人間はいつまでも同じものにこだわっていることはできません。

どんなに好きだったものでも、多くの人はある一定の期間が過ぎると飽きてしまうのです。

それは誰もが分かっていることですが、だからと言って飽きっぽいのは問題ですよね。

また、すぐに飽きてしまうために、「飽きた」と言う言葉が口癖のようになってしまっている人もいるのではないでしょうか。

この「飽きた」という言葉は、あまり良い作用を持っていません。

それでは、なぜ「飽きた」と言う言葉がいけないのでしょうか。

また、飽きてしまう理由、飽きないようになる方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

「飽きた」と口にしない方が良い理由を中心に、色々な「飽きた」について解説します。

「飽きた」と言わないほうがいい理由10個

よく「ありがとう」という言葉は魔法だといわれるでしょう。

その言葉が、言った本人も、言われ方も幸せにするからです。

ですが、「飽きた」という言葉にはそれと反対の魔法が含まれているようですね。

「飽きた」という言葉を口にしただけで、良くない影響がいくつもあるのです。

「飽きた」という言葉を口にしない方が良い理由を10個挙げます。

普段から「飽きた」と口にしてしまっている人は、自分の生活に悪い影響を与えてしまっているのかもしれません。

自分の生活を振り返ってみましょう。

①飽きてないのに飽きたかのように感じる


 言霊を信じている方も多いのではないでしょうか。

言葉にしてしまったことが本当になるという信仰です。

日本人にとって言霊は比較的自分の生活に近いものですから、あまり不用意なことは言わないようにしている人もいるかもしれませんね。

実際に言霊があるかどうかは分かりません。

中には信じていない人もいるでしょう。

ですが、「飽きた」という言葉が「実際に飽きたかのように感じさせる」言葉であることは確かです。

本当にそう思っているわけではなくても、自分の言葉が自分の耳に入ってしまうことで「ああ、私は飽きているんだ」と脳が思い込んでしまうのです。

そのため、実際には飽きていなかったとしても、続ける気力を失ってしまうのです。

飽きたかのように感じてしまうだけで、その物事に対するやる気が失われます。

自分が飽きたと感じた物事に対してエネルギーを割くのは容易ではありません。

本当に続けならなければいけないこと、終わらせなければいけない仕事に対しては、「飽きた」と口にしない方が良いのかもしれませんね。

②本当に飽きてしまう

 「飽きた」という言葉を口にするだけで、本当に飽きてしまうというのも問題です。

自分が口にしていってみた言葉は、自分の脳に対して納得させてしまうだけの威力を持っています。

つまり、飽きたと感じるようになってしまうだけではなく、本当の意味で飽きてしまうのです。

人間の飽きは、必ずしも自分が行っている作業や物事に対してのみ起こるわけではありません。

