男性の方であれば、社会人になり年齢を重ねる事によって大人のお店へ行く機会が増えてくるかと思います。

例えば、キャバクラやスナック、クラブ、そして風俗など、女性と関わる機会が少なくなるとストレス解消という事で仕事場の上司や同僚などと一緒にお店でお酒を楽しんだり、大人のお店で性欲を解消したりする事もあると思います。

日本にはいくつか繁華街があり、そのようなお店が並んでいる地域などもたくさんあるかと思います。

夜のお仕事は大変ですが、それなりに給料なども高く設定されており、女性の中には夜のお店で働く事が楽しいと感じている方も多いかと思います。

そんな中で、お酒を提供するクラブやスナックなどにおいて、夜のお店で成り上がりたい、もしくはお店を持ちたいと夢見ている方も多くいらっしゃるかと思います。

実力をつけるには当然働いて様々な知識や接客を学ぶ必要があります。

そのために通るべき道として、チーママという存在があります。

チーママにあこがれる女性も少なくはありません。

今回はそんなチーママをテーマにして、チーママになるにはどうすればいいのかという事をご紹介していきたいと思います。

チーママに憧れているあなたへ

まずはチーママという存在がどういうポジションなのか、チーママという言葉の意味についてご紹介していきます。

そして、チーママになるにはどうすればいいのか、そしてチーママの仕事内容はどういうものがあるのかという事を順序立てて説明していきたいと思います。

夜のお仕事として実際に働いている方はある程度推測は出来るかもしれませんが、夜の世界を知らない方には意味がわからない場合が多いかと思います。

チーママというまずは意味合いやポジションについて勉強しましょう。

1. チーママとは?


まずはチーママの意味ですが、チーママはスナックやクラブにおける責任ある立場の事です。

一番偉いのは当然お店のオーナーであるママと呼ばれる存在です。

お店の経営者であり、お店の方針などを考えて管理している存在です。

そのままのサポートを行う人がチーママと呼ばれる存在です。

いわば、言ってみればママの右腕という形でママのサポート業務を行っている人です。

一般的な仕事場と比較して言ってみれば、副店長や副社長というような形で表現できるかといえます。

2. 語源は?

