幼馴染との恋愛って、漫画のような話はもう古い?!

いやいや、そんな事はありません。

幼馴染でも、順調に愛を育み、恋愛を上手く行かせている人は多くいるのです。

幼馴染だからこそ、自分の事を理解してくれたり、また自分も理解してあげたりできるのです。

しかし、そんな幼馴染もタイミングが合わなければ、なかなかお付き合いまでに至らないのも現実ではよくある話。

あなたが思い描くような、幼馴染との恋愛ストーリーは、あなた次第で作る事ができるのです。

幼馴染だからこそ、その特性を生かして素敵な恋愛を楽しんでみてはいかがでしょう?

幼馴染との恋愛ってあり?なし?

「そもそも、幼馴染との恋愛ってありなの?なしなの?」なんて、疑問が湧いてきませんか?それは、幼馴染の本人次第になってしまいます。

あなたが、幼馴染を恋愛対象に見ていても、相手からはただの幼馴染では、なかなか恋愛に発展しにくいところがあるようです。

そんな幼馴染を振り向かせたいと考えているのであれば、上手く恋愛が進むような方法をお伝えしていきます。

今日からでもできる事を始めて、幼馴染を振り向かせてみてはいかがでしょう?

上手くいくための5個の注意点

幼馴染との恋愛が上手くいくには、いくつかのコツがあります。

幼馴染は、慣れすぎてなかなか恋愛対象にみる事が出来ないという方がいるのも事実です。

しかし、全く恋愛対象でなないという訳でも無さそうです。

あなたが、幼馴染との恋愛を上手くいかせたいなら、5つの注意点に気をつけるようにしてくださいね。

これに気をつけるだけでも、幼馴染の相手からあなたを恋愛対象としてみてもらえる事が出来るかもしれません。

今からでも、出来る事をコツコツしていく事で、誰かと付き合ってしまう前に、幼馴染を振り向かせみてはいかがでしょう?

1.自分が異性であることを意識させる

まずは、幼馴染に対してあなたが「異性」である事をきちんと認識させることが大切です。

あなたの事を異性と思わせる事で、あなたの事を恋愛対象として見てくれるようになるかもしれません。

まずは、ちゃんとあなたの事を異性と思わせる事で、異性として扱ってくれるようにしてもらいましょう。

友達の期間が長ければ長いほど異性として認識させることに時間を取られるかもしれません。

しかし、それは悪い事ではありません。

あなたが、幼馴染をどれだけ思っているのかでも随分接し方も変わって来るのではないでしょうか。

あなたが、意識をすれば自ずと相手もあなたを意識し始めるようになるかもしれません。

まずは試してみる事から始めましょう。

普段とのギャップを見せる

普段は、幼馴染と友達のように仲良く接しているのですが、ふと、2人きりになった時などに異性を意識するような行動に出てみてはいかがでしょう?

普段とのギャップを見せる事で、相手もあなたを恋愛対象として、意識するようになるかもしれません。

あなたが、行為を寄せるような態度を示す事で、相手に意識させる事も大切です。

相手をキュンキュンさせる行動を続けることで、相手もあなたを恋愛対象として認識するようになってくるでしょう。

時間がかかるかもしれませんが、コツコツやっていきましょう。

2.恋愛の相談相手にならない

幼馴染の恋愛相談をよく引き受けますか?よく恋愛相談をされてしまうのであれば、それは要注意です。

あなたの事を頼りにしてくるのは嬉しいですが、あなたの事を恋愛対象として認識していないのかもしれません。

もし、恋愛相談を受けてしまっているのであれば、いくつかの対象法を考えておきましょう。

もし、あなたが幼馴染の恋愛相談に乗っている状況であれば、その状況を上手く利用し、自分の気持ちをアピールしてみましょう。

相手にさりげなく、「自分なら、あなたの事をもっと大切にするのにな…。」などと言ってみてもいいかもしれません。

とにかく、あなたの好きな気持ちを幼馴染にアピールすることで、幼馴染はあなたに相談しにくくなるかもしれません。

後に引けなくなってしまう

幼馴染の恋愛相談に一度乗ってしまうまうと、なかなか後に引けなくなってしまうので、恋愛相談される前に、あなたが幼馴染を思う気持ちをアピールしておく事がいいようです。