人間に対してもそうです。

そのため、例えば恋人の話題を出しているときに「あいつには飽きた」というようなことばかり言っていると、いつの間にか本当に飽きてしまうのです。

そういった面からも、あまり「飽きた」と簡単に口にするのは危険だということが分かるでしょう。

本当には飽きたいと思っているわけではないもの、本当は好きだと思っているものに対して、軽々しく「飽きた」とは口にしないようにしましょう。

③興味関心が無くなる


 「飽きた」という言葉を口にしたからと言って、そう簡単に飽きるわけではないという人もいます。

「飽きた」と口にしたから、飽きたという感情が浮かぶわけではないということです。

ですが、そういったタイプの人でも、どこかで興味関心がなくなってしまうのは確かでしょう。

「飽きた」という言葉を口にしてしまうことができるほどには、その物事に対して興味がないと脳が判断してしまうからです。

一度興味関心をなくしてしまったことに対しては、なかなかその興味が蘇ることがありません。

興味というのは自分でコントロールできるものではありませんから、興味がなくなったと思ったら、どんどんとその興味が消えていくばかりなのです。

少し興味が亡くなったと感じていることであっても、そのことに対して簡単に「飽きた」とは口にしないようにした方が良いでしょう。

④壁が乗り越えられなくなる

 何か困難な壁が立ちはだかったとき、それに乗り越えようと思える心があることは何より大切です。

もちろん、壁を乗り越えるためには、その壁の内容に応じてスキルや時間も必要であることには違いありません。

ですが、そうしたスキルを身に着けるためのエネルギーや、長い時間の忍耐力を生み出すのはやる気です。

そのやる気は、自分ではなかなか生み出すことができません。

興味や関心を持っていることにのみ発揮されるのです。

もちろん、義務感もそこに必要ではありますが、飽きてしまったことに対して壁を乗り越えようとするエネルギーは生み出されません。

「飽きた」と口にすることで興味関心が失われ、底に困難なことが生まれると、すぐに諦めてしまうような構造が出来上がるのです。

⑤最後までやり遂げられなくなる

 「飽きた」という言葉を口にすると、最後までやり遂げる意志も失われてしまうのです。

最後まで終わらなくても特に気にならないという気持ちになるためです。

そもそも「飽きる」というのは、それに対して興味を失ってどうでも良くなってしまうことを指します。

人間誰でも、どうでも良くなった物事に対してやり遂げようという意志は持たないでしょう。

「飽きた」と口に出すことは、それに対してどうでも良くなったということです。

また、人に聞かせて言うことで「これに対してはどうでも良いのです」と宣言していることになるため、「周りも、自分がやり遂げていない姿をどうも思わないだろう、だって飽きたと宣言しているから」という気持ちになります。

