「仕事をやめたい」と考えると、今すぐでも現在の仕事をやめてしまおうと考えてしまいますよね。

しかし、ちょっと待った! 仕事をやめたい気持ちは分かりますが、まずは次の転職先を決めてからにしましょう。

「でもそんなこと言ってないで、本当にこんな会社から今すぐにでも抜けたいんだ」と強気でいらっしゃるかもしれません。

でも、その気持ちに任せて行動してしまったらいずれあなたは、必ず後悔することになってしまうはずですよ。

そんなの嫌なはずです。

仕事に着くのってとても簡単に思えるかもしれません。

だから仕事をやめて、ゆっくりしてから転職先を探そうと計画しているかもしれないですね。

しかし、その時間があなたを魔の時間へ引きずりおろすかもしれないのです…。

そのようにならないために、どうして仕事をやめる前に転職先を決めるかが大事かをご説明します。

今すぐにでも仕事をやめたい、と考えているアナタ!少し、気持ちを落ち着かせて現実の世界に意識を戻してください。

そして、転職先を見つけておく理由を見ていきましょう。

仕事を辞めるなら転職先を探してから!

仕事をやめたくて仕方がないかもしれないのですか? それは、ブラック企業で毎日のように罵倒されているから、またはいじめられているから、サービス残業で毎日ひどく疲れているから…。

様々な理由があるかと思います。

どのような場合であっても、すぐにでも仕事をやめたい気持ちには変わりはないですよね。

そのため、既に人事部や社長に会社をやめる旨を伝えた方がいるかもしれません。

または、これから会社の人たちに退社する旨を伝えようか迷われている方もいることでしょう。

会社を出る、本当に会社を辞める前に、必ず「次の転職先」を決めるようにしていただきたいのです。

その理由は、これからお伝えしていきますが、必ずあなたの今後の”タメ”になるからです。

あらゆる職業・職種があふれ、中途採用の求人サイトや求人誌には多くの求人情報が掲載されてます。

それらをチラッと見たことがある方は、「本気になればすぐにでも仕事に就くことが出来るはず」なんて考えていることが多いです。

たしかに、あなたのこれまでの業績などから転職先はすぐに決まることもあるでしょう。

しかし、全ての人がそのようにスグに中途採用で転職先が決まるとは限りません。

それ以外にも、転職先を探しておくべき理由があるんです。

まずは、次の章でご紹介する転職先を見つけるべき理由を見て、あなたの現在のほとぼりを冷ましましょう。

冷静に考えることが大切です。

あなたが今現在の会社をやめることを止めたりは一切いたしませんよ。

あなたの今後の未来のために、あなたは決断すべきなのです。

これからの未来を生きるのは、誰でもなくアナタなのですよ。

その点をしっかり頭に入れつつ、見ていきましょう。

次の転職先を見つけるべき4個の理由


今すぐにでも現在の仕事をやめたいのに、なぜ引き伸ばそうとするんだ? なんて、嫌な思いを感じている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、今回はそのような嫌がらせをするために「退職前に転職先を見つけるべき」と言っているのではないのです。

全ては今後のあなたのために、全てをお伝えしています。

今は、すぐにでも会社をやめたいという気持ちから冷静に物事を考えることが出来なくなっているかもしれません。

また、冷静であっても「会社をやめる」ということだけが目標になっており、その後の生活については一切想像していないかもしれないですね。

しかし、そのようなままでは今後未来を生きていく”あなた自身”が苦しい思いをするだけです。

せっかくここまで、現在の会社で頑張ってきたのですから、これからは幸せな人生にしたいはず。

さっそく会社を辞める前に次の転職先を見つけるべき理由を見ていきましょう。

①ストレスがたまらない

まず第一にいえるのが”ストレス”に関することです。

仕事をやめようと決意したとき、そして今すぐにでも会社をやめてやろうと考えている時は、会社をやめることだけしか頭に浮かんでいませんよね。

また、その会社にいること、そして明日もあさっても来週もその会社に行かなければならないという”現実”があなたのストレスになっているはずです。

しかし、いざ仕事をやめることが決まり、仕事をやめる手続きが進んでいくとしましょう。

そうすると、多くの人がかんじるようになるのが「会社を辞めた後の生活はどのようになっていくのか」「何も決まっていないけれど本当にこのままでいいのか」なんて、感じる方がいるかもしれません。

