読書が趣味だという人って、意外と少ないですよね。

近年、スマートフォンの普及により、本を読むという行為自体、しないという人が増えつつあります。

ですが、実は読書には、ものすごく良いメリットが沢山あるんです。

️最近、読書してますか?

最近、読書をしていますか?と聞かれて、しています!と答える人って少ないですよね。

それだけ現代人は、活字離れが進んでいます。

スマートフォンの普及により、小説を読むよりも、SNSのチェックに大忙しです。

ですが、読書には私たちにとって良いメリットが沢山あります。

読書は、単に文字を読むだけの行為だと思われがちですが、実は、文章を頭に入れることで、様々なことを考えて、自分の中で想像を膨らますことが出来る、心理的活動です。

漫画はすでに描かれている絵が目の前にありますので、台詞や文章を読んでも、あまり想像力を膨らますことは出来ませんが、小説は自分の中で、色んな世界を繰り広げることが出来るんです。

また、実は読書をすると、ストレス解消が出来るんです。

静かな場所で落ち着いて読書をすると、たったの6分で約60%以上のストレスを、軽減させることが出来るというのが解っています。

本を読むことで、自然と心を落ち着かせることが出来ますので、日々の育児や家事、仕事に追われてイライラしている時に、ちょっとした時間を使って読書をしてみるのも良いでしょう。

また、読書をしている時は、頭の中で色んなことを考えるので、感情的になることはありません。

そのため、冷静に、論理的に本に書かれている内容を解釈しようと、自然と頭が働くようになりますので、論理力を高めることが出来ます。

このように、読書には、様々なメリットがありますので、是非、日常生活に取り入れてみましょう。

️大人だからこそ読書をススメたい!


大人になると、毎日仕事に追われて、家に帰っても家事や育児をして、なんて、慌しく過ごしていると、落ち着いて本を読む時間なんてありません。

昔は読書が趣味だったのに、最近はめっきり、本を読まなくなったなんて人も多いのではないでしょうか。

よく、本を読まなくなったら大人だと言われますが、自分の生活を今一度振り返って見て下さい。

1日の生活の中で、本当に寝るまでバタバタと過ごしていますか?やっと家事や育児も終わって、これからが自分の時間だといって、ダラダラと過ごせる時間ってあるんじゃないでしょうか。

そうなんです。

別に大人になってからでも、本を読もうと意識をすれば、読書をする時間はいくらでも設けられるんです。

若い頃は、色んな知識をとにかく吸収して、自分のものにしたいと思ったり、知らないことを理解した時の達成感が嬉しくて、とにかく色んな本を読み漁る時期があります。

ですが、大人になってしまいますと、そういった欲も無くなり、読みたいジャンルの本自体が少なくなってくるため、本を読もうという意欲が薄くなっていくんです。

確かに、限りある自分の時間を、どう使おうかというのは個人の自由です。

ですので、本当に時間がもったいないと思うのでしたら、本を読まないという選択も有りでしょう。

ですが、読書は心を落ち着かせて、リラックスをしたり、ストレス解消には欠かせないものです。

自分の好きなジャンルの本を探してみて、大人だからこそ出来る読書を、自分のスタイルで楽しんでみては如何でしょうか。

自分の時間を、より有意義に過ごせるかもしれませんよ。

️読書をするべき理由13個

小さい子どもに絵本を読み聞かせてあげると、子どもの想像力を高めることが出来たり、物事を自分で考える力を作ることが出来るなど、様々なメリットがあります。

そのため、読書は世界各国で重要視されているのですが、大人が読書をすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

