あなたは、人生が辛いと周りのせいにしてはいませんか?

自分だけが辛いとネガティヴになっていませんか?

まさか、人生が辛いから死にたいなんて思ってはいませんか?

自分の人生が辛いと感じた時、考え方ひとつで前向きな気持ちになります。

あなた自身で物事の捉え方を変えてみるだけで、人生を変えることができます。

「人生がつらい」と感じていませんか

毎日生活をしてると、生きることに疲れたなぁって思う時ってありますよね。

疲れてる原因は何だろうと考えてみると

・お金がない

・仕事や恋愛がうまくいかない

・誰にも本音が言えない

・いつも1人ぼっちな気がする

・病気が治らない

他にもまだまだ沢山あると思います。

このような原因はすぐに解決をして、元気になることはなかなか難しいです。

なぜなら、全ての原因は長い年月をかけて作り上げられものだから。

日々の生活から、無意識のうちにストレスを溜めてしまい、頑張りすぎてしまったのでしょう。

でももう、あなたは充分頑張ってきたのです。

生きるのが辛いと思うまで、頑張ったのです。

1日一回、鏡に向かって自分を褒めてあげましょう。

やる気が起きず生きづらい

疲れてくると、朝起きるのが辛く何もやる気がおこらなくなってしまいます。

なにもかもが思い通りにいかなくて、自分を責めてしまうものです。

朝起きる前に、嫌なことを考えてしまいますよね。

そんな時は無理して楽しい事を考えずに、目をつぶってゆっくり深呼吸をしましょう。

だんだんと脳に酸素が回り心地よくなってきますから、そこから瞑想をしてみましょう。

このように心を休めることが必要なのです。

ストレス社会の現代

どんなに辛くても、お金がないと生活ができません。

ストレス社会の現代では、無断欠勤や無断退職をしたり、しまいにはうつ病で自殺をしてしまうこともあります。

わたしもストレスから会社に行きたくなくて、塞ぎ込んだ毎日を過ごしてました。

結局はストレスから体調を壊してしまい、仕事を辞めました。

仕事を辞めたら、不思議なことに自分を取り戻すことができ、もっと早く辞めれば良かったと後悔しましたよ。

きっとあなたは…

真面目で責任感のある素晴らしい人なんでしょう。

常に自分のことより周りのことを優先して考えられる立派な人ですよね?

そんな素晴らしいあなただからこそ、必ず「ご褒美」を自分にあげて下さい!

自分をもっと甘やかしていいんです!

何もかもが嫌になる

何もかも捨てて逃げたい時もあります。

思い詰めすぎて、死んだ方がマシなんて思いますよね。

あなたの気持ちは痛いほど分かります。

人間は1人で生まれてきて、死ぬ時も1人なのです。

どんなに大切な人がいても必ず別れがあります。

あなたが死んでも、悲しんでいる人の姿を見ることすらできません。

大切な全てを失ってしまうでしょう。

それこそ、死んでしまったら「無」なのです。

あなたが生きてるのが辛くても、もっともっと辛い人もいます。

不幸なニュースを見てみて下さい。

生きたくても生きれない人が、1日に地球上で何万人と死んでいます。

何もかもが嫌になっても、自分の命だけは、自ら絶ってしまうのはダメです!

気持ちを前向きにさせてくれる12個のこと

人生が素晴らしいものです。

きっと、あなたは人生を楽しくしたいと思っていることでしょう。

だからこそ、今この文章を読んでいるのです。

それでは生きてるのが辛いあなたが、少しでも元気に前向きになれる方法を紹介します!

1、気が済むまで話を聞いて貰う

自分の辛さなんて誰にも分からないと思っていませんか?

なんでも良いのです。

楽しい話でも辛い出来事や誰かの愚痴でもいいでしょう。

友達や家族に気がすむまで話を聞いてもらうと、気分が楽になります。

信頼できる人に話を聞いてもらいましょう。

相談じゃない事を念押ししておく

誰かに話を聞いてもらうと、場合によっては批判されたり叱責されることもあります。

相談がしたくてと前置きはあまり良くありません。

ただ話を聞いてほしいということを念押ししてから、話すことに意味があります。

また身近な人と話したくなければ、ノートに書き出してみましょう。

誰にも何も言われることもないですし、自分だけの「吐き出しノート」を作るだけで気持ちがスッキリします。

2、辛いことをやめる

あなたは辛いことを無理してやっていませんか?

