CoCoSiA(ココシア)

個人経営のお店でバイトするメリット・デメリット12選!


旅行にも行きたいし美味しいものも食べたいし、服も新しいのが欲しいと思うけれど、問題はお金が不足している状態だ。

親にお金を無心するのもいいが、もう自分もいい歳になったのだからちょっと遠慮してしまいます。

ならば、もうアルバイトをするしかないと心に決めて、求人雑誌を手に入れていろいろと探してみました。

しかし、アルバイトの募集情報が多すぎて、どんなところでアルバイトをしようかと迷ってしまいました。

飲食店なら人で不足のお店があるので、すぐにでも採用されそうだけれど、勤務体系はどうなっているのか、仕事はきついのかそれだけでは分かりません。

飲食店以外にも、工場の軽作業や服飾関係の販売店などがありますが、短期間で働けるところがいいのです。

好きな時に働けて、給料が良くていつ辞めても良い働き口はそれほどありません。

しかも、希望としては環境が良くて仲間も善い人ばかりのところが狙いですが、そんなところはあるはずがありません。

まあバイトと言えども、働くってことは大変なことなのです。

就職することを考えると、アルバイトは嫌になったら比較的簡単に辞めることはできます。

しかしながら、何事も根気よく続けることが社会人の第一歩なのです。

簡単に、「あの店は給料は安いし、先輩は文句ばっかり言うし、店長に訴えても取り上げてくれないで無しのつぶてだし、最悪だからもう辞めることにする」などと不満を訴える友人もいます。

なるほど、アルバイトの求人情報にはいろいろと魅力的なことを書いているが、実態はやはり厳しいものだと思われます。

そんな中でも、初めてのお店に応募して働いている仲間で、悠々と働いている者もいます。

昔から随分要領がよい奴で、お店の先輩も上手く取り込んでいることでしょう。

残念ながら、自分は生真面目に近い性格なので、他人にゴマをすることも苦手だし、愛想もそれほど良くないので同じように真似をすることはできません。

できるだけ自分にとって良い条件のところを見つけるしかないようです。

そこで、もう一度アルバイト先を考えた時に、全国的なチェーン店と、現地の個人経営店があることに気付きました。

大手のチェーン店では、お揃いのユニフォームを身に付けて働くことになります。

誰もがよく知っているお店が多いので、だいたいの雰囲気は分かります。

片や個人経営のお店では、店舗が限られています。

働いているバイトの人数も少ないので、社員のような感覚で和気あいあいの雰囲気にも見えるのです。

レストランや居酒屋のような接客を中心とするお店に行けば、お客さんを案内したり注文を聞いたり、注文の品をテーブルに運ぶような仕事が中心です。

手に優れた技能を持っている訳でもなく、お客さんとしっかりと対話ができるレベルの能力しかないのです。

しかし、チェーン店と個人経営店の違いというのがイマイチよく分かりません。

どちらが働きやすいのか、給料以外に何か得るところがあるのか、一度比較してみました。

この記事の目次

個人経営のお店でバイトするメリット6選


アルバイトをすると決心して求人雑誌を集めてみると、本当にたくさんの募集情報があることが分かりました。

いろいろとあり過ぎても、どれを選ぼうか迷ってしまいます。

比較的住んでいるところに近いか、学校の帰りに立ち寄れる便利なところにある方が楽だとは思います。

それに気になるのは、労働条件です。

みんなが働きたくない時間帯、つまり朝早くに始まるとか、深夜勤務が中心のお店は、できれば避けたいとは思うのです。

もちろん、そんな時間帯なら賃金は割増にはなりますが、勉学のことを考えると夕方から夜中までが理想なのです。

職場の雰囲気も不安です。

たいていは、そのお店の古い先輩たちが牛耳っていることが多くて、新人には辛い仕事が任されることもあるからです。

職場の雰囲気と仕事量はどうしても確認しておきたいことです。

それらを我慢して頑張るとして、給料はいくらくらいくれるのかも確認しておかなければなりません。

求人情報には、それを明確に表示しているところもありますが、あいまいなお店もあるのです。

そこで、まずは個人経営のお店でアルバイトすることについて詳しい情報を調べてみました。

1.昇給が早い

個人経営のお店とは、あたり前のことですがそのお店のオーナーが経営しているということです。

社長自らが商品を仕入れて販売するとか、材料を購入して商品に仕上げて販売すると言うことを行っているのです。

社長も営業マンでもあるのです。

だから、社長にしてみれば、パートだろうがアルバイトだろうが、ひとりの社員と同じ感覚で使っているのです。

働いてる人間の人数が少ないので、名前はもちろん性格も十分理解しているので、言い換えると家族のような関係になってしまうようです。

お客様の前でも平気で文句を言うし怒鳴ることもあります。

なぜなら、1人の社員としてしっかりと働いてもらわなければ、経営が成り立たなくなるからです。

だから、一生懸命働いてくれる者には優しくしてくれるし、失敗ばかり繰り返しているとすぐに首にするということもあるのです。

これも、お店の経営に直結する問題だからです。