CoCoSiA(ココシア)

仕事がつまらないと感じてもやり続け...(続き3)

わたしたちは、みんな人生を楽しく、満足感を持って過ごしたいと思っています。

それで、もしつまらないということで毎日が苦しくなっているのなら、転職を考えるのは当然のことでしょう。

つまらないと思いながら仕事をしていると、さらにつまらなくて、どんどんとテンションもモチベーションも落ちてしまうことも多いでしょう。

そうすると、消極的な気持ちはますます膨れ上がり、人生が最悪に思えてきたりもするかもしれません。

仕事のせいでうつ病を発症する人はたくさんいます。

いろいろな原因がありますが、もし自分の精神的・身体的な限界を超えているときに、それをずっと続けているとします。

それも自分にできる改善や努力をしても、状況が改善しないときには、絶対にその仕事を一生続けなければいけないと自分を縛り付けることによって、もっと精神的な圧迫を感じて、うつ状態を引き起こしてしまうかもしれません。

そうすると、仕事に喜びや満足感を感じることはできなくなり、ただの苦痛にしかならなくなってしまうでしょう。

いいパフォーマンスが発揮できない

とにかく仕事がいやになってくると、モチベーションも下がっていますし、もちろんいいパフォーマンスが発揮できなくなってきてしまいます。

仕事に対する意欲、モチベーションを上げるために、自分の仕事に対する考え方や、スキルアップ、そして取り組み方を変えてみる。

そして、誰よりももっといい仕事ができるように改善点があるなら、もしかしたら仕事をもっと楽しるめようになるかもしれません。

でももし、会社が働いている人を奴隷のように扱っていて、自分のスキルを全く発揮できない会社もあります。

いいパフォーマンスを発揮できるような環境が整っていないなら、そのまま続けても何も変わらず、ずっと不満と苦痛に耐えながらの仕事になってしまうかもしれません。

自分のモチベーションが下がった状態で、さらに会社側のシステムが最悪ならば、その中で無理にもっと良い成績を残すように言われたり、もっともっと会社のために身を削って働けと言われたって、それは無理ですよね。

周囲にも迷惑をかける

いやいや仕事をやっていて、パフォーマンスも劣化している状態で続けていると、周りの人にも迷惑をかけてしまいます。

やる気のなさや、適当な仕事というのは見ていてイライラしますよね。

いつもやる気に満ちていろ!とは、なかなか言えません。

ですが、いつも文句ばかりを言っていて仕事はしない人。

全然向上心がないので新しいことも覚えようとしない人。

いつも不機嫌で仕事をしている人。

そんな人が一人でもいると、周りにも悪影響が及んでしまいます。

職場の雰囲気が悪くなったり、全体のモチベーションまで下げてしまうかもしれません。

それで、周囲の人にも迷惑がかかるほどに、仕事に嫌気がさしていているなら、このまま続けていくことにメリットは本当にあるのか、考えたほうがいいのかもしれません。

楽しい仕事を見つけられない可能性がある

つまらないから辞めたいと思っていても、辞めずに頑張ってきたとします。

しかし、いくら続けていても、仕事への喜びや達成感や楽しさを感じることができない可能性もあります。

そうなると、どうしてもっと早く辞めて別の仕事につかなかったんだろう・・・と後悔することもあるかもしれません。

転職していて、そこでの仕事が楽しかった場合にこのような後悔が起こるでしょう。

時間はどうやっても戻りませんから、苦しんで自分が頑張ってきたけど成果やメリットがなかったとしたら、もっと早く行動すべきだったと思うことはありますよね。

でも、転職をしたいと思っていても、やっぱり変化には勇気もいります。

新しい職場を見つけられるんだろうか、そこに馴染めるんだろかという不安が誰でもあるので、辞めることを決めるのにも決意が必要になるでしょう。

仕事がつまらなくなった時にやっちゃいけないこと

このまま今の仕事を続けるのか、それとも辞めて新しい職場を探すのか、すごく悩むし、難しい判断ですよね。

しかし、「つまらない」と思う時ってきっとどんな仕事に就いても経験することかもしれませんので、そんな時に、やっていはいけないこともチェックしておきましょう。

同僚や部下にに相談

多分、一番愚痴を言いやすいのでは、同僚や部下かもしれません。

上司にはあまり言えないことも、同僚にならついついしゃべってしまうことってありますよね?

得にお酒を飲んでいたりすると、みんな日頃の愚痴がどんどんと出てきます。

その中で自分も「仕事がとにかくつまらない!」ということを、言いたくなるかもいしれません。

部下にも、今の仕事の不満とかつまらない、ということを打ち明けやすいでしょう。

でも、そのようにしてしまうと、一つ落とし穴があります。

それは、あなたのその愚痴が噂となって上司や上の人の耳に入ることです。

同僚や部下が、あなたの会社への不満やつまらなくてしょうがない、という思いを、他の人に話してしまって、それが噂となって上の人に伝わってしまいます。

そして、あなたが「やる気がない」「辞めるらしい」という噂になってしまうかもしれません。

そうすると、あなたにはもっとやりがいのない仕事ばかりが回ってきたり、責任のある仕事をさせてもらえなくなって、より楽しくない毎日になってしまうことがあります。

噂が一人歩きしてしまうことはよくあることなので、同じ職場の同僚や部下に「つまらない」という愚痴を言うのは、悪循環を生んでしまう可能性があるのです。

無理やり楽しもうとする

みなさんは、人に無理強いされたことですごくストレスになったり、強制的に自分に意思に反したことをさせられて、ものすごく嫌な気持ちになった経験はありませんか?