バイト行きたくない8個の理由とその乗り越え方のイメージ写真
バイトってどうしても行きたくない時ってありますよね!

体調が悪いわけでもないのになぜが気持ちが乗らなくて休んでしまう時は誰にでもあると思います。

朝起きた時に感じる「今日はバイト休みたい」って気持ちはどうしてなのでしょう?

もう嫌々バイトに行ってる人も多いのではないですか?

理由が特にないから困ってしまう「バイトに行きたくない病」ってなんとかしたいですよね。

お金にもかかわってくるのでバイト代は欲しいし思っても気分的は休みたい。

どうにかして行きたい気持ちになる方法はないのでしょうか!

今回はバイトへ行くのが辛すぎると思ってる方へとっておきの乗り越え方をお伝えしたいと思います。

まず最初に考えたい事はなぜ行きたくないのか。

この理由となるものを考えてみましょう。

理由がわかると解決策も見出す事ができます。

自分の中で気がつかないまま思ってた事も発見できるかもしれませんよ。

バイトに行きたくない気持ちを乗り越えよう!

バイトは自分の自由になるお金を稼ぐ為の人もいれば、大学などの授業料を払う為に働いているなど、人によって理由は様々になります。

「なんだか今日はバイトを休んで気分転換したい」正直な話、これは誰でも思ってしまう事です。

誰だってこういった気持ちは存在しているので自分の事をあまり責めたりしてはいけません。

人は気持ち的な部分でかなり影響をうけてしまいます。

自分では気がつかない場合もあって、バイト先でも嫌な思いもしている場合があります。

そうした気づかないものが気持ちになった時に「バイトに行きたくない」といった事が沸きあがってくる事が多いようです。

特に理由は自分で見つけられないと思っても気分が乗らないと行く決心もつきませんよね。

そんな時にはこのような事を思い返してみるのも一つの手段です。

バイトをする目的とは?

