくてもしゃべられる友達はいますか?
それはあなたにとって紛れもない親友であるといえるのではないでしょうか。

沈黙が苦になるかならないか

人間同士、話しているとどうしても話の切れ目に沈黙が訪れてしまいますよね。

誰しもが経験があるかと思いますが、初めて会った人と話したりとか、会話する時にはどうしても途中でこの沈黙が訪れますよね。

そうした時に、まだ信頼関係が築けていない場合は、この沈黙がけっこうきつい時がありますよね。

なので、沈黙が苦になるかならないかという事が一種の判断基準にもなるかと思います。

これが何も感じなくなった時には、もうある程度の信頼関係が築けているという事にもなるのではないでしょうか。

逆にこれが感じるうちは、まだまだ信頼関係が築けていないという事になりますので、もっと信頼関係を築く事を意識した行動が必要になるといえるのではないでしょうか。

沈黙さえも楽しめる

この訪れる沈黙に関しても楽しめるくらいに相手と信頼関係を築けている場合は、もうそれは十分な信頼関係があるといえるのではないでしょうか。

沈黙を楽しめるようになれば、ある程度は一緒にいて楽しめる関係ですし、信頼している証拠にもなります。

いちいちこの沈黙を気にしてしまう場合は、もう少し仲良くなる必要性がありますので、頑張ってください。

ただ、この沈黙を感じる場面から、感じなくなるまでの過程もひとつの楽しみになります。

これからたくさんの事を経験して、相手信頼関係を築けていけるという事を楽しみに考える事で、自然と相手と良い関係を築けるようになりますので、頑張ってみてくださいね。

迷惑を掛ける事が苦になるかならないか

相手に迷惑をかけられるかかけられないかという事も大事な判断基準になります。

相手に対して迷惑をかける事を躊躇してしまう場合は、まだ十分な信頼関係が築けていない場合があります。

それは、相手に対して遠慮をしてしまっているという事にもなります。

人によっては信頼関係をもっていたとしても、親友でも迷惑をかけられないと思っているhともいるかもしれません。

でも、迷惑をかける事で、信頼関係が生まれる場合もあります。

自然と一緒の事を共有する事で、さらに仲良くなれる場合もありますし、相手もこちらに迷惑をかけてくれます。

その続きで、自然と信頼関係も高くなっているかと思います。

素直に助けを求め応えられる

素直に相手に助けを求められるかどうかという事は大事な事になります。

例えば、相手に対して困った事があった時に相談したり、話をきいてもらったりしますよね。

実はそれだけでも信頼関係がないと出来ない事ですし、信頼関係があるからこそ相手も話をきいてくれますし、助けようとしてくれています。

ここでしっかりと対応してくれるかどうかも大事な判断基準にもなりますし、聞いてくれる人で、親身になってくれる人ほど親友です。

迷惑をかけてもいいじゃないですか。

迷惑をかけるのが怖い人は、迷惑をかけても、相手が自分に迷惑をかけてくれた時に対応してあげればそれでいいんです。

それだけで壊れる関係ではないという相手に対する信頼があれば、迷惑をかけられるようになりますので、そこから生まれる人間関係もあるという事を理解しておいてくださいね。

長時間一緒に居られるか居られないか

一緒に長い時間いられるかという事も大事な判断基準になるのではないでしょうか。

友達でも確かにある程度の時間が一緒にいられますが、親友と比べた時には、やはり親友と一緒にいられる時間の方が楽しいですし、気を使わないでいられますよね。

でも、まだ信頼関係が出来上がっていない場合は、やはり相手に気を使ってしまいますし、ちょっと疲れてしまいますよね。

気を使わない相手の場合は疲れませんし、やはり楽しいので、長い時間を共有できたとしても何の問題もないので、安心できるかと思います。

良い意味で一緒に居ると楽

良い意味で一緒に居ると楽な関係が一番良いのではないでしょうか。

信頼関係があれば、沈黙も苦ではなくなりますし、一緒にいて楽になります。

あなたも、家族と一緒にいる時間で沈黙を気にした事はないはずです。

なので、信頼関係が築ければ、一緒にいても楽になるので、長時間一緒にいても楽になりますので、この関係になれるように普段から意識されてみてはいかがでしょうか?