最後までやり遂げなければいけない仕事があるのなら、例え本当に飽きたと感じてしまっている物事であったとしても、「飽きた」と口にしないようにしましょう。

⑥いろんなものに飽きてしまう

 「飽きた」という言葉は、口癖になってしまうと問題があります。

頻繁に口にしていることで、色々なものに飽きてしまうのです。

一つの物事に執着することができず、とにかく初めてはすぐに飽きるようなことを繰り返しているのなら、頻繁に「飽きた」と口にしていることが問題かもしれませんね。

上述の通り、「飽きた」という言葉は、実際に飽きていなくても、飽きたように感じさせてしまう言葉です。

また、「飽きた」という言葉が興味関心を失わせるきっかけにもなってしまうのです。

つまり、口癖のように「飽きた」と口にしていることで、空きやすい性格になってしまうというわけです。

さらに、飽きやすい性格は「飽きた」と口にしやすい環境を作ってしまいますから、それが「飽きた」を口癖にしてしまいます。

負のループのようになっているのです。

⑦周囲にも悪影響

 「飽きた」という言葉は、あまり聞きたいものではありませんよね。

ポジティブな言葉ではありませんし、誰かの「飽きた」という言葉を聞いていると、自分まで飽きてしまっように感じるからです。

また、あまりに「飽きた」という言葉が耳に入るようだと、だんだんとウザったく感じてしまうでしょう。

「飽きた」という言葉は、周囲の気持ちを盛り下げます。

周囲も飽きたように感じてしまいますし、「そんなに嫌ならやらなければ良い」とフラストレーションが貯まってしまいます。

自分だけではなく、周りにいる人間も嫌な気持ちにさせてしまうのが「飽きた」という言葉を口にしてはいけない理由の一つなのです。

⑧ネガティブな感情になってしまう

 「飽きた」という言葉はネガティブな言葉の一つです。

飽きたという言葉に限らず、ネガティブな言葉は、ネガティブな感情を呼び起こすことになります。

誰だってネガティブな感情を持ちながら過ごすのは嫌なはずです。

最近、気分が晴れないというようなことがあれば、それは口癖のせいかもしれません。

「飽きた」という言葉が、何となく何事も続かない嫌な気分を作り出してしまうので、できる限り口にしない方が良いでしょう。

周囲の人も同様に嫌なネガティブな感情を持つことになってしまうので、だんだんと人間関係がギスギスしてしまうかもしれません。

できる限りポジティブに生きたいのなら、ネガティブな感情を呼び起こすようなことはしないようにしてくださいね。

⑨切り替えが難しくなる

 「飽きた」という言葉は、気持ちの入れ替えを難しくしてしまうという効果もあります。

「飽きてしまった」状態をしっかりと自覚している状態にあるので、自分の気持ちと折り合いをつけて仕事をするということができなくなってしまっているのです。

気持ちをすっきりと切り替えて作業することができない方は、「飽きた」という言葉を頻繁に口にしているからなのかもしれません。

「飽きた」という言葉を口にすることは、実際にその物事をしたいと思っているかだけではなく、その物事を継続する力にも悪影響を及ぼすのです。

⑩学ぼうとする姿勢を忘れる

 「飽きた」という言葉は、まるで免罪符のようではないでしょうか。

「飽きた」と口にするだけで、それに対する興味や関心を失ってしまったことが周囲に分かるため、その物事に対してのやる気を失っていてもすぐに納得されてしまいます。

また、学習しない、成長しない自分に対する言い訳にもなる点では便利ですよね。

ですが、だからこそ、「飽きた」という言葉は学ぼうとする姿勢を忘れされることになります。

学習意欲を削いでしまうのです。

飽きたと言っておけば、誰も何も言わないだろうと考えてしまうようになるのです。

これでは、何も成長することがありませんよね。

「飽きた」という言葉は、今現在の自分の状況に対する諦めでもありますし、将来を諦める言葉ともなるのです。

飽きる理由を考えてみよう

人はどうして飽きてしまうのでしょうか。

そもそも、飽きることがなくなれば「飽きた」唐湊そう簡単に言ってしまうことがなくなるはずです。

ダメだと思っているのに「飽きた」と口にしてしまう人は、自分が飽きてしまう原因、「飽きた」と口にしてしまう原因を分かっていないのかもしれません。

なぜ、言いたいわけでもないのに「飽きた」と口にしてしまうのかが分れば、それを改善することもできるでしょう。

考えられる「飽きる理由」を探してみました。

悪いことが無いことが良いことと忘れている

すぐに飽きてしまう人は、どのような瞬間に飽きたと感じるのでしょうか。

それは、やはり、慣れが生まれてきたころでしょう。

最初のうちは、うまくいかないことばかりでハラハラしてしまい、そもそも飽きるということがないです。

ですが、だんだんうまくなってくると、慣れて何もハラハラするようなスリルがなく、飽きた、つまらないと感じるようになるのです。

ですが、そういった人は、「悪いことがないのは良いことだ」ということを忘れているのでしょう。

ハラハラするような瞬間がなかった方が、人生は安定して良いものになるのです。

毎日ハラハラして問題が起こっているようでは、落ち着く暇もありません。

何もないということが良いことであるという認識は持っておいた方が良いのではないでしょうか。

若いうちは少しくらいハプニングがあった方が人生が楽しく思えるのかもしれませんが、それを当たり前のように思っていると、年を取ってから自分の生き方に後悔することもあるかもしれません。

