突然ですが「マジレス」という言葉を聞いたことがありますか?

この言葉はカタカナで表現されてはいますが、実は日本語なんです。

一体どういう意味があるのでしょう?

どんな時に、どんなふうに使えばいいのでしょうか?

ご年配の方の中には、マジレスという言葉を聞いたことが無いという方もおられるでしょう。

この言葉を使うのはどちらかというと若い世代の方が多いのです。

それは、マジレスという言葉自体、わりと新しい言葉で、ここ数年で使用されている言葉だからです。

このマジレスという言葉についての意味や使い方などを、さまざまな方向から調べてみることにしました。

マジレスとは

まず、マジレスってどういう意味なのでしょうか?

また誰が最初に言いだして、どうやって広まったのでしょう?

言葉の意味についてお話します。

マジなレスポンスの略

マジレスは、マジという言葉とレスという言葉を足した造語です。

マジというのは、本当とか本気、真剣、まじめというような意味合いがあります。

レスはレスポンスの略です。

レスポンスとは、英語で「応答・反応」という意味があります。

マジレスは、日本語と英語を組み合わせた、いわゆる和製英語とも言えるでしょう。

これらの意味を合わせると、「真剣な回答」とか「本気の返事」「本心からの反応」というような意味になります。

このマジレスということばですが、いわゆる正しい日本語というものではありません。

この言葉はインターネット上で発生した言葉であり、このようなネット用語を「ネットスラング」とも言います。

誰が最初に言い出したかは明確ではありませんが、おそらくはネット掲示板等で派生したものでしょう。

真剣に答えるときに使う言葉

誰かから何かを問われた時に、内容によってはおふざけで返事をしても良いようなものがあります。

もっといえば、ふざけた返事の方が良いというものがあります。

それは、相手がふざけた質問をしてくるときです。

つまり会話のお遊び、ギャグといった感じです。

ギャグにはギャグで返すのが鉄則です。

これについて、真剣に返事してしまうと場がしらけますし、気まずくなりますよね。

しかし、相手が本気で何かを問いかけて来た時に、「マジレス」しなければ失礼にあたります。

マジレスの対義語として「ネタレス」という言葉が存在します。

この言葉もインターネット上で発生したネットスラングで、(笑いの)ネタのレスポンスという意味合いがあります。

こちらは相手の冗談に乗っかる形で返事をする冗談のレスポンスという意味です。

マジレスする時の10個の注意点

マジレスと言う言葉自体が、スラングですので、その意味とは裏腹に言葉自体にあまり真剣さが伝わって来ません。

またわざわざこの言葉を使わなくても「本気の返事」と言えばいいのです。

しかし、ネットスラングやネット用語というのは一種流行ものでもありますので、特に若い世代の方たちはネットスラングを頻繁に使う傾向があります。

このマジレスについて、使い方・マジレスする時の注意点をお話しましょう。

1.話の流れを把握しておく

レスポンスというだけあって、返事の方法はほとんどがネットワーク上でのやり取りになります。

実際に会っているのに「今からマジレスするので聞いてね」というような使い方はしません。

ただ、ネットワーク上でのやりとりは相手の顔が見えない分、相手が何を考えているのか、本当はどう思っているのかなどが非常に分かりにくいというデメリットがあります。

ですので、ネットワーク上でのやりとりについては、いつも以上に話しの流れを把握しておく、自分で理解しておく、意味がわからなければその都度尋ねるというように、聞き手にも工夫が必要なのです。

