学校や会社にいれば、嫌でも集団行動をしなければなりません。

あなたは、集団行動をそつなくこなすことができますか?

人によっては元から誰かとコミュニケーションをとることに苦痛を感じずに、集団行動をすることができる方もいます。

しかし、そのような人がいる一方で集団行動が苦手な人もいるはずです。

しかし、この世界では誰かと一緒に何かをすることで成功したり、それをしなければならない場面というものがあります。

学校や仕事をしているときには、それをとても感じるのではないでしょうか。

集団行動が苦手な自分を改善しなければならないと分かっていても、やはり難しいものです。

だって、気合いをいれて改善しようとしてもいつも空周りしてしまうからです。

あなたは、どうして集団行動が苦手なのでしょうか?

この記事では、集団行動が苦手だと感じている人の特徴をご紹介します。

また、多くの方が気になっている「どのようにすれば集団行動への苦手意識をなくせるか」について、改善方法もお伝えしていますよ。

この記事を参考にして、あなたの苦手意識をこの際になくしていきましょう。

集団行動への苦手意識がなくなれば、これまでとは違った人生を歩めること間違いなしなのですから。

集団行動が苦手な人の特徴

この世界には集団行動が苦手な人もいれば、そのように感じない人もいます。

集団行動が苦手な人にとって、集団行動が苦手ではない人は憧れるかもしれないですよね。

だって生きていれば集団行動をせざるを得ないシーンがたくさんあるからです。

あなたは、その場面で色々苦労されているのでしょう。

では、どうして集団行動を苦手だと感じるようになったのでしょうか?もしかしたら、もともと誰かと関わるのが苦手だったり、1対1でしか会話することが出来ないと感じている人もいるはずです。

しかし、それ以外にも集団行動を苦手に思う人には特徴があったんです。

今回はそれらの特徴をまとめました。

また、その理由がどうして集団行動を苦手にしてしまうのかも合わせてチェックしていきましょうね。

忘れている原因が分かれば、どのようにしていけば集団行動が苦手ではなくなるか分かるヒントになるかもしれません。

さっそくチェックしていきましょう!

自分の時間を大事にする

集団行動が苦手な人は、自分の時間を大切にする傾向が強いです。

自分の時間とは、誰とも関わらずに自分のために使う時間のことになります。

例えば勉強をしたり、趣味に時間を使うのです。

時間が有限であることを自覚しているために、時間の使い方にはとてもうるさいのです。

だって自分の時間を大切にするためには、他の時間を削らなくてはいけません。

その際に誰かと一緒に行動している時間を無駄に感じてしまうのです。

そのため、誰かと一緒に行動する時間は極力なくしていく傾向があります。

あなたは、誰かと一緒に過ごすくらいなら自分のために時間を使いたいと考えたことはありませんか?

協調性がない

集団行動がない人の大きな特徴の中に「協調性がない」ということがあげられます。

協調性というのは、生きていく中で成長と共に取得していくものです。

しかし、幼い頃から人と関わる機会が少なかったり、家族とのコミュニケーションが希薄だったりするとそのような性格になってしまうんですよね。

しかし、協調性がないことが悪いことではありません。

なぜならこれまでに大きな功績を残してきた偉人のなかには、全く他人には興味を示さなかった人もいるんです。

しかし、協調性がないと相手の気持ちを考えて行動することができないため、誰からも相手にされなくなってしまうことがあります。

また、集団行動しているときに本来の自分自身を出すことが出来なくなってしまうこともあるんです。

だってどのようにすれば、集団行動を普通にできるのか分からないのです。

そのため、集団行動をこなしている人をみると「どうしてあのように出来るんだろう」って思ってしまうのです。

我慢ができない

集団行動をしていれば、多くの人と接する機会が増えます。

その相手はあなたとは全く別人のため、あなたが気にくわないことやあなたが好きではないことをやってしまうことがあります。

それは人それぞれの”当たり前”が違うからです。

あなたの当たり前は、他人にとっては当たり前ではありません。

そのようなことを理解していれば、「このような人もいるのだな」なんて寛容的になることができるんです。

しかし、集団行動が苦手な人というのは、そのような他人の行動に対して我慢することができません。

もう見てもいられないし、聞いてもいられないのです。

そのままコミュニケーションを取り続けることが難しくなってしまうんですね。

我慢強いことは人生を成功させるためには、必要でもあります。

もしも、誰かの行動に対して我慢することができず、そのような行動を見たり聞いたりするのであれば一緒にいる必要はないと思うであれば、あなたは少し我慢する力が弱いのかもしれません。

やりたいようにしたい

集団に属していると、その集団ごとに決められたルールがあるものです。

そのルールがきちんと提示されていることもあれば、暗黙のルールとして多くの人が共有しているものまであります。

どのような場合であっても、そのルールを守らなければその集団からはじきだされてしまったり「おかしな人」として見られてしまうのです。

しかし、集団行動が苦手な人はそのようなルールがあることを知っていても、そのルールに縛られたいと感じません。

いつだってやりたいようにやりたいのです。

自分のやり方で色々なことをこなしていきたいのです。

誰だってそのような気持ちは持っているものです。

しかし、集団行動が苦手な人は誰よりもその気持ちが強いためにルールを守ることが出来なくなってしまうのです。

あなたは、自分のやり方を貫き通したかったり、誰かに縛られたりするのがいやで集団行動を苦手だと思っているのではありませんか?