チーママの語源は小さいママという意味です。

小さいママという名前の通り、経営をしているママの次に偉い人という意味で小さいママと表現されています。

なので、言ってみればママの次にお店の経営権を持っている女性という風に表すことが出来ます。

お店の立場としても偉く、席になる立場なのでそれなりに実力をもっていなければ任せられないポジションであるといわれています。

3. ママに信頼されている

チーママはママの右腕なので、当然信頼されていなければ任せられない立場です。

なので、実力も当然ですし、ある程度お店の事について知っておかなければいけない立場です。

非常事態が起きて、ママが不在の時にお店の経営を代わりに任せられたり、ママのサポート業務などをきっちりと行う必要があるといえます。

実力や知識以外にも、人間性がある程度備わっていなければ人の上には立てませんし、お店の責任を負う立場は任せられないので難しいポジションではあります。

4. チーママがいない店もある

ちなみに、どこのお店でもチーママのような立場の女性がいると思われがちですが、実際にはそうではありません。

チーママが存在しないお店なども当然存在します。

具体的にどういう場合にお店にはいないのか、いくつかご紹介していきます。

キャバクラにはいない


まず、勘違いされやすいのですがキャバクラにはチーママは存在しません。

しかし、キャバクラにはいませんが、クラブには存在します。

では、この違いは何でしょうか?
これは、キャバクラという場所においてチーママは必要ないという事になります。

なぜかといいますと、キャバクラに比べて、クラブなどは特に接待などに特に力を入れています。

お店の評判が悪くなってしまってはお客様は来てくれませんし、それなりに高価な場所なかりなので、質が重要なのです。

この質は当然接客や言葉遣いなど、トータルな面で見られています。

これが適当になってしまってはお客様を怒らせてしまいますし、二度と来てくれなくなります。

だからこそ、管理すべき人が必要でありチーママ的な立場の女性が必要であるという事になります。

また、キャバクラはどちらかといえば個人、クラブなどは団体で楽しませてあげたりする傾向などがあり、だからこそ人をまとめる必要があるともいえます。

小さい店にはいない

お店が小さい場合に関しても、チーママが存在しない場合もあります。

例えば、お店が大きいとそれなりに人も多いので管理すべき人間が必要ですが、ある程度こじんまりしたお店あれば、そこまで多くの人数は必要ないですし、人数が少ないという事は管理すべき人間も特に必要ないという事です。

特に、チーママに関しては中間管理職のようなものなので、小さい会社には中間管理職がいない場合などもありますよね?
それと全く同じという意味合いをとらえていただければと思います。

大きい店だと2人以上いるところも

逆に大きいお店になると、たくさんのキャストが必要になるので、人数が大きくなれば当然管理すべき人が増えるという事になります。

なので中間管理職も増やさなければいけない場合などがあります。

そうなると、チーママは2人になる場合もあります。

お店にチーママは1人だけという決まりなどは特にないので、そういったケースも当然存在するという事になります。

5. もちろん普通のスタッフよりもお給料が良い

当然ですが、チーママは他のスタッフよりも給料は高いです。

社会人として働いた経験がある方なら分かると思いますが、当然平社員よりも役職が就いている人の方が大変ですよね。

それなりに責任がある立場になるので、失敗をした時には多大な責任を負わされます。

なので、ストレスだって溜まりますし、人を管理するという事は簡単な事ではありません。

わがままな事を言い出しても、お店を守るためには厳しい事を言わなければいけないですし、当然子どもっぽい人が相手だと態度に出すくらい嫌われてしまいます。

それなりに大変なポジションなので当然給料はある程度もらわなければ今度はチーママが不満を持ったりしてしまいます。

大変な仕事のポジションではありますが、それなりにやりがいもあり、なおかつ給料もある程度はもらえるので、目指す方もたくさん存在するのは事実です。

6. ママになってお店を持ちたい人はチーママを経験すべき

働いている人の中には、生活費を稼ぐために仕方なくという方もいれば、楽しんで働いている方もいますし、中には将来自分のお店を持ちたいと思って向上心をもって働いている人がいます。

将来ママになってお店を出したいという方にはチーママのポジションは必ず経験すべきです。

なぜかといいますと、チーママは先ほどもお伝えした通り、ママのサポートを行うべきポジションです。

なので、当然経営に関する事もサポート対象になります。

経営に関するサポートを行う事で、クラブを経営する際にどういう支出があってどういう事が必要で何にお金をかけるのかという細かい事を学ぶ機会がたくさんあります。

それはお店を出す上で必要ですし、出した後にも生かせる知識になります。

そして、ママがいない時にはママの代わりに営業を任されるので当然リーダーシップを発揮しなければいけませんが、これも将来経営するときには必要になる事です。

そして、チーママという仕事の大変さを理解しておけば、将来お店を出した時にチーママに対しての教育や、大変さを理解してあげられる事に繋がり、人間関係を築く上で大事な事になります。

なので、経験しておいて損は一切ありません。

むしろ夢を持っているなら、お願いしてでも経験させてもらうべき立場ともいえます。

チーママになるには?

ここまではチーママという意味、そしてチーママにもどついた内容のご説明をさせていただきました。

それでは、ここからはチーママになるにはどうすれば良いのかご紹介していきます。

将来ママになってお店を開いてみたいという夢を持っている方には、チーママはまずは目指すべき存在になるといえます。

チーママになって、ママとしてお店をオープンさせる上で必要な知識をたくさん学ぶ必要があるからです。

チーママになるにはいくつか大切な考え方や行動の仕方が存在しますので、参考にしてみてください。

1. ママの1番の理解者になる

チーママになる為に必要な事は、ママの良き理解者になる必要があります。

チーママの役割を考えてみてください。

チーママはママのサポートを行う立場ですよね?
なので、当然サポートを行う相手の事をしっかりと熟知する必要があります。

例えば、あなたは相手のサポートを行う場合はどういう風に行動しますか考えてみてください。

当然サポートを行い人の立場に立って物事を考えて、なぜそのように考えるのか、そしてそのように考えた場合、どういう風に動いてくれたらママが仕事がやりやすいのか、ありがたいと思うのかという事を常に考える必要があります。

