CoCoSiA(ココシア)

集団行動が苦手な人の特徴や改善する...(続き5)

仲いい人を作りましょう。

集団行動をしていると、多くの人の中のひとりとなってしまいますよね。

しかし、その中にいつもポツンと一人で存在しているのであればあまり良いことはないですよね。

だって、寂しいですし、なにしろとてもつまらないものです。

それに仲良くもない人の気持ちを気遣ったりするのってとっても疲れます。

そんなときに少しでも仲良い人がそばにいると、その世界がパッと変わるものなのです。

あなたは仲いい人がいないのではありませんか?もしも友達なて作れないと考えているかもしれません。

しかし、少しでもあなたから心を開くことが出来れば必ず仲いい人はできるので諦めないで。

人に興味を持つ

集団行動が苦手な人は、自分中心の世界に住んでいますね。

このような言い方をすると嫌な気持ちにさせてしまうかもしれませんが、少しでもその世界から抜け出し他人に興味を持つ音が出来ればあなたの世界観は変わります。

他人は他人ですから、何をしようと全く関係ないと思ってしまうものです。

しかし、そうではありません。

人に興味を持つことによって、相手はどのような人なのだろう?どうやったらそうなれるんだろう?なんて、相手のことをもっと知りたくなります。

それがきっかけで話す機会が増えたり、自然と話せるようになるのです。

話しかけてみる

自分から話しかけてみましょう。

多くの人は自分から話しかけずに誰かに話しかけてもらえることを期待してまっています。

それなのに声をかけてもらえないでいると、とたんに自分の存在する意味がないのではないかなんて思うようになってしまいます。

本当はそのようなことはないのに…。

あなたの世界はあなたの行動ひとつで変わります。

まずはあなたから気軽に声をかけてみましょう。

それまでには想像してなかったように、会話が弾むかもしれないですよ。

笑顔をつくる

笑顔ってとても重要です。

だって、ムスッとしている人といるよりは笑顔の人と一緒にいるほうが心地よいからです。

それは誰だって一緒です。

もしも、あなたが嫌なことを感じてムスッとした表情になってしまったとしても笑顔をつくりましょう。

少しでも笑顔でいることでその人に近づきやすくなりますし、あなたの気持ちそのものが穏やかになりますよ。

気を遣いすぎない

集団行動が苦手だと思っている人は、誰かに気を遣わなければならないと勘違いしています。

たしかに円滑な人間関係をやっていくためには、相手に嫌な気持ちをさせなことがとても重要ですよね。

しかし、そのように気を遣ってばかりいたらあなたが疲れてしまいます。

そうではありませんか。

もうこの際ですから気を遣いすぎないようにしましょう。

相手を思うばかりにさまざまなことで気を遣ってしまう人がいますが、気を遣うところを決めてしまえばいいのです。

相手へ意見するときは少し気をつけるなど。

気を遣われていることは相手にも伝わり、相手も話しにくくなってしまうものなのです。

もっとリラックスして、肩の力を抜いてみませんか?

自分の仕事を探す

自分の仕事を探してみましょう。

仕事とは、これといった自分であると主張できるものになります。

そのようなものがあることによって、自分自身の軸となり自信につながっていきます。

でもそれがないと誰かと話している時にも「自分はダメな人」なんて人と比較しやすくなってしまうんです。

それは集団行動を苦手にしてしまう理由にもなります。

まずは自分にこれがある!と胸を張っていえるようなことをやってみませんか。

それは仕事という名の趣味や特技でも構いませんよ。

自分の話をする

自分の話を誰かにする力をつけましょう。

集団行動が苦手な人は自分自身の意見を話したり、そもそもおしゃべりすることが苦手な方が多いですね。