結婚するタイミングで悩んでいますか? 彼がその気になってくれない。

彼女になかなか切り出せない。

親に切り出すタイミングが掴めない、など、いろんなケースがあるかと思います。

これと言った決め手が無いと、人生における重大なイベントなだけになかなか踏み切れないこともありますよね。

そんなみなさんに少しでも参考にしていただけるように、結婚するタイミングについてまとめてみました。

結婚するタイミング

結婚するタイミングは人それぞれとは言え、他のカップルがどれくらいで結婚に至っているのか気になりますよね。

年齢が節目を迎えるタイミングで結婚に踏み切るカップルもいれば、付き合って何年だからそろそろ……というカップルもいるでしょう。

出会ってすぐびびっときて、付き合いもそこそこにすぐに入籍してしまうというスピード婚の方もいらっしゃるでしょうね。

逆に何年も付き合っていて仲も良いのに、いつまでも結婚には至らないというカップルもいるでしょう。

結婚するタイミングとしてあげられるのが多いのは、どんなきっかけなのでしょうか。

大半はプロポーズは男性からする


日本男児、大和撫子という言葉が未だにあるように、プロポーズは男性側からするものという感じは根強いようです。

理想のプロポーズのシチュエーション

ロマンチストな女性は、映画やドラマのように跪いてのプロポーズに憧れるという人も多いようです。

夜景の綺麗なレストランでのディナーを食べ終えたタイミングでのプロポーズも定番ですよね。

初めて出会った場所やデートに行った場所など、ふたりの思い出のつまった場所でのプロポーズも思い出に残りやすくおすすめです。

お誕生日や記念日などに、プレゼントとしてさらっと婚約指輪を渡すというプロポーズも人気。

おうちでまったりしているときにぽん、と渡されるのが萌えポイントのようです。

旅先でのプロポーズも良いでしょう。

ホテルや旅館の人にお願いして花束を良いタイミングで持ってきてもらうなど、ちょっとしたサプライズを用意しておくのも喜ばれます。

ただ、サプライズは、やり過ぎは禁物。

他人が大勢見ている前でのプロポーズやフラッシュモブを用いてのプロポーズは、拒否反応を示す人も多いです。

相手の好みがわかっていて、かなり勝算もある状態でなければ避けたほうが良いかも。

人前なのでやむを得ずOKしても、後から断られるという恐れもありますよ。

婚約指輪は不必要と考える人が増えている

最近は婚約指輪を贈り、結納をして、結婚式をして、披露宴をして……というカップルは減ってきているようです。

地味婚という言葉もでき、できるだけ費用を抑えたり結婚式そのものをしなかったりというカップルも多いです。

婚約指輪の金額を、貯金や新婚旅行に回したいなど現実的な考え方も一般的になってきました。

近年女性からのプロポーズも珍しくない


草食男子が増えたせいなのか、女性からのプロポーズも珍しくない時代になってきました。

女性から言い出すのがはしたない、という感覚も、現代ではだいぶなくなっていますよね。

婚約指輪や挙式もせず現実的に事を進めていくのが多い現代では、現実的に物事を考える女性がリードして結婚に至ることもよくあるようです。

彼がなかなか結婚に踏み込めない

中には、彼の方がなかなか結婚に踏み切らないので、女性の方が業を煮やして結婚話を進めていくというパターンもあります。

男性が結婚を決意できない3個の理由

恋愛は男性が一生懸命口説いてデートに誘い女性が選びますが、結婚は反対に女性が一生懸命アプローチをして男性が選ぶもの、とも言われます。

女性が結婚を迫ったりほのめかしたりしても、はぐらかしたり不機嫌になったりする男性もいます。

結婚する気がない、結婚は束縛されるようで嫌、恋愛だけで十分、独身貴族のまま一生を終えたい、と考えている男性も一定数存在します。

「今の彼女に不満はないけれど、もっと理想的な女性に巡り会えるかもしれない」と考えて結婚には踏み切らないという人も。

結婚するのは男女全体の三分の一とも言われます。

さて、男性が結婚に尻込みするのはどんな理由があるのでしょうか。

