シングルマザーの仕事おすすめ12選のイメージ写真
多くの人は妊娠や出産、子育てを理由に一度退職をして子育てをされています。

そうでなくても、妊娠・出産・育児を行っていくに当たって正社員との両立が難しく、非正規雇用に変わった人もいます。

正社員で働き続けられればそれが1番なのかもしれませんが、どうしても会社の事情もありますし、個人の事情もあります。

ですので、仮にシングルマザーになったとしても「あの時ああしていれば…。」等の後悔は不要です。

大切な事は、これからどのように生活していくかということです。

今回は、シングルマザーが仕事を選ぶ時のポイントや、シングルマザーにピッタリのお仕事について、シングルマザーが仕事選びに失敗しないためのコツをご紹介していきます。

シングルマザーでお仕事をお探しの方必見!

シングルマザーになったとき、考えるのは仕事をどうするかということです。

共働きや男性並みに稼ぐというのは難しいことなのかもしれません。

それは、ただひたすら仕事をしていればいいというわけにはいかず、同時に子供のフォローも必要だからです。

例えばですが、早朝から深夜までバリバリ働いたら男性並みに稼ぐことはできますが、子供がいる人の働き方としては適していません。

このように子供を放置するわけではいかないのです。

実家の助けがあればそれも可能かもしれませんが、子供はただでさえお父さんがいないということで不安になっています。

ですので、そのような子供の精神面のフォローはどうしてもお母さんの力が必要なのです。

そのようなことから、できれば生活できるぐらいに稼げて、なおかつ時間に融通がきいたりそこまで拘束時間が長くないお仕事が望まれます。

では、シングルマザーの方がお仕事を探すときに参考にしたい条件や、仕事内容を色々と見ていきましょう。

シングルマザーで仕事を選ぶポイント

シングルマザーの仕事を選んでいる
シングルマザーで仕事を選ぶポイントとしては、子供のこともありますので比較的時間に融通が利き、なおかつそこそこ生活できるぐらいに稼げるということが大切になってきます。

