「○○に言及する」などと、NEWS報道や、レポート発表などで使われることがありますよね。

「言及」って言葉、その他に使ったことありますか?
意外とないかもしれません。

ちょっと難しい言葉だけど、使いこなせればあなたの話し方はもっと威厳があって、もっとかっこよくなるかも!?
それで、今回は「言及」という言葉をピックアップして、その正確な意味、そして正しい使い方などを調べていきたいと思います。

「言及」の正しい使い方をマスターしよう

みなさんは、「言及」って言葉の意味を知っていますか?
聞くことがあるけど、じつは意味が良くわからない、雰囲気だけで理解しているという人もけっこういるのではないでしょうか?
「言及」ってちょっと難しい言葉ですよね。

でも、たまにニュース報道や、何かの講演会や、発表会やスピーチなどで聞くことがありますよね。

政治家たちがよく国会答弁などでも使っているかもしれません。

「言及」を正しく使いこなせたらカッコいいし、言葉の幅が広がります。

でも、間違って使っていたらかなり恥ずかしいかも・・・。

もしかしたら、あなたも実は使い方を間違っているのかもしれません!
ということで、「言及」の正しい意味を確認し、正しい使い方をマスターしていきましょう!

意味


まず、意味を調べてみましょう♪
漢字だけを見てみると、「言う」「及ぶ」という二つの漢字がくっついています。

つまり、「何かを言い及ぶ」というようなニュアンスが感じ取れますけど、「言い及ぶ」ってこと自体、ちょっと難しいと思いませんか?
はっきり意味が分かりませんね。

そこで、辞書などで調べてみると、やはり「言い及ぶこと」という説明がありました。

そして、「話しがある事柄にまで及ぶこと、またはふれること」という説明もあります。

もっと、簡単に言うと、「ある事柄についてコメントすること」という意味だそうです。

使い方

それで、「言及」という言葉は、何かある事柄について話が及んだ時や、ある事柄についてのコメントを言った時などに使われる言葉のようです。

つまり、「言及する」とは、内容はどんなものであれ、ある事柄についてまで話が及べば使える言葉なのです。

しかし、一般的には何かの意見を残したという時に、「○○について言及する」という言い方をすることが多いようですね。

内容にふれるときには、意見を言っている場合が多いので、間違ってはいませんけど、必ずしも意見でなくても何かしら、その事柄について話しが及べば、「言及した」ということになります。

例1


使い方の例を見てみましょう。

例えば、良く使われるのが、ある政治家が総理大臣の今度の進退について意見を述べ田としましょう。

その時には、「総理の進退問題に言及する」などと、「言及する」という言い方が使われています。

つまり、「総理大臣の進退問題についてコメントした」という意味になります。

この場合は、「コメントする」ということとほぼ同じ意味として捉えればいいわけですね。

例2

別の例として、先ほどの流れで行けば、政治家が総理の進退問題について自分の意見を述べているとしましょう。

進退問題が出ているということは、何らかの問題が起きていて責任を問われている、というケースが多いので、そのような背景で考えてみることにします。

そのときに、今現在の問題だけでなく、過去の総理の行動や言動についても引っ張り出して、話すととします。

その場合、その政治家があえて、「過去の事例について言及する」などと、いうことができます。

政治家は、あえて過去の事柄について話しを広げた、つまり及ばせたという意味になります。

さらに、国会審議の場で良く聞かれる例としては、問題になっていることについて追求する際に、「総理、あなたは○○について先日言及されておられましたよね?覚えていないんですか!?今回と話が違うんじゃないんですか??」というような言い方をしている場合もあります。

つまり、「総理、あなたは○○について先日コメントされていましたけど、そのことと今回の話の内容が違うんじゃないんですか!?」と責めているわけです。

ある特定のことに関して話した、ということにおいて、すべての場面で「言及した」というように使えるわけですね。

例3

「あえて言及しない」というように、否定形でも使われることがあります。

「言及しない」、つまりそのことにはふれない、ということです。

先ほどの場面までの状況を思い浮かべて、引き続き考えてみると、総理は自分の進退問題についてマイナスの状況となりうるような情報についてはコメントを差し控えるときがあるでしょう。