自分自身で辛いことがなにかを把握するクセをつけましょう。

何に辛いのか分からない状態でいるよりも、具体的に辛いことがなにかを把握することで、辛い原因が分かり納得することができます。

人生をやめるなら『自分の辛いこと』をやめる

人生が辛くてやめたいのなら、先に身近で感じている『自分の辛いこと』をやめましょう。

例えば、恋愛です。

辛い原因が恋愛なら、距離をおいてみましょう。

潔く別れるのが一番ですが、真面目で優しいあなたなら、情や不安がつきまとうものです。

しばらく連絡をしないで1人になることで、冷静に考えれると思います。

遅かれ早かれ、辛いと思ったらやめてしまいましょうね。

必ずいつかどこかで、自分で辛い原因に見切りをつけることが大切です。

見切りをつける勇気を、自分で持ちましょう。

一度、その勇気をつければ生きるのが楽になります。

3、自分ルールを変える

いつもこうしなきゃいけないと自分ルールに振り回されていませんか?

生きていく為の自分ルールを作るのは、計画性があり凄いことだと思います。

ですが自分ルールにとらわれすぎますと、神経質になりかねません。

あまりに神経質ですと、悩みもさらに増えてしまい、ますます辛くなってしまいます。

色々な幸せルールを作る

自分ルールよりも、楽になる幸せルールを作りましょう。

例えば、『NO』です。

嫌なことをお願いされたら、NOと言える自分を持つことです。

仕事で代わりにやらなくていけないことが自分の苦痛になってるなら断りましょう。

キャパーオーバーなのに仕事頼まれたら、断りましょう。

NOと言える強い自分をもつことで、心が強くなります。

色んなことを、心配しすぎたり悩みすぎてしまうから追いつめられてしまうのです。

もっと幸せになるルールを考えて、辛いことを考えないようにしてみてください!

4、失敗しても自己否定しない

失敗したら、自分を責めてどうしようもなくなっていませんか?

失敗をしたら悩むことは大切です。

しかし悩みすぎて、自分のことをひどく否定してはいけません。

まずは失敗した自分を受け入れてあげることです。

結果や行動を反省する

もちろん、自分のおかした過ちは反省することは大事です。

例えば職場での不倫です。

相手が結婚してても、自分はどうしても好きでズルズルと付き合ってしまった。

結局、不倫がバレてしまい会社も辞めることになり慰謝料も発生し、生きてるのが辛い。

どんなに頑張っても過去を取り戻すことはできません。

けれど、自分の気持ちに嘘をつけなかった自分をまず褒めてあげてください。

失敗をバネにして、次にはもっと良い恋愛できると信じることです。

自分の過ちを許せるのは、自分だけなのです!

5、小さな成功を積み重ねる

自分との約束を守って、あきらめない心をもつ努力をしていますか?

小さな成功を喜べないと、いつまでたっても弱い自分のままになります。

弱い自分のままでいると、自分を卑下することが増え、負のスパイラルのはじまりです。

そうなると人生が面白くないので、小さな成功をするための目標を持ちましょう。

例えば、ダイエットです。

ダイエットでリバウンドする人は、頑張りすぎる人です。

極端ですが痩せたくて絶食する人は、長続きしないどころか体調不良になり、ダイエットを諦めてしまいます。

ここで小さな成功をおさめるには、毎日の間食だけをやめてみましょう。

間食をやめて、朝昼夕ご飯をしっかり食べるのです。

これだけでも毎日続けることで、体重は確実に減り健康的になりますよね。

ここで、目標を達成できるのです。

小さな成功体験の積み重ねは、『人生の成功』になります!

大きな成功ばかりに目を向けない

大きな成功ばかりに目を向けてしまうと、レベルが高すぎて無理です。

それなら、日々の課題をひとつずつクリアして、小さな目標をもつことが大事だといえるでしょう。

わたしは何事も「小さなことでも頑張れないやつは、一生頑張れない」と思って生きています。

まずは身近な苦手なことから、手をつける勇気を持ちましょう。

苦手を克服できたら「自分ってスゴイ!」と褒めることです。

6、ネガティブが悪いことだと思わない

物事をネガティヴに考えていませんか?

時としてネガティヴになることは、心の成長につながるので悪いことではありません。

しかし、ネガティヴ癖をつけてはいけません。

ネガティヴ思考ばかりになってしまうと、頭と心が疲れてしまうからです。

ネガティヴになってしまった時は、一日思いっきり泣いて落ち込みましょう!

普通だと思えば少し楽になる

ネガティヴ思考になるのは、自分だけって思っているからです。

周りと比べて、自分だけ不幸。

なんて、思っては幸せになれないです。

周りと比べる前に、自分の辛さはまだ普通と思えたら、少しは楽になりますよ。

7、好きな曲を聴く

人生辛い時に悶々と考えこんでいませんか?

気分転換に好きな曲を聞いてみて下さい。

わたしはパッヘルベルのカノンをひたすら聞いて辛さを克服してます。

辛い時に無音状態は、さらに悪化させてしまいます。

明るい感じの曲を選ぶ

やはり嫌な気分を吹き飛ばすには、明るい音楽が効果的です。

またバラードでも感情移入し、涙を沢山ながすことでストレス発散になります。

特にクラッシックなら、歌詞もないので何も考えずにゆっくりと過ごせます。

気分転換にとても良い音楽は、気持ちを前向きにしてくれる素敵な武器だといえるでしょう!