1.性格や価値観が合っているかを見極めているから

本当にこの人で大丈夫なのだろうかと考えているパターンです。

一生を共にすると考えると、今は付き合っていて楽しいけれどこの先もずっとこの人と一緒に生きていけるのだろうかと思うと、ちょっとゴーサインが出ないという感じですね。

女性側からするとちょっと腹立たしいですが、けして彼女に愛情が無いわけではないようです。

2.女性に対して一生愛情を持てるか悩んでいるから

男性の中には、「結婚は人生の墓場」なんて言う人もいますよね。

恋愛をしているときは刹那的な楽しみだけで良くても、結婚するとなるとそうはいきません。

楽しいところだけのいいとこ取りではなく、現実的な問題にも向き合っていかなくてはなりません。

男性は女性に比べてロマンチストで夢見がちな人も多いので、ロマンチックではない現実問題に直面した時にすっと引いてしまうことがあります。

今は大好きだと思っている彼女に対しても、結婚して妻になり、子供ができて母になり、年老いたときにもずっと今と変わらない愛情を保てるのか、自信がないという人もいるようです。

3.まだ経済的に養える自信がないから

今はお給料も上がりにくい時代。

お仕事によっては月収もあまり高くはなく、自分ひとりならいざ知らず、奥さんを養える余裕があるお給料をもらっている人はあまり多くはありません。

年齢が若いとなおのことですよね。

女性が仕事をしていて、結婚してからも仕事を続けることも珍しくはなく、男性の収入のみで賄うケースも少ないとは言え、結婚を考えるとある程度まとまったお金が必要になってきます。

結婚式の費用はもちろん、二人で住む新居、そのための家具、車を新しく買うというケースもあるでしょう。

カップルによっては結婚式は挙げないし婚約指輪もいらない。

片方が住んでいた部屋に一緒に住む、という形で出費を少なく済ませることもあるでしょう。

新婚旅行には行かないというカップルもいるでしょうね。

ただそれでも、今後のことを考えると経済状況が気になり、二の足を踏んでしまうということがあるようです。

結婚するにしても晩婚化が進んでいる理由のひとつに、経済状態が安定するまで結婚は控えようという理由もあるのだとか。

非正規雇用も珍しくなくなってきたので、なかなか難しい問題です。

子供も欲しいと考えているなら、尚の事経済状態は重要になってきますよね。

男性が結婚を決意するタイミング

そんな男性サイドが結婚をしよう、と思い立つのは、一体どんなタイミングなのでしょうか。

恋愛熱が高まったとき

彼女のことが好き、この人しか考えられない。

と思えたときには、自然と結婚に踏み切れるようです。

上にあげたような不安や迷いが無い状態、または吹っ切れた状況になると、結婚しようと考えるようです。

ちなみに男性は、女性と出会ってすぐの頃が一番恋愛熱が高いときなのだそうで、そのせいで付き合う期間も無しのスピード婚というケースも出てくるのです。

長期間付き合っていた彼女を捨ててすぐ新しい恋人と結婚してしまうパターンというのも、こうした男性の恋愛熱の高まり方に理由があるんですね。

仕事の方向性が定まったとき

仕事が落ち着かない、仕事のことで頭がいっぱい、という状況だと、なかなか結婚に踏み切れない男性が多いようですね。

だからこそ、仕事の方向性がある程度定まると、それが機会になり結婚をしようと決意するようです。

海外赴任が終わった、昇進して落ち着いた、本社に栄転した、などのタイミングで、そろそろプライベートのことも考えたい、きちんとしたいと考え始めます。

子どもができたとき

昔は結婚する前に子供が出来ることに対してはネガティブなイメージがつきまとい、『デキ婚』というやや蔑みの意図が込められた呼び方もありました。

ですが最近ではデキ婚も『授かり婚』というネーミングで呼ばれるようになり、さほどネガティブイメージはなくなってきたようです。

特に芸能人など結婚がお仕事に大きく影響を与えるような職についている人にとっては、彼女といくらラブラブで結婚を考えたいと思っていても、なかなか結婚には踏み切れない人も多いはず。