自分がバイトの面接に行った時の事を思い出して下さい。

何か期待出来る気持ちや、ここで働きたいと思って面接を受けているはずです。

その時はバイトを休みたくなるなんて思ってもみなかったですよね。

それがなぜ今は行きたくないのでしょう。

こんな時は原点に返る事も大切です。

自分はなぜここでバイトを始めたかったのかについて考えて下さい。

人によって理由は色々とありますが、ほとんどの場合の答えは出てくると思います。

自分に当てはまった目的を見つけたなら、当時の事を振り返ってみて下さい。

1.生活費を稼ぐため

家庭の事情などで、どうしても生活費を稼がなければいけなかった場合があります。

父親が病気で倒れてしまったり母親が入院してしまったなど、家庭によって事情的なものは違いますがこういった状況になってしまいバイトを始めた人も多いと思います。

また、一人暮らしなどで家賃を払う為であったり月にかかる生活費を稼ぐための場合も含まれてきます。

とにかく生きていく為には稼がなければ生活が出来ません。

時給や交通手段など色々と調べて自分で応募した場所が今のバイト先になります。

この時はお金を稼ぎたい気持ちが強く、休みもあまり要らないといった事も考えるでしょうしまさか自分がこんな事を思うとはと感じているはずです。

どうして気持ちが乗ってこないのか。

理由の一つとして生活が楽になってきた事があります。

バイトを始めた頃の状況と今の状況は同じではなくなり、生活自体も安定してくるとバイトに行く事も嫌になる時があります。

このような場合はちょっと今のシフトを見直してみるのもいいです。

当時のシフトのままであればかなりの日数をシフトへ組み込んでいたのかもしれませんよね。

少しのんびりと過ごす日も自分で決めてあげると休みたいといった気持ちもだんだんと薄れていくはずです。

2.学費を稼ぐため


学費の場合は少し切実な問題でもありますよね。

学費を払う事が出来なくなってしまうと自分が困ってしまいます。

誰かしら資金的に応援してくれる人が現われば別ですが、多くの場合は卒業するまで学費の問題はまとわりついてきてしまいます。

この場合は自分で気持ちを切り替えていくしかありません。

バイトは将来就職するためのステップだと思い突き進んでいくのが大事です。

気分転換の為に連休なども入れながら完全にリラックス出来る日を設けてみるのも効果的です。

バイトに行きたくないと思った時は、絶対に卒業して良い会社へ就職するという目標を思い出してみて下さい。

ちょっとした気持ちの変化で今まで悩んでいた事もなくなる場合もあります。

3.子供を養うため

何かしら家庭の事情で家計を守る為にバイトやパートに出てる方も大勢います。

慣れない作業などでストレスも溜まり気分的に落ち込んでしまう時もあるかと思います。

子供を養うという大きな目的があるのですが、休みたいという気持ちも出てしまう事は仕方のない事です。

自分の時間を犠牲にして家計を守っていく事は心に強いストレスも与えてしまうからです。

それでも子供の喜ぶ姿や成長していく様子を見ていると嫌なことがあっても忘れられるのではないでしょうか。

一番多いのは子供と接する時間が減ってしまい気持ちに余裕が無くなってしまう事です。

子供と一緒に出掛けてみたり童心に戻って遊んでみたりする事で気持ちの切り替えをしてみるのもいいのかもしれません。

子供との接する時間を長くしてみる事で気持ち的にも張りが出て勇気が沸いてくるかもしれません。

4.趣味と実益を兼ねて

将来的に自分もこういう店などを経営してみたいといった理由でバイトを始める方もいます。

最初は楽しみながらやっていくのですが、ある程度仕事を覚えてしまうと休み癖など出てしまいますよね。

それでもバイトの仕事は全体の一部でしかありません。

経理であったり仕入れなどの事も考えなければいけません。

自分の仕事をある程度こなせるようになったら、違う仕事も覚えてみるのも気分転換になってきます。

やり始めてみると新たな発見があったり色々な事を経験出来るので将来的に自分の役に立つ可能性がとても期待出来ると思います。

5.人生経験を増やすため

特に理由がなく社会勉強の一つとして始めた場合ですと、気持ちが乗らなくなってしまうと行きたくないと思いますよね。

こういった場合も何か違う仕事を覚えてみるべきだと考えます。

バイトへ行きたくなくなる理由の一つに「仕事に飽きてしまった」というものが挙げられます。

毎日同じ事の繰り返しは飽きが出ても仕方ありません。

違う仕事を覚えてみたり、今の仕事の効率化を自分なりに図ってみたり新しい目標を決めてみてはいかがでしょう。

目標が出来ると気持ちの切り替えが素早い人がいますが、人生経験が目的であれば同じ仕事を誰よりも早く出来るといったものも大きな経験になってきます。

ちょっとした考え方で仕事も楽しくなり休みたいと思う気持ちが無くなるかもしれません。

6.時間を有効に使うため


学生などの場合ですと時間が余ってしまい何をしていいのか分からないといった状況も発生してきます。

丁度良い場所にバイト先を見つけた場合などは無駄な時間を過ごすよりはお金を稼いだ方が時間を有効に使う事が出来ます。

目的自体が稼ぐという事では無い為、気持ちが違う方へ向いてしまうと休みたいと思ってしまいますよね。

その時は何もしない時間は勿体無いと感じていたからバイトを始めようと思っていても、だんだんと自分だけの時間も必要だと感じているのだと思います。

シフトを減らしたりしながら自分の時間も多く取るようにしてはいかがでしょう。

金銭的な余裕がある状態であればシフトを減らす事は抵抗はないでしょうし気分転換の時間も時には必要になってきます。

ここまではバイトをしなければいけなかった目的をお話ししてきました。

まだまだ人によって色々な事情がありますが、原点に返ってみる事も大事です。

ちょっとした事でバイトへの意欲も変わってきますので思い返してみてはいかがでしょう。

それでは本題に入りますが、バイトへ行きたくなくなる理由は大きく分けて6個あります。

7.出会いを広げるため

学生であれば、日常生活の中で知り合いができるキッカケは、年代が自分に近い人や同じ学校に通っているなど生活行動範囲が似たケースが多いですよね。

そんな中で、色々な人と知り合いになりたいとき、アルバイトをすることは、1つの選択肢になります。

アルバイト先の職場で一緒にアルバイトをしている人たちと顔を合わせる機会ができます。

何度か顔を合わせることで、会話を交わすなど、出会いを広げるキッカケを持つことが出来ます。

アルバイトは、お金を稼ぐためだけではなく、出会いの輪を広げるキッカケを作ることの出来る場でもあります。

8.スキルアップのため

アルバイトをする理由には、人それぞれ様々な動機があります。

将来、就きたい仕事に関わる知識を身に付けるためのスキルアップの手段として、アルバイトをするケースがあります。

正社員の立場で仕事に就くと、色々な責任が付きまといます。

しかし、アルバイトの立場であれば、正社員が負う責任の範囲よりも狭くなります。

ですから、責任が少ないアルバイトの立場であれば、多少の失敗は許されることもありますので、スキルアップのための経験を積むには都合がいいと言えます。

アルバイトの立場を活かして、スキルアップを目指す方法は、効果的と言えます。

9.将来の仕事に役立てるため


アルバイトを探す動機として、将来就きたい仕事の知識や技術の基礎を身に付けるためと考えている人もいます。

アルバイトの立場であれば、社員同士の先輩・後輩の人間関係のシガラミに縛られることもありませんので、やり易い面があります。

学生が就職活動を進めて行く中で、将来、就きたい仕事について、アルバイトの立場で体験し、目指す仕事が自分にマッチングしているかを事前に確認することができます。

アルバイトの立場で、短期に色々な仕事の体験を繰り返すことで、自分が目指す仕事に巡り合えることが出来ます。

バイトに行きたくなくなってしまう理由8個とは

どうしても気分が乗らなくてバイトにいきたくない!

この気持ちってどこからくるのでしょう?