その理由について考えてみましょう。

1. 趣味の時間が持てる


慌しい毎日を過ごす現代人にとって、のんびりと何も考えずに過ごすことが出来る時間を作るのは、ものすごく大切なことです。

ですが、実際に休日に何もしないで、ただ寝て過ごしてしまいますと、なんて勿体無いことをしてしまったんだ!と後悔しませんか。

自分にとって有意義な時間を過ごすためにも、何か1つでも趣味を持つのは、ものすごく大切な事です。

そこでおすすめなのが、読書です。

読書は、場所もとらずに、何時でも好きな時に、自分の好きな本を読むことが出来ます。

お部屋でお気に入りの音楽やお茶などを飲みながら、ゆっくりとリラックスした状態で読書を楽しむのも良いでしょう。

また、たまにはオシャレなカフェに足を運んで、ゆっくりと好きなだけ読書にふけるのも良いでしょう。

カフェであれば、美味しいものを食べながら、ストレス発散も出来ますよね。

同じようにのんびりと過ごす休日も、ただ寝て過ごすよりも、読書をして過ごしたほうが、休日を満喫した気分になります。

読書をするための本は、何でも構いません。

ミステリー小説でも恋愛小説でも、勉強のためのマニュアル本でも、好きなものを好きな時に読むことで、頭をスッキリとさせる事が出来るんです。

次の休日はどんな本を読もうかと、平日の仕事の合間に探すのも、楽しみが増えておすすめですよ。

2. ストレス解消になる

読書を6分間すると、実はストレスが3分の2以上軽減されるんです。

実際に数値にすると、読書は68%、音楽鑑賞は61%、コーヒーを飲むのは54%、散歩に出かけるのは42%のストレスが解消されると言われています。

つまり本を読むという行為は、ストレスが溜まった時に実践することで、かなり効果が期待出来ます。

ストレスが溜まると、どうしても感情が抑えられなくなって、人や物にあたってしまう人や、暴飲暴食に走ってしまう人がいます。

そういった行為をしてしまうと、後で酷く落ち込んだり、そんな自分が許せなくて、自己嫌悪に陥る人もいるでしょう。

ですが、読書であれば、誰か他人に迷惑を掛けることなく、1人でそっと行う事が出来ます。

また、読書をすると、本の内容が知識として吸収されますので、自分にとってメリットが沢山あるんです。

読書をしていると、次第に本の内容に引き込まれていって、あっという間に時間が過ぎ去ります。

何に対してストレスを感じていたのか解らなくなるくらい、面白い本に出会えると、怒りや悲しみなどの感情は何処かにいってしまって、早く本の続きを読みたくなる事でしょう。

会社に行く時は、カバンの中にお気に入りの本を一冊入れておくと、ストレス解消にもなりますので、大変おすすめですよ。

3. 異世界に没頭できる

本を読むと、色んな世界に引き込まれて、まるで自分もその本の主人公になったような気分になりませんか。

このように、読書をすると、その本の世界に没頭する事が出来るため、知らないことを知ることが出来る機会に触れることが出来ます。

純粋に知らないことを知るのは楽しいですし、SNSやインターネットで検索をして得る知識とは違った吸収の仕方が出来ますので、何よりも印象に残りやすいというメリットがあります。

また、人間は1人1人、同じ景色を見ていても、感じ方が違うように、読書も読んでいる人それぞれに、違った感じ方があります。

その本を読むことで、新しい視点を与えてくれるので、自分の概念を覆されることもあるでしょう。

このように、読書をすると、自分の部屋で読んでいるだけにも関わらず、色んな世界に引き込まれて、いろんな考え方を学ぶことが出来ます。

冒険物のファンタジー小説であれば、自分が魔法を使えるような気分になりますし、殺人ミステリーであれば、自分は名探偵になったような気分になるでしょう。

恋愛小説であれば、クラスで一番格好良い男性から好きだと告白されてしまうかもしれません。

読書は、自分の中にある新しい考えや扉を開いてくれる、素晴らしいものです。

是非、ちょっとしたスキマ時間を使って、色んな本を読んでみましょう。

4. 移動時間の暇つぶしになる

学校や会社に行く時に、電車を使う人は、移動時間を使って何かをしていますか。

スマートフォンが普及している現代では、殆どの人が、インターネットを使って、SNSをチェックしたり、調べ物をしたり、音楽を聴いたりしていると思います。

ですが、この電車内での移動時間こそ、読書をするのに一番適しているんです。

スマートフォンは、充電時間があります。

そのため、移動距離が長ければ長いほど、使用することで電池をくってしまい、中には会社や学校に着く時点で、充電が半分を切っているなんてことも、あるのではないでしょうか。

