学校や会社にいれば、嫌でも集団行動をしなければなりません。

あなたは、集団行動をそつなくこなすことができますか?

人によっては元から誰かとコミュニケーションをとることに苦痛を感じずに、集団行動をすることができる方もいます。

しかし、そのような人がいる一方で集団行動が苦手な人もいるはずです。

しかし、この世界では誰かと一緒に何かをすることで成功したり、それをしなければならない場面というものがあります。

学校や仕事をしているときには、それをとても感じるのではないでしょうか。

集団行動が苦手な自分を改善しなければならないと分かっていても、やはり難しいものです。

だって、気合いをいれて改善しようとしてもいつも空周りしてしまうからです。

あなたは、どうして集団行動が苦手なのでしょうか?

この記事では、集団行動が苦手だと感じている人の特徴をご紹介します。

また、多くの方が気になっている「どのようにすれば集団行動への苦手意識をなくせるか」について、改善方法もお伝えしていますよ。

この記事を参考にして、あなたの苦手意識をこの際になくしていきましょう。

集団行動への苦手意識がなくなれば、これまでとは違った人生を歩めること間違いなしなのですから。

集団行動が苦手な人の特徴

この世界には集団行動が苦手な人もいれば、そのように感じない人もいます。

集団行動が苦手な人にとって、集団行動が苦手ではない人は憧れるかもしれないですよね。

だって生きていれば集団行動をせざるを得ないシーンがたくさんあるからです。

あなたは、その場面で色々苦労されているのでしょう。

では、どうして集団行動を苦手だと感じるようになったのでしょうか?もしかしたら、もともと誰かと関わるのが苦手だったり、1対1でしか会話することが出来ないと感じている人もいるはずです。

しかし、それ以外にも集団行動を苦手に思う人には特徴があったんです。

今回はそれらの特徴をまとめました。

また、その理由がどうして集団行動を苦手にしてしまうのかも合わせてチェックしていきましょうね。

忘れている原因が分かれば、どのようにしていけば集団行動が苦手ではなくなるか分かるヒントになるかもしれません。

さっそくチェックしていきましょう!

自分の時間を大事にする

集団行動が苦手な人は、自分の時間を大切にする傾向が強いです。

自分の時間とは、誰とも関わらずに自分のために使う時間のことになります。

例えば勉強をしたり、趣味に時間を使うのです。

時間が有限であることを自覚しているために、時間の使い方にはとてもうるさいのです。

だって自分の時間を大切にするためには、他の時間を削らなくてはいけません。

その際に誰かと一緒に行動している時間を無駄に感じてしまうのです。

そのため、誰かと一緒に行動する時間は極力なくしていく傾向があります。

あなたは、誰かと一緒に過ごすくらいなら自分のために時間を使いたいと考えたことはありませんか?

