LINEは便利なので使っている人も多いでしょう。

コミュニケーションツールとしてはとても優秀なLINEですが、トラブルの種になることもしばしば…。

その一つが「未読スルー」

LINEは相手がメッセージを確認すると自分のスマホに既読のサインが現れ、相手がメッセージを確認したことがわかります。

未読スルーとはメッセージを送ったのにいつまでもその既読がつかないままになっている状態のこと。

送った方は随分前に送ったのにどうしていつまでもメッセージを確認してくれないんだろう…と不安になります。

中には「なんですぐ読んで返事を返してくれないの?」と苛立つ人も…。

どうして未読スルーされてしまうのか…。

そんな未読スルーの気になる理由や対処法について考えていきましょう。

どうしても気になる未読スルー

LINEって便利だけどいつまでもメッセージが未読のままだと、ついつい気になってしまいますよね。

特に気になる相手に送ったメッセージがいつまでも未読のままで何時間も経つと「シカトされてるのかな?」「なんで返事してくれないんだろう…」「待ってるのに何やってるのかなぁ」と胸の中はモヤモヤで一杯になりますよね。

時には腹立たしくなることもありますし、悲しくなったりもします。

メッセージに既読がつかないだけで心がこんなにも乱されてしまうんですね。

未読スルーの理由とは?

どうしてもつい気になってしまう未読スルーですが、必ずなんらかの理由があるはず。

その気になる理由にはどんなものがあるのでしょうか?

実は深刻だったり、そうでなかったり、理由は様々なんです。

中には「え?こんな理由で?」と拍子抜けしてしまうような理由もあります。

早速考えられる理由をみていきましょう。

逆に未読スルー経験者はあるあるを感じてもらえるかもしれませんね。

忙しい

単に忙しくて見れない場合があります。

平日の日中はもちろんの事、バイトや仕事の残業などで遅い時間まで職場にいる場合だってあります。

学生さんなら塾や予備校の可能性だってありますよね。

そんな場合はいつでもスマホをチェックできる状態でない場合があります。

仕事やバイト中は携帯使用禁止でロッカーに入れている、とか、塾や予備校の授業中は電源を切るように決められているとか、理由は様々。

それだけなく、たまたま用事が重なってLINEをチェックする暇がない場合もあります。

当然、相手が自分と同じ生活リズムというわけではないので、たまたま忙しい時にメッセージを送ってしまった場合は未読スルーされても仕方ありませんね。

それにLINEはメッセージのやり取りが始まってしまうと意外に長時間、やり取りが続く場合も多く、まとまった時間が必要になる場合もあります。

今は手が空いているけど、このあとすぐに用事がある。

そんな場合でも、ゆっくりやり取りすることが出来ないから、と、ひとまず未読のままにしておく場合もありますね。

面倒臭い

特に男性に多いのですが、面倒臭いという理由で未読スルーする場合も…。

LINEは読むと既読が表示されるため、チェックしたら直ぐに返事をしなくちゃ、という気になる人が多いようです。

ですから返事を返すのが面倒なので既読をつけないために未読のままにしておく、という人もます。

特に男性の場合、女性が送ってくるメッセージに対してなんと返して良いのかわからない、という人が多いようです。

例えば「今、友達とランチ行ってます!」「良いもの見つけました」とか近況報告のようなLINEや意味のないスタンプなどは特に、どう返事して良いのかわからないから困る、という男性の声をよく聞きます。