そうする事で、幼馴染もあなたに恋愛相談をしにくくなる事と、あなたの気持ちを分かってくれるかもしれません。

もし、ズルズル恋愛相談をされてしまうのであれば、幼馴染はあなたの気持ちに気付いていないのかもしれません。

あなたの気持ちに気付いていても、更にあなたに恋愛相談をしてくるのであれば、あなたの事を異性としてみる事が出来ないのかもしれません。

後に引けなくなりそうなら、先に手を打つことも一つの方法です。

3.一緒に遠出をする

一緒に何処か遠くへ行ってみましょう。

一緒に何処か遠くへ行く事で、お互いの見えなかった部分が見えるようになるかもしれません。

あなたが地図を見たり、楽しめるスポットなどを一緒に計画して調べたり、遠出ついでに前からやりたかった事を幼馴染と一緒にやってみてもいいですね。

遠出する道中でも2人で普段出来ないような話からたわいもない話まで、アレコレ話してみる事ができるのです。

道中も含めて楽しめることができるので、ぜひ幼馴染と一緒に遠出をする計画を立ててみてはいかがでしょう?

幼馴染ならではの誘いやすさを利用する

幼なじみ同士、慣れ親しんだ仲間同士、そこを利用してデートに誘い出してみましょう。

幼なじみの特権を利用し相手を誘うことで、また幼なじみの相手もあなたの誘いに乗りやすいことでしょう。

幼なじみは、お互いに昔から知っている関係ですので、誘いやすい事はもちろんお互いに気を使わなくてもお互いの事を理解できるところも強みになります。

このように、お互いに幼馴染ならではの誘いやすさを利用して、遠出してみてくださいね。

きっと、幼馴染との擬似恋人気分を味わえたり、「幼馴染が自分の恋人になったら…。」などと、体験できますよ。

4.イベントを最大限利用する

幼なじみと、イベントを最大限利用することでお互いにキュンキュンする関係になるかもしれません。

例えば、春にはお花見、夏には花火大会やお祭りなど秋にはハロウィン、冬にはクリスマスやお正月などのイベントを最大限利用することで幼なじみとの心の距離が縮まるかもしれません。

幼なじみといえども今まで友達として過ごしてきた分恋人とは程遠い関係にある場合もあります。

しかし、何かがきっかけでその遠い心の距離はぐっと近づく場合があるのです。

その、心の距離をぐっと縮めるチャンスは、やはりイベントでしょう。

大きなイベントでなくとも、2人に同じ共通の趣味があったり音楽などを通してイベントやライブなどに出かけても良いですね。

このように、小さいイベントから起きイベントまで最大限利用することで2人の心の距離が縮まる場合があります。

普段とは違うムードになる

幼なじみとはいえども、普段は友達のように接してしまっている2人でも、イベントを通して普段とは違うムードになるため2人がドキドキしたり、2人の心の距離がぐんと縮まることが期待されます。