協調性がない

集団行動がない人の大きな特徴の中に「協調性がない」ということがあげられます。

協調性というのは、生きていく中で成長と共に取得していくものです。

しかし、幼い頃から人と関わる機会が少なかったり、家族とのコミュニケーションが希薄だったりするとそのような性格になってしまうんですよね。

しかし、協調性がないことが悪いことではありません。

なぜならこれまでに大きな功績を残してきた偉人のなかには、全く他人には興味を示さなかった人もいるんです。

しかし、協調性がないと相手の気持ちを考えて行動することができないため、誰からも相手にされなくなってしまうことがあります。

また、集団行動しているときに本来の自分自身を出すことが出来なくなってしまうこともあるんです。

だってどのようにすれば、集団行動を普通にできるのか分からないのです。

そのため、集団行動をこなしている人をみると「どうしてあのように出来るんだろう」って思ってしまうのです。

我慢ができない

集団行動をしていれば、多くの人と接する機会が増えます。

その相手はあなたとは全く別人のため、あなたが気にくわないことやあなたが好きではないことをやってしまうことがあります。

それは人それぞれの”当たり前”が違うからです。

あなたの当たり前は、他人にとっては当たり前ではありません。

そのようなことを理解していれば、「このような人もいるのだな」なんて寛容的になることができるんです。

しかし、集団行動が苦手な人というのは、そのような他人の行動に対して我慢することができません。

もう見てもいられないし、聞いてもいられないのです。

そのままコミュニケーションを取り続けることが難しくなってしまうんですね。

我慢強いことは人生を成功させるためには、必要でもあります。

もしも、誰かの行動に対して我慢することができず、そのような行動を見たり聞いたりするのであれば一緒にいる必要はないと思うであれば、あなたは少し我慢する力が弱いのかもしれません。

やりたいようにしたい

集団に属していると、その集団ごとに決められたルールがあるものです。

そのルールがきちんと提示されていることもあれば、暗黙のルールとして多くの人が共有しているものまであります。

どのような場合であっても、そのルールを守らなければその集団からはじきだされてしまったり「おかしな人」として見られてしまうのです。

しかし、集団行動が苦手な人はそのようなルールがあることを知っていても、そのルールに縛られたいと感じません。

いつだってやりたいようにやりたいのです。

自分のやり方で色々なことをこなしていきたいのです。

誰だってそのような気持ちは持っているものです。

しかし、集団行動が苦手な人は誰よりもその気持ちが強いためにルールを守ることが出来なくなってしまうのです。

あなたは、自分のやり方を貫き通したかったり、誰かに縛られたりするのがいやで集団行動を苦手だと思っているのではありませんか?

よく考えてみてください。

自由を求める

自由を求めるがために集団行動に苦手意識を感じることがあります。

やりたいようにしたい、という気持ちがあるために集団のルールに従うことができないとお伝えしましたね。

それはずばり、自由を求めているのと同じことです。

だって、もしも自分の自由を考えていないのであれば集団行動のルールに従うことができますよね。

集団に属するということは、その集団の性質に自分を合わせていかなければならないのです。

もしもマジメな集団に属しているのであれば、マジメな風貌にしなければなりません。

それって自分の自由がなくなってしまうのと同じことなんですよね。

自由が欲しいのであれば、自由に向かって自分で行動しなければならないのです。

時には自由を求めたくもなります。

しかし、自由ばかりを求めていては、集団行動から外れてしまうことになるのです。

その違和感を自分だけが感じるのではなく、他のメンバーも感じるようになるんですね。

そうもなると集団から浮いてしまうものなんです。

ルールに縛られない

これまでに何度か触れてきましたが、集団に属するということはルールに縛られていきていくのと同じことです。

実は日本国民という集団は、日本国憲法というルールに縛られているんです。

それは小さい集団になっていけばいくほどに、その縛りは強くなっていくものです。

なぜならば、小さい集団になればなるほど相手のことを良く見えるようになるためです。

学校に属していればその学校のルールを守らなければなりません。

また、班やチームを組んだりクラスメイトとして活動するだけでも、ルールに縛られることになります。

遅刻してはいけない、無断欠勤してはいけない・・・どれも当たり前のことに見えますが、それは暗黙のルールとして普及しているからなんですよね。

まぁそれらを行なっておくことでその後の集団行動をスムーズにすることができます。

もしもしないのであれば、後ろ指をさされることになってしまいますよね。

いずれにしてもルールに縛られるというのは、人によってはとても苦しいものです。

だってそのように縛られることで本来の実力を発揮することができなくなったりしてしまうのですから。

日本の資本主義の功績だともいえますが、自由を得るためにルールに縛られないと考えることができるのは回れ右をしているような人とは違う感性をもっているといえるでしょう。

喋るのが下手

集団行動をするには、誰かとコミュニケーションを取る必要がありますよね。

自分の気持ちを伝えるのもそうですし、相手の気持ちをくみとらなければなりません。

しかし、相手の気持ちを汲み取ることが出来てもその気持ちを相手に伝えるのが苦手な人がいるのです。

あなたは、誰か何かを伝えたり、しゃべったりするそのもののことが苦手ではないのでしょうか?