やりたい事があったり少し風邪っぽかったりと色んな原因や理由があります。

その中でもバイトへいきたくないといった気持ちはこのようなものが大きく関わっています。

1.体調がすぐれない

体調がすぐれなくてバイト行きたくない人
体調が悪いときは頭が重かったりお腹が痛かったりと普通の生活自体に支障が出てきますよね。

ゆっくりと身体を休めたいと思ってもバイトへ行かなければいけないとなると、治りも遅くなるって考えてしまいます。

気持ち的に落ち込んだりと精神的にも調子が悪くなっていき、ますます行く気がなくなるではないでしょうか?

もし本当に熱などがあれば休まなくてはいけませんよね。

ムリをしてバイトにいっても誰かに風邪などをうつしてしまう可能性があるからです。

バイト先でもそれは迷惑にしかなりませんし、その場合であれば風邪を治す事を最優先に考えて下さい。

なんとなく体調が悪いと感じた時はどうでしょう?

行くべきか休むべきかを迷ってしまいます。

このような時にはバイト先へその事を伝えてみてはどうでしょう。

店側があらかじめ知っていればバイトへ行き本当に調子が悪くなった場合でも早退など出来ますよね。

バイトへいけばきちんと最後まで働かなくてはという気持ちが迷いの元にもなるので、自分での判断が難しい場合などは事前に連絡してみるのも一つの手段になってきます。

2.バイト先の人間関係が上手くいっていない

精神的な事があると誰でも不安だらけでバイトへ行く気もおきないのではないでしょうか。

中でも人間関係は複雑なので自分や相手の立場などでもトラブルが起こってしまいます。

自分も嫌な思いをしますが相手も同じような気持ちを抱えている事は間違いありません。

この場合は店の責任者へ相談する事が一番簡単に解決できる手段でもあります。

当人同士で解決出来そうであれば問題はありませんが、第三者を交えると案外問題はスムーズに解決していくことが多いです。

責任者であれば両方の長所や短所もわかっていますし、口論にもなりにくいといったメリットもあります。

こういった人との悩みが理由なのだとしたら迷っているよりもバイトへ行きやすい環境を作っていく努力が大切になってきます。

人間関係の場合はお互いが少し誤解し合っていたなどもありますので、話し合いの場を作ることが大事になります。

上司や責任者に同席してもらい色々と話しを聞いてもらえば気分的にも楽になりますので、まずは行動してみる勇気も必要と言えます。

仲間たちとのノリが合わない

バイト先の職場には、様々な考えや価値観を持った人同士の人間関係が渦巻いています。

この中にあって、自分と分かり合える価値観を持つ人と巡り会えたらラッキーです。

しかし、自分と価値観の合う人と巡り会えないことが少なくありません。

自分の持つノリと仲間たちとのノリが合わないと、人間関係が上手くいかずに、職場の輪に入れずに、浮いた存在になることがあります。

職場の輪に入れない状況では、アルバイトに行くことがプレッシャーになり、行きたくなくなってしまいます。

先輩や社員に怖い人がいる

アルバイトとして、職場の社員と一緒に仕事をすることは、職位の面から見ても立場上、弱い存在になります。

また、職場には、仕事に厳しい先輩や社員もいますので、アルバイトの立場では、怖い存在として映ります。

一緒に仕事をしていても、立場の違いから、風当たりが強くなることもあります。

職場に怖い先輩や社員が居ると、気持ちが萎縮してしまい、アルバイトに行きたくなくなります。

とにかく嫌いな人がいる

職場には、自分にとって苦手なタイプの人がいるケースは少なくありません。

一緒に仕事をしている時に、辛く当たって来る人は、とにかく嫌いな人になります。

自分と相性が合わない苦手なタイプの人は、嫌いな人として、関わりを持つことを避けたい存在になります。

ですから、嫌いな人と顔を会わせて一緒に仕事をする場面を想像するだけでも、逃げたい気持ちになり、アルバイトには行きたくなくなります。

そんな時は、職場に居る、気の合う人の顔を思い浮かべて、気持ちを紛らわすしかなくなりますよね。

3.仕事内容がつまらなく感じてきた

仕事ないようがつまらなく感じてきてバイト行きたくない人
バイトを始めてある程度の期間が過ぎていくと同じ事の繰り返しでやる事自体に飽きてきてしまう人がいます。

このように感じてくると自分の時間が欲しくなりバイトへの意欲も無くなってきてしまいます。

バイトを辞めても生活的にも困らないといった状況であれば違うバイトを探してみるのも一つの手になりますが、生活面でバイトは続けなくてはいけない時にはどうしたらよいのでしょう。

