あなたが生きているいつもの日常の中では考えられないようなことが、この世界におきているのを知っていますか?あなたが見ている世界というのは、この全体世界のほんの一部でしかないのです。

そのため、世界にはあなたが不思議!だと思うことにあふれています。

これまでにそのことに気づかなかったのかもしれないですし、もしかしたら知っていたけれど調べるのがめんどうくさくってほうっておいた方もいるのではありませんか?

そんなあなたのために、この記事ではこの世界に存在している不思議な出来事をご紹介します。

それを知れば心からビックリされることでしょう!

また、ちょっとした知識となり誰かに自慢したり、会話がいきづまったときのネタにできるかもしれません♪ぜひチェックして、あなたの知らない世界をのぞいてみてください☆

世の中の知らなかったこと、教えます

あなたが今知っていることは、この世の中のほんの一部でしかありません。

このことは冒頭でも触れましたが、なかなか信じられない人もるのではないでしょうか。

あらゆる世界に飛んで、あらゆる文化を見てきた人にとっては「知らないことはない」なんて思っているかもしれません。

しかし、知っているようでなかなか知らないことというのがこの世界には存在するんです。

それは、あなたの身近なものかもしれないですし、あなたの生活とは全く関係ないところに存在しているものかもしれません。

どんなことであっても知らないよりは、知っていた方がいいと思いませんか?これから出会う人にその話題を出された時に、説明することができるし、また同調することができるかもしれません。

繰り返しになりますが、会話がつまったときなどに会話として盛り込むことが出来るかもしれません。

そのことについてよく知っている人はいないこともあるので、「物知りだなぁ」なんて思われるかも?

世の中には知らないことがいっぱい


あなたの見ている世界だけではなく、たまには外の世界も見てみましょう。

いつもは当たり前だと思っていたことがそうではないと感じるようになったり、実は[こんな意味があったのか」と納得することができたり。

そこには必ず「ビックリする気持ち」それと、あなたを成長させてくれるヒントがあるかもしれません。

この世界に存在するということは、なにかしらの意味を持っているということです。

それらの意味をしり、あなたの存在意味さえも考えてみてはいかがですか?

びっくり!意外と知らない世の中のビックリ

では、さっそく意外と知る人が少ないと思われる「世の中にあるビックリ」をみていきましょう!既に知っていることがあるかもしれませんが、そこは優しい心で見逃してやってください。

あなたの知らない世の中のひみつ、そして驚くべき事実が明らかになることでしょう!心の準備はできましたか?あまり信じたくないことに出くわしても良い心ができましたか?
分かりました。

では、お伝えしていきましょう。

ジャンプのロゴが少女漫画風になる

男性のバイブルともいえる”少年ジャンプ”。

子供の頃はよく読んでいたという方もいれば、大人になってもまだまだ読むのはやめられない!という方もいるのではないでしょうか。

次号が発売されるまでの間にわくわくして、眠れない日があるかもしれないですね。

そんな少年ジャンプにまるわるビックリなこととは「ロゴが少女漫画風になる」というものなのです。

いつもジャンプを見ている方にとって「なにいってんだ?」と思ってしまいますよね。

しかし、本当にロゴがまるで少女マンガのように変わってしまうことがあるんです。

ジャンプのロゴって、海賊のようなマークなのはご存知ですか?そのマークを70度くらいに傾けてみてください。

そうすると、まるで女の子が横を向いているような表情に変化するんです!

すぐに理解することが出来る人もいれば、なかなか女の子に見えないかもしれません。

そんなときは「女の子に見える」と自分に言い聞かせてみて。

するとあら不思議!どんどん女の子の横顔に見えてくるんです。

これを発見した人、スゴイ!