そのようにしゃべること自体に苦手意識を感じていると、自分は誰かになにかを伝えることが出来ないのではないかなんて不安な気持ちになってしまうものなのです。

本当はしゃべるのが苦手ではないのかもしれないですが、そのように感じてしまっては本当に自分のしゃべりが苦手なのではないかと考えてしまうのですよね。

また、頑張って話してみてもそのような先入観などから、普通に話すことが出来ません。

頭の中では話したいことや伝えたいことははっきりしているのに、もしかしたら自分の声が通じないのではないか、届かないのではないかという気持ちが声をどもらせてしまうのです。

その結果として考えていたことは現実となり、どんどんしゃべるのが苦手になります。

そして、喋らなければならない集団行動に対して苦手式を感じてしまうようになるのです。

面倒くさがり

面倒くさがりな性格の人も集団行動が苦手な傾向があります。

面倒くさがりな性格と集団行動って全く関係ないように感じられますよね。

しかし、実は密接な関係があるのです。

集団行動では、何かと誰かに意見を話したり、その意見を聞いたりしなくてはなりません。

またそのグループのルールをしっかり守らなければなりません。

もしも、少しでもルールを破ってしまうと後ろ指をさされたり、仲間はずれにされてしまうんですよね。

集団行動が苦手な人は、そのような人付き合いそのものが苦手だと感じているんです。

そのため、誰かと関わることをしなければ面倒くさいことが起こらないと感じています。

たしかに人付き合いをするからぶつかったりするんですよね。

それってとても大切なことなのですが、もともと人と付き合う生活を送っていないのであれば、またはこれまでに人付き合いをしているなかで問題が発生した過去をもっていると面倒くさいと思うようになってしまうのです。

価値観が人と異なる

十人十色という言葉があるように、十人いれば十通りの価値観が存在するものです。

しかし、多くの人はその自分自身の価値観ニ目をつむったり誰かにさらすことなく、皆に合わせて活動しています。

そうもしないと、集団行動が成り立たなくなってしまうからです。

しかし、集団行動が苦手な人というのは、そのよに誰かにあわせることができません。

というより、価値観そのものが本当に異なっているのです。

そうもなれば、誰かにあわせるなんていう考えは浮かびませんし、自分だけの道を貫こうとします。

しかし、現代ではこのように価値観が違う人を異端者として扱う傾向が多いですよね。

いわゆる一般的に”普通”とよばれていることを行なうことができなければ、たったそれだけで「変な人」として捉えられてしまうからです。

一般常識といわれていること、そしてこの価値観を持つことが当たり前だといわれていることが本当に当たり前なことなのかは、分からないものです。

それはたくさんの人々が集団行動を行なっていくうえで決めた暗黙のルールなのです。

そのような縛られた価値観にあわすことを”あえてしない”のが集団行動が苦手だと思う人なのかもしれません。

人が嫌い

そもそも根本的に人が嫌いという人は、誰かと交流することを嫌がります。

その結果として、集団行動が苦手になってしまうのです。

集団行動をしていれば、集団に属するわけですから嫌でもどんなに落ち込んでいる日であっても、誰かと交流しなければなりません。

それに何をしても周囲の目がありますし、いやなことを言われるかもしれませんね。

また、人が嫌いな人は一人で行動することを好む傾向があります。

誰かといれば何か問題が起きないように気を遣わなければならないですし、それが面倒くさいとも感じますし、いや、そもそも人間そのものが嫌いなんですね。

人間そのものが嫌いだと生きていく上では、少し困難を伴います。

それでも好きになろうとしないのは、人という心や状況に左右されてしまう性質を嫌うからなのでしょう。

あなたは、人が好きでしょうか?

本当は好きではないのに、すきなフリをしているのではないでしょうか?

