CoCoSiA(ココシア)

母にしてあげたい6個の親孝行案


皆さんは、お母さんへの親孝行してますか?出来ていますか?

筆者はというと…していると言えばしている。

だけど、出来ているかというと出来ていないって感じています。

アラフォーである身としては、一般的には親孝行出来ていない人の部類に入るのかなぁ…と、そんな気もしています。

そもそも親孝行ってなんでしょう?
どんなことが親孝行と言える行為なのでしょう?
筆者個人的には、親孝行って、その人、その家庭、年齢や状況によって、変化する。

いや、変化させていくのが親孝行なのかなって思うんです。

「これをすべき!」という決まったものはなくて、年齢や状況によって意味合いが変わってくる。

出来る事も変わってくる。

それが親孝行なのではないかと…。

親孝行の辞書的な意味を調べてみると、“親を大切にし、真心をもってよく尽くすこと”とありました。

よく尽くす…。

これって、色んな解釈が出来ますよね。

ですので、尽くし方も人それぞれだと思います。

どんな尽くし方でも、親孝行の根底にあるのは“感謝の気持ち”で、感謝の気持ちを持っているのなら、それは親孝行になるんじゃないかって思うんです。

この記事の目次

️お母さんに感謝の気持ちを伝えよう

そして親孝行は、「何歳になったらやらなければならない」というものでも無いと、筆者は思っています。

親孝行の根底にある“感謝の気持ち”が芽生えた時、自然に親を大切に思い、心から尽くしたいと思う…。

それが親孝行をする時になるのではないでしょうか。

今アラフォーである筆者は、感謝の気持ちは持っています。

親にしてあげたいこともいっぱいあって、それをもって感謝の気持ちを伝えたいって思っています。

その気持ちは、今の筆者の出来る範囲で示しているつもりです。

でも一般的に言えば出来ていないと感じるのはなぜか?
それはアラフォーという年齢でありながら未婚であることにあります。

アラフォーともなれば多くの人は、結婚して家庭を持ち、子供を持って親の立場を理解する状況にあるでしょう。

筆者は親への感謝の気持ちは持っていますが、親になる気持ちを理解してあげることは出来ません。

それに母親が子供である筆者の将来を思った時、きっと心配でたまらないと思うんです。

子の立場である筆者としては、“安心させてやること”が何よりの親孝行だと感じていて…親の気持ちを思うとちょっと心苦しくなるんですよね。

もちろん、結婚すれば安心するかって言えばそうではありません。

でも、懸念事項のひとつであることは言うまでもありません。

だけどそう簡単に結婚は出来ませんし、今後もするつもりが無いのが正直なところ(笑)
そんな筆者には、筆者なりに出来る親孝行があるとも感じています。

今親孝行について、ある方のブログを読みました。

そこには、親孝行とは「親に何かをしてあげることではない」と書かれていました。

親へは、感謝だけで十分なのだと。

それよりも、親が自分に注いでくれた無償の愛を、繋いでいくことが大切なのだと…。

つまり、親に注がれた愛情は、今度は自分の子供へと注いであげれば良いということです。

この親孝行のあり方は、筆者も昔から感じていたことです。

だからこそ、結婚せず、子供を持たないでいる筆者は、どうすればよいのかと…迷う部分もあるのです。

でもこのブログの中では、子供がいなければ、周りの人へその愛情を注げばよいとありました。

なんだかちょっと、勇気づけられた気持ちです。

実は筆者は、将来的にはボランティアをしたいと思っています。

子供がいない分、人に愛情を注げる人になりたいと、密かに思っていたのです。

それでいいんだ…。

この方のブログを読んで今明確に、自分に出来る親孝行のあり方について自信が持てた気がします。

もちろん、子供が居る人は自分の子供にたっぷりの愛情を注いであげればいいと、筆者は思っています。

何よりもまずは、自分の家族の幸せを優先すればいいと。

人の状況や考えによって、信念を持って行動してさえすれば、母親が自分に注いでくれた愛情を活かすことが出来るのだと思います。