恋人と楽しい時間を過ごすことができるのも、そう長くはありません。

最初のうちは、絶対に別れることがないと思えるほどにラブラブですが、炎というものは、それほど長く燃え続けられるわけではないのです。

例えば、親の反対に合っているなどのカップルの場合には、刺激が常にある状態なので長続きするかもしれません。

ですが、普通のカップルだと「倦怠期」といわれるものに襲われる可能性が非常に高くあります。

倦怠期、いわゆるマンネリ化に陥ってしまうと、そう簡単にそこから抜け出すことはできないでしょう。

マンネリ化に陥って相手のことが好きかどうかも分からなくなってしまい、結局別れてしまうようなカップルもいます。

今、まさに倦怠期だというカップルの方は、すぐに、それを乗り越えるための方法を探してみた方が良いのではないでしょうか。

倦怠期を放っておくと、皿に酷い事態になってしまうこともあります。

マンネリ化に陥る前に何かしておく方が良いですが、なってしまっているのなら、そこから抜け出すために二人で頑張ってみましょう。

ここでは、倦怠期を乗り越えるための方法や、倦怠期とはそもそも何か、放っておくとどうなるのかなどについてご紹介します。

倦怠期に悩んでいる方も、倦怠期が来るのではないかということに悩んでいる方も、一緒に見てみることにしましょう。

倦怠期を乗り越えるための12個の方法

倦怠期を乗り越えるための劇的な方法はあまりありません。

そのカップルがどのような二人であるかということも関係していますし、倦怠期を乗り越えるために効果的な方法は、それぞれ異なるのではないでしょうか。

倦怠期を乗り越えるために一番大切なのは、二人とも乗り越えようと努力することです。

どちらか一方だけが努力している状態では、本当の意味で倦怠期を乗り越えることはできないでしょう。

二人とも、倦怠期について同じ認識を持っており、それを乗り越えようという意識があるのなら、以下に挙げるような方法を試してみると良いのではないでしょうか。

1. 自分磨きを始める

自分磨きをしてみるのも良いかもしれません。

相手の注意が向いていない時にこそ、自分のことを磨いてみるのです。

相手の注意が戻ってきたときには綺麗になっているという方法でも良いですし、変わったところを見せて注意を戻してもらうという方法でも良いかもしれません。

もっと自分を磨いてレベルを上げることで、惚れ直してもらうということもできますよね。

2. 家の中を思い切り模様替えする

家の中を思い切り模様替えするというのも楽しいですね。

特に、同棲しているカップルの場合には有効な手段だといえるのではないでしょうか。

家の中の雰囲気が変わると、そこに流れている空気も変わります。

倦怠期でどこかダレていた空気が、模様替えによってすっきり入れ替えることができれば、少しは持ち直すことができるかもしれません。

また、二人で模様替えをすることで、共同作業をすることもできるので、それが会話の糸口になりますね。

3. 女性は料理に磨きをかける

男を捕まえるためには胃袋を捕まえるとも言いますよね。

すでに付き合っているカップルでも、これは有効です。

普段とは違うものを出して見たり、料理が苦手な人は頑張っているところを見せることで、相手が少し見直してくれるかもしれません。

また、食事は二人で楽しむことができるものなので、話題が増えて良いでしょう。

倦怠期の彼氏の心を取り戻すのも、胃袋を使うと簡単です。

4. 一度互いに距離を置いて過ごしてみる

荒療治で治したいという方は、一度お互いに距離を置いてみることがおすすめですね。

お互いに距離を置いてみることで、お互いが大事だということを再確認するのです。

ですが、この方法には危険なところもあります。

もしかすると、距離を置いている間に、愛さえも失ってしまうことがあるというところです。

また、自然消滅してしまう可能性もあるでしょう。

もし、距離を置いて相手との関係を確認するのなら、きちんと期間は区切ってあげるようにしてください。

また、完全な断絶状態にならないようにルールを二人で作ることも大切でしょう。

5. 二人で一緒に新しいことを始めてみる

倦怠期に陥ってしまっている状態なら、二人で一緒に新しいことを始めてみるのも一つの方法です。

二人で一緒になので、二人とも新しいことに対してドキドキしているような状態でしょう。

分からないところも同じですから、協力して物事を進めることもできるようになります。

また、不安な気持ちも楽しい気持ちも一から共有することができるのが良いところです。

ポイントは、どちらかがもう既にスキルを獲得していることをするのではなく、どちらも新しく始めるということです。

お互いに初心者であれば、それに関する気持ちを巨有することができ、それによって最初のころのキラキラ感を取り戻すことができるようになるのです。

6. 相手の良いところを口に出して褒める

 お互いへの気持ちが分からなくなってきてしまっているのも倦怠期の特徴だといえるでしょう。

倦怠期には、お互いが好きであるかどうかも分からなくなってしまうのです。

そのため、相手から褒められるということが有効な手段となることもあるでしょう。

しっかりと良いところを口に出してほめることで「まだ好きでいてくれているんだな」ということが相手にも伝わります。

また、相手の良いところを探そうとして相手のことをしっかりと見るので、相手への熱い気持ちを取り戻すこともできるようになりますよ。

7. 少し長い旅行に一緒に行く

倦怠期は少し違うことをしてみることで乗り越えることができるものです。

少し長めの旅行に行ってみることで、お互いの気分を変えることもできるのではないでしょうか。

また、二人きりであるからこそ、ゆっくりとお互いの気持ちを話すような時間を取ることもできますよね。

