人は一人では生きていけません。

必ず何かしらの形で人と関わりをもたざるを得ないと言えます。

例えば、あなたが今生きているのは自分一人だけの力で生きてきましたか?

必ず育ててくれた人が存在しており、あなたを育ててくれた人は生活するためにたくさんの人と関わりながらお金を稼いであなたを養ってくれたはずです。

そして、成長したあなたは学校へ通わせてもらい、たくさんの同級生や先生といった方と関わりながら大人になり、会社に所属したり自分で事業を起こしたりしてお金を稼いでいます。

お金を稼ぐという行為も、自分一人だけで行っているような感じる人もいますが、取引先が存在したり、お客様が存在して、商品を購入してもらったり、サービスを購入してもらい初めてお金を稼ぐ事が出来ます。

なので、人との関わりが必ず必要になってくるといえます。

人との関わりが好きな方はコミュニケーションを取る事も好きでしょう。

しかし、人が好きな方もいれば、人が嫌いな人も存在します。

例えば、人との関わり自体が苦手な人や、仲間という存在があまり好きではない人もいます。

人によって考え方は違うので、当然様々な考え方があります。

今回はそんな仲間嫌いという事をテーマにして、仲間という存在が苦手な人や嫌いな人の特徴についてご紹介します。

『仲間』という概念が嫌いな人

あなたは仲間と聞いてどんな事を想像しますか?

人間は様々な考え方を持っている人が存在します。

なので、これが正解という考え方はないのですが、一般的にはポジティブで前向きな考え方を持つ事が多いと思います。

仲間と聞けば、助け合える、頼りになり、仲間が多いと人脈に繋がり、いざという時に便利、強大な力になれるという風なポジティブな印象を持つ事が多いかと思いますが、中には仲間という存在があまり好きではなく、ネガティブな印象を持っている人も存在します。

例えば、仲間という存在は人間関係が面倒くさい、仲間の意見などを聞くと自分がやりたい事ができなくて面倒、人に合わせるのが苦痛でしかないなど、考え方によってはネガティブな考え方もできてしまいます。

しかし、仲間という存在は本来素晴らしい物です。

それでも仲間という存在がどうしても受け入れられない方がいるのも事実です。

仲間嫌いな人にはそれ相応の考え方が存在しているので、簡単には自分の中に持っている印象を変えることができないといえます。

必見!仲間嫌いな人に見られる13の特徴!

仲間という存在が好きではない、受け入れられないという考え方を持っている方には特徴が存在します。

仲間嫌いの人の特徴についてご紹介しますが、あなたの周りにいる人と一緒に行動したり、なじんだりするのが苦手な人は多く該当するかもしれません。

もしくは、自分がそうである可能性もあります。

しかし、中には本当は人と関わりたいけど、嫌な経験をした事があったり、前向きな考え方が出来ていないだけの場合もあります。

なので、自分自身が知らず知らずのうちに仲間嫌いになっていないかどうかチェックするにも利用することが出来ます。

自分を変えたいと思っている方も、今の自分自身を自己確認することが出来るので、利用してください。

裏を返せば、逆の特徴を持てば自分を変えるきっかけに繋がりますので、変わりたい方は参考にしてください。

①空気が読めない

仲間嫌いである人の特徴として、空気が読めないという事が多いです。

空気が読めない人は、比較的多く身近に存在する場合がありますが、仲間嫌いである可能性が高いです。

もともと、空気が読めないという事は、周りの意見や行動などに合わせ要と考える気持ちがあまりないという事に繋がります。

周りはこうしているけど、自分はこういう風にしたいと思っているからこそ、自分がしたいと思っている事を優先して考え方を行っているといえます。

その思考を普段から行っていれば、当然相手の意見や周りの意見を聞こうという気持ちがないという事になります。

相手の意見や周りの雰囲気などを感じ取って良い選択を行うという事ができない、もしくは行わないという事を普段から日常的に行っている可能性が高いので、知らないうちに周りからは人もいなくなっている場合が多いですし、周りから面倒だと思われている場合も多いです。