セブンイレブンの意味


現在では、24時間営業が当たり前になっているコンビニの代表ともいえる”セブンイレブン”。

どうしてセブンレブンという名前になったのかご存知ですか?他にもコンビニといえば、ファミリーマート、ミニストップ、セイブマート、サンクス、ローソンなどがありますよね。

それぞれのお店の名前はてきとうに付けられたものではなく、しっかりと意味がこめられているんです。

ファミリーマートであれば、家族でみんなで行くことの出来るお店を意味しています。

最近減少傾向にあるミニストップは、ほんの少しでも立ち止まれる場所。

そんな意味がありますが、ではなくてはもう生きていけない!と感じる人もいるような「セブンイレブン」はどうなのでしょう。

実は、コンビニの第一店舗として登場したのがセブンイレブンなんです。

昔は、皆さんもご存知のようにあらゆるお店が夜になれば必ず閉まる社会でした。

現在では24時間営業が当たり前になっていますが、そのような社会ではなかったんですよね。

その社会風潮にあわせるためにも「7時から夜の11時まで営業する」をコンセプトにし、セブンイレブンがオープンしたのです。

もうお分かりですか?7時開店の”セブン”、そして11時閉店の”イレブン”を意味しているんです。

現在では、24時間営業になってしまったため、その意味を使われなくなってしまいした。

しかし、そんな意味があったなんてとってもびっくりしませんか?

Windowsでは「prn」というファイルが作れない

Windowsを使っている方は、どうしてprnというファイルを作れないのか不思議に感じてしまいますよね。

それは、ディスクファイルシステムで既に使われているからなんです。

要するに既に設定されてしまっているために、同じ名前を使うことができないんです。

だってWordを開きたいのに、急にパソコンのシステムのWord(というものがあったとして)が出てきたら困ってしまいますよね。

そのため、prnというファイルを使うことができないのです。

ガセネタも流れている

しかし、残念ながらそのような事実があるというのにも関わらずガセネタが流れています。

それは、ウィンドウズを創設したビル・ゲイツさんがプリンというあだ名を呼ばれていて、それが嫌で作れないようにしたというものです。

たしかに生みの親がそんな感情を持っていれば、システムに導入しないはずですよね。

でももしもそれが事実であるならば、prnを使用者が使えないようにしたのは偶然ではないのかもしれないですね。

ビル・ゲイツさんに本当の話を聞けたらいいのに!

聖書のなかで最も人を殺しているのは神

聖書を読んだことがありますか?聖書には、イエス・キリストの教えが記載されておりものすごいページ数がありますよね。

その中には悪魔がしたことや神様が行なったことも記載されているのですが・・・実は、悪魔よりも神様のほうが人間を殺している回数が多いんです!

神様といえば、人間を守ってそして良い方向へ導いてくれる素晴らしい存在のはずです。

それなのに悪魔よりも人間を殺しているってちょっとショッキングですよね。

まぁキリスト教を信じていないのであればなんともないのでしょうが、やはりそれでも違和感を感じるはずです。

聖書には、悪魔というのは10件しか人間の殺害に関わっていないんです。

10件でも多いだろと感じてしまいますよね。

しかし、神様というのはさらにその上をいってしまうんです。

なんと240万件。

240”万件”ですよ!?かなりの人間殺害に関わっているんですね。

それは、誰かに悪い行いをした罰なのかもしれませんし、人が「自分を殺してくれ」と神に祈ったためにかなえたことかもしれません。

それでもやっぱり、神様のほうが悪魔より人間の死に関わっているなんてビックリですし、なかなか受け入れられない事実ですよね。

セピア=イカスミ

セピアときくと、モノクロ写真をイメージする方が多いのではないでしょうか。

しかし、セピアとは和訳すると”イカスミ”を意味するんです。

たしかにイカスミって黒いけどまさかセピアだとは…驚きです。

また、ギリシャやイタリアなどのヨーロッパ地域ではセピアという言葉が「コウイカ」を意味することもあるのです。

海外で「セピアで写真をとって」なんていったら相手には「イカスミで写真をとって!」と聞こえているんです。

きっとおかしな顔をされてしまうでしょう。

また、昔はイカスミというのは耐水性があるものとしてインクを漬けるペンに使われていました。

その際には”セピア色”なんて呼ばれていたんですよ。

今ではパスタなどで取り入れられているイカスミによって、文字が書かれていたと思うとなんだかゾクゾクしちゃいます!

