毎日を楽しく過ごしたいと思いつつも、それでも人生にはいろいろな時がありますよね。

楽しい時も、つらい時もあるのが人生です。

でも最近、「なんだかいいことが全然なくて、人生が楽しくない!」って感じているなら、どうしたらいいのでしょうか?
もっと毎日を充実させるために、どうしたらいいか考えてみましょう!

最近いいことがないな、、なんて感じてませんか?

毎日仕事や学校、そして家での生活の繰り返し。

なんとなく毎日を過ごしていたり、いつもと変わらない日々を過ごしているかもしれませんが、「なんだか毎日がつまらない!」って感じることありませんか?
何か刺激的なことがあったり、わくわくするようなことがあると、仕事だって学校だっもっと楽しく感じるものですよね。

でも、毎日がつまらなく感じたり、「いいことがない・・・」って感じると、日々の生活に張り合いがなかったり、頑張る力も出なかったりします。

さらに、「自分、最近ついてない・・・」って感じると、なんだか憂鬱な気分にもなるかもしれません。

どうして自分にはいいことがないんだろうと思うと、幸せそうな人をみて羨んだり、自分だけ孤独を感じたりすることもあります。

なんでもうまくいかないように思うときって、積極的に物事を考えたり、見たりすることが難しくて、周りの人にも当たってしまうこと、ありますよね。

そんな、人生に疲れてしまっているようなときって誰にでもあると思いますが、どうしてそんな風に感じてしまうのでしょうか?
そして、自分を元気づけるためにどんなことが必要なのでしょうか??

いいことがない、そう感じる原因としてこれは当てはまりませんか?

「自分にだけ全然いいことがない」、「自分はついていない人間だ」。

人生の中でそう思うときって、誰にでもあることなのかもしれません。

でも、あんまりそのように感じないポジティブの人と、よくそのように考えてしまうネガティブ思考の人って、同じような状況に直面しても全然違った反応や考え方をすることがあります。

つまり、「毎日が面白くないし、いいことなんて一つもない」と感じやすい人と、そうでもない人がいるわけです。

もちろん、人の状況はいろいろあって、マイナス思考になってしまう時は誰でもありますができれば、毎日をもっと楽しく過ごしたいですよね。

だから、どうして自分は人生に悲観的になってしまうのか、どうしたらもっと楽観的になれるのかを知るのは、これからの日々にプラスになることでしょう。

ではまず、毎日を消極的に感じてしまう原因や理由ってどこにあるのでしょうか?

「自分の性格がそうさせている」パターン

「いいことがない」と感じるときはとかく、自分ではなくて周囲のことを批判的にみているかもしれません。

「自分の人生って最悪だ」そう思っていると、どんどんと消極的になって負のスパイラルが止められなくなることもありますよね。

自分ではどうしようもない、ということももちろんあるとは思いますが、でも、実は自分自身の性格に原因があることもあるんです。

自分の性格、考え方の癖などによって、人生を悲観的に考えやすいのであれば、自分をちょっと変えるでけで、もっと毎日が楽しくなったり、充実するかもしれませんよ!
では、どんな性格が原因で「毎日にいいことなんてない!」と感じてしまうのでしょうか?

いいことがない原因1.やさしすぎる

やさしい人は周囲から好かれます。

それに何かと頼られることも多かったりしますよね。

やさしい人というのは、自分より周りの人の気持ちとか考えを優先します。

それって、本当に素晴らしいことですが、ちょっと問題も起きることがあります。

人に対してやさし”すぎる”と、自分の意見や気持ちなどを人に伝えることができません。

相手の意見や気持ちがわかると、いっきに自分はひいてしまうのです。

つまり、本心や本当の願いなどを相手に伝えることができなかったりします。

もし、自分の気持ちを話して相手にいやな思いをさせたらどうしよう、そうなるくらいなら自分が損をすればいいや、と思ったりするのです。

そのように、相手をいつも優先して合わせられる人は、相手が喜んでくれる姿をみて、自分もうれしいと思うと同時に、その我慢がつづくとストレスが溜まります。

でも、そのストレスが溜まっても、それをぶつける相手もいないし、後々自分がとても損をしていたりしても、相手に伝えることができません。

確かに、相手の気持ちを優先できるというのは素晴らしいことですが、それによって自分の本当の気持ちや都合を言うことができずに、いつも我慢や損をしていると、「自分の毎日にいいことなんて一つもない」と思ってしまう時があるのです。