読書であれば、充電時間を気にすることなく、何時までも読み続けることが出来るというメリットがあります。

また、電波にも影響されませんので、途中で通信が途切れてしまって、イライラするといった事もありません。

これから仕事や授業があるというのに、思うようにインターネットが使えないとなると、イライラしちゃってストレスが溜まりますよね。

また、帰りは帰りで、残り少ない充電時間を使って、スマートフォンを使うのは、更にストレスが溜まります。

電車内での読書は、毎日毎日読み続けることで、それが次第にルーティンに繋がるというメリットがあります。

ルーティンとは、集中力を高めたり、精神を落ち着かせる効果があり、まさにこれから仕事や授業を受ける、学生や社会人にピッタリだと思いませんか。

脳が活性化する朝は、自分を磨くための本を読んで、帰りの電車内では、リラックス出来る本を読むようにすれば、心の疲れを癒すことが出来ますよ。

5. 新しい価値観を知れる

読書をする時に、どうしても私たちは、自分の性格や趣味に合わせて本を選んでしまいがちです。

そうすると、どうしても本のジャンルが偏ってしまいます。

もちろん、それが悪いわけではありません。

自分の好きな時間を、好きな本のために使うのは、非常に心地が良いですし、好きなジャンルを極めるというのも、読書の醍醐味だと言えます。

ですが、自分が絶対に読まないようなジャンルの本を手にすると、読み終わった時に、新しい価値観を知ることが出来るというのも、読書の魅力です。

無理に苦手なジャンルに手を出すのは、ストレスが溜まってしまう可能性がありますので、まずは自分が欲しい情報が書かれている本や、このジャンルであれば読めるかもしれないと思えるような、本を手に取ってみましょう。