そのような方はすぐにでも転職活動をし始めるために、この記事を参照していることは少ないはず。

でも、そのように次の転職先がないことをストレスに感じずに、そのまま仕事をやめた方にはもっと大きなストレスが待ち受けています。

会社を辞められて自由な時間が手に入った、でもなんだか物足りない…。

仕事をしていないからだ…。

そして、転職活動をし始めます。

ところが、なかなか決まらないのです。

決まる場合はこのようなストレスを感じることはありませんが、予想していたよりも転職活動がうまく進まないと、「仕事をしていない」ストレス、そして「なかなか仕事が決まらない」ストレスで悩まされることになります。

メンタルが強い人であれば、そのようなことは感じないかもしれません。

でも普通に生活している人にとって、仕事がないというのは生きていけるかどうかの危機を感じられずにはいられないのです。

そのため、仕事をやめる前に転職先を見つけていないとストレスがたまってしまうことになります。

でも仕事をやめる前に転職先を見つけることが出来ていれば、このような悩みを感じることがないのです。

②スムーズに退職できる


これまでに会社勤めしてきた方にとって、仕事をやめるのは自由を手にすると共に、恐怖を一緒に感じることになります。

なぜならば、雇用されることこそが生きていく道だからです。

そのため、会社をやめると決意してもその会社から離れることができずに、なかなか会社を辞める決断を下すことが出来ないことが多いです。

周囲の人には「やめる」と言いふらしているのに、なかなか辞められない。

退職手続きもなかなか気乗りしない…なんてことも。

あなたは、現在の会社のどこかが気に入らなくて退職しようと決意されたのですよね。

それなのにその決意を無駄にしてしまうことがあるかもしれないのです。

しかし、会社をやめると決断したと同時に次の転職先を見つけておけば、そのような「働くところがない」「給料が入らない」といった悩みを抱える必要がなくなります。

その結果として、転職先があることで「自分には次の働く場所があるんだ」と自信を持って、現在の会社を退社できることになります。

誰だって、辞める際にはパパッと辞めてしまいたいものです。

少しでも心残りがないように、転職先を見つけておくのは大切なことなのです。

また、転職先が決まっていないままに退職届けを提出したとしましょう。

その時に、誰かに引き止められたらその話に乗ってしまう可能性があるのです。

その会社の社員たちには、色々な恩だとか情があるためにまるめこまれやすくなります。

でも転職先が既に決定していれば、その契約を果たさなければなりませんから絶対的に辞めるしかなくなります。

③お金に困らない

現在の仕事をやめる際には、退職手当てのようなものがもらえることもあれば、国から失業保険が下りることがあります。

そのようなことを聞くと「お金には困らないじゃないか」なんて感じられるかもしれませんね。

それに現在の会社で多額の貯金を済ませている方もいるでしょう。

たくさんのお金を持っていたとしても、生きているからにはお金がかかるものです。

それに今までは会社に行っている時間に買い物をすることも出来ませんでした。

でも、会社をやめてフリーになれば、時間を使うのはアナタ次第。

そのため、会社勤めしている時期よりもお金を浪費してしまう傾向があるのですよ。

会社は仕事が時間で区切られているため、それ以外しか自分の時間はなかったはず。

その時間が自分のものになると、その時間を楽しみたくなりますよね。