何も知らずにマジレスしても響かない

当然、いい加減な気持ちや、なんとなく来たメールやLINEを読んだだけで返事をすれば、相手の望むような返答にはなりません。

マジレスすべきであるような内容の文章は、たいていが長文です。

そして、何度も読めば相手の真剣さが伝わってくるでしょう。

相手の文章を読んで「これはふざけた気持ちでは返信できないな」と思ったら、レスポンスする前にもう一度じっくりと相手の文章を読みこむことをおススメします。

また、内容について自分が意見を述べるべきではない、全く関係ない、知らないというような場合は下手に返事をしない方が得策です。

「ごめんなさい。

よくわからないのでお返事できません」とすることこそ、マジレスです。

2.間違ってないことを言う

上記で述べたように、何も知らないのにマジレスするというのはとても危険ですし、場合によっては相手を傷つけます。

人が自分の話を真剣に聞いてくれないときほど悲しいことはありません。

ですので、もし自分が何も知らない、そのことについて詳しくない等思われるのでしたら、返事をしない方が無難なのです。

「申し訳ないけど、私はそのことについて詳しくない、情報が無いのでわからない。

あなたが真剣に話してくれているからこそ、いい加減な返事をしたくない」というように、しっかりと自分の意見を言いましょう。

嘘を言ったり、ごまかしたり、知りもしないで間違ったことを言うことだけは辞めましょう。

間違ったことを言ってしまうと指摘されるかも

もしあなたが、相手に対して適当にあしらおうとして返事をしてしまった場合、当然ですが相手に指摘されてしまいます。

相手は自分に対してマジレスを要求してきているわけですから、内容についてはあなたに話す前に、自分自身で十分にリサーチしているはずで、詳しいのです。

だから、あなたが間違ったことを言っていると、それが間違いかどうかはすぐにバレてしまいます。

つまり、あなたがその案件に対してマジレスしてくれようとしているか、適当に返事してその場を逃れようとしているのかは、相手にはわかってしまうのです。

一度信頼を失うと、二度とその信頼は取り戻せません。

今後相手の方は二度と真剣な話をしてくれなくなってしまうでしょう。

そんなの寂しいですよね。

知ったかぶりは本当に危険です。

気を付けて下さい。

3.ネタかどうかを見極める

マジレスの対義語としてネタレスというのを挙げました。

このことからもわかるように、相手の話をまずは「マジ」なのか「ネタ」なのかを判断することが必要になってきます。

相手の話題がマジな話なのか、ネタなのかを理解した上で、返事として「マジレス」するのか「ネタレス」するのか決めると言う順番になります。

さて、相手の話がネタかどうかは一体どうやって見極めるのでしょうか?

一番わかりやすいのは、「ちょっと相談に乗ってほしい」とか「あなたの意見を聞きたい」というように、真剣な返事を期待する内容、例えば恋愛の相談とか仕事の話などです。

この場合、話の内容がネタであるかどうかは比較的わかりやすいと思います。

しかし、わかりにくいのが、いわゆる「自虐話」です。

自虐話とは、文字通り自分のことをおとしめることでギャグにしてしまうという話です。

主に体格のことや顔のことを持ちだすことが多いです。

ただ、これに関しては自虐ネタなのか本気で悩んでいるのかが非常にわかりにくいのが難点です。

付き合いが長ければ、その人の性格もわかっていますので、ネタかどうかはわかると思いますが、知り合ったばかりの場合は笑うに笑えない場合もあるからです。

本当にマジレスしていいかどうか

そこで、本当にマジレスしてみても良いのかどうかを判断することが重要になって来ます。

マジレスというのは、実は良いことばかりではありません。

真面目にレスポンスすると言う意味ではプラス思考の考え方なのですが、人間には「そこは笑い飛ばしてほしかった」ということが多々あるからです。

なんてややこしいのでしょう!

このように、こちらがよかれと思ってマジレスしてみても逆に傷つけてしまうと言うことが発生することがあるのです。

本当にマジレスして良いかどうかを判断できるのは、ほかならぬあなたしかいませんが、最善の方法はやはりよく相手の文章を読みこむということです。

4.意見をまとめてから発言する

世の中は便利になりました。

昔はネットワークでやり取りできるなんて考えられませんでした。

人類が遠くにいる相手と、意見を交わした最初の方法は手紙です。

そこから電話が発明され、メール、スマートフォンと通信時間という観点から見れば、相手に物事が伝わる時間は短くなりました。

自分が書いた文章を、送信ボタン一つで相手に瞬時に伝わるのです。

これは便利な反面、注意深く行わないと「しまった!」という結果になりかねません。

ですので、まずは自分の意見をまとめるのが先決です。

これも、スマートフォン上でやってしまうと、誤って指先が触れただけで送信されてしまいますので、できれば紙に書き出すことをおススメします。

手書きすることで自分の意見を整理しやすくなります。

言いたいことだけを書き込んでも伝わらない可能性も

さて、よくあるコミュニケーションにおける失敗例ですが、自分の言いたいことだけ言ってしまって満足するというパターンです。

人はどうしても相談されれば嬉しいものです。

さらに、アドバイスや意見を述べる際はどうしても上から目線になりがちです。

相手がいくら相談に乗ってほしい、アドバイスしてほしいといってきたとしてもそれを鵜呑みにしてはいけません。

もしかすると単に話を聞いてほしいだけかもしれないからです。

このような場合、相談に乗ってほしいと言いながらこちらが意見すると「偉そうに」とそっぽを向かれてしまう場合がありますので、注意が必要です。

相手がどういうものを望んでいるのかをよく考えてレスポンスするように心がけましょう。

5.相手のタメになることを伝える

マジレスも普通のレスポンスにもどちらにも言えることですが、相手のタメになることを誠実に伝えるようにします。

間違っても真剣な話題に対して全く関係ないことやふざけたレスポンスをしてはいけません。

それが例え「相手を元気づけようと思った」上でのことであっても、それはなかなか伝わりません。