人と一緒にいるときには、相手も自分も同じように楽しいと思えるように折り合いをつけたり、理解し譲り合っていくと、長く付き合っていけるものですが、そのような関係になれずにいつも自分ばかり損しているような気持ちになると、人生は楽しくありませんね。

いいことがない原因2.自己中心的で他人のせいにする

自分で自分のことを「自己中心的だ」と気づくのって結構難しいことですが、もしかしたらそれが原因で「いつもいいことがない」と思っているのかもしれません。

自己中心的な人は、すべてのことが自分の考えや感じ方だけで回っていることがあります。

つまり、周りの人はどう考えているのか、どう思っているのかということをあまり考えることができません。

それにプライドが高いので自分の失敗を認めたりするのも難しいようです。

それで、何か失敗したときやうまくいかないことがあると、すぐに人のせいにして、「自分はこんなに頑張っているのに、どうしてこうなるの!?」と思ってしまうかもしれません。

そして、その先には「いいことなんて何もない!」というすべてを否定するような考え方になるのです。

でも本当は自分にも問題があったり、改善すべき点があり、そこから学ぶ機会があるのに、自己中の人はそのことに気づけないでいるのです。

それでは、前に進むことって難しいし、視野が狭くなってしまいますよね。

それに、人のせいにしていると相手を非難することになるので、周りの人をどんどんと引き離していきます。

そうなるともっと、人生が悲しくてむなしいものになるかもしれません。

いいことがない原因3.自己肯定感が低く、小さな失敗がいつまでも気になる

あなたは自分のことをちゃんと認めたり、褒めたりすることができますか?
自分のことを否定ばかりしていませんか?
自己肯定感が低い人は、自分のいいことろや自分の価値について認めるのを難しく感じることがあるようです。

そして、何か失敗してしまったときには特にそれを引きづって「自分はダメだ」という気持ちになりやすくなります。

誰でも失敗するし、誰でもうまくできないことってあるので、失敗はしょうがないことなのに、小さな失敗でもずっと気になってしまって、周囲の人はもう忘れているようなことでも本人はちゃんと立ち直れていないということもあるのです。

そうなると、今ちゃんとできていることも認めることが難しくなって、自分が嫌いになったり自信を持てなくなったりします。

自分を肯定する、ということよりも、自分のダメなところや弱さに注目して「もっと頑張らなければ」、「もっとちゃんとできないといけない」と思うことは、たまには必要なことかもしれませんが、でも、いつもそのように考えて自分に負担をかけるだけで、できていることさえ無視してしまうなら、きっと疲れてしまうことでしょう。

疲れてしまったり、自分に自信がなくなってしまうと、何もかもが嫌になったり楽しくない、と感じてしまうかもしれません。

いいことがない原因4.決断力がなく、後手にまわってしまう

決断力に欠けている人は、自分の考えなどに自信を持てなかったり、人の意見に左右されやすかったりします。

そうすると、いつも何事も人より後手に回ってうまくいかなかったりすることがあります。

つまり、何事もやることが遅いということですね。

小さな作業をする時にも、何かしらと迷いがあると作業は効率的に進みません。

一つ一つを全部他の人に聞かないとできなかったり、安心できなくて作業が進まず、結果うまくいかないという気持ちになって、自信もなくしてしまうかもしれません。

さらに、自分の意見や考えに自信を持てないと、人が何か強く違った意見を述べたときにすぐにそちらに揺らいでしまいます。

そうすることで、最終的な判断ができずに無駄に時間が過ぎ、焦ることになり、うまくいかなくなったりします。

決断すべき時にも「もしこうなっちゃたらどうしよう」とか「こっちの人はどう反応するだろう」というような心配がのしかかるので、決断できずに、絶妙のタイミングも失い、自分にとっても周りの人にも迷惑をかける結果になるかもしれません。

慎重に決定するとか、相手に合わせられるというのは、とてもいいところですが、逆に言えば弱気で消極的で受け身で煮え切らない人ということになってしまうのです。

そのような人は、何事も後手に回り、自分の願っていた通りに物事が進まないことが多くなり「何事もうまくいかない」というように感じることが多くなります。

いいことがない原因5.注意力が足りない(いいことに気づけていない)

性格がもともとネガティブな人は、悪いことにはすぐに気づくけど、いいことはスルーしてしまう傾向があるでしょう。