そんな時に現在の貯金を切り崩し、そして失業保険などに手を出してしまったとしましょう。

あっという間にそのお金は、なくなってしまいます。

そのため、いくらかでも稼いで収入がある状況にしておかなければなりません。

また、お金がなくなりかけてから焦るのは、ほぼ遅いですよね。

消費者金融に手を出し、ブラックリストにのり、新しい会社と契約できにくくなるなんてことがあったら悲しいじゃないですか。

それに就職していないということで、大手消費者金融からはお金を借りることが出来ないかもしれません。

そのような状態では、危ない金融屋さんにお金を借りるしかなくなってしまいます。

お金に困るとストレスもたまっていくもの。

それにあなたが欲しかった自由はどこかに行き、会社に勤めていた頃よりも苦しい状況を味わうことになるかもしれません。

会社を辞める前に転職先を見つけておけば、そのように収入元がなくなり貧乏まっしぐら街道を歩むこともありません。

現在、会社勤めをすることができているのですから、自分を信じて転職先を見つけて欲しいものです。

④周囲に迷惑がかからない

仕事をやめて、転職先がないと、人々は好きなことをしたり、家でゴロゴロしたりする時間が増えることでしょう。

しかし、そのようにしているとあなたの周りの人が迷惑を感じます。

あなたが独身者で一人暮らししてるのであれば、遠くに住んでいる親御さんに心配をかけてしまうかもしれません。

また、あなたが結婚されているのであれば、「食費などはどうするの?」なんて奥様やお子様を困らせてしまうかもしれません。

仕事に就いていないというのは、社会的な立場がないと同じことなんです。

そのようなあなたを心配する人もいれば、その立場からこれからの生活をどうしていけばいいのかと悩み落ち込んでしまう人もいます。

しかし、転職先を決めてから仕事をやめれば、周りの人はそのような心配をすることがなくなりますよね。

また、あなた自身も「周囲の人に迷惑をかけていないんだ」という気持ちでストレスに感じず、さらには周囲の人に対等な気持ちで話せるようになります。

仕事が決まっていない、仕事をしていない…たったそれだけで人は億劫になってしまうものなのですよ。

転職先は仕事をやめてから?それとも辞める前?

これまでに仕事をやめる前に転職先を決めるべき理由を4つ見てきました。

それらの理由だけでは、まだ「仕事をやめる前に転職先を決める」ことに納得いかないかもしれないですね。

そんなあなたのために、ここでは「仕事をやめる前に転職先を決めるメリット」を見ていきます。

しかし、それだけではなく、仕事をやめてから転職先を決めるという
メリットについても見て行きます。

どちらの場合でも、よさがあるもの。

あなたの現在の状況に照らし合わせ、これからどのように生きていきたいのかを考えながら読んでみてください。

そして、あなたのこれからの生き方にもっとも当てはまる方法を選ぶと良いでしょう。

今回は「仕事をやめる前に転職先を決める」というテーマでお伝えしていますが、最終的に決めるのはあなたなんですよ。

転職先を仕事を辞めた後に決めるメリット

まずは、転職先を仕事をやめた後に決めることについて見ていきましょう。

多くの方は、「今の仕事から早く抜け出したい」「とりあえず自由な時間が欲しい」「解放されたい」などと感じていることでしょう。

そうすると、転職先を決めるよりも一刻も早く今の会社をやめたいものです。

会社をやめてから転職先を決めた場合、どのようなメリットを得ることができるのでしょうか?