シングルマザーの方であれば、いろいろな手当がありますが、これも子育てが終わったらそのような補助もなくなってきます。

また、普通に生活するくらいでしたら、手当と少しの給与でも良いのかもしれませんが、大学に行きたいと言うような希望が出てくると、やはり非常に厳しくなってきます。

ですので、そこそこ稼げるということも条件になってきます。

それを両立させるとなると、女性が多く、シングルマザーも多く働いているような環境だと、お互いに助け合うこともできるようです。

では、具体的に選ぶポイントをご紹介します。

必要条件を明確にする

シングルマザーと一口に言っても、環境は色々とあります。

実家に頼れる場合、離婚と同時に実家に戻るという人も多いのではないのでしょうか。

経済的に苦しくて実家に帰る人もいるかもしれませんが、それと同時に仕事に専念したいから、子供のことをお願いしたいということで実家に戻る人もいます。

経済的な助けを借りるということであれば、家賃が浮きますので、子供へのフォローに時間を割くことができる環境を選ぶと良いでしょう。

例えば、子供が幼稚園や保育園、小学校に行っている間だけパートとして働き、帰宅後は子供との時間に当てることもできます。

また、おばあちゃんがどれくらい協力してくれるかにもよりますが、子育ての方を協力してくれそうなら、フルタイムで働くことも可能でしょう。

このように、働きたい時間やどのくらい稼げばいいのかなど、自分の置かれている環境によって明確にする必要があります。

また、家から職場までの距離や通勤時間なども無理のないように、自分の中でしっかりと条件を決めておきましょう。

将来につながるかどうか

シングルマザーの仕事で将来につながるかどうか考えている
お子さんが小さいうちはどうしてもパートタイム等の非正規雇用になりやすいです。

急なお子さんの体調の変化などに対応するには、正社員のような拘束時間が長い仕事にあまり向かないところがあります。

ですが、一方でお子さんは大きくなるにつれ体調を崩す事は減ってきますし、少々の熱であるが1人で留守番もできるようになってくるのかもしれません。

しかし、今度はお金がかかってきます。

そして子供が成長した後は、今度は自分が1人で生活していく必要性も出てきます。

ですので生涯ずっと働き続ける必要があるのです。

そう考えると、将来につながる仕事の方が安定した生活ができる事は言うまでもありません。

お子さんが育ったら後は気楽にと思ってしまいますが、そのあとは老後の資金を貯める必要もあるのです。

ですので、今から選ぶ仕事は、将来につながるかどうかを考えていくことも大切です。

シングルマザーを歓迎している会社を選ぶ

シングルマザーで働いていくにあたって、できればシングルマザーをあらかじめ歓迎しているような会社を選んだほうがよさそうです。

介護士などの人材不足の職場もシングルマザーを歓迎していることもありますが、特定求職者雇用開発助成金が支払われるケースもあり、それを取り入れている企業であればシングルマザーの方を積極的に採用しています。

ネット検索で、シングルマザー歓迎の企業という選択肢を入れると色々と出てきます。

そのようなところであれば、シングルマザーで仕事をすることに対しても理解が深まっているので、比較的安心して働くことができるのではないのでしょうか。

産休・育休が整っているチェックする

「シングルマザーになってしまったし、これから赤ちゃんを産むことなんてないわ。」と思うかもしれませんが、産休や育休が整っているかどうかは、どれだけ女性が働きやすいのかと言うバロメーターになります。

そのため、産休や育休が整っているかどうかをチェックすることが大切です。

極端な例をあげれば、例えば小さな企業で1人で事務をしているようなところであれば、その人が抜けると大ダメージになり、もし妊娠や出産となると、もう新しい人に来てもらわなくてはなりません。

産休や育休が整っている会社はそれだけ人材がいたり、そのような対策ができることで企業体力があるところが多いです。

ですので、シングルマザーと言うことであれば自分には無関係と決めつけず、むしろ産休や育休の制度がしっかり整っているかのチェックはぬかりなく行いましょう。

子供を預けられるか

もうお子さんが中学生や高校生となるとそこまでの心配はいりませんが、中にはまだまだお子さんが小さい方もいるでしょう。

また、小学生でも中学年位までには学童に通う必要があります。

昨今待機児童が多いと言われており、なかなか保育園に入所させるのが難しい事情があります。

ですが、認可の保育園であればタイミングが合えばシングルマザーの方は比較的優遇されやすいので安心して通わせることができます。

詳しくは、シングルマザーの方の体験談を色々と調べ、役所に相談に行くなどのアクションを取るようにしましょう。

学童についても、地域によって違いがあります。

ですので、そのような事は学校に相談するなどして、安心して働けるようにしましょう。

シングルマザーにおすすめの仕事

お父さん並みに働かなくてはならず、それと同時に子供の精神的なフォローなどお母さん的な役割も必要です。

お父さんとお母さんの一人二役をこなすのは大変なことです。

では、そんなシングルマザーの方がうまく仕事と家庭を両立できるような仕事はどのようなものがあるのでしょうか?

一つ一つ見ていきましょう。

1.介護職

いま少子高齢化社会と言われ、介護職の人材の需要が大変大きくなっています。

もちろん、少子高齢化で需要が多いと言うのもありますが、残念ながら介護職は大変な割には給料が低いと言われています。

ですが、介護職はシングルマザーにとっては非常にありがたい仕事です。

何故かと言うと、やはり人材が不足していると言うことでいろいろな形態の求人が数多く出ているのです。

ですので、シングルマザーの方であれば、お子さんが小さいうちはパートタイムで働き、そこから一般職に比べたら比較的楽に正社員になれ、さらにお子さんが大きくなれば夜勤をこなすなのでがっつり稼ぐような選択肢も生まれてくるのです。

地方だと年収300万円を稼ぎ出すのは大変なことですが、介護職であればそれをクリアできる可能性は高まってきます。

シングルマザーの方の平均年収は200万円を切ると言われています。

ですが、ケアマネージャー等をこなすことによって、年収300万円や400万円を目指すこともできるのです。

東京在住の方だと生活費にお金がかかるので、少ないと感じる人もいるかもしれませんが、地方でしたらそこそこの生活ができます。

ですので、子供を育てながらそのようなステップアップができると言う意味でも介護職は大変貴重なのです。

介護事務

介護関係の仕事をしたいけど、お年寄りのお世話というとやはりどうしても向き不向きがあります。

でも「介護は難しくても事務だったらできるかな?」と言うことであれば、介護事務はいかがでしょうか?