そのようなときは、「総理は○○については言及を避けた」というように言われることがあります。

「総理は○○についての意見を述べることをあえて避けた」という意味です。

「発言を控えた」「コメントを控えた」というようにも、表現されることがありますが、それと同じ意味となります。

類語

では、「言及」の類語となるのは、どの言葉になるのでしょうか?
例えば、「暗示」「引喩」などがあります。

これは、言及するという中に含まれる、何の情報について参照するとか、間接的にふれるというような意味と同じ言葉といえます。

さらに、「論及」という言葉もあります。

ちょっと難しい言葉ですけど、物や人など何かに注意を向けるという意味で、類語となります。

さらに、「触れる」も類語の一つです。

意味

「暗示」というと、ハッキリとは言わずになんとなくそれにふれるというような微妙なニュアンスがありますよね。

間接的にその物事についてふれて、手がかりを与えるというような意味です。

「○○について、それとなく言及した」などという時と、同じような意味を持ちます。

さらに「引喩」も「言及」の類語ということですけど、意味を知っていますか?
「引喩」とは、何かの作品や情報、歴史的事実などを引用したり、ことわざや誰かの言葉などを例えとして引用して、自分が言いたいことを間接的に伝える方法のことだそうです。

引用することによって、表現内容に含みを持たせるらしいです。

それで、何かの物事や情報に言及して、つまり触れて、それに含まれる考えや意味を間接的に、表現や自分の言いたいことに加えるという意味の言葉ということになると思われます。

さらに、「論及」ですけど、これは「言及」と「論じる」ということが合わさった言葉になるみたいです。

それで、ある事柄についてふれ、論じること、という意味があるみたいです。

ちょっとコメントするということ以上に、論じている場合には、「言及」よりも「論及」が正しいわけですね。

多分、一番理解しやすい類語は、「触れる」でしょう。

もう「言及」の意味としても含まれていることですが、「触れる」というのは、何か物や人に触る、という意味だけでなく、いろんな意味を持つ言葉です。

例えば、「心の琴線に触れる」ということもありますけど、それは心を感動させたことを意味しますし、「耳に触れる」と言えば、耳にするという意味にもなりますね。

そして、「話に触れる」ということになると、あることを話題にするという意味があります。

これが「言及」と同じ意味を持つということになりますね。

使い方

「暗示」は、「その出来事は彼女の将来を暗示するものだった」というような、活用のされ方をします。

つまりは、その出来事が彼女の将来についての手がかりを与えた、というような意味です。

なので、はっきりとそのことに触れているわけではないけど、そのことを間接的に触れてるということになります。

さらに、「彼女の行動は、○○を拒絶していることを暗示している」というように、それとなく感じさせるとか、わかるように示すというような使い方をします。

「引喩」は、例えをひくという意味で、表現方法の一つです。

「引喩失義」という四字熟語もありますけど、それは引喩したけども、「失義」つまり道理から外れるということで、意味としては、つまらない都合のいいたとえ話や前例を持ち出して、正しい意義を見失う、ということです。

話し言葉では使うことはほとんどありませんけど、書き言葉としてこの四字熟語が使われることがあります。

「論及する」ということを使う場合、例えば「細かいことまでは論及しませんが・・・」というような言い方ができます。

つまり「細かいところまでは触れて論じませんよ~」という意味ですね。

さらに「個人的なことに関しては論及しないでください」というようにも使えるでしょう。

「個人的なことに関してまで、話を及ばせて論じるのはやめてくださいよ」ということですね。

ある事柄を話題にするという意味で「触れる」を使う場合、よく使われるのは「物事の核心に触れる」などでしょう。

物事の本質に関してコメントするというような意味になりますね。

関連語

「言及」または「言及する」に関連する言葉としては、「話題にする」「述べる」「取り上げる」「ネタにする」「敷衍する」などがあります。

ある事柄について話をする、という意味で関連している表現です。

このように考えると、何かについて話しをする、ということだけでもいろいろな表現方法があることがわかりますね。

話しをする、そのことについてコメントする、ということに変わりはなくても、その時の様子とか、状況によって使い分けることができるいろいろな言葉が日本語にはあるわけですね。

意味

「言及する」の関連語について、それぞれの意味をちょっと調べてみて、どんな特徴があるのかチェックしておきましょう。

「話題にする」という言葉ですが、「話題」とは、話の題目のことです。

話しの種ともいわれます。

「話題にする」とは、皆さんもご存知の通り、その話をするという意味ですけど、「話題に上る」という表現は、話題に取り上げられるという意味になります。

そして、「話題に上がる」とは、「話題に上る」の誤用表現だという情報もありました。

けっこう、「上がる」って客観的な意見として「○○について話題に上がってたよね」というように使っていると思っていましたが、「○○について話題に上っていたね」という表現の方が正確なのかもしれませんね。

「上る」は取り扱われるという意味で、「上がる」は有名になるとか、人目につくようになるという意味らしいので、より「話題」に適しているのは「上る」という言葉なのでしょう。