場合によっては周囲から反対されるケースも。

そんな場合でも、子供ができたから、となると周囲も軟化し、責任を取る、けじめをつけるという形で結婚に踏み切ります。

女性側としても、もちろんイヤイヤ結婚するというのでは嬉しくないですが、良いきっかけになりますし、寧ろ結婚に踏み切るために子供が欲しいと考えるという方もいらっしゃるようです。

遠距離恋愛になったとき

今まで仲良く付き合ってきて、いずれは結婚も視野に入れていたカップルにとっては、片方の転勤や引っ越しなどが結婚のきっかけになることもよくあります。

近くに住んでいたり一緒に住んでいたりして、結婚をしていなくても不便を感じていなかったふたり。

でも、離れ離れに暮らすことになり、遠距離恋愛をするくらいなら、これを機会に結婚して一緒に引っ越そう、という感じですね。

もちろん、相手に合わせて仕事を辞めたり、馴染んだ街から引っ越したりするのは、少なくともすぐには難しいケースもあるでしょう。

ただその場合でも、仕事をやめる準備をしつつ、来年には結婚をしよう、という話になることも。

相手の転勤が一時的なもので、二年後には帰ってくることが決まっているようなケースなら、遠距離恋愛を選びつつもこれを機会に籍だけ入れてきちんとしようとか、戻ったら結婚しよう、とい話になることも多いようです。

誰かに言われた時

意外と重大なライフイベントについては占いや風水に頼るという人も多いもの。

占い師や風水師の人に、「今年結婚するとうまくいきますよ」と言われると、じゃあ結婚しようかな、と考える人も一定数いるのだとか。

そのうち結婚はするつもりだけれど、なんとなく踏み切れないでいたという人にとっては、「今ならうまくいきますよ」と言われることが後押しになって、うまくいくということなら今結婚しちゃおう、と決意に至るのです。

また、友達や会社の人、親や親戚などから、「まだ結婚しないの?」「そろそろどうなの?」と言われたり、既婚者の人から「結婚もいいもんだよ」と言われたりすると、それがきっかけになることもあるようです。

おじいちゃんやおばあちゃんと仲が良い場合は、おじいちゃんとおばあちゃんに「死ぬまでに孫の顔が見たい」なんて言われると弱いようですね。

周りの人が結婚したとき

友達や同年代の親戚などが結婚するという話を聞いたり、結婚式の招待状が届いたり、結婚式に出席したりといったタイミングでも、考える人は多いようです。

特に仲の良い相手の結婚は、本人から生の声も聞けますし、本人が嬉しそうにしていると羨ましくなることもあるでしょう。

結婚式に出席して幸せそうな様子を実際に目にすると、具体的なイメージがつかめて「自分もそろそろかな」と思うようです。

ウェディングドレスや白無垢姿の女性を見て、自分の彼女の晴れ姿を想像したり、友達の両親が嬉しそうだったり安心したと言ったりするのを聞いて、「自分も結婚して両親を喜ばせてあげたい」と思うというケースもあります。

周りがみんな結婚してしまうと、飲み会に参加する人が少なくなったり、たまにやってきても子供の話ばかりしたり、ということも。

「自分もそういう時期なのかな」「子供のことも考えた方がいい時期かもしれない」と決断の後押しになります。

結婚適齢期とは

カップルによって事情は様々ですが、一般的な結婚に適した年齢とされるのはどれくらいの年齢なのでしょうか。

みんなだいたい何歳くらいで結婚に踏み切っているのでしょう。

結婚適齢期にある独身の男女の数を「結婚適齢期人口」と呼んでおり、国によって異なりますが、日本では20歳から34歳の男女を用いて算出しているそうです。

男性は30歳

男性は女性に比べると、「早く結婚したい」と焦る人は少ないようです。

ある程度仕事が落ち着いてきた頃、親戚や両親などから「もう30歳になるのにいい人はいないの?」「そろそろ落ち着いたほうがいんじゃないの」と言われて、それがきっかけになることが多い様子。

