あなたはもっと頭がよくなりたい!って思いますか?

天才棋士の藤井4段が毎日のようにテレビで登場しているのを見ると、頭のいい人はすごいな~と感じますよね。

学校でも、会社でも、頭のいい人はいます。

でも、自分はそんなに頭がよくないから、すごく苦労している・・・、そんな風に感じることもあるかもしれません。

もともとの天才にはどうせ勝てない・・・、そんな風に思うことももちろんあります。

確かに、天才という人たちはいますけど、でも、自分の中にある才能をもっと呼び起こして、もっと頭を上手に使ったり、もっと自分の可能性を広げることができたら、すごくいいと思いませんか??

日本は今や学歴社会でもありますので、子どもを持っているお父さん、お母さんたちはどうしたら自分の子どもが頭が良くなって、いい大学に入学できるのか、ということを必死に考えてサポートしているかもしれませんね。

きっと、お子さんが持っている力を最大限引き出せるように、小さいころから教育と習慣によって、頭のいい子に育ててあげたいと思っていることでしょう。

では、どうしたら頭ってよくなるのでしょうか?

今回は、毎日の生活の中でちょっと取り入れるだけで結果が変わる、そんな頭をよくする習慣についてご紹介していきたいと思います!

子どもでも、社会人の大人でも実践できる、頭がもっとよくなる方法ですよ!!

頭を良くしたい!

あなたは「頭がもっと良かったらいいのに・・・」と考えたこと、ありますか?

学校に進学すると、頭の良さはテストの点数や成績によって、数字で表されます。

そして、自分が大勢の人間の中でどの程度の頭の良さなのか、ということをまざまざと突きつけられたものです。

進学し、会社に就職したとしても、頭の良さの違いを見せつけられることもあります。

自分よりも、経験年数のない人がものすごい成績を出したり、自分よりも早くどんどんと昇進する姿を見て、自分ももっと頭がよかったらいいのに・・・と感じることもありますよね。

そして、親御さんたちであれば、小さい時から子どもが将来いい学校に進学して、いい企業に就職できるように、子どもが頭のいい子に育ってくれるようにといろいろと工夫して、教育しているかもしれません。

さらに、頭がいい人って、ものすごくいろいろな面で深い知識を持っていたり、それを活用するのがうまかったり、多方面で自分の才能を開花させることができたり、新しいことに挑戦し、それを習得し成功まで持っていくプロセスを知っていたりしますよね。

頭がいいとは、単に学歴を持っているということではありません。

学歴を持っていても、仕事ができない人もいますよね?

でも逆に、学歴はそんなになくても頭の回転が速くて、飲み込みも早くて、仕事がすごくできる人もいます。

つまり、頭がいいとは、物事を論理的に考え、すぐに頭の中で処理し理解できる人でもあるわけです。

大人であっても、もっとそうなれたらいいと思うし、親のみなさんであれば、そのような”力”を子供たちが持てるようにしてあげたい、と感じるのではないでしょうか?

もちろん、もともと頭のつくりが違って天才といわれる人もいますけど、でも実はその人の日頃の習慣が、頭の良さに関係していることもあります。

別に裕福な家庭に生まれたわけでもなく、家系が頭のいい人ぞろいでもなく、一般のごくごく普通の家庭に生まれた人の中にも、一流大学に進学し、有名な企業に就職し、その後若くして企業したり、いろいろな資格を取ったりと、まさに”頭のいい人”を周りから言われる人生を送っている方もいる通りです。

学歴はなくとも、自分の仕事や家庭を充実させ、人生を成功させている人だっていますしね。

それで、頭をよくすることは、どんな遺伝子環境のもとに生まれたとしても、子供でも大人でもだれでも可能なことなんだそうです!

その秘訣、ぜひとも知りたいと思いませんか???

頭が良くなる方法12個

物事を素早く理解して、そして論理的に考えて適応することができる人って、頭のいい人だと思いませんか?

もちろん、高学歴の人も頭のいい人と言われます。

それで、知識も豊富で勉強もできるし、さらに物事の理解が早いつまり、新しいことでも飲み込みが早い人は、仕事もプライベートも充実しやすい人でしょう。

では、そのような頭の良さを身に着けることができるんでしょうか?

今回は、その方法を12個どんとご紹介していきますので、あなたも毎日の生活でちょっと心がけてみたいと思える点を見つけてくださいね!