なので、そういった事を感じ、人との関わりが面倒だと感じるようになったり、自分の意見を合わせないといけない事に苦痛を感じて仲間という存在を作らないようにしている場合が多いです。

なので、結果的に空気が読めない人は仲間嫌いである可能性が高いといえます。

②気が利かない

気が利かない人も仲間が嫌いである場合が多いと言えます。

気が利かないと言う事は相手の立場に立って物事を考えたり行動したりすることができなかったり苦手であるということにつながります。

例えば一例をあげると、周りにいる誰かが何かを落としたとします。

落ちたものが相手の方ではなく自分の方よりに落ちている場合は、落としたものを自分が拾って上げようとするのが普通ですよね。

しかし気が利かない人は拾って上げようとする行動すら取らない場合が多いです。

少なくとも多くの方は行動に移したり、自分自身の頭の中に拾うという選択肢がよぎるはずです。

しかし、 気が利かない人は相手の立場に立って物事を考えないので、拾うという概念すら持たない場合が多いです。

気が効く人と効かない人を対比した時に一番の違いは相手のことを考えているかどうかです。

相手の立場に立って物事を考えないと言う言葉周りの人間に対して興味がないということであり、即ち人があまり好きではないと言うことがいえます。

気が利かない人があくであるというわけではありませんが、相手のことを気遣う言葉生きていく上で必要なコミュニケーションツールになります。

気が利く人と気が利かない人、どちらが近くにいて欲しいかと考えると気が利く人がいてほしいと答える人の方が圧倒的に多いといえます。

結果的に気が利く人は周りの人に優しくすることができるので、人望につながったり人との関わりが増えますので豊かな人生を送れる可能性が高いといえます。

逆に気が利かない人の周りには人がいなくなってしまい、考え方によるのかもしれませんが寂しい人生を送ってしまうということになりかねません。

③人によって態度を変える

あなたの周りに人によって態度を変えるような人間はいませんか?

人によって態度を変える人は仲間嫌いな人に見られる特徴だと言えます。

その人によって態度を変えると言うことは最低な行為です。

よく見られがちなのは、権力や立場のある人間に、そして容姿が美しい人に対しては媚を売るような態度であり、 それ以外の人に対しては少し見下したような適当な言い方をしたりする人間です。

そもそも人によって態度を変えると言う人の心理として、嫉妬心が大きいと言うことが言えます。

自分自身は優れている人間であり、格下に見られたくないと言う心理が存在しています。

だからこそ立場のある人間に対して取り入るような発言をしたり、能力が高い人や容姿のレベルが高い人に対しては丁寧に接することで自分もその仲間になった気持ちになっている場合が多いです。

しかしながら仕事が出来なかったり、容姿が優れていないような人に対しては適当な冷たい言い草を行い相手を不快にするような態度をとったりする場合があります。

当然ながら良い接しられている人はそこまで感じないかもしれませんが、適当な態度で接しられている人からするとその違いが顕著に感じ取られます。

しかし人によって態度を変えるような人間は本当の意味で自分を持っていない場合が多いです。

他人の目線を気にしたり自分ができる人間でありたいという願望をその場の行動だけで凌いでいるに過ぎません。

結局はそんなことをしても相手からの評価が変わる理由もなく、損をするだけという事にさえ気づいていません。

しかし、当の本人は損得でしか判断していない部分もあり、本当の仲間を持ちたいと思って行動していない場合もあります。

中には形だけでも仲間が欲しいと思って行動している人もいるかもしれませんが、仲間を持ちたいと思わずに、損得だけで関われる人を探しているだけの場合もあり、仲間嫌いである可能性も否定できません。

④マイペース

マイペースである人間も仲間嫌いにみられる特徴だと言えます。

マイペースという言葉を聞いてそこまで悪い印象を持たないかもしれませんが、 冷静にマイペースという事を考えると自分自身の速度で物事を進めたいと言う気持ちの表れになります。