答えは一つではありませんが、今の仕事から違う仕事に移ってみたりと気分転換も必要な時期になっているのではないでしょうか。

新しい仕事を覚えなければならない時には、バイトに真剣に向き合える事になりますし上司などへ相談してみて下さい。

自分だけで考えていても答えは出ませんし、バイト先もミスなどが発生すればお互いに困ってしまうので誰かしらに話を聞いてもらうようにして下さい。

【仕事がつまらないと感じているなら、こちらの記事もチェック!】

4.前回大きなミスをして叱られた

バイトは社会勉強の一つでもあります。

叱られることが少なった現代では誰かに注意をされたりすると落ち込んでしまうといったケースも珍しくありません。

そのミスがとても大きな場合は自分を責めてしまう気持ちも出てきます。

精神的に参っている時にはバイトにいくという意欲さえ沸かないでしょう。

叱られたというショックも重なってしまえば尚更いきたいとは思えなくなります。

だからといって無断で休むわけにもいきませんし、不安ン気持ちのままバイトをすればミスの原因にもなってきます。

この場合は自分の精神的な状態を伝える必要も出てきます。

ゆっくりと考える時間も必要ですし、店側にしても何度も大きなミスをされてしまったら信用問題にもなってきます。

双方で一度話し合ったりする場を作ってもらって気持ちを整理する時間を貰ったりと色々な事が出てくると思います。

またミスをしてしまうのではないかという気持ちが抜けきらないうちは、同じミスをしてしまう原因にもなりますので、きちんと心の整理をつけるようにして下さい。

5.家族の体調が悪い

体調が悪い家族がいる場合は看病も自分がしなければいけなくなり、バイトにも身が入らないと思います。

こういった状況は素直に店側へ伝えるべきです。

シフトの変更をお願いしてみたりやり方は色々と出てきます。

店の方でも変わりのシフトを見つける時間も必要になってきますので、連絡が取れる状態であればすぐに伝えるようにしましょう。

一番ダメなパターンがギリギリまで連絡をしない事です。

シフトが始まる直前まで考えていては店に迷惑がかかります。

誰も変わりの人が見つからない場合などは1人すくない状況でやらなくてはいけませんよね。

店だけではなく他のメンバーにも負担がかかってくるので、家族の体調が悪いと分かったらすぐに連絡するようにして下さい。

6.時給が低くてモチベーションが下がってきた


バイトでも時給は様々で高いものもあれば低いバイトもあります。

自分が応募した時は普通だと思っても、友人のバイトの時給を聞いたりすると馬鹿らしく思う時も出てくるのではないでしょうか。

もっと時給が上がればという気持ちが段々とモチベーションを下げていってしまい、バイトへいく事が嫌になってくるのだと思います。

時給への不満は中々割り切る事が出来ない問題になってきます。

責任者やオーナーに時給の交渉も必要になってきますので、自分の思ってる事を伝えてみるのも大切になってきます。

店側も必要な人材には時給アップも考えてくれるでしょうし、言ってみる事は大事な行動でもあります。

7.仕事自体が自分と合わない

自ら望んだ仕事に応募し採用されて、実際にその仕事に就いてみると、自分の予想に反して、思いもしなかった失望を感じることがあります。

特に、お客さん相手の接客業では、お客さんからの思いも寄らない言動に直面して対応に戸惑うことがあります。

しかも、対応の仕方によっては、お客さんの満足を得られずに、お店の評判に影響を及ぼすケースも出てきます。

こんな時は、「今の仕事は自分と合わない」という自責の念に駆られることがあります。

今就いている仕事が自分と合わないと感じた時は、仕事への意欲も失せた心境になってしまいます。

仕事への意欲が失せると、自分が持っているチカラを思う存分発揮できない心境になっています。

仕事への意欲が失せたときが、転職するタイミングと言えます。

人と喋るのが苦手なのに接客業

世間には、「十人十色」という諺がある通り、人にはそれぞれ得手不得手があります。

目指す仕事にも、接客業が向いている人と不向きな人が居ます。

アルバイト探しに於いても、人と喋るのが苦手なのに、接客業に就いてしまい長続きしないケースが少なくありません。

生活費に困窮している状態で、仕事への向き不向きを考える余裕がない時には、人と喋るのが苦手にも関わらず、接客業を選択することがあります。

接客業に就いても、日々の仕事が苦痛に感じて耐えられなくなることがあります。

このような時には、アルバイトを一日も早く辞めたくなるものです。

大きな声が出せないのに飲食店

その人の性格上、仕事とは言え、大きな声を出すことが苦手なケースもあります。

飲食店のザワツイタ店内では、お客さんからのオーダーに応えるために、大きな声を出すことが頻繁に必要になります。

しかし、大きな声が出せないにも関わらず、飲食店のアルバイトに就く際には、「何とかなる」と自分に言いきかせて頑張ろうとします。

しかし、自分にとって、苦手な仕事は、自分に言い聞かせてもストレスが溜まるだけで、長続きしません。

自分にとって苦手な仕事は、我慢できずに辞めたくなるものですよね。

酔っ払いのお客さんが苦手