これから仕事をやめて、それから転職先を決めようと考えている方の中には会社を辞めた後の生活をスケジューリングしている方もいますよね。

でも、どのように転職活動するのか、どのように生活するかなんて具体的に想像している方は少ないのではないでしょうか。

ここれ、仕事をやめた後に転職先を決めることのメリットを確認し、今後の未来予想図に使ってみるといいかもしれません。

情報収集しっかりと行える

仕事をやめてから、転職活動を行なうときは、かなりの時間があるものです。

なぜなら、それまでは仕事に縛られていた時間がフリーになり、全てはあなたの時間になるからです。

しかし、仕事をしながら転職活動をしていると転職活動をする時間が限られてしまいますよね。

休日は休まずに転職活動にあて、寝る間も惜しんで転職先の情報をしっかりと集め、リサーチすることが出来ます。

会社に勤めながら、転職活動をしているとリサーチは不十分になりがちですし、場合によっては受けることの出来る会社の幅が狭くなってしまうことも。

せっかく転職するのですから、あなたの希望するお給料・福利厚生…などが整った会社がいいですよね。

仕事をやめてから転職活動をすることになれば、自由な時間を使ってあらゆるリサーチをし、色々な対策をすることが出来るのです。

複数面接にも対応できる

一つ前でも少しお伝えしましたが、会社に勤めながら次の転職先のための企業に面接を受けていると、その数は限りが出てきてしまいます。

というのも、会社の仕事をこなしながら、そして休日だけにしか活動することができないからです。

しかし、退職後に転職活動をすれば自由な時間はたっぷりありますから、いくつかの企業の面接を申し込むことができます。

また、1日にいくつかの面接を受けることも出来るので、思いっきり転職活動をすることが出来るんですよね。

複数の面接に対応できれば、転職先が決まるスピードも早まるもの。

なぜなら、可能性がたくさん生まれるからです。

密にリサーチしたいくつかの企業に、面接を全て受けることが出来れば、それだけでも転職活動を成功させたことになりますよね。

気持ちをリフレッシュできる

会社勤めしながらのままで転職活動をしていると、自分のための活動とはいえ疲れてしまいます。

そりゃそうです。

毎日仕事をこなして、空き時間で転職先のリサーチをし、更にエントリーシートや面接の準備をしなくてはならないからです。

そのため、面接審査に行くことが出来てもその疲れから、良いコンディションで面接に臨むことが出来ないかもしれません。

そして、そのために結果は最悪になることも…。

しかし、退職前に転職先を決めていれば、そのように疲れることはほぼありませんよね。

なぜなら「気持ちをリフレッシュ」することが出来るからです。

これまでの会社で疲れていた気持ち、どんよりしていた心を一気に憂さ晴らしすることもできます。

また、新しい人生の1ページが始まると思うと誰もがワクワクするもの。

そんなワクワクさが、あなたを新しい転職先に導いてくれるかもしれないのです。

すぐに転職先で働かずに、少しの休憩時間や休む自由な時間を持つことで、アナタ本来の輝きを取り戻すことができるかもしれないのです。

新たなスキルを磨ける

仕事をやめる前に転職先を決めてしまうと、仕事をやめたとほぼ同時に新しい会社に入社することになります。

新しい会社は、現在の会社と同じ業務内容かもしれません。

すぐに仕事に取り掛かることができるけれど、あなたのスキルは過去の会社のままになっています。

しかし、新しい会社では新しいスキルやより効率のよい方法を求められるかもしれません。

新たな気持ちで入社しても、そのようなことで心に負い目を感じてしまったらすぐにでもその会社をやめたいなんて考えてしまうかもしれないですよね。

仕事をやめてから転職活動をするようにすれば、そのように悩むことがありません。

なぜならば、自由な時間があり、転職活動を始めるタイミングもあなたが決めることが出来るからです。

また、ゆるく転職活動をしながら新しいスキルを磨き、転職活動に生かすことができるかもしれません。

そうすれば、現在の会社のお給料よりも高給になり、仕事仲間からも認められやすくなります。

自由な時間は、あなたに新しいスキルをもたらしてくれるのです。

失業手当や給付金を貰える

これまでの記事で少しだけ触れてきましたが、退職をすると失業手当や給付金をもらえることがあります。

これは全ての人に自動的に振り込まれるというわけではなく、地方自治体に申請する必要があります。

しかも、仕事をやめてからそのお金がもらえるまでにはかなり短い”期間”が存在します。

忘れてからでは取り扱ってくれないために、次の転職先を探すまでに時間がかかりそうだという方こそ仕事をやめる前からリサーチしておく必要があるでしょう。

そのような給付金などがあれば、転職活動でかかりがちな交通費や飲食代を負担することが出来、心のストレスは軽減するはずですよ。

また、家族を養っている方にとっては、そのお金が家族の命を繋ぐ手立てになるかもしれません。

転職先を仕事を辞める前に決めるメリット

仕事をやめてから、転職先を決めるメリットについて見てきました。

給付金などお金に関することから、転職活動に関わることまでいろいろなメリットがありましたね。

では、仕事をやめる前に転職先を決める場合は、どのようなメリットがあるのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