逆に「何してるの?」とか「今からどこに行くの?」とか答えやすい質問なら割とすぐ返す、という人もいるようです。

女性同士なら盛り上がりそうな内容のLINEでも、男性にはよくわからなくて面倒と思われていることもよくあるのです。

もう一つ、相手がLINEの返信を面倒に感じる原因として考えられることがあります。

過去に相手に対して既読スルーをされて怒ったことはありませんか?もしあるならそれが原因かもしれません。

すぐに返事できなければ文句を言われることがわかっているので、それを面倒に感じてわざと未読のままにしておくこともあります。

サバサバしてる

未読スルーするのは性格の問題の場合もあります。

何に対してもあまり細かく考えないサバサバした人は特に深い考えがなく未読スルーしている可能性もあります。

LINEの通知音が鳴ったら誰からだろう?と気になってLINEを立ち上げる人が多いと思いますが、サバサバした人は後で良いや。

と直ぐにはチェックせず、しかもそのまま忘れてしまって放置…。

ということも起こりうることです。

こういったサバサバした人は重要なことや緊急なことなら電話してくるだろうし、大丈夫だろう、くらいな考えを持っています。

ですから、全く悪気などありません。

未読スルーした人の性格を思い出してサバサバしている人だったら、その可能性が大きいと思います。

どうしても返事が欲しい場合は電話の方が良いかも。

興味がない

例えば合コンで知り合った相手にその場のノリでIDを教えてしまったけど、はっきり言って興味がなかった、という場合。

こんな場合でもその意思表示のためにわざと未読スルーすることもあります。

もしかするとIDが本名と違っている場合は「誰だっけ?」と思っている可能性すらありますね。

特に好き嫌いがはっきりしている女性の場合は既読をつけるとやり取りが始まってしまうので、興味がない人と話すのは面倒、と感じている場合は未読のままでやり過ごすのが常套です。

送ったメッセージが全て未読スルーされ続けているなら、もしかするとブロックされている可能性もあります。

LINEには自分がやり取りをしたくないと思っている相手に対してブロックという機能を使うことができます。

ブロックの機能を使うと、相手からのメッセージも受け取れませんし、ブロックした相手にメッセージを送ることも出来なくなります。

これまでのトークは残りますが、今後は一切、やり取りが不可能になるわけです。

ブロックされた側はブロックされたと通知などきませんので、自分がブロックされたかどうかを知ることは出来ませんが、いくらメッセージを送っても既読にならない、未読スルーされ続けるという状態が続きますから、疑念は抱くかもしれません。

ただ確証はない状態です。

出会ってばかりの相手から何週間も未読スルーされている状態なら、そろそろ諦めた方がいいかもしれませんね。

恋の駆け引き

逆に恋の駆け引きとして未読スルーや既読スルーを使う場合もあります。

最近はデートの約束やなんと告白までLINEを使う人もいるようですね。

直接なら表情を読んだり、電話なら声音で相手の気持ちを察してみたりなんとなくできるものですが、LINEはそうはいきません。

ですから未読スルーや既読スルーを上手に使って恋の駆け引きを楽しむ人もいます。

例えば、デートの誘いや告白をLINEでした場合、既読スルーされたら「読んでるはずなのに返事がないのは遠回しに断られているのかも」ときっと落ち着きませんよね。

または今までは即、既読で返事をくれたのに急に未読スルーされたら「どうしたんだろう?」「シカトされてるのかな?」とこちらもまた、落ち着きません。

この駆け引きは特に男性相手には効果的です。

なぜなら男性は手に入れるのが難しいものを追いたくなる傾向があるからです。

最近までは手に入りそうだったのに急に離れていったと男性側が感じればこちらのもの。

つまり押してダメなら引いてみる。

それをLINEを使って実践しているわけですね。

今までちゃんと返事をくれていたのに急に未読スルーされたら、恋の駆け引きをされている可能性もあるということです。

怒っている

実は気付かずに相手に嫌な思いをさせていた、ということはないでしょうか?なんらかの理由で相手が怒っていたら、もちろん未読スルーされても仕方ありません。

何か心当たりがないか考えてみて、もしあればすぐに謝ることです。

興味がないから未読スルーする、怒っているから未読スルーする。

といったように未読スルーで自分の意思表示をする人もいるのです。

やりとりが終わったと思っている

LINEのポップアップは設定によってメッセージの最初の部分を読むことができますよね。

短い文なら全文読めてしまうこともあります。

ですから、「了解」とか「ありがとう」など区切りの良い短文を送った場合は、ポップアップだけで確認し、やり取りが終わりだ、と判断した可能性もあります。

余程まだまだ話したいと思っていれば別ですが、用件さえ済めば良いと思っているならこれ以上会話の必要もありませんから、わざわざLINEを立ち上げる必要もないでしょう。

もし相手が気になる相手だったとしたら、特に要件以外の会話の必要性を感じていないということでもありますから、残念ながら少し脈は弱いかもしれませんね。

未読スルーされたときの対処法!