ひねくれている

ひねくれた性格の人も集団行動を苦手だと考えがちです。

ひねくれている人は、一筋縄ではいかないところがありますよね。

普通ならこうするところを、別の態度で示す。

または、相手が何か良いことをしてくれたとしてもそのことには何か裏があるのではないかと疑ってしまいます。

そのようにすべてのことをそのまま素直に受け取ることが出来ないのです。

また、ひねくれている本人は自分自身がひねくれているという自覚を持つことはありません。

しかし、ひねくれているのです。

そのような態度をしていると自然と人が離れていくものです。

だって、素直ではなくていつも疑っているような人と一緒にいても楽しくないですし、気持ちが悪いですよね。

そのため、周りの人が離れていってしまう=集団行動が苦手だと思うようになってしまうのです。

人から干渉されたくない

人から干渉されたくない気持ちが強い方も集団行動が苦手です。

集団に属していれば、なにかと周りの人に干渉されやすくなります。

どんなに一人でいたいと思っていても、集団にいるのですから自然と周りの人があなたのことをみて、声をかけてくれるのです。

それを心地よいと感じる方もいれば、そう思わない人もいるのが事実。

しかし、人から干渉されたくない人は、誰かに干渉されるだけで少しだけでもイライラしますし、もう放っておいてくれ!なんていう気持ちになってしまうんすよね。

そのように感じるのであれば、集団行動をしなければいい話です。

それに一人でいれば誰かが干渉してくるなんて、ほぼありえません。

その生活になれてしまうのです。

また、干渉してくる人には嫌な態度をとってしまいがちになり、集団からも嫌煙される人になりがちです。

集団に属すると自分もイライラするし、周りの人もイライラしているような気持ちがするし…で、集団行動することは何も良いことではないと感じているのです。

賑やかな場が嫌い

この世界には、本当に色々な人がいきています。

例えば、にぎやかで人がたくさんいるところを好む人。

または、その反対ににぎやかなとことが苦手で、できれば静かな場所で過ごしていたい方などさまざまですよね。

あなたはどちらのタイプでしょうか?集団行動を苦手に感じる人は、にぎやかな場所も苦手に感じていることが多いです。

にぎやかな場所では多くの人がおり、みんな元気にワイワイしてますよね。

その空気や場所自体が生理的に無理と感じてしまうのです。

集団行動をしていれば、そのように賑やかでワイワイした空気になってもおかしくありません。

なぜならばたくさんの人がいますし、本来なら楽しいことが大好きなのが人間なのですから。

しかし、賑やかな場所が苦手な人が集団行動のなかでそのような空気にあってしまうと、とたんに居心地が悪くなってしまいます。

騒いでいるし、うるさいし、だからといってその中に入ろうとも思えないし…。

そんなこんなで賑やかな場所が嫌いな人は、集団行動さえも苦手に感じてしまうようになるのです。

しかし、静かなグループや集団であれば好きになることはありえますよ。

その集団の性質によるのです。

自分の意見が言えない

集団に属していれば、自分の意見を伝えなければ何も始まりません。

なぜならば、たくさんの人がいるためにしっかりと自分の意見をいわなくては「何も意見のない人」とみなされ、嫌なことまでもやり遂げなくてはならなくなるからです。

そんなの誰だって嫌ですよね。

でも、自分の意見をもっていても誰かの前で発表したりするのが元々苦手なためにちょっとした意見さえも伝えることができないのです。

そのため、このようなタイプの人は少人数グループや1対1の対話であれば、しっかりと自分の意見を話すことが出来るということです。

自分の意見がいえないのはとてもつらいこと。

自分の意見では反対しているのに、あたかも賛成しているかのように思われるのはなんてたって嫌なものです。

個性を重んじる

集団行動をすれば、その集団の暗黙のルールに従わなければなりません。

そのルールは、集団の中の個人たちがあまり納得していないものや、それぞれの個人の才能を潰してしまうような内容のものがあるかもしれません。

しかし、多くの人は自分の個性を大切にせずにみんなに異端者と思われないためにその暗黙のルールを守っているのです。

そして集団行動を行なっています。

でも集団行動が苦手な人は、自分の個性というものを大切にしているため、わざわざそれを潰すようなことはしません。

集団行動をすればその才能がつぶれてしまうのを恐れて、集団行動をしなくなるのです。

そのように考える中で集団行動こそが危ないものを分かり、苦手になっていきます。

あなたはそのような傾向はありませんか?集団行動をしているといつもの自分を表現できないということはないでしょうか?