なので、ママの仕事を知ったり、ママがどういう考え方をする人間なのか理解する必要があります。

ママの考え方や癖などを知っていくうちに、ママがどういう風に考えるのか自然と理解できるようになってきます。

一番の理解者になれば、当然信頼関係も生まれるようになります。

信頼が生まれれば、お店などを任せても良いという風に考えるようになります。

そうなると、まずはチーママとしての役割を任せてみようかなと考えてくれます。

相手の理解者になる、そしてどういう風に行動してほしいのかを考えて一歩先を行く。

これを行うだけで評価されるようになり、当然ながら仕事もできるようになります。

ママの考え方を理解しつつ、チーママとしての役割を理解する事がチーママになる上で大切であるといえます。

2. スタッフ教育ができるだけの経験

後ほど詳しくチーママの仕事内容については触れさせていただきますが、チーママは中間管理職のようなものです。

なので、ママの下で働きながら、ママのサポートをしつつ、その下であるスタッフの教育や面倒などを見なければいけません。

なので、スタッフ教育は必ず行うべき仕事に入ります。

人をまとめるという事は、考えているよりもずっと難しい事です。

人間には様々な種類の人が存在しており、その中でも夜の仕事をしている人は特徴的な人が多かったり、性格がきつめな人が多いです。

特に高級クラブになると、プライドだって持っている方はたくさん存在します。

みんなそれなりに実力を兼ね備えている分、下手な人が上に立てば当然反抗される場合もありますし、言う事を聞いてくれない場合などもあります。

中には喧嘩に発展してしまうケースなども存在します。

なので、中間管理職のポジションは相当なストレスがかかります。

さらに、その上で教育まで時には行わなければいけないので、想像以上に大変さがあります。

チーママという立場に立って初めて分かる事もあるかもしれませんが、あらかじめ教育方法だとか、人との関わりに関してある程度の実力がなければ教育する事は難しいです。

チーママになって出来なければ、役職がはく奪される場合などもありますので、スタッフ教育に関しては早い段階で身に着けておかなければいけないスキルです。

仕事などで、下の立場の子が出来たら、積極的に色々面倒をみてあげていれば、自然とそのスキルは身につくかと思いますので、面倒くさがらずに普段から面倒をみてあげることがスキルを伸ばす方法へと繋がるといえます。

3. 様々なお客さんに対応できるだけの知識

チーママに求められるスキルは当然接客に関しての知識も必要です。

チーママでも、管理だけをすればよいというわけではありません。

当然ながら、接客を行う必要もあります。

クラブとなれば、幅広い年代の方が来店しますが、比較的高級な場合は来店される方は年齢がある程度上の方が多いといえます。

キャバクラなど、比較的安価のお店ならば若い方も多いかもしれませんが、値段が高いとそれなりに立場がある人が来られるお店になります。

なので、ある程度の教養であったり、知識などは必要になります。

人によっては、こういうお店などに来る場合は仕事を忘れて楽しんで来られる方もいるかもしれませんが、接待などで利用される場合には仕事の話などがメインになる場合などもあったりします。

もちろんあまりにも難しい話などにはついていけないかもしれませんが、一般的な知識を持っていれば答えられる場合などもあり、もしかすると質問を振られる場合があるかもしれません。