利用者の報酬請求業務や受付での手続き等を行う仕事です。

資格を取ったから必ず採用されるとは限りませんが、長く続けていきたいのであれば資格があれば比較的有利になるということもあるかもしれません。

著者も周りを見てみても、最近はたくさんの介護施設ができています。

ですので、それだけ介護事務の仕事も求人が増えている状態でしょう。

難易度もそこまで高くありませんので、比較的簡単に資格を取れます。

ただ、こちらのお仕事は夜勤をこなすと言うこともありませんし、そこまで高い給与を期待できないかもしれません。

ですので、どちらかと言うとこのお仕事をしながら副業を考えたほうが現実的かもしれません。

介護事務の仕事を見るには

介護福祉士

どうしても向き不向きがあるので皆が皆できる仕事とは限りませんが、介護福祉士はどこも不足しているので、比較的何度も転職できると言われています。

また介護福祉士を数年続けていくと、ケアマネジャーの受験資格がもらえると言われています。

今までは、介護の仕事に従事して5年と言う条件があったのですが、少々条件が変わっていきつつあるようですので、事前に確認しておきましょう。

最近は介護福祉士の需要も大変伸びていますので、40代から介護福祉士になってそこから試験を受けて資格を取得し、ケアマネジャーになった方も結構いるようです。

実際に著者の母の友人がそのような形でケアマネジャーになっています。

このように、介護福祉士は将来に繋がるお仕事ですので、お年寄りのお世話が楽しいとか、臨機応変にそつなくできるタイプの方であれば介護福祉士を目指してみるのも良いかもしれませんね。

介護福祉士の仕事を見るには

2.保険の外交員

営業の力に自信があるのであれば保険の外交員は大変オススメです。

保険の外交員で成功された方は、例えシングルマザーであっても比較的裕福な生活ができるようですね。

基本的に契約数を多く伸ばせばその分手当がつくことが多いので、実力があれば非常に高いお給料が期待できるのです。

また、基本的にどちらかと言うと結果こそが全てと言う感じですので、そのような保険の外交員のお仕事をしながら、子供の授業参観に参加をしたり、子供の体調が悪い時は特に仕事をせずに看病に専念するということもできるのです。

ただ、保険の外交員はお客様にうまく契約をする気にさせるという、ずば抜けたコミニケーション能力が必要になります。

よく保険の外交員になると、身内の方に入ってもらうようなやり方をする人もいますが、身内の人をあてにするとその身内の人がいなくなったときに契約がとれなくなってしまいます。

また、このようなビジネスに身内や友達を巻き込むと、疎遠にされてしまうパターンもあります。

このようにどちらかと言うと実力主義ですので、自分がそれに向いているかどうかというのはよく確認しておくことが大切です。

保険外交員の仕事を見るには

3.家事代行

シングルマザーの方で1番悩んでしまうケースが、今まで専業主婦だった方です。

仕事のブランクがあるので、どうしても今までずっと(例えパートであっても)働き続けていっていた人に比べて、少々仕事に就くのが困難になるケースが多いのです。

ですが、専業主婦だった人が全く仕事をしていなかったわけではないのです。

確かに報酬は発生しないかもしれません。

でも、家事や子育てなど、プロにお願いをしたらそれなりに料金がかかるようなことを無償でやってきたのです。

ですので、家事は得意だったとか、家事なら完璧にできる!という自信がある方でしたら家事代行をお勧めします。

最近は共稼ぎの方も多いですので、家事を代行をお願いする人も多くいます。

そのような人にとっては大きな助けになるのです。

また、昨今はどうしても片付けが苦手な人のために、そのような片づけを請け負うサービスもあります。

この家事代行は基本的にその依頼された方の家に行って派遣される形で仕事をすることが多いです。

そのため、時間に融通がききやすいのが特徴です。

ただ、昇格などは少々厳しいところがありますので、他の仕事と掛け持ちをするケースが多いのだとか。

4.医療事務

最近、女性の働き方として人気なのが医療事務です。

病院ですので比較的安定しています。

ですが、医療職の仕事に就くとなると少々学費等もかかります。

がんばって看護師の資格を取得するようなシングルマザーの方もいますが、それには数年かかりますし、看護師の資格を取るには睡眠時間は3時間以内にし、厳しい実務や勉強があるといいます。

