CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

好きじゃない人と付き合う12個の理由(男女別)メリットや注意点もご紹介!

好きじゃないのに付き合う12個の理由のイメージ写真

あなたは好きじゃない人と付き合った経験はありますか?

「好きな人じゃないと付き合うなんて無理」という人の方が多いかもしれませんが、ある調査では「好きじゃないのにとりあえず付き合ったことがある?」という質問に対して6割の人がYesと答えたそうです。

そもそも恋愛はどちらか一方の片思いから始まることが多く、 付き合ううちに好きになっていった という話もたまに聞きますよね。

そこで今回は、好きじゃない人と付き合う12個の理由を男女別でご紹介します。

好きじゃないけど付き合うメリットなども解説しているので、現在アプローチを受けていて付き合うか迷っているという方も参考にしてみると良いかもしれません。

好きじゃないけど付き合ってみる、そんな行動は周りでありませんか?


好きじゃないけど付き合ってみる。

周りにこんな人、結構いるのではないでしょうか?

付き合い始める時って、 大抵はどちらかがアプローチ をすることから始まりますよね。

その段階で、アプローチされたほうには気持ちがなくても、悪い気はしません。

特に好きな人がいなかったり、相手がよほど嫌な人じゃない限り、相手に対して好感をもつはずです。

そうともなれば、好きじゃなくても付き合ってみる。

という行動に至るのは自然の流れ。

とりあえず…だったり、または何かしら目的があったりと、理由は人それぞれでしょう。

だけど、考えてみれば昔のお見合い結婚も、こんな要素を含んでいたと思いませんか?

もちろん“嫌い”だったら結婚してはいないと思いますが、それほど“好き”だったかと言うと、そうではないでしょう。

お互い“無理”ではなく、“結婚をして家庭をもつ”という共通の目的がある。

それで結婚が成立したのだから、好きじゃないのに付き合うくらいのことがあるのも、当然なのかもしれません。

女性が好きじゃないのに付き合う理由


そんな“好きじゃないのに付き合う”肯定派の私も女性です。

肯定している割に、私は自分から告白するタイプなので、好きじゃないのに付き合った経験は少なめです。

数少ない経験の中でも、私が好きじゃない人と付き合ったのは、やはり「熱心なアプローチが嬉しかったこと」と、「無理な相手じゃなかった」ことが、最大の理由ですね。

女性ですから、愛されるという感覚は、幸せや安心感を実感出来ますし、正直嬉しいんですよね。

付き合ってみないと相手のことも分からないし、とりあえず付き合ってみよう♪と、前向きな気持ちでした。

それに、自分が好きでアプローチしている場合、たとえOKしてくれたとしても、ずっと不安が付きまとうんですよね。

そういった意味では、 “相手が自分を好き”であることが分かっているお付き合いは、女性にとって何よりの幸せ なのかもしれません。

私はこんな感覚ですが、他の女性はどんな風に思っているのでしょう?

女性が好きじゃないのに付き合う理由を、ご紹介します!

1.付き合ってから好きになるタイプだから

 「自分から好きになった経験がない」 という女性も多いみたいですね。

一目惚れすることがなかったり、気になる人が出来たことがない女性はきっと、男性を内面で見るタイプなのでしょう。

一目惚れや、気になる人というのは、内面を知らない段階で好きになっています。

見た目や雰囲気であることがほとんど。

そういう感覚で男性を見ない人は、付き合って、相手を知ってみないと何とも言えない。

 内面を知っていくことで、好きになっていく ということなんですよね。

好きな気持ちからお付き合いが始まったとしても、実際に付き合ってみて、もっともっと好きになっていく感覚ってありますよね。

付き合ってから好きになるタイプという人は、そのスタート地点が違うだけ。

好きじゃない相手だとしても、ちゃんと彼と向き合って、彼を知ろうとする姿勢で付き合う。

だからこそ、付き合ってから相手を好きになっていける。

実は“誠実”なのが、このタイプなんだと思いますよ。

【付き合ってから好きになるメリットは、こちらの記事もチェック!】

2.周りへの見栄

周りへの見栄…ちょっと不純な動機であることは否めませんが、これもれっきとした理由。

ページトップ