ブランクがなく、収入が途切れることがない

ずばり、ブランクがないことが大きなメリットになります。

仕事をやめる前に転職先を決めてしまえば、ほぼ翌月から新しい会社で働くことができますよね。

そのため、収入が途切れることがありません。

ローンを組んでいたり、家族を養っている方には大きなメリットになるのではないでしょうか。

会社を辞めた後に転職先を決めようとしても、すんなりと決まることもあればそうではないこともあります。

「自分には転職先なんてすぐに見つかるはずだ」なんて思いながら、会社をやめたとしてもスグに転職先が決まるとは限らないのです。

そして、数ヶ月かけて転職先が決まることもあれば、数年かかることもあります。

これは、人それぞれになりますが、どのような場合であっても”ブランク”が生まれてしまいますよね。

仕事は頭を使うもの、身体で覚えるもの…などがありますが、どちらとも少しのブランクが出来てしまうと感覚が鈍ります。

会社を辞める前は簡単に負えることの出来ていた仕事であっても、すぐに終えることが出来なくなっていることがあるんです。

そして残業になるどころか、上司にお説教をくらうことも。

そんなことよりも「以前はきちんとこなすことができたのに、今できない自分」にショックを感じることになります。

やりたいのに出来ない、わかっているのに頭や体がついてこない…。

そんな過去とのギャップがあなたを苦しめることになります。

でも転職先を決めてから会社をやめていれば、現在のあなたの仕事スタイルや感覚のままで転職することができます。

そして、ブランクを全く感じずに仕事をこなすことができます。

そしてお給料もきちんと手に入れることが出来るのです。

計画的な引っ越しができる

引越しをしたい方にとって、新しい家を購入したりするには現在の収入やこれからの収入が大きなカギになりますよね。

なぜならば、ローンを組む時に毎月いくら払えばいいのか?を、明確化することができるからです。

収入がなければ、ローンを支払うことは出来ません。

そのため、計画的な引越しをすることが出来なくなってしまいます。

要するに仕事をやめてから、転職先を決めていたのでは「いつ定期的な収入が入るようになるのか」「今後もそのような収入は入るのか」など分からないからです。

当然、無職のものにはあまりローンを組ませてくれませんよね。

何かを担保にしたり、誰かに保証人になってもらうしかありません。

引越しするのであれば、自分のお金でしたいもの。

それに周囲の人に迷惑がかかるようなことはしたくないですよね。

会社を辞める前に転職先を決めておけば、収入が入らなくなるということがなくなります。

そのため、計画的にローンを組むことが出来るので引越しもしやすくなるのです。

よく引越しする方、そして家を購入しようと考えている方にとって収入源はとても重要になります。

慰留もはねのけやすい

これについては、先ほどお伝えしました。

会社をやめようと決意し、退職する旨を周囲の上司や部下、そして同僚に話すと「君がいなくなったら困るよ」「やめないで」なんて引き止められることがあります。

やめたい会社とはいえ、数年働いた会社ですからそれなりに情を持っていますよね。

その気持ちから、社員にいわれた言葉を間に受けて、その会社をやめるのをとどまってしまう人もいます。

そのような人は、一度会社をやめると
決意したとはいえ、それからは嫌でもその会社で働かなければなりません。

周囲の人に「会社を辞める」なんていえば、社交辞令であっても必ず引き止めるはずです。

引き止めたからといって、その後のあなたの人生に責任をとってはくれません。

会社を辞める前に転職先を決めていれば、会社をやめる旨を伝えて誰かに引きとめられたとしても、その言葉や気持ちを跳ね除けることが出来ます。

もう次のステージが決まっていますし、その新しい会社とは契約されているために現在の会社をやめなければならないからです。

そうやって無理にでも、絶対的に会社をやめる状態にしておけば周囲の言葉なんて全く気にしなくなるものですよ。

いつも誰かのご機嫌を伺って過ごしている人、気が小さい人、周囲からの評価が気になる人ほど、転職先を決めてから周囲の人に会社を辞める旨を伝えるべきでしょう。

転職に伴う税金などの申請を自分で行わなくていい

退職すると、色々な手続きが必要になるのをご存知ですか?