色々な理由がわかりましたが、どう思いましたか?

「これはキツイなー」という理由から「なんだ、そんなことか」という理由まで色々ありましたよね。

次は未読スルーされた時はどうしたら良いのか。

その対処法を考えてみましょう。

気にしない

一番は気にしないことです。

先述の通り未読スルーの理由として考えられることは沢山あります。

しかし、どれが相手に当てはまるのかは相手にしかわからないこと。

だったらもう、気にしても仕方ないと思いませんか?

答えのないことをいつまでも考えて悩んでいるのは時間の無駄です。

未読スルーは気にせず、こちらも放置しておきましょう。

親しい友人だったら勇気を出して、会った時に「LINE送ってるから後で確認しておいて」と声をかけても良いでしょう。

メンタルを強く持つ

未読スルーはされた側は気持ちが落ち着かず、不安になることもあります。

いくら忙しいだけ、と思ってもやはりシカトされたのかな?という不安は常につきまとうものです。

ですがあまり後ろ向きに考えずにいることです。

LINEを送ったのに中々既読がつかなくても「今忙しいのかもな」位に思っておきましょう。

色々と考えすぎると落ち込んで、更に良くない考えばかりが浮かぶものです。

その内、相手に対して不信感を持ってしまったり、イメージが変わってしまったりして今後の付き合いに影響も出るかもしれませんよ。

返事を待つ

いつまでも未読のままでもとりあえず返事を待ってみましょう。

もしかすると通知がきた時、ポップアップでメッセージの一部を読んでそのまま読んだ気になっている可能性もありますから、単に忘れてしまっているだけの場合だってあります。

余程急ぎの要件でなければ、おとなしく返事を待ってみましょう。

一週間経っても音沙汰がなければ、一度電話や実際に会った時などに確認してみるのもいいでしょう。

必要な事務連絡をする

詳細は後述しますが、LINEを未読スルーされた時にやってはいけない行為の中の一つに追撃LINEがあります。

既読がつかないからといって「LINE送ったんだけど」とか「LINE見た?」などのLINEを次々送るのは良くありません。

しかし、もしかすると通知音に気付かなかっただけで、今のタイミングでもう一度メッセージを送ることで、今度は通知音に気付いてメッセージを確認するかもしれませんよね。

そう思うともう一度LINEを送ってみたくなるのもわかります。

そんな時は「LINE送ったんだけど」という内容ではなく、どうしても必要に駆られたから送った、というような事務的な連絡にしましょう。

そうすることで相手は未読について追求されているように感じることもありませんし、事務的な内容であれば返信を返そうという気になるかもしれません。

時間を置いて短文LINEを送る

もし適当な事務連絡がないけど、どうしてももう一度LINEを送ってみたいという場合はどうすれば良いでしょうか?

その場合は待てる限界まで待った後に、短文のLINEを送ってみましょう。

「忙しい?ちゃんと休めてる?」など相手を気遣うような内容だと良いのではないでしょうか。

意図的な未読スルーか調べる

送ったLINEに中々既読がつかない場合、一番気になるのはこの未読スルーが意図的であるのかそうでないのか。

そこだと思います。

意図的な未読スルーなのかそうでないのか調べる方法が三つあるので、それをご紹介します。

共通の友人に聞く

まずは共通の友人に、既読がつかないことを話し、友人の場合はどうなのかを聞いてみましょう。

最近LINEのやり取りをしていない、ということであれば、無難な内容のものを目の前で送ってみてもらうのも良いかもしれません。

もし友人の方にだけ直ぐに返信が来れば、これは意図的にあなたのLINEだけ読まず、避けられていると思ってほぼ間違いないのかもしれませんね。

グループLINEの既読を確認

グループLINEを使って確認することもできます。

LINEを立ち上げると未読がある場合は必ず何件の未読があるのか数字の書かれた赤丸のマークが出てきますよね。

グループLINEを立ち上げた時にも、未読がある場合は必ずその数字が表示されるはずです。

つまり、LINEを触っていればほぼ、未読に気付くはずなのです。

未読スルーで考えられる原因の一つにはスマホに触れない状態などでメッセージが届いていることを確認できていない。

という場合がありましたね。

もしグループLINEの方で誰一人欠ける事なく既読がついたら、それは相手がLINEを立ち上げているという事。

その上であなたのLINEだけに既読がつかないのは、意図的にあなたのLINEメッセージだけ確認していないか、もしくはブロックされていて届いている事すらわからない状態にあるか、のどちらかの可能性が高いと言えそうです。