さらに、「言及する」の関連語として「述べる」という言葉がありますが、「話す」「言う」「語る」と、「述べる」って何が違うのでしょうか?
「言う」というのは、短い文を伝える場合で一方的に言葉を出すときに使います。

「話す」というのは、ある程度まとまった話をするとき、つまり会話をするときに使われますね。

「はい」とか「いいえ」は、「言う」を使いますが、それを「話す」とはあまり言われません。

「語る」は、ある事柄について説明したり、考えやある事柄を相手に伝えることです。

そして「述べる」ですが、これは多くの場合公の場で使われる表現といえます。

「取り上げる」は、話題に関係する場合、話題を採用するそれに着目する、といった意味があります。

議題として採用されるときも、「取り上げる」という表現が使われますね。

「ネタにする」の「ネタ」って考えてみると、いったい何なんか不思議に思いませんか?
普段使っているときは、なんの疑問も持っていなかったけど、こうやって言葉として改めて考えると、どうして「ネタ」って言うのかわからない人が多いのではないでしょうか?
「話のネタにする」などと、よく言いますけど、ここでいう「ネタ」は話しの内容を示唆していますよね。

じつは、この「ネタ」とは「タネ(種)」がもともとの意味のようです。

種は、果実の中に入っている大切なもので、中核に存在していることが多いですよね。

それで、「タネ」とは物事において一番大切なこと、中核的なことを指している言葉となりました。

よく「悩みの種」とも言いますけど、それは、悩みのおおもととなっていること、悩みの原因を意味している表現です。

その「種」という言葉ですが、江戸時代に一部で言葉をひっくり返して話すことが流行っていたそうです。

現代でも、業界人などが「ハワイ」を「ワイハー」って言っていたのと同じでしょうか?
あと、「寿司」を「しーすー」っていうとか。

そんな感じで、意味は同じだけれどもひっくり返して言うことが流行り、それが定着して「ネタ」という言葉が広く今でも使われているそうです。

そう言われれば「話のタネ」とも言いますよね!
つまり、「話しのタネにする」は正しい日本語で、「話しのネタにする」は同じ意味として使われている言葉です。

「敷衍する」とは、押し広げるという意味の言葉のようです。

話しの内容を詳しく説明したり、関連する事柄をさらに取り上げたりするときに使いますね。

話しをより広く展開したり、意味や意義をわかりやすく、詳しく説明することをいいます。

「言及する」という表現は、何かの物事にふれる、そのことを話題にすると意味ですが、「敷衍する」とは、話題をもっと展開していく、押し広げていくという意味なので、単に何かの話題に触れるということはちょっとニュアンスが変わってきますね。

しかし、一つの話題を詳しく説明するときに、ある事柄についても「言及する」ということがよくあります。

使い方

「話題にする」という表現方法は、日常的に皆さんも使っているフレーズではないでしょうか?
「彼女は過去の失敗について話題にした」、「キミのことが話題に上っていたよ」というように使われますね。

それを「彼女は過去のことについて言及した」、「キミのことが言及されていたよ」というような言い方でも、確かに間違いはないと言えるでしょう。

しかし、「言及」という言葉を使うと若干、堅苦しい印象にはなりますね。

「話題にする」という言い方のほうが、気軽に話にふれたという印象です。

さらに、「述べる」ですが、意見を言うことを公の場では「意見を述べる」と言ったりしますね。

「話題を取り上げる」というのは、話題になる、話題として採用されるということですけど、「取り上げるほどでもない」というように、話題として採用するほどの価値もない、という意味で否定形としても使われています。

「言及するほどでもない」という表現ともほぼ同じ意味ですね。

その事柄についてはふれるまでもない、コメントするまでもないということです。

「ネタにする」という表現ですが、話しの内容を指す表現として「話のネタ」という活用方法以外にも、漫才やお笑いなどでも、その内容を「ネタ」と呼んでいますよね。

さらに、手品のネタとか、冗談を言ったときにも「ネタだよ!」と言うこともあるでしょう。

「ネタがあがる」とかお寿司の材料のことも「ネタ」って言います。

けっこうたくさん使われている言葉ですが、「タネ」って言っても通じるのです。

特に手品は、「タネも仕掛けもありません」なんていいますけど、この場合のタネあるいはネタは仕掛けを意味していますね。

なので、「ネタ」には様々な意味があり、その材料、証拠、原料などを指して用いられることもあります。

「敷衍する」という表現は使ったことがあるでしょうか?
なかなか、話し言葉の中では使う機会がないかもしれませんが、書き言葉の中ではよく使います。

例えば、小説なんかで「彼は○○を敷衍する説明を述べた」というような表現があるかもしれません。

つまり、「○○についてもっと意味や意義を詳しく説明した」という意味になりますね。

さらに、「敷衍して想像した」というように、ある事柄をもっと展開するようなニュアンスで用いることもあります。

「彼の言っていることは、○○の意見を敷衍している」というように、すでにある情報に対してさらにもっと詳しい情報を付け加えるときにも、「敷衍」という言葉を使うこともあるでしょう。