飲食店の仕事では、お酒に酔っ払ったお客さんへの扱いが最も大変な対応の1つです。

酔って正気を逸したお客さんの感情を鎮めながら対応することは、臨機応変な気配りが必要になります。

飲食店の仕事の経験の浅い人にとっては、酔っ払いのお客さんが最も苦手な仕事と言えます。

お店の評判を損なわないような対応をするためには、経験が求められます。

飲食店の仕事の経験が浅い人にとっては、酔っ払いのお客さんの対応が上手く出来ずに自信をなくし、辞めたくなることがあります。

アクティブなのに事務作業

仕事には、その人にとって、向き不向きがあります。

一日中机に向かう事務作業が向いている人がいます。

また、体を使うアクティブな仕事を好む人がいます。

お客様の反応を直接感じながら商品やサービスを提供する仕事にヤリガイを感じる人がいます。

体を使う仕事にヤリガイを感じるアクティブな人にとって、事務作業は精神的に疲れを感じることがあります。

太陽の光を浴びながら、自分の体力を発揮する仕事に充実感を抱く人にとっては、一日中、事務室の中で机に向かう事務作業は、ストレスが溜まる仕事として映ります。

苦手な仕事に携わる日々が続くと、気力が失せて辞めたくなるものですよね。

商品に興味がないのに販売員

自分にとって興味のある商品であれば、その商品が持つ素晴らしさや特徴を知っているので、お客様にも自信をもって勧めることが出来ます。

そして、お客様が、その商品の素晴らしさを分かってくれて購入してくれた時は、たいへんヤリガイを感じて、充実感に包まれます。

「販売員の仕事を続けていて良かった!」と仕事への愛着が増してきます。

しかし一方、商品への興味がない中では、お客様に自信をもって商品を勧めることが出来ません。

商品に興味を持てないにも拘らず、お客様に商品を販売する仕事にヤリガイを感じることが出来ません。

興味を持てない仕事を続けることは精神的にも疲れますので、辞めたくなりますよね。

子ども嫌いなのに塾講師

人によっては、子供を相手にすることが苦手な人もいます。

子供嫌いな人にとっては、たとえ仕事であっても子供を相手にすることが、大きなストレスとして感じるものです。

子供相手の仕事には、様々なものがあります。

中でも、子供相手の塾講師の仕事は、子供嫌いな人にとっては、大きなプレッシャーとして、精神的な面での疲労感に包まれることがあります。

一生懸命に教えていても、子供が成績面で良い結果を出せるとは限りません。

塾講師の仕事に一生懸命取り組んでいても、子供の成績が上がらずに良い点数を採れない時には、無気力感に包まれますよね。

子供嫌いな人にとっては、子供と接するだけでもストレスとして感じます。

しかも、子供の成績が上がらず、日々教えている成果が出なければ、なお一層、子供嫌いが深まり、仕事を辞めたくなります。

電話が苦手なのにテレアポ

テレアポと言われる電話営業の仕事では、お客様に勧める、商品やサービスの内容について、正確な知識として修得しなければなりません。

しかも、お客様には、商品やサービスが持つセールスポイントを分かり易く、電話口で説明するスキルが求められます。

電話が苦手な人にとっては、テレアポの仕事が大きなストレスと感じることがあります。

電話口に出てくれるお客様の中には、年代などにより、様々な口調のケースがあります。

ですから、電話口のお客様の気持ちを損なわないように、相手の反応に合わせた臨機応変な対応が必要になります。

電話が苦手な人にとっては、テレアポの仕事は、精神的なプレッシャーが大きいです。

このため、お客様から良い反応を得られず、営業成績を伸ばすことが出来ない日々が続くと自信を失い、仕事を辞めたくなります。

8.バイトの仕事量が多い


アルバイトの立場で仕事をしている中で、社員と同じ仕事量の場合、給与や待遇面で格差があると、ヤル気が失せてきますよね。

バイトの立場で仕事をすることは、何かと不利な面が少なくありません。

バイトの仕事の量が、社員よりも多いケースは少なくありません。

バイトの立場で仕事をすることで、不利な経験を何度も味わってくると、バイトを辞めたくなるものです。

意外とやることが多かった

バイトといえども、正社員と同等に仕事に関する知識を身に付けていなければならないケースは多いと言えます。

ですから、社員の立場と同じように、やることが多くなります。

給与などの待遇面では、社員と格差があるにも関わらず、仕事面では意外とやることが多いと、モチベーションは低下しますよね。

時間外業務が多い

仕事の忙しさが慢性化している職場では、バイトの立場であっても、時間外業務が多くなることがあります。

このような職場では、仕事量の多さに比例して、責任も増えてきますので、バイトの待遇面を考えると、ヤル気が失せて辞めたくなります。

ですから、バイトであっても仕事の貢献度に応じた、待遇面での改善を望む気持ちが強くなりますよね。

社員が全然働かない

職場によっては上司が、バイトの人には厳しく目を光らせているにも関わらず、社員が全然働かない状況を、見て見ないフリをするケースがあります。

また、バイトの仕事ぶりには事細かくチェックする上司が、社員の仕事ブリには無頓着になっている職場があります。

バイトの立場で働くことの苦労が報われない職場では、長く続ける気力を失い、辞めたくなりますよね。