よく考えてみてください。

自由を求める

自由を求めるがために集団行動に苦手意識を感じることがあります。

やりたいようにしたい、という気持ちがあるために集団のルールに従うことができないとお伝えしましたね。

それはずばり、自由を求めているのと同じことです。

だって、もしも自分の自由を考えていないのであれば集団行動のルールに従うことができますよね。

集団に属するということは、その集団の性質に自分を合わせていかなければならないのです。

もしもマジメな集団に属しているのであれば、マジメな風貌にしなければなりません。

それって自分の自由がなくなってしまうのと同じことなんですよね。

自由が欲しいのであれば、自由に向かって自分で行動しなければならないのです。

時には自由を求めたくもなります。

しかし、自由ばかりを求めていては、集団行動から外れてしまうことになるのです。

その違和感を自分だけが感じるのではなく、他のメンバーも感じるようになるんですね。

そうもなると集団から浮いてしまうものなんです。

ルールに縛られない

これまでに何度か触れてきましたが、集団に属するということはルールに縛られていきていくのと同じことです。

実は日本国民という集団は、日本国憲法というルールに縛られているんです。

それは小さい集団になっていけばいくほどに、その縛りは強くなっていくものです。

なぜならば、小さい集団になればなるほど相手のことを良く見えるようになるためです。

学校に属していればその学校のルールを守らなければなりません。

また、班やチームを組んだりクラスメイトとして活動するだけでも、ルールに縛られることになります。

遅刻してはいけない、無断欠勤してはいけない・・・どれも当たり前のことに見えますが、それは暗黙のルールとして普及しているからなんですよね。

まぁそれらを行なっておくことでその後の集団行動をスムーズにすることができます。

もしもしないのであれば、後ろ指をさされることになってしまいますよね。

いずれにしてもルールに縛られるというのは、人によってはとても苦しいものです。

だってそのように縛られることで本来の実力を発揮することができなくなったりしてしまうのですから。

日本の資本主義の功績だともいえますが、自由を得るためにルールに縛られないと考えることができるのは回れ右をしているような人とは違う感性をもっているといえるでしょう。

喋るのが下手

集団行動をするには、誰かとコミュニケーションを取る必要がありますよね。

自分の気持ちを伝えるのもそうですし、相手の気持ちをくみとらなければなりません。

しかし、相手の気持ちを汲み取ることが出来てもその気持ちを相手に伝えるのが苦手な人がいるのです。

あなたは、誰か何かを伝えたり、しゃべったりするそのもののことが苦手ではないのでしょうか?

そのようにしゃべること自体に苦手意識を感じていると、自分は誰かになにかを伝えることが出来ないのではないかなんて不安な気持ちになってしまうものなのです。

本当はしゃべるのが苦手ではないのかもしれないですが、そのように感じてしまっては本当に自分のしゃべりが苦手なのではないかと考えてしまうのですよね。

また、頑張って話してみてもそのような先入観などから、普通に話すことが出来ません。

頭の中では話したいことや伝えたいことははっきりしているのに、もしかしたら自分の声が通じないのではないか、届かないのではないかという気持ちが声をどもらせてしまうのです。

その結果として考えていたことは現実となり、どんどんしゃべるのが苦手になります。

そして、喋らなければならない集団行動に対して苦手式を感じてしまうようになるのです。

面倒くさがり

面倒くさがりな性格の人も集団行動が苦手な傾向があります。

面倒くさがりな性格と集団行動って全く関係ないように感じられますよね。

しかし、実は密接な関係があるのです。

集団行動では、何かと誰かに意見を話したり、その意見を聞いたりしなくてはなりません。

またそのグループのルールをしっかり守らなければなりません。

もしも、少しでもルールを破ってしまうと後ろ指をさされたり、仲間はずれにされてしまうんですよね。

集団行動が苦手な人は、そのような人付き合いそのものが苦手だと感じているんです。

そのため、誰かと関わることをしなければ面倒くさいことが起こらないと感じています。

たしかに人付き合いをするからぶつかったりするんですよね。

それってとても大切なことなのですが、もともと人と付き合う生活を送っていないのであれば、またはこれまでに人付き合いをしているなかで問題が発生した過去をもっていると面倒くさいと思うようになってしまうのです。