そのため、普段とは違うムードにするためには2人きりで行動することが大切です。

友達を交えてのデートでも構いませんがそれではいつまでも、幼なじみや友達と言う枠からは脱出しにくいのです。

2人きりでイベント事に参加することで、2人で楽しめる時間を作りましょう。

普段とは違うムードになることで、2人の心の距離もぐっと縮まりお互いを意識する関係になれるかもしれません。

5.相手に素直になる

幼なじみとはいえども、必ず相手に素直になりましょう。

昔からよく知った仲間の1人とは言っても、常にあなたが幼なじみに対して恋心が芽生えている以上、相手に素直になることをおすすめします。

素直になることで、相手へあなたの気持ちをアピールしたり、友達とは違うと言うことを相手に分かってもらうことも大切です。

相手に素直になることが難しい場合、相手はあなたの気持ちに気づくまでにかなり時間がかかると予想されます。

その時間がかかっている間に幼なじみに恋人ができてしまっては、あなたの恋も叶わぬ恋になりかねません。

幼なじみとの恋愛をうまく活かせるためには相手に素直になり、少しでもあなたの気持ちを伝えていくことが大切です。

自分の想いは誠意を持って伝える

自分の想いよ誠意を持って伝えることで、幼なじみの心にもグッとくることでしょう。

あなたが意地を張って幼なじみに自分の素直な気持ちを伝えることができなかったり、これまでの関係が崩れると不安になり思いを伝えられなかったりしていては、この先必ず後悔する日がやってきます。

そうならないためにも、自分の思いは素直に誠実に相手に伝えることが大切です。

星を持って自分の思いを伝えることで、相手もあなたの気持ちを真剣に受け止めやすくなることでしょう。

さらに、今までとは違う幼なじみとの関係から1つ上の友達以上の関係になれることも期待できます。

このように、自分の思いを伝える事はとても大切なことなのです。

これが必要!事前準備

ここからは、幼なじみと恋愛に落ちる前に必ず準備しておかなければならないことと必要なことをお伝えしていきます。

「えっ?!幼なじみとの恋愛って、事前準備がいるの?必要なものなんてあるの?」なんて思っていませんか?幼なじみと言う関係は、普通の恋愛をするより少し難しいところもあります。

友達期間が長かったため、なかなか恋人や異性としてみる事ができなかったり、恋愛モードになるまでに時間がかかる場合があります。

そのために、きちんと事前準備は必要事項を守っておかないと、失敗してしまう可能性も考えられます。

失敗してしまうと、これまでの友達としての期間や幼なじみとしての立場もなくなる可能性があります。

幼なじみのことを大切に思うのであれば、きちんと事前準備をしておくことが大切です。

相手の家族を味方につける

幼なじみの家族は、昔から知っている家族ですので、当然味方に付けやすいといえます。

幼なじみの特権でもあります、家族を味方につけることでお付き合いが始まっても、すんなりと交際することができ、また家族からの応援もあるかもしれません。

このように、幼なじみの家族を味方につけることで、他の異性よりあなたの恋愛に有利になる場合があります。

幼馴染の家族の応援や味方など、心強い1つのツールになります。

ぜひ、幼なじみの家族を味方につけてみてはいかがでしょう?

幼馴染ならではの戦略

昔から知る者同士、幼なじみならではの戦略が可能になります。

幼なじみの家族を味方につけることで、お互いをよく知る家族や兄弟など恋愛の味方につけることで、さらに幼なじみとの恋愛が加速するかもしれません。

もし、幼なじみなのにお互いの家族のことをあまり知らないのであれば、これを機に、幼なじみの家族と仲良くしてみてはいかがでしょう。

幼なじみの家族と仲良くすることで、幼なじみのツールを知ることができたり幼なじみのことを詳しく聞けることも考えられます。

このように、幼なじみならではの戦略をうまく駆使し、幼なじみの家族とも仲良くしてみてはいかがでしょうか。

相手のことをリサーチする

幼なじみとはいえども、相手の全てを知っているわけではありません。

幼なじみとはいえども、知らないこともたくさんあるのです。

まずは、幼なじみのことをリサーチしてみましょう。

リサーチするのが恥ずかしいのであれば、本人に直接聞いてみるのもいいかもしれません。

幼なじみのことをよく調べることで、過去の恋人力や幼なじみのタイプ、幼なじみが好む傾向にある異性などの特徴が分かるかもしれません。

幼馴染でも知らないことがあるかも

幼なじみでも知らないことがたくさんあるかもしれないと先ほどもお伝えしましたが、特に恋愛面などでは幼なじみでも知らないことがたくさんあるかもしれません。

幼なじみでも知らないことがあると言う事は、その分あなたは幼なじみなのに知らないと言うことになります。

幼なじみは、かなり長い間友達でいるため様々なことを知っていると勘違いしている場合もあります。

そのため、幼なじみでも知らないことがあることがよくある話です。

このように、幼なじみでも知らないような話をしておくことでお付き合いしたときにそれを生かせるかもしれません。

きちんと、幼なじみの事をリサーチしておくことは大切です。

告白はベストなタイミングで!