残業させられる

仕事の忙しい職場でありながら、社員が定時で帰っているにも関わらず、バイトには残業をさせるケースがあります。

バイトの待遇面は、社員とで格差があるにも関わらず、残業をさせられることには、納得がいきませんよね。

このような職場からは、直ぐにでも辞めたくなりますよね。

バイトに行きたくない気持ちの乗り越え方

バイトに行きたくないと感じている時は、なんだか気持ちも落ち着きません。

いざ行ったとしても早く終わる事ばかり考えてしまってミスの原因も自ら作りだします。

気持ちを切り替えないといけないと分かっていても中々難しい問題にもなりますよね。

そんな場合はどうやって乗り切っていくかを考えていきたいと思います。

1.仕事があることに感謝しよう


最初に考えるべき事は働く場所があるという事についてです。

バイトをするにも自分で稼ぐ所がなければ収入は発生しません。

今のバイトに色々と思う所があっても仕事をさせてくれる場所でもあると考えて下さい。

もしバイトを辞めてしまったら来月の生活費などに影響はしませんか?

大学などの費用なども心配ではないでしょうか。

仕事を与えられるという事はそれだけ信頼されているからでもあり、環境を与えてくれ店側に感謝の気持ちも忘れてはいけません。

行きたくないと思った時は、一度心を落ち着かせて店に感謝するという事も思い返すべきだと言えます。

お給料をもらえる仕事があることはありがたい

お給料という収入を考えた場合、一定のお金が毎月入ってくるのはとても安心しますよね。

毎月が不安だらけの状態では精神的にも良くありませんし、金銭的な面も安定しません。

いざという時にお金というものは非常に心強い存在でもあります。

全く貯金もないような状態で収入も安定しなければ心も落ち着きませんし、ますます落ち込んでしまう原因にもなります。

仕事があるという事に感謝をする事も大切になりますし、行きたくないという気持ちになったら違う考えでやる気を出させる事も時には必要なのです。

違うバイトを探すにしても簡単には見つからないかもしれませんし、貯めていたお金が減っていけば焦りも出てきます。

今の安定した生活はお給料をきちんと貰えるからであり、仕事をさせてくれる場所があるからなのです。

気持ち的に不安定になってしまった時はお金をくれる場所だからと割り切った事も必要ですし、稼げるという事に感謝していきましょう。

2.人間関係を改善しよう

たかがバイトという考えは良くありません。

きちんとどこかに就職するまでの大事な社会勉強の場でもあるバイトは自分の成長にとても大切な所にもなってきます。

仕事の上下関係や顧客への対応など今まで経験した事がないものばかりですし、複雑な人間関係も出てきます。

バイトの先輩などと意見の食い違いなどが出てしまい、バイトへの意欲が半減したといった状況ならば、その関係を改善する事も勉強の一つです。

嫌な思いをしながらの行動はミスも引き起こしますし、自分の心にもストレスを与えます。

なるべく早い段階で改善できるように考えていく事が大切になります。

改善するポイントですが、このような事から始めて下さい。

自分から気楽に話しかけてみよう

人間関係の場合には勇気をもって自分から話しかけることが良い事へ繋がっていきます。

相手も話しかけられたら最初は戸惑うかもしれませんが、打ち解けるきっかけにはなります。

話していくうちにお互いが謝罪し合うかもしれませんし結果はついてくるものです。

あれこれ悩んでいても改善は出来ません。

話しかけられて嬉しくない人はいないと思います。

誤解の場合も出てきますし、友情へ発展するかもしれません。

とにかにバイトをする環境を良くするといった努力は今後の為にも大きく役に立ってきます。

社会人になれば今の何倍も人間関係で悩む事も多いからです。

バイト中にこういう問題になってしまった時には、面倒と考えずに社会人前の大切な経験だと思って下さい。

それが解決出来た時には大きな喜びにもなりますし、相手との信頼関係も生まれてきます。

相手に言われた嫌なことを聞き流せるようになろう

何か言われてしまうとすぐ考えてしまうタイプも人間関係には苦労します。

自分であればこんな事は言わないのに!こんな事を思った時はありませんか?

バイトをすると色々なタイプの人が集まってきますよね。

積極的な人や心配性の人、物事をハッキリ言いすぎる人など色々です。

嫌味を言う人もかなり多いです。

ちょっとした悪ふざけから言ってくる人もいます。

もし、嫌味などを言われたとしたら聞き流せるように自分を変えていって下さい。

いちいち受け止めていても疲れるばかりです。

落ち込んでしまったりする方であれば嫌な事を言われたら「教えてくれてありがとうございます」など逆に感謝の言葉を言ってみるのも効果的です。

嫌味などを言ってくるタイプは相手の反応を楽しむ人が多いので、ありがとうなんていう言葉が返ってくるとは思いません。

そのうちに飽きてしまって嫌味を言われる事もなくなっていきます。

「誰にも相手にされずに可哀想な人だな」くらいに思っていると、気持ちがとても楽になります。

考えこまずに聞き流すという事も覚えていって下さい。

挨拶は先にしたほうが勝ち!