それに嫌な気持ちを感じるのであれば、あなたも実はひそかに自分の個性を大切にしている中の一人なのかもしれません。

なかなか自覚していない人も多いんですよ。

集団行動苦手を改善しよう!

でもだからといって、いつまでも集団行動が苦手だ!なんて思いながら生きていくのも嫌ですよね。

そのようなことを考えている方に、どのようにしたら、集団行動への苦手意識をなくすことができるのかをアドバイスします!

ぜひこれからご紹介することを行なって、あなたも集団行動への苦手意識をなくしていきましょう。

人は変われるものです!信じて突き進みましょう。

仲のいい人をつくる

大事なことになります。

仲いい人を作りましょう。

集団行動をしていると、多くの人の中のひとりとなってしまいますよね。

しかし、その中にいつもポツンと一人で存在しているのであればあまり良いことはないですよね。

だって、寂しいですし、なにしろとてもつまらないものです。

それに仲良くもない人の気持ちを気遣ったりするのってとっても疲れます。

そんなときに少しでも仲良い人がそばにいると、その世界がパッと変わるものなのです。

あなたは仲いい人がいないのではありませんか?もしも友達なて作れないと考えているかもしれません。

しかし、少しでもあなたから心を開くことが出来れば必ず仲いい人はできるので諦めないで。

人に興味を持つ

集団行動が苦手な人は、自分中心の世界に住んでいますね。

このような言い方をすると嫌な気持ちにさせてしまうかもしれませんが、少しでもその世界から抜け出し他人に興味を持つ音が出来ればあなたの世界観は変わります。

他人は他人ですから、何をしようと全く関係ないと思ってしまうものです。

しかし、そうではありません。

人に興味を持つことによって、相手はどのような人なのだろう?どうやったらそうなれるんだろう?なんて、相手のことをもっと知りたくなります。

それがきっかけで話す機会が増えたり、自然と話せるようになるのです。

話しかけてみる

自分から話しかけてみましょう。

多くの人は自分から話しかけずに誰かに話しかけてもらえることを期待してまっています。

それなのに声をかけてもらえないでいると、とたんに自分の存在する意味がないのではないかなんて思うようになってしまいます。

本当はそのようなことはないのに…。

あなたの世界はあなたの行動ひとつで変わります。

まずはあなたから気軽に声をかけてみましょう。

それまでには想像してなかったように、会話が弾むかもしれないですよ。

笑顔をつくる

笑顔ってとても重要です。

だって、ムスッとしている人といるよりは笑顔の人と一緒にいるほうが心地よいからです。

それは誰だって一緒です。

もしも、あなたが嫌なことを感じてムスッとした表情になってしまったとしても笑顔をつくりましょう。

少しでも笑顔でいることでその人に近づきやすくなりますし、あなたの気持ちそのものが穏やかになりますよ。

気を遣いすぎない

集団行動が苦手だと思っている人は、誰かに気を遣わなければならないと勘違いしています。

たしかに円滑な人間関係をやっていくためには、相手に嫌な気持ちをさせなことがとても重要ですよね。

しかし、そのように気を遣ってばかりいたらあなたが疲れてしまいます。

そうではありませんか。

もうこの際ですから気を遣いすぎないようにしましょう。

相手を思うばかりにさまざまなことで気を遣ってしまう人がいますが、気を遣うところを決めてしまえばいいのです。

相手へ意見するときは少し気をつけるなど。

気を遣われていることは相手にも伝わり、相手も話しにくくなってしまうものなのです。

もっとリラックスして、肩の力を抜いてみませんか?