SOSの意味はない

SOSという言葉を目にしたら、きっと何かが起きているんだ!と非常事態を感じてしまいますよね。

しかし、そのように感じているのはあなただけかも。

というのも、SOSという言葉には実は何も意味はないんです。

それにSOSというくらいだから、何かを略している言葉なんだろうなんてなんとなく思っているでしょうが、それもありません。

本当は、船に乗っている時に使うモールス信号として使われていました。

遭難信号であり、助けを求める合図でもあったんです。

それを日常生活に用いられるようになり、「助けを求めている」という意味になっていきました。

本当は、そのような意味はなかったんです。

また、キャンディーズが「SOS」という歌をリリースした際にテレビで放送されるときには、危険と勘違いされないために「SOS]という歌詞だけは省いていたとのことです。

平成になってからは普通に流されるようになりましたが、混乱を招いていたのは事実でしょう。

マイナスイオンは健康かわからない

マイナスイオンってなんだか健康になれると思っていませんか?

マイナスイオンを出してくれる空調機もあれば、滝などにわざわざ出向いて「ああマイナスイオンをたくさん浴びてるわぁ~☆」なんて思っていたかもしれません。

あなたはどうしてそのように感じているのでしょうか?

実は、マイナスイオンが健康によいのかどうかはまだはっきりとされていないんです。

いいですか?医学的には明らかになっていないんです。

しかし、あらゆるメディアだったり家電企業は販売するために”マイナスイオンはよいもの”という印象を消費者側に植え付けています。

その結果「良く知らないけどマイナスイオンっていいものなんでしょ!」と感じているのです。

また、なにから出ているイオンかもわかっていないんです。

そんなあやふやなものを浴び続けていいのでしょうか?

浴びていればなんだか健康になる気がするのは、トラシーボ効果なのかも。

イチローは次男

日本だけではなく、現在がメジャーで活躍をしているイチローですが…。

一郎という名前をつけられるからには、やはり長男で一番最初に生まれたんだろうな!そんな風に考えているのではありませんか?

実はそうではないんです!イチローは、次男なんです!次男だけど、イチローなんです。

これには驚きビックリ。

ましてや一番、当の本人が驚いているのではないでしょうか。

しかし、一郎という名前にふさわしいくらい野球界の一番になりつつある存在でもあります。

親御さんはもしかしたら、それを予測していたのかも!?

癌と同じくらい中絶で亡くなっている人が多い

日本で人がなくなる原因ってなんだと考えていますか?

多くの方は、癌などの病気だと答えることでしょう。

たしかにテレビを開けば、闘病生活を公開している芸能人がいますし、日々の闘病生活をブログにつづっている人、毎日のように病院に通われている方々がいます。

しかし、それはあなたが見ることが出来るものだから「それだ」と感じてしまうのです。

本当の日本における一番多い死亡原因というのは「中絶」なんです。

びっくりですよね。

この世界に生まれようとしたけど、さまざまな原因によって生まれることが出来なかった子供たちなんです。

それは望まない妊娠のため育てることが出来ないからかもしれません。

または、もう子供がたくさんいるから産めないということもあるでしょう。

ここ数年では、日本に少子化問題が取り上げられています。

その問題だけを目にすると「晩婚化のせいだ」とか「子供を作らない若者がふえた」なんていわれることが多いんですが…。

実は、生まれようとしていた命がたっくさんあるんですよね。

しかし、さまざまな理由で生まれなかった。

もしもそれら全ての子供が生まれていたら、日本は少子化になることはないでしょう。

もしかしたらあなたの身近な人で中絶を考えている人がいるかもしれません。

それは金銭的な理由、周りのサポートがないからなのかも。

一人でも多くの命を”助ける”ために、あなたも手を差し伸べてみてはいかがですか?

【他にも世の中の驚くほどびっくりすることは、こちらの記事もチェック!】