人間関係を作り上げていく中で仕事場での挨拶があります。

「おはようございます!」と相手を見た瞬間に言えば相手も気持ち良く挨拶を返してくれます。

この頃あの人とうまくいかないと思ったら、自分から挨拶してみることが大切です。

一日や二日では変わらないかもしれませんが続けていけば気持ちも穏やかになって色々と関係が修復されていきます。

言葉を伝えるのが苦手な人であれば、この挨拶を利用しない手はありません。

一番効果的でもあり簡単に実行できる手段だからです。

人はちょっとした事で気持ちが変化します。

元気に笑顔で挨拶をされたら気分も良いでしょうし、打ち解けやすくなっていきます。

誰でも出来る挨拶はとても便利なアイテムでもあるので是非試してみて下さい。

3.モチベーションを上げよう


自分でモチベーションを上げる事はどんな仕事でも必要になります。

バイトではなく社会人になって同じ事が言えます。

バイトへ行きたくないと思ったら自らの考えも変えてみる努力はして下さい。

モチベーションを上げると良い事が沢山起こります。

仕事も楽しくなってくるので自分に笑顔が戻ってくるのです。

時給や人間関係といった事で悩んでいた人も、考え直してみてはいかがでしょう。

今の仕事があるから生活に困らない!毎日食事が出来るのはバイトのおかげだ!

すこしオーバーに思ってみても効果が出るのが早くなります。

強制的にモチベーションを上げてやると自然と今までの事が馬鹿らしく感じてくるものです。

この気持ちの切り替えはバイトでも私生活でも役に立ってきます。

悩みやストレスはバイトと切り離そう

よく自分の悩みをバイトに持ち込む人がいます。

何か嫌な事がありそのまま仕事に影響させてしまう人です。

これは自分だけではなく周りの人も迷惑ですし、何も良い結果になりません。

イライラした状態や落ち込んだ状態などはミスもしやすくなってきます。

自分に何も良い事にはならない悩みなどはバイト先へ持ち込まないようにして下さい。

大きな失敗をしてしまいバイトが出来なくなってしまう事も考えられます。

そうなってしまえば生活も大変になりますよね。

仕事に関係のない事は自分で解決しなければいけません。

きちんと仕事では気持ちの切り替えをするようにして下さい。

気持ちを切り替えられる人になろう

何か問題が起きると、どんな事にも気持ちを切り替えないままになってしまう方がいます。

それまでは生活にも支障は出なかったかもしれませんが、社会人になった時の事を考えると直すさなけばいけません。

気持ちの切り替えはとても大切で、切り替えの早い人は出世にも繋がります。

どんなにイライラする事があっても仕事場に着くと笑顔に変わるからです。

それはバイトでも同じ事になります。

友人と喧嘩をしてしまったなど、イライラする事など沢山出てくるでしょう。

それでもバイト先へ着いたら笑顔になってみて下さい。

バイト先にいる人は喧嘩などの事情は全く知りませんよね。

気持ちを切り替えなければ仕事にも支障が出てきますし、自分の為にもなりません。

笑顔でいると怒りや悲しみを薄れていきますので、帰る頃には怒りなどもおさまります。

その切り替えが出来る人はどのような事へも対処出来ますし誰からも信頼される人物へとなっていきます。

自分から新しい良い提案をしてみよう

仕事が飽きてくるとやる気も無くなってきますよね。

なんだか一日働いていても楽しくないと思ってきたら行動してみませんか?

自分のアイデアなど思い切って提案してみましょう!

店などは見えない部分も沢山存在します。

第三者的な目線でみると面白いアイデアが浮かぶかもしれません。

自分の提案が採用されたら嬉しいですよね?