30歳というのは男性にとってもひとつの区切りのようです。

子供を考えている人にとっては、あまり結婚が遅いと子供を作るタイミングがなくなってしまうと考えるようです。

子育てには体力も必要なので、できるだけ若い内に、ということでも、30歳くらいが目処になるようですよ。

社会経験も数年積んで、貯蓄も多少できている時期でもあります。

一生懸命働いてきて一区切りついて、そろそろ将来のことを考えてもいいかもしれない、と思えるタイミングなんですね。

女性は27歳

30歳の大台に乗る前に結婚したいと考える人は未だ多いようです。

結婚してしばらくは二人の生活を楽しみたい。

そして数年したら子供のことを考えたい、と思うと、三十代前半に妊娠することを考えて二十代後半が適齢期と言えるようです。

女性で子供が欲しいと考えている人にとっては、どうしても体のことがあるので、年齢が気になるようです。

妊娠しやすい、妊娠してもリスクが低い年齢のうちに子供が欲しいと考える人や、若いママでいたいから、という人もいます。

子供の参観日などに参加すると、若くてきれいなママは羨ましがられますものね。

近代は医療も進化しているので、一昔前に比べれば出産は命懸けではなくなりましたし、高齢での出産・妊娠も珍しくなくなってきました。

ただそれでも、医学的には35歳以上の出産が「高齢出産」と定義されています。

子供は二人以上欲しい、年齢があまり近いと、ライフイベントが近く出費が大変になるので経済状況を考えるといくつ以上は離して生みたい……など考えると、やはり結婚したい年齢というのは限られてしまいますね。

【結婚平均年齢については、こちらの記事もチェック!】

付き合ってからの理想の年数ランキング

何年くらい付き合ってから結婚するのが理想的なのでしょうか。

みんなは何年くらいで結婚するのが良いと思っているの? ランキングをご紹介します。

1位.1年以上2年未満

1年付き合ってお互いのことが理解できてきて、かつまだラブラブなこのタイミングで一気に結婚まで事をすすめるのが理想的のようです。

2周年を迎えるにあたってプロポーズ、というカップルも多いようですね。

2位.2年以上3年未満

会社でも、転職するには三年経ってからという説があるように、だいたいの区切りとしてよく用いられるのが三年という単位。

二年以上付き合って、三年を迎える頃にはお互いのことも理解していますし、お互いの生活もある程度落ち着いてきているでしょう。

あうんの呼吸でお付き合いもできていて、そろそろ……と考えやすいタイミングです。

3位.3年以上4年未満

学生のうちに付き合いだしたり、社会人になってすぐくらいに付き合いだしたりしたカップルなら、三年から四年もすれば学校も卒業して社会人になっていたり、仕事もある程度慣れて次のステップにうつることを考えられるタイミングになっているでしょう。

結婚して子供も欲しいなと考えると、あまり何年も長くつきあうよりは、四年未満で結婚するのが理想的なタイミングのようです。

同棲してから結婚するほうがいい!?

結婚前の同棲。

一昔前には不純な行動に思われていましたが、最近は推奨される動きもあるようです。

同棲した方がいいのか、しない方がいいのか? これから結婚しようか悩んでいるカップルには気になる問題ですよね。

あるアンケート調査では、八割のカップルが「結婚前に同棲した方が良い」と回答したそうです。

ただその割に、実際に同棲をしてから結婚したカップルというのは全体の二割。

親が許可してくれない、という理由の他に、下にあげるようなデメリットが気になって同棲に踏み切らなかったというカップルも多いようです。

同棲する3個のメリット

ではまず、同棲する場合のメリットで大きなものを3つご紹介します。

1.結婚後の生活が予測できる

やはり何と言ってもこれ。

結婚後の生活がお互いに予測できるという点です。

結婚して一緒に生活する場合の予行演習になります。

付き合っているだけではわからなかった相手の性格や習慣などが、一緒に暮らすことでわかります。

対処の仕方もわかりますよね。

普段はっきり口にはしない自分の好み、各家庭では当たり前だと思っていた習慣なども見えてきます。

たとえば、相手の寝相が悪いとか、人と一緒の部屋では熟睡できないといったことが事前にわかれば、結婚する時の新居ではベッドルームがふたつある部屋を選ぼう、といった対応が可能になります。