その時にわかりませんや知りませんという返答だった場合はしょうがない場合もありますが、つまらない思いをさせてしまいますよね。

スタッフなら仕方ないで済むかもしれませんが、チーママになると適当な返答はできません。

だからこそ、スタッフ教育やお店の経営以外の知識なども身に着けておく事が必要であるといえます。

新聞やニュースをよくチェックする

仕事の話といっても、あまりにも専門的な事を聞かれる場合などはありません。

ある程度の立場の人なのですから、当然専門的な事を聞いてもわからないという事くらいは当然察しがつきます。

しかし、世間一般的に知られているような事や、今話題のニュースなどの内容などについては知っておく必要があります。

例えば、男性の方は経済に関する話などをするのが好きな場合が多く、世間での話題になっている会社や、経済事情などは把握しておいて損はありません。

時事ネタに関して話が出来れば、いざという時に振られても対応する事が出来ますし、相手も話についてきてくれると嬉しいと感じてくれます。

さすがチーママという事で周りに対しても実力を感じさせることが出来ますので、ニュースなどや新聞などで大きく取沙汰されているような内容は把握しておくべきです。

普段からの勉強が必要になりますが、チーママとして活躍するために必要な事ですし、これからチーママになりたいと思っている人は周りと差を作るチャンスにもなりますので、意識してください。

4. 店内の状況を広く見られる目と気遣い

チーママとして活躍するには、当然ながら経営のサポートも行わなければいけませんので、広い視野で物事を見る目が必要です。

ママがいる時であれば、全体の管理などはある程度任せられるかもしれませんが、ママがいない時にはすべてを管理し、時には必要な指示を行う必要があります。

なので、店内の状況を冷静に分析する必要があります。

例えば、お店柄、どうしてもお酒に酔っ払って迷惑な行動をとるお客さんは存在します。

そうなった時に常に目を光らせていなければスタッフに対して嫌な思いをさせてしまいます。

気付いていても、面倒だからスルーしようなんて考えを持っていれば、当然スタッフからは頼りにされる事はありません。

むしろ、見て見ないふりをしていると文句を言われたり、ママに報告されて降格される場合などもあります。

スタッフがいなければお店としては成り立ちませんし、スタッフの事は守らなければいけません。

だからこそ、スタッフが嫌な目に合っていないか、お客様に対して迷惑な接客をしていないかどうか、常に広い目線で見る必要があります。

そして、店内の状況を見て、危ない状況ならば救いの手を差し出してあげなければいけません。

例えば、新人の子でまだそこまで接客に慣れていない人がいたとします。

そんな人に昔からよくきてくださるそれなりの立場がある人の接客を任せるわけにはいきませんよね。

だからこそ、その時にはベテランのスタッフを席につけさせて、新人の子は挨拶だけにさせておくとか、様々な気遣いが求められる立場になります。

これがしっかりと出来ていれば、ママにも認めてもらえますし、将来役に立つスキルにもなります。

早い段階で身に着けておくべき力であるといえます。

5. たくさんの人に好かれるような面倒見の良さ

チーママになるには必ず面倒見の良さが求められます。

スタッフの教育を行う上で、面倒見の良さがなければ必ず失敗をします。

スタッフの教育は、思っているよりも大変な事です。

教育ができなければ、スタッフは育ちませんし、お客様に対して迷惑な接客を取ってしまう可能性もあります。

だからこそスタッフの面倒見の良さは必ず必要であり、面倒見がよければそれだけで頼りにされ、チーム全体としての意識も上がります。

面倒見の良さがあれば、ママからも信頼してもらえますし、お客様に対しての接客も当然良い接客を行えるはずです。

お客様からのチーママとしての実力を認めてもらえる場合がありますし、お客様から認めてもらえればお店の中からも外からも認めてもらえる事になります。

チーママとして活躍するだけではなく、新しいお店を出した時に発揮できるスキルにも繋がります。

逆に面倒見が悪いとスタッフはやめてしまいますし、雰囲気も悪くなり、店内の活気などもなくなってしまいます。

たくさんの人に好かれる人間性を身に着けるべきであり、身につけるにはすべての人の大して感謝の気持ちをもって接するようにすれば、自然と身についてくるスキルになるといえます。

チーママの仕事内容とは?