ある事柄を押し広げる、説明する、詳しく展開するという意味なので、例証したりすることもその中に含まれますが、例証すること自体が敷衍することではありません。

話しをもっと膨らませるとか、もっと展開するために例を用いたときに、「敷衍した」と言えるわけですね。

活用形

「言及」という言葉から、同義語や関連語をいろいろと探してみることができました。

やはり日本語はいろいろな表現があり、似ている表現だったり、時には「言及」と同じ意味として使われる言葉も、それぞれにニュアンスのちょっとした違いを持っているんですね。

では、「言及」という言葉はどのような活用形を持っているのでしょうか?
「言及できる」ともいいますが、これは「言及する」というサ行変格活用の動詞に「できる」がくっついた活用形となります。

「ある話題について触れることが可能だ」という意味ですね。

「○○に言及し・・・」と表現することもありますが、これは連用形となります。

「言及しなさい」「言及せよ」または「言及しろ」というように、命令形もあります。

「言及しなさい」は、まだマイルドな表現だけど、「せよ」「させよ」はちょっと威圧的な印象がありますね。

ちょっと古い言葉と言えるでしょう。

「しろ」は現代風の威圧的表現と言えるでしょうか。

「言及しない」というように、打消の「ない」を付けた表現もあります。

「言及される」というように、受け身の表現として活用されていることもあります。

この打消しと受け身の2つがくっついて、「言及されない」というように、「言及する」のサ行変格活用の動詞の未然形に、助動詞の「れる」の未然形と、打消しの助動詞の「ない」をプラスした表現もあります。

これだと、打消の表現「言及しない」が受け身になりますね。

「言及したい」というように、希望を表すこともあります。

「言及する」に、「たい」という希望の助動詞がくっついています。

「言及させてください」などと、お願いする表現としても使います。

「言及」が使用されるシーン

では、現在の日本語の文化の中で「言及」がどのくらい使用されているのでしょうか?
話し言葉では、普段から頻繁に使われるような表現ではないかもしれませんが、よ~く注意して聞いてみると、メディアとか何かの発表などでは、けっこう使われることが多いように思います。

では、「言及」が使用される主なシーンについてご紹介していきたいと思います!

メディア

まずは、メディアから。

ここでいうメディアは、「mass media(マス・メディア)」で、媒体や手段という意味ですが、主に新聞とか、テレビ、ラジオ、インタネットなどを指しています。

新聞やニュース番組は私たちに、今日本で、さらには世界で起きていること、最新の情報などを提供してくれる媒体です。

ちなみに、「マスコミ」ってよく「メディア」と同じような意味として用いられていることが多いですけど、マスコミとは調べてみたら「mass communication(マス・コミュニケーション)」の略で、マスメディアによって情報が伝達されることを指しているようです。

つまり、マスコミは伝達されること、つまりコミュニケーションの手段について、そしてメディアは媒体を表しているということなんですね。

マスコミにマスメディアが含まれているので、なかなか意味の違いや使い分けが難しいんですね・・・。

「マスコミ」と「メディア」の違いは、とりあえずおいといて、では、メディアではどのように「言及」が使用されているでしょうか??

ニュース

まず、テレビのニュース番組あるいはラジオのニュース放送などで、「政治家の○○氏が、~について言及した」というような説明を耳にしたことがあるでしょうか?
さらに例えば「米国大統領が~とコメントし、北朝鮮問題について言及した」というように、使われていることもあります。

「総理大臣は、~についての言及を控えた」というように、コメントをあえてしなかった、あるいは意見を言うことを控えた、という時にも使われていますね。

スポーツニュースなんかでも、「○○選手、今日のゲーム内容については手ごたえを感じていることを示しつつも、今度の移籍に関しては言及しなった」というように、みんなの注目しているその選手のこれからの動きについてはまだ話題が出なかった、ということを伝えてくれていることもあります。

どんな内容を話し、どんな内容についてはしゃべらなかったか、ということを説明するときにも「言及」が使われていたりするわけですね。

新聞

新聞でも「○○氏、~について言及」というような見出しが乗せられることがあります。

この場合、「~について」興味を持っていた読者は、その内容についてはまだ知らないものの、○○氏が自分の意見を発表したということを理解できるので、今すぐその内容を知りたいと興味をかきたてられることになるでしょう。