いきなりハードルを高く設定してしまいますと、かえってジャンルが違う本に手が出しにくくなりますので、行動を起こしやすいように、工夫をしてみて下さい。

継続をするためには、ジャンルの違う本を読んだら、自分の好きな本を読むなど、小さいハードルを沢山作って越えていくことが大切です。

また、最初の一歩は、巷で話題になっている本を読んでみるというのも、大変おすすめです。

そうすれば、手が出しやすいですし、読み終わったあとの感想などを、色んな人と共有する事が出来るでしょう。

そして、自分の趣味とは違うジャンルの本を読むことに慣れてきましたら、読書会などに参加をしてみるのもおすすめです。

読書会は、色んな業種や職種の人、新しい価値観を持つ人に出会える素晴らしい場所です。

是非、自分の視野を広めるためにも、積極的に活用してみましょう。

6. 知恵や知識がつく

読書をすると、専門的な知識を、広く深く学ぶことが出来ます。

本は基本的に、あるテーマを設定して、そのテーマを元に、徹底的に追求をした情報を一冊にまとめています。

料理であれば、ケーキの本やクッキーなどのお菓子の本、和食の本などです。

また、掃除の仕方についての本もあれば、パソコンについての本などもあるでしょう。

そのため、その本をしっかりと読めば、そのテーマについての知恵や知識を、しっかりと身に付けることが出来るんです。

また、読書を始める前に、目的を明確にすると、より知識を深めることが出来ます。

本を読んだら、それだけで終わるのではなく、自分自身できちんと内容を吸収するためにも、解らないところは徹底的に調べたり、自分の言葉で考えてみるのも良いでしょう。

そして、ダラダラと読み流すのではなく、集中して読むというのも、重要なポイントとなります。

読書は、意外と真剣に集中をして読むと、疲れるものです。

そのため、きちんと休憩を間に挟みながら読むようにしましょう。

メリハリを付けることで、きちんと内容を理解して、知識として身に付けることが出来ます。

そして、自分の部屋で読むと、ついついダラダラと読んでしまいがちです。

通勤途中の電車の中や、図書館などの公共の場などを利用して、集中できる場所を探すと良いでしょう。

人間は、集中力をより高めることが出来る時間は、25分が限界だと言われています。

そのため、それくらいの時間を目安に、1度休憩を入れると、効率よく知識を深めることが出来るでしょう。

7.語彙力が上がる

読書をすると、自然と語彙力が上がると言われています。

その理由は、本を読むことで、正しい言葉やその意味を知ることが出来るからです。

また、本を読む時に、解らない言葉が出てきたら、そのままにしておくのではなく、出来る限り意味を調べるようにしましょう。

そうする事で、より語彙力を身に付けることが出来ます。

語彙力は鍛えることで、人間の考える力を身に付ける事が出来ます。

何故かと申しますと、言語が、人間の思考のもととなっており、言語の基礎が語彙力だからです。

人と会話をしている時や、文章を考えている時に、どうやって言葉にして伝えるべきか、悩んでしまうことってありませんか。

また、ニュースや読書をしている時に、解っているようで、実はあまり理解できていないという経験はありませんか。

その理由は、語彙力が足りていないということが挙げられます。

語彙力は、単に色んな言葉を調べるだけでは意味がありません。

重要なのは、量よりも質を求めることです。

語彙力を鍛えるために、がむしゃらに色んな言葉を知っても、その言葉を、適切な時に正しく使う事が出来なくては意味がありません。

そのため、沢山の言葉をインプットするためにも、気になった言葉に触れたら、必ず調べて、その言葉を記録するようにして、言葉一つ一つの意味をきちんと考えるようにしましょう。

そうすれば、読書をしていても、単語の意味がしっかりと理解できるようになり、益々楽しむことが出来るでしょう。

8.表現力がつく

読書は、ただ本を読んでいるだけにも関わらず、実は表現力が身につきます。

そのため、コミュニケーション力も、アップさせる事が出来ると言うのをご存知ですか。

その理由は、私たち人間の言語能力は、それまでに培ってきた知識量と比例しているからです。

読書をすると、本を書いた作者の色んな考え方や、知らなかったことを知識として蓄えることが出来ます。

そのため、物事に対する表現力を、自然と身に付けることが出来るんです。

また、色んな本を読むことで、同じ事柄でも、何通りでも表現する事が出来るようになります。

表現力が豊かになると、色んな人と会話をしていても、きちんとその人たちに、何をしたいのか、自分の気持ちは何なのかと言うのを、明確に伝えられるようになります。

話す力だけではなく、メールや手紙など、自分の気持ちを相手に解りやすく、文章でも表現する事が出来るようになります。

読書は誰もが特別に、表現力を身に付けたいから読むという人はいませんよね。

色んな本を沢山読むことで、自然と身に付けることが出来るのが表現力です。

是非、様々な本に触れて、自分の考えや思っていることを、色んな言葉で伝えられるようにしましょう。

9.想像力がつく

読書をすると、ストーリーを読みながら、自分の頭の中で、常に色んなことを考えるようになります。

そのため、想像力が豊かになるんです。

本は、漫画とは異なり、絵がある訳ではなく、常に活字を追いかけている状態です。

ですので、ノンフィクションやフィクションに関わらず、その文字を見て、自分の頭の中で、主人公の考えや、シーンの風景などを想像して、自分の頭の中で物語を理解していきます。

また、読書の面白いところは、同じストーリーでも、読む人によって、様々な想像力が働くと言うことです。

そのため、1冊の本を読み終わった頃には、頭をフル回転して、自分の中で、自分にしか表現する事が出来ない世界を、作り上げることが出来るというのも、読書の魅力だと言えます。

そして、この想像力は、様々な本を読むことで、更に豊かになります。

同じ本でも、数年後にもう一度読み直すことで、また違った想像力を働かせて、別のストーリーを頭の中で作り出す事が出来るでしょう。

想像力が豊かになると、人生において様々な面でメリットが生まれます。

恋愛や人間関係においても、色んなことを想像して、相手の気持ちを汲んだ行動をする事が出来たり、仕事でも、上司が何を言っているのか、クライアントが何を伝えようとしているのかと言うのを、明確に理解する事が出来るようになります。