1.正しい生活習慣を身につける

まず、頭を良くしたいのであれば、正しい生活習慣を身につけましょう。

身体が健康でなければ、頭もベストな状態で回転することができません。

特に睡眠が足りていない人、栄養が偏っている人は、脳が正常に働かない状態ができてしまうことがあります。

やる気が出ない、脳がすっきりしない、記憶力が低下している、このようなことは生活習慣の乱れが関係しているのかもしれません。

脳を活性化させるためには、心と体の健康がまず大事。

そのために、自分の生活習慣を見直してみましょう。

早寝早起き

睡眠が頭の良さとどう関係しているかというと、睡眠をしっかりととらないと、せっかく勉強したことも忘れやすくなってしまいます。

睡眠は、記憶を整理してくれるといいます。

つまり、起きている間にたくさん取り入れた情報を、寝ている間にちゃんと整理して、頭の中に記憶として収めてくれているのです。

そのような時間がしっかりと取れていなければ、せっかく取り入れた情報も整理し、記憶されていないために活用することが難しくなります。

そして、規則正しい生活ができていないと、心と体のバランスが崩れ、疲れが取れなかったり、ストレスが溜まったりして、勉強するのにも、新しいことを習得するのにもよいコンデションが整いません。

それで、毎日十分に休息時間を取り、起きている時間にベストな状態で頭を使えるように、寝る時間と起きる時間を決めて、毎日のサイクルを整えることがおすすめです。

そうするなら、十分な睡眠時間を取れるし、心と体のバランスが整いやすくなりますね。

もし、あまりにも忙しくて睡眠がその日に十分にとれなかったときには、眠気が襲ってきたときに15分から30分くらいの仮眠をとることで、また頭の回転が復活したりしますよ。

2.目標を明確にする

目標があると、それに向かって無駄のない努力ができます。

成功している人の多くは、自分にとってモチベーションが維持できる大きな目標が明確ですよね。

例えばイチロー選手も昔からプロ野球選手になりたい、と夢を持っていたし、今まさに天才として活躍している大谷翔平選手も、大きな目標とそれに基づく短期的に達成可能な現実的な目標を常に掲げていたようですね。

頭のいい人は、目標が明確です。

目標があることで、自分の将来の道筋をある程度形にしておくことができるし、自分の力や時間をどこに注げばいいのかということがはっきりとしているので、効率よく能力を使うことができるでしょう。

逆に、明確な目標がないと、時間や力を無駄に使ってしまうことがあります。

頭がよくなりたい、と思っているのであれば、どうして頭が良くなりたいのかということもはっきりと自分の中に意識出来ていて、具体的にどういった人に憧れているのか、という目標人物がいたり、どこどこで働くといった目標とする何かがあると、そこに至るまでに自分がどのように行動できるのか、ということがわかってくることでしょう。

3.勉強する時間を設ける

時間はみんなに平等に24時間しかありません。

その時間をどのように使うかは、その人それぞれの責任です。

もし、何も考えずに自分の好きなことだけ、ラクなことだけに時間を使っているなら、ダラダラを遊びだけにアッという間に一日は終わって、そのうちゲームなどが自分の毎日の主な時間の使い方になっているかもしれません。

それで、頭が良くなりたいなら、勉強する時間をちゃんと一日の中で設け、その時間は絶対に勉強に取り組みましょう。

1日の中で時間を決めて

一日の中で時間を決めて勉強することによって、勉強する習慣を作りましょう。

そして、勉強する姿勢に入るときに、どうしても気が向かないと、いつもは気にならない部屋の片づけをしたくなったり、別のどうでもいいことを手に着けたくなったりもします。

それはきっと、勉強をしたくない、めんどくさいという気持ちが芽生えてしまったので、そこから逃げ出したくなるからでしょう。

それで、「いやだな」「したくないな」と思う隙をあまり与えないように、スムーズに勉強に入れる時間を作りましょう。

例えば、学校からかえっておやつなどを食べたら机にすぐに座れるように、おやつを食べる場所と机を同じにしておくとか、起きたら好きなジュースを持ってきて机に座ることを字自分の毎日のルーティンにするとか、流れ作業的に勉強に入れる時間を決めてみることもできます。

4.読書をする

頭のいい人が好む趣味の一つとして読書があります。

読書をすると、頭が活性化されて頭がよくなる、というのはよく聞く話です。

読書は、想像力をかきたて、考える力をはぐくみます。

読んでいる内容を理解しようと、自然と頭は一生懸命に考えているのです。

まさに読解力、思考力を高める作業といえます。

読書は集中力を高めるとも言われています。