そのようなことをするのはなかなか難しいところもありますし、看護師も向き不向きがあります。

向いていない人は、看護師の資格を取得してもそれを使い切れないこともあるでしょう。

ですので、事務の仕事だったら何とかなると言うことであれば、医療事務がお勧めです。

ただ、医療事務は月末の締めなので残業することもあります。

事前に確認しておきましょう。

医療事務の仕事を見るには

受付・案内

病院の受付案内というお仕事もあり、著者もそのような方を実際に目にしたことがあります。

受付に立ち、病院に来る方の受付業務に当たるのです。

その他にも電話対応等もあります。

実際に働いている方によると、体調の悪い方に対して相手にすることもあり、大変神経を使うようです。

いろいろな形態のお仕事があるので、本当に受付業務だけというところもあるかもしれませんが、他の仕事を兼任するケースもあるようです。

どのような仕事内容になるかというのは事前に確認しておくことが大切です。

受付案内となると、そこまで難しい資格は必要ではないですが、こちらも結構適職かどうかというのが関係してくるようです。

臨機応変にこなすということが求められるので、そのようなことが苦手ということであれば苦労するケースが多いです。

カルテ管理

カルテ管理も病院にとっては非常に大切な仕事です。

カルテの整理や仕分けを行うのですが、カルテは重要なものですので、管理能力が強く問われるところがあります。

しかも、ゆっくり時間をかけて間違いなくやるというのは通用しません。

確実に、素早く対応することが大切になってくるのです。

ですので、てきぱきと的確に物事をこなすことができる人が向いているようです。

シングルマザーとなるとついつい焦って仕事を探してしまいますが、このように適職を強く問われるところがあります。

そのため、せっかく仕事についても、自分の能力的に難しい仕事に就くことになると、自分も辛い思いをしますし、病院側もトラブルの元になってしまうかもしれません。

病院のカルテ管理についても自分に向いているかどうかをよく考えましょう。

レセプト

レセプトも医療事務に大切な仕事です。

病院の領収証を貰うときに、点数が書いてあるものをもらったことありませんか?

