CoCoSiA(ココシア)

足裏フェチ集まれ!理想の足裏ってこういうのですよね?


色々なフェチの人がいますが…あなたはいったい、どこのフェチですか? 体のどの部分に魅力を感じますか?

もしも”足裏”にフェチを感じる方であれば、この記事はあなたのために用意されたものといっても過言ではありません♪

夏のシーズンに近づくにつれて男女共にサンダルを履く機会が増えますね。

また、裸足で歩く機会も増えていきます。

冬に近づけばタイツや靴下の中からひっそりと顔をだす足裏に、キュンキュン胸がドキドキしているのではありませんか?

この記事では、そんな”足裏”に魅力を感じる方に向けて、どうして足裏に魅力を感じるのか?

足裏のどこに魅力を感じることが出来るのかをお伝えしています。

また、好きな相手などが足裏フェチだった場合に少しでもよく見られるために足裏をより魅力的にみせることのできるケア方法までお伝えしていますよ!

この記事を読んで足裏の魅力をマスターし、あなたも足裏が美しい人になりましょう♪

なぜ足裏に魅力を感じるのか

足フェチとか、おしりフェチとか手の血管フェチなどは、どこかで聴いたことがあるかもしれませんね。

それらは、フェチを持っている人ではなくてもなんとかなく”ああ、この感覚がいいのかな?”なんて想像しやすいものです。

しかし、足裏となってしまうとそれは逆転…。

「いったい足裏のどこがいいの?」「汚い場所なんじゃないの?」なんて思われる方もいるのでは? でもよく考えてみてください。

足裏って常に露出している場所ではないこと。

そして、見ることのできるのはほんの少数人数しかいないこの。

言って見れば、限られた人しか足裏を観ることが出来ません。

そのような”ヒミツの花園”のような場所だからこそ、魅力を感じることが出来るのです。

では、足裏に魅力を感じてしまう理由を二つ、詳しく見て行きましょう。

普段は見れない所なので見えた時に魅力を感じる

繰り返しになってしまいますが”ヒミツの花園”的な場所が、足裏だといえます。

普段は、靴やサンダル、そして靴下やタイツなどを履いており、なかなか露出する機会がありませんよね。

足裏を出しているのって、家でリラックスしているときだったり、お風呂に入る直前だったり、それも限られた時間しかありません。

また、足裏のケアを徹底している方や冷え性対策を行なっている方は、家にいても常に靴下などを履いているもの。

そんな方が足裏を誰かの前で出すなんて、珍しいことなんです。

そのように”珍しいもの””なかなか見れないもの”に人は魅力を感じるようになっています。

この心理で気になってしまうものといえば、”パンチラ”があります。

スカートがひらりひらりしている…女性のおパンツが見えそうで見えない!ああ…あと少しで見えそうなのに。

どんなのを履いているんだろう?そんな気持ちと似ています。

ですから、女性のパンチラを期待したことがある方であれば、足裏に感じる魅力を想像しやすのではないでしょうか?
いつも見えている腕や足などは、当たり前に見えているもの。

でも女性が髪の毛をアップにしたときに見えるうなじ、そして時たま見せる男性の筋肉質な胸元…それに魅力を感じるものです。

足裏はそれらと場所は違いますが、同じ心理で魅力を感じられるようになっているのです。

その人の生活を想像することができる


足裏ってキレイな人もいれば、ガサガサな人もいるもの…。

ハンドケアやお顔のケアをしっかりしていても、足裏のケアまで行き届いていなことってよくあるんです。

それは、少し”抜け”ているからでしょう。

このように足裏のケア加減によっては、その人の生活スタイルを見ることが出来てしまうんです。

また、足裏のかかと部分がガサガサになりがちな人って「浪費しやすい人」なんていうジンクスもありますよね。

または、これから大きなお金を使うことになるから注意しなさいよっていう警告であるという見方もあります。

要するに、足裏のケアが行き届いていないとそれだけ”忙しい”生活を送っているか、はたまた自分自身を大切にしていないか・・・それか栄養バランスの整った食事をしていないためにターンオーバーが乱れているなんてこともあるんです。

たった一つ「足裏部分」を見るだけで、その人の生活を少しだけ想像することが出来てしまうのです。

しかし、そのように悪い想像だけでは相手に失礼ですよ。

根っからの乾燥肌で足裏がガサガサしてしまっているかもしれないのですから。

足裏フェチの理想の足裏とは

足裏のどこに魅力を感じるかを見てきました。

足裏フェチではない方は、その魅力を感じるところに納得することが出来たでしょうか?魅力を感じるのが「いつもは見えないところ」「その人本来の生活を想像することが出来る」ということでしたが、キレイな足裏に越したことはありません。