刺激が足りてない

 すぐに飽きてしまう人は、人生の中で刺激が足りない状態になってしまっています。

もちろん、上述のように「何もないことが一番良い」という認識は持っておいた方が良いでしょう。

ですが、全く刺激がないのもつまらない話です。

すぐに「飽きた」と思ってしまう人は、ある一つの物事に対して飽きているのではなく、単調な日々に飽きているのではないでしょうか。

つまり、少しの刺激があるだけで、ほかの大部分も楽しめるようになるということです。

全く何の刺激もなく、毎日同じように生きている人は、全てが楽しくなくなってしまい「飽きた」と口にしやすい状態になってしまうのかもしれません。

自分がつまらない人間だから

 「飽きた」という言葉が口癖になってしまうほどに毎日がつまらない人は、きつい言い方にはなりますが、それは自分自身がつまらない人間だからということはないでしょうか。

本当に楽しい人間というのは、毎日を楽しくする才能を持っていますし、自分のしている作業を楽しいと思えるように人生を自分自身で彩っています。

つまらない人間は、そういった人生の中での工夫をしようとせずに、すぐにつまらないと感じて「飽きた」という言葉を口にするのです。

改善しようとしてない

何かダメなことがあったときに、改善しようとしない人も、すぐに「飽きた」と口にする傾向があります。

作業や物事を行うときに、自分が躓いている部分を直そうとしないので、いつまでも改善することがなく、次に進めない状態になるのです。

それが原因で「飽き」が訪れます。

本当に作業を楽しんですることができる人は、きちんと自分のダメなとこを見つけて直すことができるので、どんどんスキルアップします。

そのため、「飽きた」と感じることなく継続して行うことができます。

すぐに飽きてしまう人は、そういったところが原因なのではないでしょうか。

元々浮気性だから

元々の性格が浮気性であるということも挙げられるでしょう。

少しやって満足してしまう人もいますし、そうした人は狭く深く物事を行っていくよりも、浅く広くを好むのです。

この場合には、完全に人の性格の問題なので、「飽きた」とすぐに感じてしまうのは改善のしようがないかもしれませんね。

ですが、そういった人でも、楽しいと感じることはなかなかやめようとしませんから、やはり、つまらない作業を面白いと感じるように工夫することが大切なのかもしれません。

すぐに飽きてしまう、他のものに目移りしてしまうのは仕方ないとしても、少しの工夫次第で「飽きた」と感じる頻度を少なくすることもできるはずです。

飽きたを改善させる方法

飽きたという気持ちを改善させるためにはどのようなことをすれば良いでしょうか。

人の性質は異なっており、一つのことを長く楽しむ人もいれば、すぐに飽きてしまうような人もいます。

ある程度の年月が経つと、熱中していたはずの熱が冷めてしまうのは、誰もが同じです。

ですが、あまりにも短い期間で飽きてしまうのは問題がありますよね。

まして、それを口癖のように「飽きた」と言ってしまっていると、上述のように様々なネガティブな効果が出てしまいます。

それでは、「飽きた」という言葉をすぐに言ってしまう人は、何を変えれば良いのでしょうか。

新しいことを每日やってみる

「飽きた」という言葉を口にしないようにするためには、新しいことに必ず挑戦してみる日課を作れば良いのではないでしょうか。

毎日違うことを行っていれば、そう簡単に飽きることがありません。

新しいことというのは新鮮で、飽きたという感情からは一番遠く離れた場所にあるからです。

新しいことに毎日挑戦するという目標そのものに飽きてしまうこともあるかもしれませんが、少なくとも、しばらくは「飽きた」という言葉から離れていられるでしょう。

いつもと違うことをしてみる

毎日新しいことを見つけるのが難しいという方は、いつもと違うことをしてみるのも良いのではないでしょうか。

いつも同じ場所で勉強をしているのなら、ちょっと場所を変えてみるのも良いかもしれません。