チーママになるにはどうすればなれるのかという事をご紹介していきましたが、ここからはチーママの仕事内容について具体的にご紹介していきます。

チーママの仕事内容は様々存在しており、想像以上に大変な仕事です。

しかし、同時にやりがいがありますし、将来役に立つスキルがたくさん身につく仕事内容でもあります。

簡単には行えませんが、自分自身の自信にも繋がります。

チーママとして実力を身に着ければ、ママになった時にそれなりの覇気が身に付きます。

それは人をまとめる力にもなりますし、ついていきたいと思えるカリスマ性にも繋がります。

チーママという役職を理解して、接客の極意を今一度学んでください。

1. お店の形態によっても様々

チーママの仕事内容についてはお店のシステムによって様々です。

大きいお店であれば、どちらかといえば、管理のみになったりする場合なども多く、小さいお店ある場合は接客などについたりするなど、臨機応変に対応をする必要があります。

なので、全体を見て今自分がどうするべきなのかという事を理解していなければ務まらない仕事内容です。

全体を見れないのにチーママになってしまうと、お店全体に迷惑がかかってしまいます。

なので、非常に責任感ある立場に立たされているという事をまずは理解してください。

2. シフト作成

チーママの仕事内容の大きな役割としてはスタッフのシフトを管理する事です。

社会人としての経験がある方は分かると思いますが、シフト管理はとても大事な事です。

ひと月の間にお客様がたくさん来られる日を想定してシフトを決めなければいけませんし、暇なのにシフトにたくさん割り当てても意味がありません。

なので、毎月の動向を読んで、お店にどれくらいの人数が必要なのかという事を理解しておかなければいけません。

また、時にはスタッフが出勤できない場合などもある可能性があります。

病気であったり、何か事故に巻き込まれたりとか、最悪の事を想定しておかなければいけません。

シフト作成といっても、一歩間違えれば営業において重大なミスへと発展する場合があるのでとても大事な仕事だといえます。

3. スタッフの悩み相談聞き

チーママの仕事内容として、スタッフの管理が必要です。

スタッフの管理と聞いて、単純な言葉かもしれませんが、やるべき事はたくさんあります。

チーママとしてスタッフを管理する時に、絶対に犯してははいけないミスとしてスタッフを辞めさせてしまうということです。

どんなに腹が立つようなスタッフでも人材はとても貴重なものです。

人がいなければ当然ながらお店を回すことはできません。

さらにスタッフの気分や、雰囲気を盛り下げるようなことをしても、良い接客をしてもらうことができなくなるので、良い環境で働いてもらうためにたくさんの努力をする必要があります。

例えばその中の一つとしてスタッフが抱えている悩みだろう聞いてあげることが大事だと言えます。

例えばプライベートの悩みであったり、お店に関する悩みであったりとか、様々なジャンルの悩みを聞いてあげることでスタッフの気持ちを整理整頓させてあげ、気持ちよく働いてもらうことがチーママとしての一つの仕事と言えます。

この作業を面倒くさがってしまったりすると当然ながらスタッフからは信頼されなくなります。

信頼されなくなってしまうと、チーママとして頼りにしてもらえなくなったり、認めてもらえなくなったりするどころか、スタッフがお店を辞めてしまうという風なことにつながりかねません。

本当の意味で問題があるスタッフであれば強く咎められることはないかもしれませんが、長い期間働いてくれたスタッフが、自分の管理ができていないばかりにやめてしまった場合は貴重な人材を失ったということで責任を問われてしまいます。

それだけお店にとって人材は貴重であり、守るべきものであるということです。

だからこそスタッフを大切にするために出来る事は何でも行う事が大切な仕事だといえます。

ママに直接言えないことを聞く

悩み相談の一つのジャンルとしてママに直接言えないようなことを神様の立場で聞いてあげることも大切です。

社会人としての経験がある方であれば分かるかもしれませんが、普段から距離の近い直属の上司に話すのと、普段あまり関わりのない社長に関して悩みを相談することを考えた時に、距離の近い直属の上司に話をする方が、心理として話しやすいですよね。