今まで塞ぎこんでいた気持ちも吹き飛びますし、やる気も戻ってきます。

楽しい事を自分で作りだしていくのも経験です。

少し仕事に飽きてきた時には思い切って提案する事もモチベーションを上げる上でも大切です。

バイト後に自分にご褒美をあげよう

やる気が起きない時や行きたくない時は自分にご褒美をあげる事も大事です。

休みたくても人がいなくてどうしても行かなければいけない。

そんな時は気分転換もかねて自分を労ってあげましょう。

普段は我慢していた物を買ってもいいですし、ちょっと贅沢な夕食などもステキですよね。

とにかく気持ちを奮い立たせるような事を考えてたまには自分の為にお金を使ってもいいと思います。

普段から節約や倹約をしている人なら尚更です。

ちょっとくらいの贅沢はやる気を起こさせるパワーになります。

こういう気持ちの変化を上手に利用すれば、バイトに行きたくないといった気持ちも薄れていくので試してみてほしいと思います。

4.上司や店長ともっとコミュニケーションしよう

コミュニケーションが苦手!という人もバイトへ行きたくなくなる理由の一つです。

人との繋がりは会話をして始まるものです。

話すのが苦手だとしても会話を続けていくうちに勉強になる事が沢山出てきます。

将来的に役に立つコミュニケーションはバイト先でもどんどん学んでいって下さい。

一番の理解者になってくれる上司や店長などを普段から話を楽しむ事が出来ればバイトの時間も楽しくなります。

そしてコミュニケーションをとる事はこういった事にも気をつける必要が出てきます。

同じミスは絶対しないよう工夫する

仕事でミスをする事は誰にでもある事です。

コミュニケーションを普段から大事にしている人は不思議と同じミスはしません。

これはミスした改善策を聞ける状況にいるからです。

上司や店長は自分と同じようなミスを過去にしているでしょう。

その上でどのようにしてミスを減らしたか、しないように変えていったか等の話を聞く事が出来れば自分もそれを実行するだけです。

中には自分で考えろといった人もいますがだいたいは教えてくれます。

その上で自分でも新たに工夫してみるのです。

店長の経験に自分の考えた工夫を合わせてみたら全くミスをしなくなったなど、新たな進展も出てきます。

それをバイトの全員が共有出来たら格段にミスは減ります。

結果として良い事だらけですし、評価も上がりますよね。

バイトも楽しくなり行きたくないという気持ち自体が無くなってしまうのでコミュニケーションを大事にすることはとても大切になります。

もっと自分の人間性を開けっ広げよう

知らない人に本当の自分を見せるのが嫌だと思っていると、中々打ち解ける事が出来ずに孤立してしまいます。

どんどん仕事する時間が苦痛に感じてきてしまい、バイトへも行きたくないと思うようになります。

自分がどんな人間かを知ってもらう事は気持ちを楽にすることにもなってきます。

人間性を開けっ広げてみると自分の思ってたような人ではなかったり、人との接し方などにも変化が出てきます。

人間関係は自分から行動しないと何も改善されません。

最初の一歩さえ踏み出してしまえば劇的に状況が変わる時の方がたくさんあると言えます。

バイトはお金を稼ぐ手段ですが人間性を磨く場でもあるのです。

5.仕事の中で楽しみを見つけよう


バイトの立場と社員の立場との待遇面での違いを、見せつけられるとモチベーションが下がり、辞めたくなりますよね。

バイトを始めた動機が学費や生活費を稼ぐためであれば、簡単に辞めるわけにはいきません。

このため、仕事の中で楽しみを見つけて、辞めない工夫をしなければなりません。

辞めないためには、ポジティブ思考で、嫌なことは直ぐに忘れて気持ちを切り替えることを心掛けましょう。

嬉しかったことなどを思い出してみる

どんな職場でもイヤな事はあるものです。

バイトの立場で仕事をしていると、社員との待遇面での違いを目の当たりにして、特にイヤな気持ちになることがあります。

このイヤな気持ちを引きずらないように払拭しましょう。

気持を切り替えるためには、嬉しかったことを思い出して自分を元気づけましょう。

ストレスを溜めない工夫をすることで、バイトを辞めたい気持ちを払拭できます。

時間を決めるなどゲーム性を作る

バイトの中には、単調な作業の繰り返しのケースがあります。

生活費を稼ぐためにバイトを続けなければならない立場にあるなら、単調な仕事に飽きない工夫をすることが大切です。

飽きない工夫の1つとして、仕事の流れに変化をつけるために、ゲーム性を持たせる方法があります。

目標を作ってそれを達成させる

バイトの仕事であっても、職場の発展に貢献している一員であることは確かです。

ですから、自分が携わっている仕事の中で、日々の目標を立てて、達成感を抱くようにする工夫が必要です。

バイトで収入を得ることだけを目標とせずに、仕事面のスキルアップや将来の人生に向けたステージアップを目標にすることでモチベーションが上がってきます。

単に仕事を熟すことに留まらずに、将来の人生を見据えた目標を達成させるポジティブ志向を実践しましょう。

まとめ

バイトに行きたくない時は誰にでも起こる事です。

それでも行かなければいけない時には店への感謝であったり自分を変える努力も必要です。

お金を貰える他にも学べる事は沢山あります。

人間関係の勉強や他人とのコミュニケーションは将来は必ず自分の役に立ってくれるものです。

生活を安定させるためにも収入はとても大事です。

そのお金がなければ気持ちも安定しないままで体調も崩してしまいます。

何が行きたくなくさせるのかなどを一つづつ考えていけば必ず原因は見つかります。

その上で自分なりに頑張ってみる事は自分の成長にもなります。

色々な職業があり、バイトはとても有意義な経験をさせてくれる場所です。

今まで知らなかった事も教えてくれる勉強の場でもあります。

気持ちに不安がある時はバイトを休みたいと考えてしまいますが、ここで休むのと工夫していけるようになる人では格段の差がついてきます。

行きたくないと感じた時は将来の幸せを分ける時にもなってきます。

逃げる事無く立ち向かえる勇気をもち、バイトを心から楽しめる自分になりましょう!

気持ちの変化は自分の未来を必ず変えてくれるものです。