自分の仕事を探す

自分の仕事を探してみましょう。

仕事とは、これといった自分であると主張できるものになります。

そのようなものがあることによって、自分自身の軸となり自信につながっていきます。

でもそれがないと誰かと話している時にも「自分はダメな人」なんて人と比較しやすくなってしまうんです。

それは集団行動を苦手にしてしまう理由にもなります。

まずは自分にこれがある!と胸を張っていえるようなことをやってみませんか。

それは仕事という名の趣味や特技でも構いませんよ。

自分の話をする

自分の話を誰かにする力をつけましょう。

集団行動が苦手な人は自分自身の意見を話したり、そもそもおしゃべりすることが苦手な方が多いですね。

だから、このようなことをいわれると「絶対に無理!」なんて思ってしまうかもしれません。

しかし、それは間違いです。

人は出来ると思ったら、必ずできるものです。

まずは身近な人に自分の意見を伝えられるようになりましょう。

その繰り返しをしていくことで自分の話す力に自信をもてるようになり、集団の中でも発言できるようになります。

自分の意見を主張する

そして、自分の話をできるようになればそのまま自分の意見を主張できるようになりましょう。

なんでも最初から集団の中で発言をしろといっているのではありません。

少しずつ自分の気持ちを声に出してみるのです。

もしかしたら、真っ向から反対されるということがあるかもしれませんね。

そのような時は怖がらずに相手の意見をきいてみましょう。

もしかしたらあなたの意見を改善するきっかけがあるかもしれません。

その話をきいても何かおかしな気持ちになるときは、その気持ちを言葉にして伝えてみるのです。

相手にも「しっかりと話せるやつじゃないか」なんて見直されること間違いなしです。

集団にいても自分らしくいればいい

集団に属していると、その集団の特性に合わせて行動しなければならなのではないかなんて考えがちですよね。

しかし、その必要はありません。

だって集団に属していようがそうでなくともあなたはあなたなのです。

この世界でたったひとりの存在になります。

その個性をつぶさずに、自分らしくいることを諦めないで。

または、自分らしくいてはいけないんだなんて思わないで。

この世界にはさまざまな人がいるものなのですから。

みんな同じになってしまっては、とても怖い世界だと思いませんか?

病気を疑う

集団行動への苦手意識が何をやってもとれない場合、または著しく恐怖心や焦りなどを感じる場合は、少し病気を疑っていいかもしれません。

これまでに集団行動のなかでトラウマになるような経験をしたことはありませんか?
みんなの前で大きな失敗をしてしまったとか、いじめられた…などなど人それぞれでしょう。

その問題は自分の中で解決したと思っていても実は心の奥深くはまだ傷ついたままで、集団行動を行なうとまたそのようなことになるのではという恐怖心が苦手意識を作り出していることがあります。

そのままでいても治る事は難しいです。

その場合は気軽な気持ちで精神科医に相談してみましょう。

またはカウンセラーに話を聞いてもらうだけでもあなたの気持ちは変わるものですよ。

集団行動に徐々に慣れていこう

今回は集団行動に苦手意識を感じている人の特徴、そして集団行動への苦手意識の改善方法をアドバイスいたしました。

いかがでしたか?

自分が集団行動のことを苦手だと思っているのがわかっていても、それを治したいと思っていてもなかなかすぐには治せないものです。

今回ご紹介した項目だけでも直せる人もいれば、そうではない人もいます。

だからこれだけで直らなくても諦めないで。

少しずつ集団行動になれるように努力していきましょう。

何事もゆっくり時間をかけるのがいいのです。

気づいた時にはきっと以前よりは集団行動への苦手意識がなくなっているはずですよ。

あなたのペースで改善していきましょう。