SNSの更新を確認

同様にSNSが更新されているかどうかでもスマホを使える状態であるかどうかの目安にする事ができますよね。

twitter、Instagram、Facebook…どれも同時にアカウントを所持している人が多いと思います。

そして更新の際にスマホを使って更新している人がほとんどでしょう。

ですから、あなたがLINEを送った後にSNSが更新されているようなら、スマホが使えない状態だからLINEに未読があることすら気付いていない、という状況は考え難いということになります。

つまり、意図的な未読スルーである可能性が高くなるというわけです。

あまりに心配な場合は電話を

LINEが何週間も未読のままスルーされていたら、それはスマホをチェックしていないということでもあります。

忙しいから忘れていた、面倒だから未読のままにする、ブロックしている、予想される理由は様々ですが、もしかすると確認したくてもできない状況にある可能性も捨て切れません。

事故や事件に巻き込まれていたり、急な体調不良で動けなくなっているかも?!

そんな心配を感じたら、まずは電話をしてみましょう。

忙しさや面倒を理由に未読スルーする人の中には「電話で良いのに…」と思っている人もいるようですから、もしかすると電話なら出てくれるかもしれません。

恋人や家族なら心配して当然

もし電話にも出ない場合、ちょっと深刻になりますね。

その場合は念のため、自分ではなく友人や家族からも電話をかけてもらうことが望ましいでしょう。

なんらかの理由で、あなたからの電話だけ取りたくない、という気持ちになっているかもしれません。

もし電話に出れば、とにかく無事なのかどうか、ということは確かめられます。

自分だけ電話に出てもらえない、メッセージを確認してもらえないことがわかったら、それはそれでまた考え、話し合いましょう。

恋人や家族なら心配して当然です。

なんらかの心配事に覚えがあるなら迷わず何度もメッセージを送ってみたり、電話をしてみても良いと思います。

事故や事件に巻き込まれた可能性もなくはない

最近は無差別に人を傷つけたり、殺めたり、といった事件も多いですよね。

ですから、明日は我が身。

いつどこでどんな事件に巻き込まれるのかわかりません。

いつまでもLINEに既読がつかないのは事故や事件に巻き込まれているせいかもしれません。

虫の知らせと言いますが、もし何か嫌な予感がするなど心の引っ掛かりがあるようなら、すぐに何らかの形で連絡をとるべきです。

本当に危なそうなら家に行く

電話しても出ない場合や、友達に頼んでLINEしてもらってもそちらにも既読がつかなかった場合は、本当に危険な目にあっている可能性も高くなります。

事件なんて自分には縁遠いことだと思っていても、実際はどんな人もいつどんな事件に巻き込まれるのかわからないのです。

恨みつらみだけが事件の原因ではありません。

特になんの恨みもなく無差別に人を危険な目に合わせたり、殺めたりする悪人もいます。

それに、急な体調の変化があったという可能性もありますね。

人気アイドルグループ「私立恵比寿中学」の松野莉奈さんが18歳という若さで突然死されたことは記憶に新しいでしょう。

致死性不整脈が原因とのことでしたが、この致死性不整脈は過度なダイエットが原因で起こることもあるそうです。

若い女性で過度のダイエットをしている人も多いのではないでしょうか?ですから、いつ起こっても不思議ではありませんよね。

他にも急性心筋梗塞、急性脳症など、特に持病を持たない若い人が突然亡くなるケースも増えているようです。

ですから、本当にどんな手段でも連絡が取れないようなら、実際に家を訪ね、無事を確認した方が良いかもしれませんね。

スマホを見ないようにする

未読スルーをされて辛いと思うなら、こちらもスマホを見ないようにしましょう。

どうしても待っているという意識が余計に重荷になってしまいます。

