CoCoSiA(ココシア)

ネカマな人の見分け方6選

皆さん【ネカマ】って聞いたことありますか?

ネカマとはネットワーク社会上に生息しているおかまを指す言葉。

「ネカマにまざまざと騙された…」と落ち込んでいる方。

「ネカマに騙されたくない!」と予防線を張っている方。

【ネカマ】な人の見分け方やポイントをチェックしておきましょう。

今現在、ネット上で女性を装ってネカマライフを謳歌している現役ネカマの皆さん。

ネカマだというのは“この辺り”でバレやすいというポイントを知っておけば、より完璧なネカマに近づく手掛かりになるかも…!?

ネカマな人の見分け方6選

さて、ではここからは【ネカマ】な人なのかどうかを見分ける際のポイントとなる部分を詳しく紹介していこうと思います。

1. 大袈裟な感情表現をしている

ネカマな人の特徴の一つ目は、非常に大袈裟な感情表現をするという点です。

過剰に喜び、過剰に悲しみ、喜怒哀楽の表現がとても豊かでなのです。

自分とは異なる人格を作り出す時というのは、どうしてもナチュラルな様子ではなく、キャラクターチックな表現になってしまうものかもしれません。

特に異性のキャラクターを演じるとなると、異性に対して抱いているイメージ像を強く表現しようとするがあまり、その個性となる部分を出し過ぎてしまうんです。

嬉しい時は「わーいっ♪」など可愛らしい部分をアピールしたり…。

悲しい時は「しょんぼり…」

など、理想とする可愛らしい女性像やアニメキャラクターのような表現を用いてしまうんです。

一見可愛らしく感じるかもしれません。

でもこれはよくよく考えてみると、意外とリアルの女性で使う人はあまりおらず、“痛い”と言われてしまうような表現です。

2. 女性言葉を多用している


主に女性が使う女性言葉というのがありますね。

女性言葉は“てよだわ言葉”と言われています。

「よくってよ」「~~だわ」のような言葉は明治時代に流行したものです。

それに加え「~よね」「~かしら」など、女性特有の語尾の言い回しも多々あります。

ネカマの人はこういった女性らしい言葉を選んで使う傾向が強いかもしれません。

オネエ系のおかまさんをイメージすると分かりやすいと思います。

こういった言葉は今や女性というより、オネエ系の人を象徴する言葉遣いになりつつあります。

または中高齢以上の一部の女性が使うイメージが強いでしょう。

実際、現代の若い女性はあまりこういった女性言葉を使う人は少ないですよね。

「~じゃん」「~だよね」「~だね」など、男女ともに使用するユニセックスな言い回しを使うほうが多いです。

ネカマの人はオネエ系の人同様、男性らしさを控え、女性らしさを前面に押し出そうと注意しています。

そのため、こういった女性言葉を用いることが増える傾向があります。

3. ファッションに詳しい

ネカマの人は、より女性的であろうとするがために、そのための研究やリサーチに力を注いでいます。

SNSなどで女性になりきっているネカマは、日常生活も女性として過ごしているように見せているわけです。

その人の本質が透けて見える様な発言をする時も、気を付けなけらばなりません。

それこそ、女性が身につけているファッションや流行のアイテムなどをきちんと熟知しています。

そうやって、女性としての価値観や感性を磨いておくことで、その人が女性であるということに信憑性が増すのです。

ですので、ネカマの人は無駄に女性に関するファッションやトレンドに敏感な節があります。

「●●の新作かわいい~」なんていう風に女性向けブランドに関心を持っている人は、女性らしさを感じますよね。

本格的にネカマを楽しんでいる人の中には、実際に女性向けの商品を購入します。

そして、その写メをSNSなどに掲載することも。

まさかそんな人の実態が男性だなんて思いもよらないでしょう。

4. 恋愛トークが多い


ネカマの人は、意外なことに恋愛トークをしたがります。