是非、想像力を豊かにするためにも、日ごろから様々な本に触れて、読書をするように心掛けましょう。

10.人生の学びがある

読書をすると、作者の色んな考えや知識を吸収する事が出来るので、まさに人生を本から学ぶことが出来ます。

それは、学校の授業で先生から教わることよりも、インターネットで調べて得た知識よりも深く、自分の心に刻まれます。

大人になると、どうしても仕事が忙しくなり、思うように読書をする時間が取れなくなるかもしれません。

ですが、出来る限り時間を有効活用して、読書をする時間を作るように心掛けましょう。

年に100冊ですと、ちょっと意識をしないと読むことは出来ませんが、50冊程度であれば、スキマ時間でも十分に読むことが出来る冊数です。

読書は、まとまった時間が無いと読めないと思っている人は間違いです。

通勤時間や休憩時間、会議が始まるまでのちょっとした時間などを活かして、サッと読むことが出来ます。

常にカバンの中に、最低でも1冊は本を入れる習慣を付けましょう。

そうすると、空いている時間に自然と読書をするようになり、様々な知識を得ることが出来るようになるでしょう。

また、人生を学ぶことが出来る本は、何もビジネス書だけに限りません。

普通の小説でも、人生を学ぶことは出来ます。

そのため、自分の好きなジャンルや作者の本でも構いませんので、どんどんと積極的に読むようにしましょう。

11.多角的な視野を持てる

読書をすると、様々な表現方法を学ぶことが出来ますし、自分の中で、様々なストーリーを想像する力も養うことが出来るようになります。

そして、その力は、多角的な視野も持つことが出来るようになるんです。

仕事をしていると、どうしても相手と意見が食い違ったり、上司から自分が考えている内容とは違うことを言われて、モヤモヤすることってありますよね。

そこで、諦めて相手の言う事に従うのも1つのやり方ではありますが、どうしても相手の言う事に納得が出来ない場合は、その意見は違うと、はっきりと自分の気持ちを伝える場面も出てくる事でしょう。