毎日同じ沿線で帰宅しているのなら、少しルートを変えてみるのも面白いかもしれませんね。

または、毎日食べているものを少し変えてみても良いでしょう。

何でも良いので、日常の中で少しいつもとは違うことをしてみると、「飽きた」という気持ちからは逃れることができるのではないでしょうか。

話し相手を見つける

毎日の中で「飽きた」と感じることが多いのなら、話し相手を見つけるようにして見てください。

一人でしていても楽しくないことが、誰かと話し合ってするのなら楽しく感じるかもしれません。

誰かと一緒にやっていれば、そう簡単にやめることもできませんし、何か新鮮な情報を手に入れることもできるでしょう。

一人では飽きてしまって継続するのが難しいという方におすすめの方法です。

話し相手は家族でも誰でも構いません。

ただ、同じ作業や趣味の人を見つけると良いでしょう。

最近ではネットで簡単に仲間を見つけることもできます。

チャットなどの交流が怖いという方はブログを立ち上げてみるのも良いでしょう。

Twitterは匿名性が高いので、ネット初心者の人でも楽しんでみることができるのではないでしょうか。

現実的に向かい合って話をすることができる相手以外でも、意外と「飽きた」と感じることなく継続できるようになりますよ。

その日の出来事や日記をつけてみる

どうしても何かに飽きてしまって継続できないという方は、その日の出来事や日記をつけて見るのも良いかもしれません。

毎日続けなければいけないので、何かをしなければ日揮は吐けることができないでしょう。

そのため、少しでも作業を進めようという気になれるはずです。

最も、この方法は、どちらかというとマメな人に向いているのではないでしょうか。

ずぼらな人は、日記をつけること自体を忘れてしまうので、あまり役に立たないかもしれません。

また、日記をつけるということ自体が飽きてしまう人もいるので、それは問題がありますね。

ですが、自分に合っていると感じられた方は、ぜひ、この方法で毎日襲ってくる「飽きた」という感情を追い払うようにしてください。

「飽きた」を口にした回数を数える

どうしても「飽きた」という言葉を口にしてしまう人は、「飽きた」という言葉を口にするたびに、紙にメモをしてみると良いかもしれません。

毎日、どれだけ自分が「飽きた」問言葉を口にしているのかが分かれば、やめようという気持ちが強くなるでしょう。

どんなことをしても「飽きる」のではなく「飽きた」と口にすることが日課になってしまっている人におすすめの方法です。

「飽きた」が口癖になってない?

「飽きた」という言葉が口癖になっている方もいるのではないでしょうか。

実際に飽きてしまったのではなく、「飽きた」という言葉を口にすることが癖になってしまっているのです。

こうした人は、ある物事を継続的に行っていることに疲れた状態の時に「飽きた」と言ってしまいます。

「疲れた」「ちょっと休みたい」というときでも「飽きた」という言葉をつい簡単に口にしてしまうのです。

確かに、「疲れた」という言葉であっても、ネガティブな意味を持つことには違いありません。

疲れたという言葉によって疲れを自覚することになりますし、ちょっと休みたいというと、休みが欲しくてたまらなくなります。

ですが、それでも、少しの休憩の後にやる気は再び生まれてくるでしょう。

ただ、「飽きた」という言葉はまた違ってきます。

少し休憩すると、再びやる気が生まれてくるような言葉ではありません。

今現在の身体の状況を訴えるネガティブな言葉とは違って、作業そのものに嫌気がさしている状態の言葉を口にしてしまうと、本当にその作業が嫌になってしまいます。

休憩をとってみたところで、「飽きた」という状態に変わりがあるわけではありません。

そのため、「飽きた」が口癖になってしまっている人は、どんどんとその作業が嫌になって、最後には「飽きっぽい」といわれるようになるのです。

「飽きた」状態ってどういう時?