二人で同じ時間を共有して、同じ気持ちを共有していくうちに、いつの間にか付き合い始めのころのような雰囲気に戻ることもできるのではないでしょうか。

旅先でお互いの気持ちを確認するのも楽しくて良いものです。

8. 自分の気持ちをちゃんと口に出して言う

倦怠期のカップルは、相手のことを知り尽くしているからこそ、自分の気持ちは言わなくても伝わっていると考えがちです。

ですが、それは間違いです。

自分の気持ちはちゃんと口に出して言うことが大切なのです。

意外と口にしてみると、相手の気持ちが分かっていなかったことに気づくかもしれません。

そうしてお互いの気持ちを再確認することが、倦怠期を乗り越えるきっかけとなります。

9. 小さなことでもきちんと感謝の言葉を言う

倦怠期のカップルは、相手に対する感謝の気持ちを忘れてしまっていることが良くあるそうです。

相手と一緒にいることが当たり前になっているからこそ、感謝の言葉を言うことを忘れてしまうのです。

家族に対して面と向かって感謝の言葉を述べるのが恥ずかしいように、恋人にとっても「それが当たり前」になってしまい、わざわざ普段から感謝しなくても良いと思ってしまうのです。

ですが、これでは、お互いに対する気持ちが減って行ってしまうでしょう。

倦怠期を乗り越えるためには、小さなことでも相手に感謝することから始めてみてください。

10. じっくり話し合う

倦怠期を乗り越えるためには、まずはじっくり話し合うことも大切です。

自分が思っていること、相手がどうしたいと思っているかなどを、しっかりとすり合わせてみましょう。

倦怠期のカップルでは会話がなくなってしまっている可能性もあるので、話し合いの中で、自分がどう思っているのか、どうしたいのかは相手に伝えるようにしてください。

その上で、倦怠期を乗り越えるためにどのようなことができるのかを二人で考えてみましょう。

どちらか一人が努力するような状態になってしまっているのは、関係性がいびつになってしまう可能性が高いので避けた方が良いでしょう。

倦怠期は大事なステップ

倦怠期は絶対に嫌だと思うカップルの方もいるでしょう。

特に、付き合って幸せな時間を過ごしている恋人たちなら、絶対に思うはずです。

また、自分たちには倦怠期は来ないと信じ切っているかもしれません。

ですが、倦怠期は誰にでも訪れるものです。

常に何かの刺激があるカップルとは異なり、一般的なカップルにとっては倦怠期はとても身近なものです。

ですが、倦怠期とは必ずしも悪いものではありません。

倦怠期があるからこそということもありますし、倦怠期があることで、お互いに次のステップに進むことができるという特徴もあります。

嫌だと思われがちな倦怠期に陥ってしまう原因や、倦怠期を放っておくとどうなるのかといったことまで、倦怠期についてもう少し詳しく見てみることにしましょう。

倦怠期とは?

倦怠期とは、付き合った初期のころのキラキラした気持ちを忘れて、いつの間にか相手との関係が面倒くさくなっていることを言います。

マンネリ化という表現をされることもあります。

最初の「何をやっていても楽しい」気持ちから「何をやっていてもいつも同じ」というテンションの下がった気持ちになってしまったのなら、それは倦怠期に陥っていると考えると良いのではないでしょうか。

倦怠期に陥ってしまったカップルの場合には、相手のことを考えたくないと思いますが、それは嫌っているという意味ではありません。

「嫌いになったの?」と聞かれたのなら、そのときには「嫌いになったわけではないのだけど」と歯切れ悪くこたえられるのではないでしょうか。

ですが、「まだ好きなのか」と聞かれても「うーん、たぶん?」と歯切れが悪いはずです。

倦怠期に陥ってしまうと、相手との関係性も分からなくなりますし、自分がどう思っているのかも曖昧になってしまうのではないでしょうか。

どれくらいで倦怠期が訪れるの?

お付き合いを始めた最初のころの楽しい気持ちが続くのは三か月と言われています。

つまり、三か月を超えてお付き合いが続いていると、倦怠期が訪れることがあるということです。

半年くらいになってくると、もう既に倦怠期となって要るカップルもいるのではないでしょうか。

最も、これははっきりとした数字で分かるわけではありません。

そのカップルがどのような付き合い方をしているかによってマンネリ化が訪れてくる速さは違うのです。

例えば、毎日会っているようなカップルなら、マンネリ化はすぐに訪れてくるでしょう。

同棲しているカップルでもマンネリ化に陥りやすいといわれています。

逆に、なかなか会えないカップルや、親に反対されているなどの障害があるカップルは、倦怠期にはなりにくいといわれています。

倦怠期が訪れる原因とは

倦怠期が訪れる原因にはそもそも、どのようなものがあるのでしょうか。

倦怠期にはなりたくないと思っていながらも、倦怠期を避けられないカップルはたくさんいます。

どうして倦怠期を避けることができずに倦怠期になってしまうのでしょうか。

倦怠期の原因となりえるものを見てみることにしましょう。

1. お互いのことが大体分かってしまった

付き合って最初のころは、相手のことを何も分かっていない状況にあるのではないでしょうか。

幼馴染や親友と付き合い始めたのならそんなことはないかもしれませんが、「相手のスペシャリスト」になるのは、通常は付き合い始めてからしばらくしてのことです。

「恋人にとってのスペシャリスト」となることは、楽しいことかもしれません。

相手のことを知ろうすればするほど、相手のことが好きになっていくはずです。

ですが、どこかで限界が訪れます。

相手のことを大体分かってしまったとき、それまでの楽しさを失って倦怠期になってしまうのです。

2. 互いに新しい発見をすることが無くなった

お互いに新しい発見をすることが亡くなったというカップルもマンネリ化に陥ってしまいます。