ですが、単にそこで感情的になってしまうと、相手と口論になり、余計話がまとまらなくなる可能性が出てきますので、注意が必要です。

読書をしていると、物事を論理的に考える力が養われますので、冷静に今起こっている状況を理解して、話を分析する事が出来ます。

そして、その事に対して、否定をするのであれば、何故否定をするのか、メリットやデメリットをきちんと考えたうえで、話をする事が出来るんです。

また、相手としっかりと話をすることで、今まで自分が持っていた固定観念が覆ることもあるでしょう。

考えてもいなかった意見を聞くことが出来るかもしれません。

読書をしていると、多角的な視野を持てるようになるので、相手の意見に納得する事が出来れば、素直にそれを受け入れるだけの心の余裕が持てます。

そして、自分の知識として吸収する事が出来ますので、何でもかんでも感情的にならないマインドを身に付けることが出来るんです。

12.集中力が高まる

読書をすると、自然と物事に対する集中力をアップさせる事が出来ます。

その理由は、活字を読むことで、頭の中でストーリーを思い描き、自分なりに表現をして、本を理解するために脳が働くからです。

読書は集中力トレーニングに有効だと言われています。

読書が苦手な人は、最初は10分本を読むだけでも疲れるかもしれません。

ですが、何度も何度も読んでいるうちに、自然と集中して本が読めるようになります。

そして、読書によって集中力を高めることが出来れば、それは勉強や仕事など、様々なところで活用する事が出来ます。

読書で集中力を高めるためにも、まずは積極的に色んな本を読むようにしましょう。

慣れるまでは、自分の好きなジャンルに偏っても構いませんので、とにかく色んな本に触れることが大切です。

また、集中力を高めたいからと言って、何時間も読書をし続けるというのは控えるようにしましょう。

読書は本気で集中をすると、思った以上に体力を使います。

頭の中で色んなことを考えますので、大体20分程度読みましたら、一度休憩を挟むくらいが丁度良いんです。

また、読書が苦手な人が、無理やり本を読み続けると、かえって活字嫌いになる可能性もあります。

自分にとって面白い本に出会う事が出来れば、自然と集中力を高めることが出来ますので、是非そんな1冊を見つけてみましょう。

13.ボケの防止につながる

本を読むと、頭の中でその本の物語をイメージして、どんな内容だったかというのを考えるようになります。

すると、自然と頭を使って色んなことを想像するので、ボケ防止に良いんです。

また、読書をして得た内容を、周りの人に話す事で、感動を共有する事も出来ます。

これも、実はボケ防止に良い効果をもたらしてくれます。

本の内容をイメージするというのは、自分の頭の中で、論理的に話をまとめて、話を要約する力を養うことが出来ます。

そして、感動を共有するというのは、自分の思考力を高めることで、自分を客観的に把握する能力を高めることが出来るんです。

読書は、認知症予防やボケ進行の予防に有力だと言われています。

自宅でも気軽に始める事が出来ますので、取り入れている人も多いんですよ。

️大人の読書離れが起きている原因

近年、大人の読書離れが問題視されています。

実は、1年に1冊も本を読んでいないという人が増えているんです。

実際には何で、そんな活字離れが起こっているのでしょうか。

忙しいから

大人の活字離れには、様々な理由が挙げられますが、理由は実に様々です。

中でも、一番多いのが、仕事が忙しくて、読書をしている暇がないということです。

夜遅くまで仕事をしていて、家に帰ると寝るだけという生活を送っている人にしてみると、落ち着いて本を読む時間なんて無いということでしょう。

ですが、考え方を変えてみれば、仕事中のちょっとした休憩時間を活かしたり、通勤中の電車の中でも、十分に読書を楽しむことは出来るんです。

忙しいと言う事を理由にして、読書をしない人は、実は文字を読むのが純粋に苦手だったりします。

読書をすると、想像力が豊かになり、表現力もアップしますので、仕事をしている上でメリットが沢山生まれます。

コミュニケーション能力もアップしますし、何よりも自分の中の知識を深めることが出来るんです。

文字が苦手だという人は、まずは文字が比較的少なくて、図や写真が沢山出てくるような、オーディオブックからでも構いませんので、まずは本に触れるという所から始めてみましょう。

そうすると、自然と本に触れることが楽しくなり、自然と文字が沢山あるような本も、抵抗無く読めるようになります。

そうすれば、忙しくても時間の合間をぬって、どんどんと色んな本を読めるようになるでしょう。

スマホの普及

大人が読書をしなくなった理由の1つに、スマートフォンの普及が挙げられます。

昔は、電車の移動中や休憩時間に、スマートフォンで何かをするという人は全くいませんでした。

そのため、空いている時間を活かして、読書をしている人が多かったのです。

ですが、昨今は周りを見渡すと、その殆どの人が、少しでも空いている時間があると、直ぐにカバンの中からスマートフォンを取り出して、ゲームをしたり、SNSを見たり、意味もなく検索をしています。

読書を全くしない人からしてみると、スマートフォンで調べた情報も、本で得た情報も、頭の中に入れば、皆同じ知識ではないかと、勘違いしている人が多いんです。

中には、本で調べるよりも、インターネットを使って調べたほうが早いから、本は時間の無駄だと考える人もいるかもしれません。

それは全くの間違いです。

スマートフォンで調べた内容よりも、本を使って調べた内容のほうが、頭の中に残る記憶としては、全く異なります。

本で得た知識は、何時までも自分の脳に残りますが、インターネットで得た知識は、直ぐに忘れてしまうんです。

また、インターネットのニュースやスマートフォンで検索した内容は、それ自体が薄く、中には内容が脚色されていて、嘘の内容が書かれているものを、知らないでチェックしている可能性もあります。

そんな情報を、自分が持っている知識として、友人に話をしたら、それこそ深くツッコまれてしまったり、バカにされる可能性だってあります。

今のうちに、色んな本に触れて、様々な知識を吸収するようにすれば、インターネットの情報に騙されることなく、自分できちんと調べることが出来るようになるでしょう。