これまで「飽きた」という言葉の悪影響などについて見てきましたが、それでは、そもそも「飽きた」という状態はどのような時に怒るのでしょうか。

口癖になっているわけではなくても、つい「飽きた」と口にしてしまうような状況もあるでしょう。

人間はどのような時に「飽きた」と感じて、それを思わず口にしてしまうのでしょうか。

「飽きた」状態になってしまうときについて見てみることにしましょう。

夢中になってたものができなくなった

夢中になっていたものが、いつの間にかその熱を失っていることを、一般的に「飽きた」と表現します。

それまでは、他の何も見えなくなってしまうほどに熱中していたはずなのに、急に目が覚めて、その物事にねっちゅできなくなってしまう状態のことです。

それは、誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。

子どものころに夢中だったキャラクターが、今では特に熱中するべきものではなくなってしまったというのがそうです。

得るものがなくなってしまった

今まで行っていたものが得るものが何もなくなってしまったとき、人は基本的にそれに対してのやる気や熱を失ってしまいます。

それが「飽きた」状態だといえます。

そもそも、その物事に対して熱中しているときには、何かを得ている状態になります。

それが楽しみであっても、日常の中で利益になるものであっても、何でも構いません。

自分にとって良いと思うものを得ている状態なら、飽きることがないのです。

ですが、急に、それをやっていたことで得られる利益がなくなってしまうのなら、その物事に対してはすぐに「飽きて」しまうでしょう。

急に熱が冷めえしまっているのなら、それは飽きているからだということです。

虚無感

例えば、それが利益になるものではなくても、楽しいと感じているのなら続けていることができるでしょう。

楽しいという気持ちそのものが、自分にとっての利益だからです。

ですが、それが得られなくなってしまった、もしくは、楽しいと感じられなくなったことは飽きへと直結します。

端的に言えば、それをしていて虚無感が感じられるようになると、それは、飽きているということになるでしょう。

さらに言えば「楽しいには楽しいけれど、これをやっていて何になるのだろう」と思ってしまうと、それを続けることには虚無感しか感じません。

それが「飽きた」という言葉を生み出すことになります。

【虚無感については、こちらの記事もチェック!】

感心がなくなった

飽きたということは、それに対しての興味や関心を失ってしまった状態のことを言うでしょう。

興味がなくなると、それに対しては全く関心もなくなってしまいます。

それまでは熱中して情報を仕入れようとしていたのに、全く意識にさえ上らなくなってしまったものが、誰にでも一つくらいはあるでしょう。

それが「飽き」です。

以前に夢中になっていた何かを思い浮かべ、例えばそれについて人に聞かれたときには「飽きた」という言葉で説明しなければいけません。

積極的にやらなくなってしまった

積極的にやめたいと思ったときだけではなく、「積極的にそれをやらなくなってしまった」ときも、それに飽きてしまっている状態だといえます。

例えば、人に「どうして最近はあまりしないの」と聞かれたら、それに対しては「飽きた」と答える人が多いのではないでしょうか。

必ずしも、それに対する悪感情が生まれているわけではなく、ただ、それに対しての熱を失ってしまっているときにも飽きたという言葉が使われるのです。

これはもちろん、本人比であって、例えばあるスポーツを週に5回行っている人が、一週間に1回しか行わなくなってしまったときにも「飽きた」という言葉が使われるでしょう。

その「週に1回」という頻度が、一般人よりも多い状態であったとしても、それは関係ありません。

自分の中で以前と比べて積極的に行えなくなってしまったものがあれば、それを説明するために「飽きた」という言葉が使われるのです。

飽きたが口癖にならないように気をつけよう(まとめ)

いかがでしたか?

「飽きた」という言葉は、色々な物事に悪影響を与えます。

「飽きた」と口にするたびに、何か嫌な影響が及ぼされるのです。

「飽きた」が有効になるのは、辛い恋を忘れたいときだけです。

辛い恋を忘れるために「飽きた」と自分に言い聞かせて失恋から立ち直るのは良いかもしれません。

ですが、それ以外のシーンでは基本的に、飽きたという言葉がネガティブな意味をもってしますのです。

できる限り「飽きた」と言う言葉を口にしないように気を付けてください。

飽きたと思わずに生きていくことができれば、根気強く、何事も継続して物事を行うことができるようになるのではないでしょうか。

また、何かを必ずしなければいけない時には、少しでも自分のエネルギーが続くように、「飽きた」という言葉は口にしないようにしましょう。

あまりやりたくないと思っている物事に対して「飽きた」と口にしてしまうと、脳が逸れに納得してしまいます。

自分の中にある義務感ややる気まで削ぐようなことはしないようにしてくださいね。

「飽きた」と口にしたいと思ったときには「頑張ろう」と言った方が良い影響があるでしょう。