告白は、必ずベストなタイミングでおこないましょう。

タイミングがずれてしまえば、お付き合いするところが今まで幼なじみとしてお付き合いしてきた関係まで崩れてしまう場合があります。

そうなれば、この先絶縁してしまう場合も考えられます。

そうならないために、告白はベストなタイミングで行うようにしましょう。

しかし、ベストのタイミングがよく分からないと言う場合、どのようにタイミングを見計らいはいいのでしょう?

異性として見られてると感じたときがチャンス

そう、それは異性として幼なじみが自分のことを見ているとあなたが感じた時が絶好のチャンスです。

たとえ、あなたが確率が低いと感じていたとしても、幼なじみから「異性として見られている」と感じることが少しでもあるなら可能性はなくはありません。

告白するまでに、あなたがやらなければならないことがたくさんあります。

自分の気持ちをアピールすることと、誠意を持って相手に接すること、また相手のリサーチをすることなどたくさんのことがうまく波に乗せることができれば、きっとベストのタイミングで告白もできるはずです。

幼馴染との恋愛のメリット

幼なじみと恋愛をすることで、何かメリットはあるのでしょうか?もちろん、幼馴染だからと言う特権はたくさんあります。

昔から相手のことを知っている分、他の人とお付き合いするよりすんなりとお互いのことをわかってあげられるところもあるので、お付き合いにストレスが少ないかもしれません。

幼なじみとの恋愛をすることで、お互いに空気のような存在だったり、家族のように感じているところもあるので交際がスタートすれば、メリットの方が大きく感じることがあるようです。

共通点がたくさんある

幼なじみの特権でもある、共通点がたくさんあると言うことがメリットになります。

共通点がたくさんあると言う事は、幼なじみで保育園幼稚園、小学校や中学校など同じ地域で過ごしてきていますので、共通点がたくさんあり昔の話題に花を咲かせることが出来るのです。

また、過去の事や思い出なども2人で共有できる場合がありますので、昔から知っていることを2人で分かち合うこともできます。

お互いの家庭環境や家族同士のつながりなど、他の人より深く幼なじみとしてこれまで過ごしてきた分、お互いの、または2人の共通点がたくさんあることがとても2人の強みになるのではないでしょうか。