待っている側は待っている意識が強くなると、ドンドン悪い方に考えて落ち込んでいくか、ドンドンとイライラしてきて怒り出すかのどちらかです。

ですから、平常心を保とうと思うのなら、スマホを見ないようにするのが一番なのです。

他のことをして気を紛らわす

スマホを見ないように、と言っても、見ないことを意識すればするほど見たくなってしまうのが人というものです。

そんな時は忘れてしまうのが1番!他のことをして気を紛らわせましょう。

スポーツをするとか、友達と遊びに行くのも良いですね。

わざとスマホを置き忘れて出て行っても良いかもしれませんよ。

未読スルーされたときにやってはいけないこと

先述した通り、未読スルーされると心が乱され、不安になったり、ショックを受けたり、腹がたったり、と感情的になってしまうこともあるかもしれませんね。

未読スルーされた時、あなたはどうしますか?

「未読スルーされた時にやってはいけないこと」というのがあります。

今から紹介するやってはいけないことをしてしまうと、相手に不快感を与えてしまい、今後の付き合いにまで影響が出てきてしまうこともあります。

ついやってしまいそうな事もありますから、注意して読んで置きましょう。

怒る

「なんで未読スルーなんてするの?!」と怒りを露わにしてしまうのは最も避けたい行為です。

相手からすれば、何て勝手なやつだ、となりかねません。

相手には相手の都合があります。

忙しかったのかもしれないし、状況的に直ぐに読んで返すのは不可能だったのかもしれません。

もしかすると、ゆっくりと会話をしたいから、時間をたっぷり取れる時間に内容を確認して返事をしよう、と思っていたのかもしれませんよ。

それなのに、一方的に怒られてはある意味ショックです。

気が急いて神経が高ぶるのもわかりますが、言葉は選びましょう。

返事の催促

よくやってしまいがちですが「LINE確認したら連絡ちょうだい」「無視してるの?」など、返事の催促をするLINEをさらに送ったりしていませんか?

はっきり言ってこれをやられると、普通に時間がなくて返事ができなかった人やついうっかり確認したつもりになっていた人などはウザい!と思ってしまいます。

そもそも急ぎで返事がいるような場合以外は催促はいらないはずです。

もし何か約束事があって、その時間についての確認とか、グループで飲み会をするための人数確認で参加か不参加の確認が直ぐに必要だとか、そういった緊急でない限りは返事は必要ないのではないでしょうか?

もし返事が必要な質問であれば多少の催促は仕方ないと思いますが、何でもかんでも催促するのは考えものですね。

それに直ぐに答えが必要な質問なら電話をする方が確実です。

そんな場合、一度LINEで送っても返事がない時にはLINEで催促しないで直接電話した方が良いですね。

しつこく追撃する

簡単に送れてしまうLINEにありがちなのは追撃です。

「LINE見た?」

「忙しいの?」

「LINE確認してー」

などと言った言葉を繰り返し送るのはただの迷惑行為です。

気がつけばあなたからのLINEで画面が埋もれてるなんて事にでもなれば、相手はますますLINEをしようとも思わなくなってしまいます。

待っている方は長く感じても、待っていない方はそうでもないのです。

例えば同じ8時間でも、仕事をしている人はあっという間に過ぎてしまいます。

しかしただ待っているだけの人にとっての8時間はかなり長い時間と感じるでしょう。

仕事を終え、ようやくプライベートのスマホを立ち上げることができた人が、その追撃LINEをみたらどう思うでしょうか?おそらくどっと疲れてしまうと思います。

追撃する前に、過去のやり取りから相手がLINEを返しやすい時間帯を憶測したり、一時忘れて違うことをしてみたりして追撃したい気持ちを押さえてみましょう。

自分が送ったメッセージをいつになっても読んでもらえないのはやきもきしてつい、追撃したくなる気持ちも解りますが、感情的になってしつこく追撃すれば逆効果になるという事をしっかり頭に入れておきましょう。