呼び名こそ違えど、チーママはまさに距離の近い直属の上司であると言えます。

だからこそお店のトップであるママに直接言うよりもチーママに相談する方が、相談する側の心理としては話しやすいはずです。

チーママの大事な考え方として、スタッフがお店であるということです。

逆にお店はスタッフでありスタッフ一人ひとりが集まってできたものがお店ということです。

だからこそ、たった一人のスタッフの意見に関しても真剣に耳を傾けてあげる必要があり、それがお店全体のメリットになるのであれば実行してあげる行動力も必要であると言えます。

お店全体の利益になるのであれば、それは必要な事であり、行動したチーママには信頼や実力を評価してあげる流れにも繋がりますので、面倒くさがらずに耳を傾ける事が大事だといえます。

恋愛相談

悩み相談の別のジャンルとして、恋愛相談に関しても聞いてあげる必要があります。

例えば、クラブのスタッフは当然ながら女性しかいません。

お店によってはボーイさんなどもいるかもしれませんが、基本的には女性ばかりの職場なので当然恋愛相談なるの悩みも多く持ちかけられます。

たかが恋愛相談とたかをくくってはいけません。

なぜならば若い女性であれば恋愛においての悩みがきっかけでお店を止めたりとか情緒不安定な状態になってしまい接客に支障が出てしまう場合もあります。

接客に支障が出ると言うことはお店として不利益を被ることにもなります。

だからこそチーママとしての役割の一つとしてスタッフの精神的な健康なども気遣ってあげる必要があります。

だから恋愛相談と思わずにその人にとっては大切な悩みなんだと言うことを理解して思いやりの心を持って行動してあげてください。

4. スタッフでは対処しきれないお客さんにつく

お客様の中にはお酒に酔ってしまい、迷惑になる様な行動をとる場合があります。

若しくは少し癖の強いお客様が存在するのも事実です。

そうなった時に在籍しているスタッフでは手に負えない場合はチーママが自らお客様に接客する場合もあります。

実力を兼ね備えていなければそのお客様にも認められずにお店全体の不利益を被る場合もあります。

大変な仕事ではありますが面倒なお客様相手をやってのけるその姿を見て、スタッフの人から尊敬されたり実力を認められる場合もありますので必要な仕事だと言えます。

5. スタッフ教育

チーママとしての仕事としてスタッフの教育が大きな仕事になります。

スタッフの礼儀作法であったり、言葉遣いなどを普段から徹底して指導する必要があります。

実際に接客をする際に礼儀や言葉遣いなどがなっていなければ、お客様からは叱られてしまうことになりかねません。

お客様の中には二度とお店に来てくれなくなる人も存在します。

長く通っていただいているお客様であればあるほど、お店にとっての不利益にもなりますし責任問題にもなりかねません。

だからこそスタッフの教育は一番力を入れて行うべき事だと言えます。

まとめ

今回はチーママという言葉の意味、そしてチーママになるために必要な事、そして仕事内容などを詳しくご紹介いたしました。

役割によって求められる仕事は違ってきますし、お店によっても仕事内容などは変わる場合もありますが、ひとつだけ共通して言えるのは簡単なお仕事ではありません。

それなりの立場で責任感をもって行うべき仕事なので、精神的につらい場面もあるかと思います。

しかし、夢であるならば、追いかける夢としてはやりがいのある仕事です。

接客としてのスキルの中でも最強のスキルが手に入る仕事です。

この仕事を極めれば、コミュニケーションにおいて困る事はそうそうありません。

かっこいい女性としての内面も手に入れることが出来る魅力的なお仕事だといえます。

目指している方は、日々の努力大事です。

常に自分にできる努力はないか、確認する事で実力を認められ、活躍する事が出来るといえます。

日々の継続した努力が大事であるという事は忘れないでください。