共感できる

お互いの昔を知っていることで、たくさんのことが共感できる環境にあります。

そのため、幼なじみでお付き合いを始めた方は、ケンカが少ないという事も考えられます。

共感が増えれば増えるほど、お互いに思いやることができ、交際も長続きすることでしょう。

共感できることが多いと言う事は、思考も似た傾向にありますので一緒にいることが心地よく感じる場合があります。

そのため、共感できる事でお互いの心の距離も縮めることができそうです。

一緒にいて気楽である

幼なじみ同士のお付き合いは、一緒にいて気楽である場合が多いのです。

共通点がたくさんあることや共感できることも多いため、気を使うことが少なくなります。

そのため、全く知らない相手とお付き合いすることより幼なじみとお付き合いすることの方が気楽で、共感できたり共通理解も増えることでしょう。

そのため、交際が始まる前から気を使うことも少ないので、一緒にいて気楽だなとお互いに感じるのでしょう。

一緒にいて、気楽すぎるとかえって恋愛しにくい状況にもなりますので、マンネリ化しないよう、交際が始まってからも2人で楽しめることを考えていきましょう。

素の自分を迷わず出せる

幼なじみの特権は、素の自分を迷わず出せると言うことにあります。

素の自分を出せると言う事は、気遣いを忘れてしまう傾向にもあります。

お付き合いが始まってからも男らしさ、女らしさを忘れずに一緒に過ごしていきましょう。

男らしさ、女らしさを忘れないことがお互いにお付き合いしていく上で長続きする秘訣になります。

お付き合いをするのに、素の自分を出せないと言う事は、あなた自身が苦労して付き合うことにつながります。

苦労して付き合ったところで疲れるだけです。

やはり、お付き合いをするのであればある程度、素の自分を出せる環境は大切です。

それができるのとできないのとでは長続きできるのか、できないのかの分かれ道にもなりそうです。

言いたいことを言い合える

幼なじみの為、言いたいことをはっきり言い合えることもメリットの1つです。

お付き合いすることにあまり慣れていなくて、お付き合いした相手に言いたいことも言えないのであれば、結局あなたが我慢してしまうことにつながります。

そうすれば、あなたの我慢ができる限りお付き合いができますが、あなたの我慢ができなくなれば、その交際も終わりを迎えます。

お付き合いをすると言う事は、ある程度お互いに言いたいことを言い合える環境も大切です。

言いたいことを言い合える環境にあることは、お互いの悪いところを直すことができたり、相手の欠点などを直してあげることにもつながります。

このように、言いたいこと言い合える関係は非常に大切な事なのです。

親からの信頼が厚い

幼なじみの場合、昔から知っている関係にあるため家族ぐるみでのお付き合いや、家族のことをお互いによく知る関係が多いといえます。

親からの信頼が厚いと言う事は、行く行く結婚となった場合にも親からの信頼がつければ反対されることなく、すんなり結婚へと進むことが可能になります。

そのため、親からの信頼が厚い事は交際をしていく上でも、味方になってくれる場合もあり2人の交際を支えてくれる原動力にもなりそうです。

また、親からの信頼がつければ交際することに対するプレッシャーも感じる事も少ないので、家族ぐるみでよく知る関係であればとても良いメリットではないでしょうか。

幼馴染との恋愛のデメリット

では、ここからは幼なじみとの恋愛する上でデメリットをいくつかご紹介していきます。

幼なじみとの恋愛をすることで、良いこともあれば、欠点ももちろんあります。

幼なじみとの恋愛をより良いものにするために、デメリットもきちんと押さえておきましょう。

さらに、デメリットを克服するために、今から心構えをしておくことも大切です。

このように、幼なじみとの恋愛のデメリットをうまく克服できることで、2人の交際ができ長続きすることもできるのではないでしょうか。

なかなか恋愛対象として見てもらえない

幼なじみと言えば、なかなか恋愛対象として見れない場合があります。

友達としての期間が長い分、なかなか恋愛対象として見ることができません。

そのため、「友達ならいいけど、恋人ならちょっと違う」と、感じている幼なじみも多いといえます。

恋愛対象として見てもらえるためには、しっかりとあなたの気持ちをアピールすることが大切です。

「お付き合いしてください。」以外は、「好き。」などあなたの気持ちをどんどんぶつけていきましょう。

それを、繰り返していくことで相手もあなたに対し少しずつ好意を持つようになります。

「好き。」と言われれば、誰でもうれしくないはずありません。

好きだと言われ続ければそのうちあなたの事を意識し始めるようになります。

ドキドキ感がほとんどない