2.お金が貯まりやすい

それぞれが一人暮らしをしている場合なら、ワンルーム2部屋よりも、ちょっと広い部屋を二人でシェアした方が家賃は圧倒的に安くグレードの高い部屋に住めますよね。

お風呂は一緒に入ると水道代・ガス代・電気代が節約できます。

食費も、一人分を作るよりも材料費も効率よく安いものが買えますし、やはりガス代の節約も期待できます。

片方がお金の管理が苦手だった場合は、お金の管理が得意な人が二人分まとめて家計としてお金を管理するようにすれば、やりくりもできるでしょう。

今までお互いが実家暮らしで、デートと言えば外でしていたというカップルなら、おうちデートをすることによってデート費用も大幅に節約できますよね。

3.安心感がある

お互いが一人暮らしをした経験がなくずっと実家で暮らしていたという場合は、いざ結婚して二人だけになると、家の契約から電気の開通など初めてのことばかりで戸惑ってしまいます。

結婚して何もかも新しい環境でいろんな初めてのことだらけになるとお腹いっぱいになってしまうので、同棲生活をしながらちょっとずつお互いに勉強していくというのが安心です。

ひとりよりもふたり。

何かあったときでも、すぐ側にいつでも自分の大切な人がいてくれて頼ることができるというのはありがたいもの。

風邪をひいた、鍵を落とした、なんていうちょっとしたトラブルが起きても、すぐに対応して善後策を練ることができます。

同棲する3個のデメリット。

では、反対に同棲することによるデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

1.結婚への決断が鈍る

同棲がうまくいっていて心地よく、特に結婚をしなくてもこのままで良いのではないか、と思い、ずるずると同棲を続けてしまうパターンです。

比較的男性がこのパターンに陥ることが多いようです。

こうなってしまうと、なかなか結婚には至らなくなってしまいます。

カプルがふたりとも、まぁこれでもいいかなと思っているのなら良いのですが、片方は結婚したい、きちんとしたい、子供も欲しい、と考えている状態だと、かなり辛いものがあります。

2.お金の管理で揉めやすい

お金に対する価値観がかなり違うと、お会計を一緒にするのも一苦労です。

お金の使い方がルーズな人にとっては、管理されると自分の使いたいように使えなくなるのが不満に思ってしまいますし、きちんとしている人からすれば相手がルーズにお金を使ってしまうことに加えて、更に自分が良かれと思ってきっちり管理していることにケチを付けられたような気持ちになって、ストレスが溜まってしまいます。

かと言って、一緒に暮らしているのに別会計にすると、別会計でも暮らしていける、こっちの方が楽、と思うことからだんだんと、「ひとりの方が楽なんじゃないか」という考え方になっていき、分かれてしまうカップルや夫婦が多いという統計もあるのです。

3.自由時間(一人の時間)が減る

実家住まいではなく一人暮らしをしていた人や、実家が放任主義であまり縛られなかったという人にとっては、誰かと一緒に暮らすことは少なからず束縛になります。

ふらっとどこかへ出かけたい、ちょっと飲んで帰りたいというときにも、パートナーへ伝えて許可を取るという過程が必要になり、それが手間だ、負担だと感じる人も少なからずいるようです。