8、視点を変えて見る

自分の考えが1番正しいと思ってませんか?

物事を自分ルールで見ていると、必ず行き詰まる時が来ます。

視点を変えて考えてみましょう。

例えば厳しい親です。

あなたに対して厳しい親が嫌で堪らない時があります。

厳しい親の心理はあなたを愛しているからです。

愛ゆえのムチに気づくか気づかないかで、厳しい親に対しての認識が変わってきます。

このように相手の気持ちになったり、客観的に物事を見ることで、辛い気持ちが楽になります。

大切な”なにか”を見つけられる

きっと物事の見方を変えた時に、はじめて大切な””なにか”に気づけるのではないでしょうか。

ひとつの考えにとらわれずに、周りの話にも耳を傾けるようにしましょう。

あんなに人生辛いと思ってたのはなんだったのだろうかと思える時がきます!

9、心にしみる名言を読む

いつも思い悩んで、苦しんでいませんか?

私から頑張っているあなたに言葉を送ります。

「苦労した分だけ、自分に戻ってくる」

嘘だと思うかもしれません。

辛い思いをしたあなた…それでも前向きに生きていれば、必ず良いことに巡り会います。

そんな前向きになれる書籍は本屋さんに売っています。

たくさんの身にしみる言葉に出会えます。

辛さを乗り越えポジティブになれる名言を読んでみましょう。

励ましてもらえる

あなたと同じように苦労してきてる偉人の名言こそ、今読むべきです。

他人に相談するより、偉人の名言のほうが新しい発見にもつながります。

名言を携帯の待ち受け画面にしてみるのもいいでしょう。

心が弱っている時こそ、名言を読み励ましてもらってください!

10、身体を休める

無理して頑張りすぎてませんか?

自分の身体を労われる大人になりましょう。

全てを全力で頑張る気持ちは分かりますが、身体に負担をかけてまで頑張るのは危険です。

人生に悩む人たちは、皆体調を壊してます。

体調が壊れるまで、一生懸命だったという証拠ですよね。

そうなる前に、一度ゆっくりと身体を休めましょう。

身体の疲れは精神にも影響する

身体の疲れが溜まりすぎてしまうと精神状態にも悪影響を及ぼすので要注意です。

精神状態が悪くなってしまうと治るまでに月日がかかります。

人生の辛さから考えすぎてしまい、『鬱病』を患ってしまう人はとても多いそうです。

そうならない為にも、しっかりと身体を休めて自分でメンテナンスをしましょう!

11、運動する

ずっと家にひきこもってませんか?

適度に歩いたり、走ったりすることは有酸素運動になり、体と心にとても良いといえるでしょう。

私の父は、ストレスを溜めやすいサラリーマンでした。

毎日仕事が終わり、家に帰ってくると、着替えてランニングシューズを履き外に走りに行ってました。

仕事でストレスだらけの父でしたが、一度も体を壊すことなく前向きさを貫いてました。

人生が辛いと悩んでる時は、一度外の空気を吸いに外をお散歩してみてください!

気分もリフレッシュできる

さらにおすすめのリフレッシュ術は、アロマオイルです。

特にラベンダーオイルやグレープフルーツオイルは使いやすく、気分をリラックスできる香りです。

アロマオイルは自律神経を整えてくれますので、ぜひ活用してみてください。

12、湯船に浸かる

毎日、湯船に浸かって心を温めていますか?

やはりシャワーよりも、湯船に浸かることで血行促進され1日の疲れがとれやすいです。

人生に疲れた時は、湯船に浸かり、どっぷりの汗をかいて毒素を流しましょう。

リラックスすることで、また明日の活力になります!

入浴剤を入れてもっとリラックスする

お風呂は1番リラックスできる場所だと思っていいでしょう。

悩んでる時こそ、お風呂入ってる時は無になられます。

たまには入浴剤を入れて特別なお風呂タイムを過ごしてみましょうね。

特に塩風呂はおすすめです。

浴槽に粗塩をたっぷりいれて入ることで、発汗作用が高まり芯から温まり冷え対策になります。

体に毒素がたまってたりすると、好転反応で次の日怠くなることもありますので注意してくださいね。

頑張りすぎた時には、1人の時間を大切にしましょう。

人生がつらいと感じたら原因を排除するために行動するべき

最後になりましたが、人生が辛いと感じたら…

心のままに生きて下さい。

責任から自分を解放して、何も負わない時間を過ごしてください。

気ままに流れに逆らわずに、ゆっくりとした時間の中で心静かにしていることで、辛さから解放されていくでしょう。

自分を甘やかして、許してあげることが重要です。

どうか、自分自身を大切にしてください!