まずは退職届けなどの書類を現在の会社い提出しなくてはなりません。

また、仕事をいったんやめてから転職をすることが決まった後の手続きもとても複雑なんです。

税金や年金…様々な国への申請を自らおこなわなければなりません。

しかし、会社を辞める前に転職先を決めておけば、新しい会社にその内容を引き継ぎできるため、自分で申請を行なわなくていいのです。

初めて転職する方は大事な申請を忘れてしまい、後になって問題になってしまうことも多いです。

もしも、そのような申請が苦手だとかめんどくさいと感じる方は会社を辞める前に転職先を決めておく方が良いでしょう。

後になって後悔しません。

転職先を仕事を辞めた後に決めるデメリット

仕事をやめた後に転職先を決めることのメリットは、コレまでに見てきましたね。

メリットを知ったのであれば、デメリットも知りたいはず!
ここでは、仕事をやめた後に転職先を決めることのデメリットを4つご紹介します。

これを見ても、まだ退職してから転職先を決めようと思えるのでしょうか?

収入が途絶えるので事前に貯金が必要

仕事をやめてから転職活動をすると、必ず収入がない月が出てきます。

会社をやめて、のんびりせずにすぐに活動した方は1ヶ月や2ヶ月くらいだけ、収入がなくなるかもしれませんね。

しかし、多くの方、そして全ての方がそのような短期間でお仕事が決まらない可能性があります。

そのような状態になってしまえば、生きるのが困難になってしまいますよね。

そうしないために、もしものために会社を辞める前にいくらかの貯金をしておく必要があります。

転職活動には交通費がかかるものです。

それにあなたが生きていく衣食住のお金も必要です。

また、自動車やバイク、家などのローンを組んでいる方も約半年分くらいは貯めておきたいものです。

希望条件に妥協がでやすい

仕事をやめる前に転職先を決めれば、その今いる会社の条件と同じもの、またはもっと条件が良い会社を選ぶようになります。

しかし、少しでもブランクがあいてしまうと「どこでもいいから就職したい」そのような気持ちから、条件に妥協が出てきてしまいます。

あなたは、そんなに低い条件にするほどの価値が低い人間ではないのです。

自分自身を見失わないようにしなければなりません。

不採用になった時のストレスがデカイ

転職サイトなどには、日々多くの求人が掲載されています。

しかし、多くの求人があるとはいえ、全ての人が転職面接などに合格するとは限らないのです。

「自分は必ず受かるはずだ」なんて根も葉もない自信から、面接に挑み、さらに落ちてしまうとしましょう。

そのショック派かなりでかくなります。

だって、つい最近まで会社で働いていた身なのですから。

なんだか自分自身を全否定されたような気分になってしまうのです。

自己管理が甘いと堕落的な生活を送ることも

会社勤めをしていれば、決まった時刻に会社にいかなければなりません。

また、それぞれの仕事の納期にあわせて仕事を終わらせなくてはなりませんよね。

その時間で決められている世界だからこそ、規律ある生活を送ることが出来ていたかもしれません。

仕事をやめて自由な生活を過ごしていると、そのような定められた時間や決まりがないために堕落的な生活を送りがちになります。

それは自己管理の甘さが災いするものですが、そのようになってしまえば新しい仕事が決まったとしても会社に行くのが辛くなってしまいます。

それに人としてダメになってしまいますよ。

なるべくは次の転職先を見つけて仕事をやめよう!

今回は、会社を辞める前に転職先を見つけることについて特集してきました。

もちろん、会社を辞めた後にゆっくりじっくりと転職先を見つけるのは悪くはありません。

しかし、色々なデメリットがあなたを苦しめるかもしれません。

そのため、今すぐにでも会社をやめたいかもしれませんが、少し落ち着いて時間が許す限り転職活動を行なってみてください。

そして、できれば転職先を決めてから会社をやめることをオススメいたします。