かと言って一人でふらっと行動することをやめてしまうと、自分だけの時間が取りづらくなります。

自宅でそれぞれの個室がある場合はそこまで負担には感じないかもしれませんが、たいていの場合は個室がある生活というのは難しいでしょう。

そうなると、家の中でひとりきりになれるのがトイレの中だけ、なんてこともありえます。

相手と食事の時間やお風呂の時間を合わせようとすると自分のスケジュールも狂ってきます。

自分ひとりのペースで好き勝手するというのはできなくなってしまいますよね。

相手に合わせないで勝手にやろうにも、同じ部屋にパートナーがいるのに自分だけなにかをするのは難しいケースもあるでしょう。

自分の趣味にパートナーが理解を示してくれない場合、たとえばプラモデルを組み立てるのが趣味だけれど、パートナーは「散らかる」「塗料が臭い」なんて言うので、気になってやらなくなってしまう、という感じです。

こうなると、相手が外出しているときにしかできなくなりますよね。

そうでなくても、四六時中他人と一緒、という生活になるので、部屋の中で一人きりになりたい、という人にとっては負担に感じることが多いようです。

同棲前に決めておきたいルール

せっかくメリットもある結婚前の同棲。

できるだけデメリットが出ないように、事前にふたりの間でルールを決めておくと、比較的スムーズに、結婚の前の予行演出として良い同棲生活を送ることができますのでおすすめです。

同棲する期間

だらだら同棲生活を長引かせることがないように、事前に三ヶ月、一年など同棲する期間を決めて区切っておきます。

同棲してお金を節約しながら結婚資金を貯めるというのも良いでしょう。

100万円貯まったら、というように、目標達成まで同棲するという区切り方も良いのではないでしょうか。

住んでいる部屋の更新期限まで、というのも現実的でわかりやすい区切りですね。

挙式の日まで同棲する、というカップルもいるそうです。

確かに結婚式を挙げようとすると、式場やドレスや引き出物など決めなければならないこと、行かなければいけない場所がたくさんあるので、外で待ち合わせてデートの時間を使って打合せをするよりも、一緒に住んでいた方がスムーズです。

新居探しもして、挙式したら籍を入れてお引っ越し、というのも美しいかもしれませんね。

お金の管理

お金をどのように管理するかも、大切な問題です。

後から揉めてしまわないように、どちらが管理するのか。

どのように管理するのか。

お小遣いはいくらにするのか。

月々の貯金目標額はいくらか。

などをきちんと話し合って決めてから同棲に臨みましょう。

最近はスマートフォン用のアプリで、レシートの写真を撮影するだけでお小遣い帳が記録できるタイプのものが複数出ています。

こうしたアプリをふたりで共有するのも、お互いの出費や家計の状況が簡単に把握できるので便利ですよ。

家事の分担

お互いが仕事をしているならより一層大切になってくる家事の分担。

同棲期間中にきちんと分担ができるようになっていれば、結婚して、ゆくゆくは子供が生まれたときでも負担が少なくなります。

逆に言うと、ここでたとえば女性側が「できる奥さん」を目指して頑張りすぎ、全部自分がする、完璧にする、とやってしまうと、無理が溜まってしまいます。

仕事を始めた、忙しくなった、子供が出来た、というときに改めて家事の分担をすることになると、男性側から「今までうまくいっていたのにどうして急に」「なんでこんなに急にたくさんおれがやらなくちゃならないの?」と不満がでてきてしまう可能性が大なので要注意。

日替わりの当番制にするも良し、お料理は好きだから私が、洗濯はおれ干すのが好きだからおれが、というように、得意不得意で分けるのも良いでしょう。

あまりきっちり分けすぎてしまうと、「相手の分担だからやらなくていいや」「あの人の分担分なのにやってない!」とストレスが溜まってしまうので、ふたりの生活スタイルに合わせて柔軟な分担方法を考えましょう。

分担が難しいようなら、まずはふたりで一緒にやるという習慣をつけるのも良いですよ。

ご飯を作ろう、と思い立ったら、ふたりでキッチンに立ってその場で「私は野菜切るね」「じゃあおれは使ったボウルを洗うよ」と分担するとスムーズに行きます。

今の時代、家事は女性の仕事、という時代ではありませんし、女性が仕事をしている人なら尚更、女性だけが家事をするようにしていると無理が出てきてしまいます。

分担する癖をつけていきましょう。

もちろん、女性が働いて男性が専業主夫をする、というケースも良いでしょう。