自分自身のペースで物事を進めたいという方は周りのペースに合わせることに苦痛を感じている人です。

表面上では愛想が良かったり特に嫌われていることがなかったとしても、マイペースであるという言葉心のどこかで周りに対して合わせることを拒んでいる節があります。

なので、一緒に話したり楽しいことをする動画好きだったとしても、自分の大切なことは自分のペースで進めたいと考えている人が多いと言えます。

実際に態度に出してまで行なったりする人はいないかもしれませんが、心のどこかで仲間嫌いでやる気持ちを持っている可能性も否めないといえます。

全員が全員というわけではありませんが、少なくともペースを乱してまで仲間と一緒に痛いと思っている人はあまりいないといえます。

⑤感情が抑えられない

自分の感情が抑えられない事も仲間嫌いである特徴だとあげられます。

自分の感情が抑えられずに、理性を伴わずに本能のまま行動したりする人がいます。

例えばちょっとしたことでも自分の怒りの感情を抑えられずに人に対して突然激昂したり、突然何の前触れもなくいきなり泣き出したりするなどの周りからしてみると理解できないような行動をとったりする人です。

感情が抑えられない人は自分自身のストレスを処理できていなかったり、考え方を聞い変えたりするのが下手である場合が多く、周りの人に対して操作されやすい一面を持っていると言えます。

とても小さなことでも敏感に反応してしまったり、普通の人が何も思わないようなことでも様々なことを考えてヒステリックになったりする傾向があります。

だからこそ周りの人間との関わりが大きなストレスにつながっている場合が多く、人と人とのコミュニケーションや関わりが苦手である場合が多いです。

人とのコミュニケーションが苦手と言う人は当然人と関わる機会を無くそうと知らず知らずのうちに行動しています。

なので結果的に仲間が嫌いであるという考え方につながります。

⑥自分のことしかやらない

何かを行う上で自分のことしか一向に行わない人は仲間嫌いであるといえます。

先ほどご紹介した気が利かないという項目ととても似ていますが、 自分のことを中心的に考えている人は当然ながら周りの人の事を考えたりはしません。

自分のことを中心に考えると言うことは自分の中で損か得かということしか興味がないと言えます。

また自分にとって損か得かと言う事を考えながら生きているということは人によって態度を変えたり自分に都合の悪いことが起こったりすると他人のせいにして逃げたりする傾向があります。

自分のことを中心的に考えてる人はこういった様々な自分勝手な考え方が連鎖的に起こりやすいと言えます。

当然ながら相手の立場に立って物事を考えないということは気遣いもできないということにつながるので、総合的な面から本当の意味で仲間が欲しいと思っていない、若しくは他人との関わりが面倒くさいと思っている方が多いと言えます。

⑦神経質

物事に対して神経質な人ほど仲間嫌いである可能性が高いです。

あなたの周りにもちょっとしたことですぐに怒り出したり悲しんだりするオーバーな人は存在しませんか?
神経質な人ほど細かいことに対して異様に気にしたりします。

神経質であるという事は、 自分の中での基準を相手に押し付けている場合が多く、その基準が行えていなかった場合は怒り出したり、 他人の評価を著しく気にしたりする傾向があります。

自分の基準なので他人には到底理解できないようなことなのに、自分の基準でしか物事が判断できないので相手がなぜこちらが怒っているのか理解できていないことに対しても憤りを感じたりします。

また他人の評価を気にしているあまり自分自身を蔑んで考えてしまう場合もあり、ネガティブな考えに染まってしまった結果、急激に悲しみが増幅してしまって泣き出したりする場合もあります。

いずれにしても神経質である場合は周りの人と関わっていくことに対してストレスを大きく感じると思います。

自分の中でも基準が周りと大きく違えば違うほどストレスに感じることが多くなり、なおかつ自分の基準なので相手からは理解されていないので行動が改善されることもなく、大きなストレスがずっと溜まり続けますので、自然と人との関わりを避ける事を考えてしまう場合が多いです。

だからこそ神経質な人は仲間嫌いである可能性が高いといえます。