男性の方であれば、社会人になり年齢を重ねる事によって大人のお店へ行く機会が増えてくるかと思います。

例えば、キャバクラやスナック、クラブ、そして風俗など、女性と関わる機会が少なくなるとストレス解消という事で仕事場の上司や同僚などと一緒にお店でお酒を楽しんだり、大人のお店で性欲を解消したりする事もあると思います。

日本にはいくつか繁華街があり、そのようなお店が並んでいる地域などもたくさんあるかと思います。

夜のお仕事は大変ですが、それなりに給料なども高く設定されており、女性の中には夜のお店で働く事が楽しいと感じている方も多いかと思います。

そんな中で、お酒を提供するクラブやスナックなどにおいて、夜のお店で成り上がりたい、もしくはお店を持ちたいと夢見ている方も多くいらっしゃるかと思います。

実力をつけるには当然働いて様々な知識や接客を学ぶ必要があります。

そのために通るべき道として、チーママという存在があります。

チーママにあこがれる女性も少なくはありません。

今回はそんなチーママをテーマにして、チーママになるにはどうすればいいのかという事をご紹介していきたいと思います。

チーママに憧れているあなたへ

まずはチーママという存在がどういうポジションなのか、チーママという言葉の意味についてご紹介していきます。

そして、チーママになるにはどうすればいいのか、そしてチーママの仕事内容はどういうものがあるのかという事を順序立てて説明していきたいと思います。

夜のお仕事として実際に働いている方はある程度推測は出来るかもしれませんが、夜の世界を知らない方には意味がわからない場合が多いかと思います。

チーママというまずは意味合いやポジションについて勉強しましょう。

1. チーママとは?


まずはチーママの意味ですが、チーママはスナックやクラブにおける責任ある立場の事です。

一番偉いのは当然お店のオーナーであるママと呼ばれる存在です。

お店の経営者であり、お店の方針などを考えて管理している存在です。

そのままのサポートを行う人がチーママと呼ばれる存在です。

いわば、言ってみればママの右腕という形でママのサポート業務を行っている人です。

一般的な仕事場と比較して言ってみれば、副店長や副社長というような形で表現できるかといえます。

2. 語源は?

チーママの語源は小さいママという意味です。

小さいママという名前の通り、経営をしているママの次に偉い人という意味で小さいママと表現されています。

なので、言ってみればママの次にお店の経営権を持っている女性という風に表すことが出来ます。

お店の立場としても偉く、席になる立場なのでそれなりに実力をもっていなければ任せられないポジションであるといわれています。

3. ママに信頼されている

チーママはママの右腕なので、当然信頼されていなければ任せられない立場です。

なので、実力も当然ですし、ある程度お店の事について知っておかなければいけない立場です。

非常事態が起きて、ママが不在の時にお店の経営を代わりに任せられたり、ママのサポート業務などをきっちりと行う必要があるといえます。

実力や知識以外にも、人間性がある程度備わっていなければ人の上には立てませんし、お店の責任を負う立場は任せられないので難しいポジションではあります。

4. チーママがいない店もある

ちなみに、どこのお店でもチーママのような立場の女性がいると思われがちですが、実際にはそうではありません。

チーママが存在しないお店なども当然存在します。

具体的にどういう場合にお店にはいないのか、いくつかご紹介していきます。

キャバクラにはいない


まず、勘違いされやすいのですがキャバクラにはチーママは存在しません。

しかし、キャバクラにはいませんが、クラブには存在します。

では、この違いは何でしょうか?
これは、キャバクラという場所においてチーママは必要ないという事になります。

なぜかといいますと、キャバクラに比べて、クラブなどは特に接待などに特に力を入れています。

お店の評判が悪くなってしまってはお客様は来てくれませんし、それなりに高価な場所なかりなので、質が重要なのです。

この質は当然接客や言葉遣いなど、トータルな面で見られています。

これが適当になってしまってはお客様を怒らせてしまいますし、二度と来てくれなくなります。

だからこそ、管理すべき人が必要でありチーママ的な立場の女性が必要であるという事になります。

また、キャバクラはどちらかといえば個人、クラブなどは団体で楽しませてあげたりする傾向などがあり、だからこそ人をまとめる必要があるともいえます。

小さい店にはいない

お店が小さい場合に関しても、チーママが存在しない場合もあります。

例えば、お店が大きいとそれなりに人も多いので管理すべき人間が必要ですが、ある程度こじんまりしたお店あれば、そこまで多くの人数は必要ないですし、人数が少ないという事は管理すべき人間も特に必要ないという事です。

特に、チーママに関しては中間管理職のようなものなので、小さい会社には中間管理職がいない場合などもありますよね?
それと全く同じという意味合いをとらえていただければと思います。

大きい店だと2人以上いるところも

逆に大きいお店になると、たくさんのキャストが必要になるので、人数が大きくなれば当然管理すべき人が増えるという事になります。

なので中間管理職も増やさなければいけない場合などがあります。

そうなると、チーママは2人になる場合もあります。

お店にチーママは1人だけという決まりなどは特にないので、そういったケースも当然存在するという事になります。

5. もちろん普通のスタッフよりもお給料が良い

当然ですが、チーママは他のスタッフよりも給料は高いです。

社会人として働いた経験がある方なら分かると思いますが、当然平社員よりも役職が就いている人の方が大変ですよね。

それなりに責任がある立場になるので、失敗をした時には多大な責任を負わされます。

なので、ストレスだって溜まりますし、人を管理するという事は簡単な事ではありません。

わがままな事を言い出しても、お店を守るためには厳しい事を言わなければいけないですし、当然子どもっぽい人が相手だと態度に出すくらい嫌われてしまいます。

それなりに大変なポジションなので当然給料はある程度もらわなければ今度はチーママが不満を持ったりしてしまいます。

大変な仕事のポジションではありますが、それなりにやりがいもあり、なおかつ給料もある程度はもらえるので、目指す方もたくさん存在するのは事実です。

6. ママになってお店を持ちたい人はチーママを経験すべき

働いている人の中には、生活費を稼ぐために仕方なくという方もいれば、楽しんで働いている方もいますし、中には将来自分のお店を持ちたいと思って向上心をもって働いている人がいます。

将来ママになってお店を出したいという方にはチーママのポジションは必ず経験すべきです。

なぜかといいますと、チーママは先ほどもお伝えした通り、ママのサポートを行うべきポジションです。

なので、当然経営に関する事もサポート対象になります。

経営に関するサポートを行う事で、クラブを経営する際にどういう支出があってどういう事が必要で何にお金をかけるのかという細かい事を学ぶ機会がたくさんあります。

それはお店を出す上で必要ですし、出した後にも生かせる知識になります。

そして、ママがいない時にはママの代わりに営業を任されるので当然リーダーシップを発揮しなければいけませんが、これも将来経営するときには必要になる事です。

そして、チーママという仕事の大変さを理解しておけば、将来お店を出した時にチーママに対しての教育や、大変さを理解してあげられる事に繋がり、人間関係を築く上で大事な事になります。

なので、経験しておいて損は一切ありません。

むしろ夢を持っているなら、お願いしてでも経験させてもらうべき立場ともいえます。

チーママになるには?

ここまではチーママという意味、そしてチーママにもどついた内容のご説明をさせていただきました。

それでは、ここからはチーママになるにはどうすれば良いのかご紹介していきます。

将来ママになってお店を開いてみたいという夢を持っている方には、チーママはまずは目指すべき存在になるといえます。