けっこうネットのニュース記事なんかでも、見出しとして「○○さん、○○ニュースについて言及」というようなものがあります。

見出しとして「言及」という言葉を使うだけで、「何をコメントしたんだろう?」「どんな意見を持っているんだろう?」というように、人の興味を引き立てるから、けっこう見出しに使われていることが多いんですよね。

だから、政治関連でも、芸能人の浮気とか逮捕などの芸能ニュース関連でも、有名人がある特定のこと、得に一般市民も興味を持っている話題に触れた時に、見出しでバーンと「○○、~に言及」と乗せられていることが多いんです。

週刊誌

週刊誌では、芸能人のマル秘生活とか、政治家の裏の顔とか、いろいろな記事が載せられていますよね。

最近では、週刊誌に乗せられた記事が元で多くの有名人の私生活や、裏の姿が暴露されていて、かなり衝撃を与えることもあります。

そんな週刊誌のなかでも、たくさん「言及」の文字を見つけることができるでしょう。

使われ方としては、新聞などと同じように見出しなどに使われているかもしれませんし、内容の中に、「○○氏は以前、~についてこのように言及していた」というように、過去の発言について取り上げていることもあるでしょう。

さらに、週刊誌は特大スクープをいつも世に放っているわけですけど、内容がはっきりとしていないものもあったりします。

そんな時には、スクープを挙げられた側の人が「週刊誌で報道された~について言及」というようなニュース報道がなされることもありますね。

まあ、週刊誌で報道された内容に対して、本人が否定のコメントを発表することが多いのですが、そのことが取り上げられるときに「本人がアノ記事について言及」というように、興味をそそるタイトルがつけられているわけです。

論文

論文の中では、ある人の言葉について引用させてもらうことも多いのではないでしょうか?
自分の論を立てるために、ある人の意見を参考にしたり、裏付けとして用いたり、例証として引用することもあります。

それはつまり、ある人の意見について「言及」しているわけですね。

しかし、論文の中で他者の意見などに触れる時には、しっかりとそれが自分ではなく、他者の言葉であり意見であることを述べないと、盗用と思われてしまうことがあるかもしれませんので、気を付けましょう。

さらに、自分の論文であったとしても、引用元を明らかにしないで過去の出版された論文から文章をコピーすると、それも規定に反することになるようです。

それで、コピーするのではなくハッキリと自分の意見と他者の意見(あるいは自分の過去の論文の内容である)との区別をつけないと、盗用であるとして論文の価値が無くなってしまう可能性があるわけです。

それに、なぜそのことを引用するのか、という目的がはっきりしている必要もあるでしょう。

なので、他者の意見や論議、あるいは過去にすでに発表してある内容について引用する時には、「言及」という形で、自分の意見とは別に他社の意見として区別しつつ、自分の論議をさらに深めたり、展開していくことができるでしょう。

企画発表

みなさんも、会社などで新たな企画を考え、発表することがあるでしょうか?
その時にも、過去のデータや統計などを引用することがあるでしょう。

その時にも、言及するという言葉が使われることがよくあります。

さらに、だれかがすでに述べた内容について触れる際にも「○○さんが先ほど言及したことですが・・・」というように表現することもあるでしょう。

企画発表などの改まった場面では、「言った」とか「話した」というよりも、「言及した」というほうがよく用いられます。

「先ほど言及した○○のデータ報告についてですが・・・」というように話すわけです。

「言及」の意味や使い方を学んで使用しよう!(まとめ)

いかがだったでしょうか?
「言及」という一つの言葉をちょっと深く取り上げてみましたが、今までの皆さんの思っていた言葉のニュアンスとの違いはありましたか?
「言い及ぶ」ということで、ある話題について話す、触れる、という意基本的な意味がありました。

それで、「コメントする」というように言い換えることもできるわけですけど、「コメントする」というよりも「言及する」といったほうが、なんだか内容に深みがありそうに聞こえるかもしれません。

「言及する」という言葉自体に、内容は特定されていません。

どんな内容でも、ある事柄にまで話題が及べば「言及した」ということになるわけです。

しかし、よく「言及する」という言葉が使われる場合には、ある事柄について意見を述べた、ということが見られます。

話題に上ったということ以上に、そのことについて何らかの意見を残した、というような状況で、「言及した」という表現が使われているように思います。

しかし、もちろんそれだけではなくて、論文や企画発表などである情報や他者の意見や論議について引用する時に「言及する」というようにも表現します。

他にも、たくさんの類語や関連語がありましたので、いろんな表現を自由に、そして正しく使って行きたいですね!