謝り続ける

「忙しかったのかな?ごめんね」

「本当に、つまんなこと送っちゃってごめん」

「怒ってる?」

こんな風に立て続けに謝られるのも、相手は不快に感じます。

不用意に謝罪されると「別に責めてないし…」とこちらが悪者にされた様に感じて嫌な気になる人もいるのです。

本当に悪いと思って謝るなら一言「ごめん」だけで済むはずです。

それを何度も誤ったり、自分が悪い、という態度を取り続けられると、人というのは逆に気を遣わされたり、妙な罪悪感を持たされたりしてしまいます。

本当に相手のことを考えて謝ろうと思うのなら、謝り続けるのではなく、一言だけ「忙しかったのかな、ごめんね。

また折を見て連絡します」くらいで済ませておきましょう。

ネガティヴ発言

「謝り続ける」に並んで送られる側がウンザリするのは「ネガティヴ発言」です。

これは女性に圧倒的に多いのではないでしょうか?

「忙しい時にLINEしたから怒らせちゃったかなぁ」

「もしかして私、嫌われちゃった?」

「私、ウザいよね?」

こんなネガティヴで被害者ぶったLINEが送られてきたら、どう思うでしょうか?

相当面倒臭い!と思うのではないでしょうか?

これならまだ怒られた方がまし!という人もいます。

ここで「そんなことはないけど…」と返しても「じゃあ何ですぐにメッセージを確認して返してくれなかったの?」と責められそうですし、「本当その通り、マジでウザい」と冷たく返してしまっても、それはそれで「ごめん。そうだよね」とますますネガティブな発言や謝罪の連続が続きそう。

そう考えるとますます既読をつけるのが嫌になるかも。

場合によってはそのままブロックされることもあるかもしれませんよ。

長文のLINE

こちらも女性に多いのですが何かある度に長い文句や言い訳、謝罪を書き連らね、その長いLINEを送りつけてくる人がいます。

未読スルーされてどんなに辛いのかなどの心情を長文で切々と綴られても相手にとっては迷惑でしかなく、その行為はただの自己満足に過ぎません。

特に相手がどんな理由で未読スルーの状態にしているかわからない状態で、延々と自分勝手に未読スルーされた辛さを語られると、理由によっては相手はますます憂鬱になり、あなたと交流を持つことすら億劫になってしまうかもしれませんよ。

もし忙しくて本当にスマホを触っている時間がなかった、と言うことであれば、相手は「意地悪した訳じゃないのに、どうしてそんな風に言われなくちゃいけないんだ」と腹立たしい気持ちになるでしょうし、あなたの事を「面倒なやつだな」と思いもするでしょう。

今後も良好な関係を続けたいと思うのならば、絶対に止めるべきです。

未読スルーの状態はブロックの一歩手前の状態の場合だってあります。

まだブロックまではいかないけど、なんとなく交流を持つのが面倒かも…と相手が既に感じているなら、ここで長文LINEしてしまうのは致命的な行為なのです。

未読スルーされても深く考えないのが1番!

さて、未読スルーされる理由やその対策について考えてみましたが、未読スルーされた時の一番良いオススメの対策としてはやはり深く考えないことです。

考えすぎるとどうしても相手を責めてしまったり、自分が悲劇のヒロインのような感覚になってしまい、度がすぎる謝罪をしたり、手紙のような長文LINEを送る羽目になります。

どれも相手に「面倒、ウザい」と思わせてしまう要因になることばかり。

未読スルーされたら「忙しいのかな、じゃあ仕方ないか」くらいの軽い気持ちでいた方が良いでしょう。

特に相手が男性の場合はLINEの内容自体に問題がないか確認してみましょう。

SNS感覚で「今日は美味しいもの食べたよ」とか「今友だちとランチしてるよ」とか、 返答に困るような内容ではないですか?

他にも時間帯はどうでしょうか?相手が仕事中だったり、忙しい時間帯ではありませんか?

相手に疑問を持つ前に、自分の行動にまず疑問を持ってみましょう。

そして後は気長に待つだけです。

深く考えるのはやめて、読める時に読むだろう。位に思っておくのが1番ですね。

【未読無視されやすい人は、こちらの記事もチェック!】