CoCoSiA(ココシア)

シングルマザーの仕事おすすめ12選

シングルマザーの仕事おすすめ12選のイメージ写真
多くの人は妊娠や出産、子育てを理由に一度退職をして子育てをされています。

そうでなくても、妊娠・出産・育児を行っていくに当たって正社員との両立が難しく、非正規雇用に変わった人もいます。

正社員で働き続けられればそれが1番なのかもしれませんが、どうしても会社の事情もありますし、個人の事情もあります。

ですので、仮にシングルマザーになったとしても「あの時ああしていれば…。」等の後悔は不要です。

大切な事は、これからどのように生活していくかということです。

今回は、シングルマザーが仕事を選ぶ時のポイントや、シングルマザーにピッタリのお仕事について、シングルマザーが仕事選びに失敗しないためのコツをご紹介していきます。

シングルマザーでお仕事をお探しの方必見!

シングルマザーになったとき、考えるのは仕事をどうするかということです。

共働きや男性並みに稼ぐというのは難しいことなのかもしれません。

それは、ただひたすら仕事をしていればいいというわけにはいかず、同時に子供のフォローも必要だからです。

例えばですが、早朝から深夜までバリバリ働いたら男性並みに稼ぐことはできますが、子供がいる人の働き方としては適していません。

このように子供を放置するわけではいかないのです。

実家の助けがあればそれも可能かもしれませんが、子供はただでさえお父さんがいないということで不安になっています。

ですので、そのような子供の精神面のフォローはどうしてもお母さんの力が必要なのです。

そのようなことから、できれば生活できるぐらいに稼げて、なおかつ時間に融通がきいたりそこまで拘束時間が長くないお仕事が望まれます。

では、シングルマザーの方がお仕事を探すときに参考にしたい条件や、仕事内容を色々と見ていきましょう。

シングルマザーで仕事を選ぶポイント

シングルマザーの仕事を選んでいる
シングルマザーで仕事を選ぶポイントとしては、子供のこともありますので比較的時間に融通が利き、なおかつそこそこ生活できるぐらいに稼げるということが大切になってきます。

シングルマザーの方であれば、いろいろな手当がありますが、これも子育てが終わったらそのような補助もなくなってきます。

また、普通に生活するくらいでしたら、手当と少しの給与でも良いのかもしれませんが、大学に行きたいと言うような希望が出てくると、やはり非常に厳しくなってきます。

ですので、そこそこ稼げるということも条件になってきます。

それを両立させるとなると、女性が多く、シングルマザーも多く働いているような環境だと、お互いに助け合うこともできるようです。

では、具体的に選ぶポイントをご紹介します。

必要条件を明確にする

シングルマザーと一口に言っても、環境は色々とあります。

実家に頼れる場合、離婚と同時に実家に戻るという人も多いのではないのでしょうか。

経済的に苦しくて実家に帰る人もいるかもしれませんが、それと同時に仕事に専念したいから、子供のことをお願いしたいということで実家に戻る人もいます。

経済的な助けを借りるということであれば、家賃が浮きますので、子供へのフォローに時間を割くことができる環境を選ぶと良いでしょう。

例えば、子供が幼稚園や保育園、小学校に行っている間だけパートとして働き、帰宅後は子供との時間に当てることもできます。

また、おばあちゃんがどれくらい協力してくれるかにもよりますが、子育ての方を協力してくれそうなら、フルタイムで働くことも可能でしょう。

このように、働きたい時間やどのくらい稼げばいいのかなど、自分の置かれている環境によって明確にする必要があります。

また、家から職場までの距離や通勤時間なども無理のないように、自分の中でしっかりと条件を決めておきましょう。

将来につながるかどうか

シングルマザーの仕事で将来につながるかどうか考えている
お子さんが小さいうちはどうしてもパートタイム等の非正規雇用になりやすいです。

急なお子さんの体調の変化などに対応するには、正社員のような拘束時間が長い仕事にあまり向かないところがあります。

ですが、一方でお子さんは大きくなるにつれ体調を崩す事は減ってきますし、少々の熱であるが1人で留守番もできるようになってくるのかもしれません。

しかし、今度はお金がかかってきます。

そして子供が成長した後は、今度は自分が1人で生活していく必要性も出てきます。

ですので生涯ずっと働き続ける必要があるのです。

そう考えると、将来につながる仕事の方が安定した生活ができる事は言うまでもありません。

お子さんが育ったら後は気楽にと思ってしまいますが、そのあとは老後の資金を貯める必要もあるのです。

ですので、今から選ぶ仕事は、将来につながるかどうかを考えていくことも大切です。

シングルマザーを歓迎している会社を選ぶ

シングルマザーで働いていくにあたって、できればシングルマザーをあらかじめ歓迎しているような会社を選んだほうがよさそうです。

介護士などの人材不足の職場もシングルマザーを歓迎していることもありますが、特定求職者雇用開発助成金が支払われるケースもあり、それを取り入れている企業であればシングルマザーの方を積極的に採用しています。

ネット検索で、シングルマザー歓迎の企業という選択肢を入れると色々と出てきます。

そのようなところであれば、シングルマザーで仕事をすることに対しても理解が深まっているので、比較的安心して働くことができるのではないのでしょうか。

産休・育休が整っているチェックする

「シングルマザーになってしまったし、これから赤ちゃんを産むことなんてないわ。」と思うかもしれませんが、産休や育休が整っているかどうかは、どれだけ女性が働きやすいのかと言うバロメーターになります。