それがレセプトで計算された診療報酬明細書です。

こちらで点数計算をし、今、患者の負担は3割ですが、患者の負担がどれくらいになるのかというのを計算します。

ミスがあると二度手間になってしまうので、正確にこなすということが求められるでしょう。

5.調剤薬局事務

病院の仕事も大変魅力的なのですが、調剤薬局事務といって、薬のことに関する事務のお仕事も大変人気です。

最近は病院と薬局は別々にということが定められるようになりました。

ですので、以前と同じように病院と一体型の薬局がぐっと減り、そのような薬局にも事務のお仕事の求人があるのです。

薬局に関してはあらかじめ営業時間も決まっていますし、病院と連動ですので例えば日曜日に休みなど、固定の休日もあります。

そのため、子供と過ごす時間もとれるのが特徴です。

薬剤調剤薬局事務は資格の取得もあるようです。

調剤薬局事務についても、具合の悪い患者さんを相手にするということで素早く丁寧に対応する必要があります。

また、給与は14万円程で、少々低めの傾向にあるようです。

ですが、薬局は全国どこにでもあるので、経験があれば非常に役立つお仕事であるのは言うまでもありません。

調剤薬局事務の仕事を見るには

6.派遣のお仕事

正社員を目指せればそれが1番なのかもしれませんが、正社員を目指す事はなかなか難しいという人もいるかもしれません。

例えば、専業主婦で未経験の方がいきなり正社員になる事は少々難しいかもしれません。

そのような時は、非正規雇用からだんだんとステップアップをするということもありでしょう。

もしくは、最近はウェブライター等の個人事業にプラスアルファで派遣の仕事をするという人も少なくありません。

正社員を目指すならそれも良いのですが、それが難しいということであれば、派遣のお仕事に目を向けていきましょう。

派遣なら様々な条件から仕事を選ぶことができるので、自分の条件に合った働きやすい環境を見つけやすいでしょう。

7.コールセンター

シングルマザーの方が働きやすい仕事の1つとしてコールセンターがあります。

コールセンターはテレビなどで見たこともあるかもしれませんが、何十人ものスタッフが一斉にかかってくる電話に対応すると言う仕事です。

1人は2人欠けても大丈夫な企業体力があります。

ですので、お子さんの急な体調不良による欠勤にも対処しやすいでしょう。

また、コールセンターは時給の高さが特徴です。

それは、顔が見えないことでクレーム対応するとなると、かなりきつい言葉で罵られることがあります。

ですので、それが辛くてやめてしまう人も多いようです。

このように精神的な負担がかかる仕事です。

ただ、色々と調べていると、「そのような事は全く気にならない。むしろ、空調が効いたところに座って出来る仕事で、看護師のような資格もないのに時給が1,200円など高い給与がもらえるから気にいっている。」「『殺す』って言われても電話口で殺せるわけないから、そんなことを言われても全然平気。」と言う人もいます。

ですので、少々のことには動じない強い精神を持っている人はコールセンターに向いているかもしれません。

また、多くの人がいるので定時で帰れますし、母子家庭の方には非常に働きやすい環境のようです。

コールセンターの仕事を見るには

8.歯科衛生士

最近コンビニより多いと言われている歯医者ですが、やはり、歯科衛生士と言われる方も必要です。

著者もよく歯医者に行きますが、歯石を取るなどは歯科医師ではなく歯科衛生士の方がされています。

歯科衛生士の求人は一定数あり、給料も23万円程もらえるところも多いようです。

やはり資格があると強いですね。

歯科助手の仕事もありますが、こちらも資格なしでもできるものの、地方では16万円などが多いです。

学校に行く必要がありますが、もし学校に行くのであれば歯科衛生士の資格を取るのもいいかもしれません。

ただ、このような医療系であれば、てきぱきと臨機応変に物事をこなすということが必要ですので、向き不向きがあります。

ですが、勤務時間は決まっていますし、休みも固定されているので、お子さんと過ごす時間を確保するのもそこまで難しくないでしょう。

歯科衛生士の仕事を見るには

内職で副業するのもおすすめ

資格を取ったり、てきぱきと物事をこなすことで安定的な職を手に入れることもありかもしれません。

ただ皆が皆それに適しているわけではないです。

例えば、臨機応変にこなすことが苦手な人もいるでしょう。

コミニケーションが苦手で、営業等の仕事が務まらない人も決して珍しくありません。

ではそのような人はダメなのかというと決してそうではありません。

最近はいろいろな生き方があります。

ですので、一般的な仕事をこなしながら副業することもできるのです。

でも、必ずしも飲食店関係や工場に行って働く必要はありません。

(著者の母はシングルになった後は工場で早朝バイトをしていました。)