幼なじみの期間が長ければ長いほど、2人の間にドキドキ感がほとんどない場合が多いようです。

幼なじみの場合、同じ境遇や共感に立たされることが多かったり、共通の経験をしている場合も多いので、家族と一緒にいるような雰囲気に陥る場合が多いのです。

そのため、いて当たり前のような存在になってしまっていたり、お互いに大切な理解者などになっている場合がありますので、ドキドキ感を持たせることが大切です。

ドキドキ感を相手に与えることができれば、お互いの恋愛もうまくいくことでしょう。

逆に、ドキドキ感を与えることができなければその恋はうまくいかない可能性が高いといえます。

別れたあとが気まずい

万が一、幼なじみでお付き合いし別れてしまった場合、これまでのように仲の良い幼なじみではいられない場合が多いようです。

別れた後が気まずいせいか、なかなか連絡がとれなかったり、今まで続けてきた友達関係に戻ることが難しいと考える場合も多いようです。

別れた後気まずい雰囲気の2人は、そのうちお互いに連絡も取らなくなってしまい、幼なじみ解散の危機に立たされるようです。

これまで、仲が良かった分恋愛対象になり、もとの友達のように戻る事は難しいとお互いに感じてしまいます。

当然と言えば当然の事なのですが、別れた後もとのように幼なじみに戻ると言う事は難しいと考えておきましょう。

喧嘩が多い

喧嘩ができる距離は非常に良い距離だと思ってください。

しかし、喧嘩が多すぎればお互いに馴れ合いすぎているため、言いたい放題になってしまってる可能性が高いといえます。

言いたいことを言える距離も大切ですが、言いたい放題は別です。

交際をうまく活かせるためには、「親しき中にも礼儀あり」の心を忘れずに、お付き合いをしていきましょう。

お互いのことを知っている分、お互いのことを理解するようにしていきましょう。

言いたいことを言い合えることが良い交際とは限りません。

良い交際とは、ほどよく喧嘩ができ、自分の意見もいいまた相手の意見も受け入れられる体制が良い交際と言えるでしょう。

マンネリ化しやすい

幼なじみの交際は、互いのことをよく知っているため新鮮さは少なく感じる傾向にあります。

そのため、マンネリ化しやすいことも考えられます。

マンネリ化しないために、お互いキュンキュンしたり、心にぐっとくるようなシチュエーションも大切です。

お互いがお互いに馴れ合いにならないよう、心がけていくことが大切です。

良い交際を続けるためには、マンネリ化をなくすことを考えて行きましょう。

普通のカップルでも、マンネリ化してしまえばお互いに飽きてしまい、それが続いてしまうと別れにつながってしまいます。

両親の介入が多い

幼なじみの交際は、お互いの家族もよく知る環境が多いため、両親からの交際に対する介入が多いことも考えられます。

そうなれば、幼なじみ同士がお付き合いをしているのか両親が交際をしているのかがよくわからなくなります。

両親の介入が多ければ多いほど、お付き合いが嫌になる場合もあります。

知った関係と言う事はとてもいい利点なのですが、両親が介入しすぎてしまっていてはお互いのプレッシャーや両親への気遣いに変わってしまいます。

そうなるば、恋愛や交際どころではありません。

両親の介入が多くなってしまわないよう、お互いにブレーキをかけていくことも大切です。

恋人としての振る舞いが難しい

幼なじみの期間が長ければ長いほど、恋人としての振る舞いが難しい場合があります。

恋人として振る舞うことが恥ずかしく感じたり、好きだと言う気持ちをなかなか伝えられない場合が多いといえます。

そのため、恋人としてお付き合いが始まったとしてもどのように扱っていいのかがわからない場合が多いようです。

その場合、俺までの付き合いから、少し視点を変えドキドキするポイントをいくつか作ることで解消できるかもしれません。

お互いにキュンとすることをしてみたり、2人でドキドキすることをしてみましょう。

刺激が増えることで、恋人としての振る舞いも出来るようになってきます。

幼なじみ同士のお付き合いは、恋人としての振る舞いが難しい場合がありますが、マンネリ化や馴れ合いにならないよう、いくつかの心がけで直せる場合がほとんどです。

まとめ

いかがでしたか?

幼なじみ同士のお付き合いは難しく感じましたか?

幼馴染を好きになると言う事は、これまでお互いに培ってきたものも共有できたり共感できることにもつながります。

そのため、お互いに馴れ合いやマンネリ化のしやすい傾向にもあります。

馴れ合いやマンネリ化しないために、お互いに恋人としての刺激が大切です。

幼馴染は、お付き合いしやすいようで、なかなか恋人としてみる事が難しい事も多いのです。

恋人としてお付き合いが出来るようになれば、お互いに乗り越えられることも多くなりそうですね。