CoCoSiA(ココシア)

びっくりすること25選。知らないこ...(続き5)

ぜひお試しあれ♪

15.琵琶湖は川

滋賀県にある大きな湖である”琵琶湖”は、実は川なんです。

”湖”とついているのに、川なんです。

それに正式名称は「一級河川琵琶湖」。

川のように流れているようにも見えないですが、国では川として認定されています。

それは国土交通省のホームページにも記載されていますし、琵琶湖にある看板にも記載されています。

ウソだと思う方は自分の目で確かめてみるといいでしょう。

16.ヒジはアゴにつけることができない

コレを見て「そんなわけない」と思われたのではないでしょうか。

体の構造上、どんなに体が柔らかい人であってもヒジをアゴに付けることは出来ません。

さっそくトライしてください!

もしもつけることが出来たというのであれば、それはギネス記録になるかもしれないです。

しかし、無理してつけようとすると肩をはずしてしまう恐れがあるので無理はしないようにしてくださいね。

17.パプリカ、ピーマンはナス科

夏野菜といえば、ピーマンやパプリカがおいしいですよね☆

サラダにしたり、炒めたり、肉詰めにしたり…。

そんなおいしく食べることの出来るピーマンは、実はナス科だったんです!

あの紫色のナスと同じ仲間だとされているんです。

それには驚くですよね。

ナス科トウガラシ属といわれており、唐辛子と同じ仲間でもあるんです。

ピーマンでは苦味を感じることはありますが、唐辛子の成分は含まれていないために辛くはならないんです。

それにしてもナスとピーマン…肉味噌いためにしたらおいしい食材が仲間だったなんて驚きです。

18.リカちゃん人形は苦い

女の子であれば、誰もが幼い頃に遊んだことのある”リカちゃん”ですが、その体をなめたことはありますか?

「いやいや、変態すぎるだろ」と思われても仕方ないですね。

実は、リカちゃん人形というのは、苦い成分で作られているのです。

なぜかというと、その人形で遊んでいた子供たちが”誤飲”をしないためなんです。

リカちゃん人形は体を分解することもできますから、そのまま足や腕を飲み込んだら大変なことになりますよね。

それに幼い子供になればなるほど、その人形を口に入れたがるものです。

そのため、苦くなっているんです。

子供の安全を守るためにそうなっていますから、もしもお子様が人形をなめて泣き始めてクレームなんてしないように☆

19.日本が20%もの地震を独占している

日本に住んでいれば誰もが体験したことのある”地震”ですが、実はそれがない国もあるんです。

日本はいくつかのプレートの上にある島国ですから、その影響をもろ受けてしまうんですよね。

そのため、世界の地震の割合のなかで20%も日本が占めているんです!

それってすごいことじゃないですか?

たくさんある国々がある地球だというのに、その2割を占めるだなんて。

地震のない国で育った方が日本で地震を体験すると、とても怖がるのはそのせいなんです。

20.「いい国(1192年)作ろう鎌倉幕府」は嘘

歴史の授業ではごろあわせとして、このように習った人もいるのではないでしょうか?しかし、その事実が揺らぎ始めているのです。

ウソというわけではないのですが、鎌倉幕府が始まった年代には諸説あり、変えることになっただけのこと。

昔のことですから誰だって真実は分からないものなのです。

現代に小説があるように、昔の小説をひたすら研究している可能性だってあるのです。

21.四葉には意味がある

四葉のクローバーを見つけると、なんだか幸運なことが起こりそうな予感がしませんか?

探してもなかなか見つからないけれど、ふとした瞬間に発見することってありますよね。

それに四葉をモチーフにしたアクセサリーなども販売されているため、誰もが一度は自分で探してみたいと感じているはず。

そんな幸せをもたらしてくれる四つ葉のクローバーのはずなのに、「復讐」なんていうおっそろしい花言葉があるんです。

その言葉を見て、驚いたことでしょう。