最近はインターネットの発達もありますので、ネット回線を引いていればいろいろなチャンスが生まれます。

では、家にいながらにして副業できるような仕事内容を見ていきましょう。

【内職求人を探すなら、こちらの記事もチェック!】

9.WEBライター

ウェブライターは今、著者もしているお仕事ですが、シングルマザーの方にも大変おすすめです。

それは家にいながらにして文章を書くだけでお金を得ることができるからです。

「私は作文が苦手で…。」と言う人も大丈夫です。

そのような人はどちらかと言うと体験談のような事から書いていくといいでしょう。

昨今ウェブライターの単価が安いと言うことですごく問題になっています。

でも、この安いと言われるウェブライターでも、大きなチャンスが隠れています。

例えばですが、ウェブライターは1文字1円以上じゃないと稼ぐことができないと言われています。

実際に、そのようなことでウェブライターから撤退した人もいます。

でも、この安い単価、撤退した人もいるところに大きなチャンスがあります。

最近は色々と機械も便利になっています。

最近はスマホでも音声入力ができますね。

この音声入力を使ったらどうでしょう。

タイピングをするよりずっと早く文字が打てるのです。

異口同音の日本語は色々とありますのでミスタイプも多くあります。

でもこのミスタイプをその都度直しては意味がありません。

ですので、あえて間違いのまま音声で色々と読み上げていくということが大切なのです。

これでしたら、10,000文字と言う指定がある文章でも、1時間半から2時間位で終ります。

そして、後からタイピングで修正を入れていくのです。

これなら3時間で、10,000文字と言うようなことも十分に叶います。

そして時給計算をしていくと大体1,000円以上の計算になるケースが多いです。

これも、依頼される内容によってまちまちですので、しっかりと確認してくださいね。

このような皆が「儲からないから」と見向きもしない仕事を工夫していくことで、大きなチャンスを得ることができます。

シングルマザーの方もウェブライターでしたら目指せると思いますよ。

webライターの仕事を見るには

  • 正社員・契約社員の仕事を見たい場合 : リクナビNEXTで確認できます。
  • バイト仕事を見たい場合 :LINEバイトで確認できます。

10.覆面調査

「たまには外食したいと思うけどなかなかお金が…。」なんて話も聞きますよね。

ですが、それが格安で外食できるとなるとどうでしょう?

やってみたくありませんか?

そこでオススメなのが覆面調査です。

調査をしている事は特にお店側に言う必要はなく、普通に外食をしてその感想を書きます。

どちらかと言うと首都圏や大型都市に需要があるようです。

著者は地方都市在住ですので、あまり覆面調査の依頼を見たことありません。

このようなことから、住んでいる地域でそのような仕事を募集しているのかどうかのチェックは余念なく行いましょう。

11.アンケート調査

アンケート調査もまた、シングルマザーの方にお勧めの仕事です。

アンケートは短時間で終わることも多いので、時間を割くのが難しいシングルマザーの方にも比較的とりかかりやすい仕事です。

年齢やアンケートの調査にもよりますが、またお子さんがそこそこ大きければ、お子さんに参加してもらってお小遣いを稼いでもらうのも良いでしょう。

12.アフェリエイター

アフィリエイトもまた、学歴なども関係なく大きく稼ぐチャンスが隠れているところです。

著者もちょっとやってみたことありますが、やはりアフィリエイターとして成功していくためにはそこそこの努力が必要です。

家にいながらにして、ただ漠然とブログをやって楽だと言うイメージがあるかもしれませんが、そこが大きな間違いです。

いかに見てもらうか頭を使う必要があります。

ですので結構向き不向きがあります。

ただ、昨今は生活が苦しい世帯も多いですので、そのような少ない収入でうまく生活している方のブログは人気が出る傾向にあります。

ですので、日々の生活を綴りながら、広告収入で稼いでいく道に結論を見出していくのも良いでしょう。

シングルマザーが仕事選びに失敗しないためのコツ

シングルマザーの方は早急に仕事をする必要がありますが、だからこそ仕事選びに失敗したくないですよね。

では失敗しないためのコツにはどのようなものがあるのでしょうか?

面接・履歴書での自己PR

シングルマザーの方は就活の通りしっかりと働いてくれると大変好評であるところもある一方で、どうしてもお子さんに対する欠勤などもあり、採用に前向きになれない起業も多いのです。

ですので、必ず成功すると言う事は限りませんが、生活かかっているからこそ必死で働くということをアピールしていきましょう。

母子家庭の支援制度

自分で働いて生活して生きるのが1番ではあります。

ですが小さなお子さんを抱えて、お母さん1人で生活費を賄い、尚且つ子供のフォローをしていくとなると非常に大変なことです。

だからこそ母子家庭に対する支援制度が色々とあります。

児童手当等金銭的な助けもありますし、医療費の控除など生活や健康に直結することに対する助けもあります。

マザーズハローワーク

また、お金だけではなく、マザーズハローワークでは、働くお母さんをサポートしてくれるようなところもありますし、看護師等の資格を取得したいと言うことであれば、それを援助してくれる制度もあります。

もしもの時はマザーズハローワークに相談にいきましょう。

シングルマザーでもたくさん仕事はある!(まとめ)

シングルマザーの方は最近珍しくありません。

多くの先輩がいるので、そのような人たちの話を聞いてみると良いでしょう。

そして、シングルマザーを求めているような仕事も多くあるので、もしもの時も安心して仕事を探せます。

「私は、能力はないし…。」とか「今まで専業主婦だったから…。」という方も、非正規雇用と何か家でできる仕事を組み合わせることで、比較的安定的に過ごすことができるようになります。

生き方に正解はありません。

周りに迷惑をかけない範囲で、ご自身の納得のいく生き方を模索しましょう。