家族に紹介出来るか出来ないか

相手を家族に紹介できるかどうかという事が非常に大事になってくるかと思います。

へたな人を家族に紹介してしまう事って躊躇してしまいますよね。

でも、信頼関係がある人であれば、家族に紹介しても問題ありませんし、むしろ家族も嬉しいのではないでしょうか。

まだ信頼関係が成り立っていない人であれば家族に紹介してあげようとも思わないですし、思えないですよね。

なので、あなたの身近な人で、自分を家族に紹介してくれた、もしくは自分が家族に紹介した人を思い浮かべてみてください。

その人はきっとあなたにとって信頼関係が成り立っている人物ですし、大事な人になるのではないでしょうか。

あなたの家族から見ても特別な存在

特別な存在であるということは何もあなただけの目線ではありません。

家族から見ても、あなたの親友は特別な存在になります。

誰だって自分の家族の事を親友だと思ってくれている人には嬉しいですし、大事にしてあげたいと思えますよね。

それだけ特別な事ですし、大事な存在になるからです。

一緒にいてくれてありがとうとも思いますし、心から祝福できる存在ですよね。

なので、あなたが紹介した、もしくは紹介してくれた人の家族からは特別な存在で見られているという事を理解してみてくださいね。

考えている事が分かるか分からないか

相手の考えている事がしっかりと分かるか、わからないかという事が大事な分岐点になるのではないでしょうか。

ある程度の信頼関係があれば、それだけ相手と一緒にたくさんの事を共有してきた関係になります。

なので、自然と相手が普段からどう思ってるのか、相手がどういう事が好きなのか、相手がどういう事で気持ちがあがるのかという事がわかるはずです。

なので、相手がどう思っているのかを理解してあげることができている状態の場合は、親友だといえるのではないでしょうか。

一緒にいれば、結果的にそれくらいの事はわかるようになるので、信頼関係が出来上がっているという事にもなるのではないでしょうか。

分かるくらい一緒に居た証拠

相手と長い時間一緒にいれば、大抵のことはわかるようになりますよね。

逆に、長い時間一緒にいるのに相手が好きな事だったり、相手のライフスタイルなどを理解してあげられていないのはちょっとおかしいです。

嫌でもわかるようになりますし、相手が望んでいる事、どうしてほしいか、どういう事が好きで嫌いなのかという事くらいは理解してあげるのが大事です。

そうする事で、しっかりと信頼関係も結べますし、相手も一緒にいて居心地がいいと感じてくれるかと思います。

そこからさらに信頼関係も築けてくるかと思いますので、普段の生活から意識してみてはいかがでしょうか?

親友と思える・言える人が居るなら、その人と交流を深め良い親友関係を築いてみては?

最終的に実践していただきたいのは、やはり親友と呼べる存在を作っていただきたいですし、友達と呼べる存在がいるのであれば、親友と呼べるくらいにまで関係を発展させていただきたいと思います。

たくさんいる必要は必ずしもございませんが、それでも少ないよりは多いに越した事がないはずです。

どうせ信頼関係を結ぶのであれば、たくさんの人と信頼しあえる関係を持った方が良いかといえるでしょう。

普段からの接し方であったり、相手に対してどう思ってコミュニケーションを取るか、普段から意識して相手に合わせた信頼関係を結んでいく事が大事であり、そうする事で早い段階で相手との信頼関係を密に構築していくことが出来るという事を理解して行動してみてはいかがでしょうか?

普段からの行動があなたの周りの人間関係をきっと良い物に変えてくれるかと思います。

行動あるのみですので、この内容を読んですぐに実行してみてください。

きっと最速であなたの人間関係を構築していくことが出来るかと思いますよ。