昔から近くにいて、一緒に成長してきた幼なじみ、いる人も多いのではないでしょうか。

その幼なじみのことを気が付いたら隙になっていたという人も少なくないはずです。

しかし、幼なじみを好きになっても、気持ちを伝えるのはそんな簡単ではありません。

むしろ、それまでの関係が深すぎて幼なじみを脱却するのは、通常の友達よりも難しいかもしれません。

ただ、だからといって簡単に諦められる気持ちでもないはずです。

そこで、今回は幼馴染を好きになったものの、恋愛になかなか発展しなくて困った場合に、幼馴染を恋愛に発展させるためのポイントや方法をご紹介していきます。

幼なじみは近いからこそ難しいですが、恋愛に発展するために出来ることを頑張って恋愛を実らせてみせましょう。

幼馴染を好きになるきっかけ

幼なじみを好きになったキッカケってなんだか思い浮かびますか?

きっと思い浮かぶ人と思い浮かばない人がいると思います。

たしかに、完全なキッカケがある人と、だんだん気になっていって突然好きだと自覚したり、時期も理由も人それぞれですよね。

しかし、一度好きだと自覚してしまうと、どこに惹かれていったかなど、どんどん出てきてしまうかもしれません。

好きだと感じると、どんな姿もかっこよかったり可愛かったり、長所のような気がしてしまったりすると思います。

その中でも、幼なじみを好きになった人に多く当てはまるキッカケがあるようです。

それをいくつかご紹介します。

昔からの仲なので気楽さがある

幼なじみといえば、昔からの仲ですよね。

どんな姿も見ている仲だからこその気楽さがあると思います。

それに、お互いのどんな姿も受け入れられるのも幼なじみなのではないでしょうか。

普通は、恥ずかしくてなかなか素が出せなかったり、付き合っていくとなかなか難しいことも多々ありますよね。

そんな部分、幼なじみであれば何も問題なしです。

昔からの仲であれば、恥ずかしい姿もかっこ悪い姿も見られていますし、あなたも相手のそんな姿は知っているでしょう。

そうした気楽さから、一緒にいると楽だなぁと思い、それが好きになるキッカケになることも。

とくに過去の恋愛などに疲れたときなどに、そういった思いに気が付くのかもしれませんね。

共通点がたくさんある

幼なじみなので、昔から同じものを見て育ってきたりしていますよね。

だから、共通点や共感することが多くあったりすると思います。

人は、同じ価値観を持つ人や共感、共通点がある人に惹かれる傾向にあります。

もちろんそれだけで好きになるわけではないですが、趣味が同じものだったり、好みが同じだった場合、幼なじみという気楽さから、話をするタイミングも増えると思います。

そうしていくと、だんだんその気持ちが好きに変わっていくなんてことも。

共通点が多く、かつ昔からの仲で気楽ということになると、自然と距離も近づいたり、話をするタイミングや連絡をとることも増えていくでしょう。

その中で幼なじみの良さに気が付き、惹かれていくのも自然なことだと思います。

一緒にいるのが当たり前だったから


物心がついたときには隣にいて、一緒に色々なことをしてきたのが幼なじみですよね。

そのため、隣にいるのが自然で当たり前のことだと感じる人も多いんです。

通常の恋愛は、付き合いはじめはドキドキしてしまったり、隣にいることで緊張してしまうのが、長く付き合ってくことでだんだんとその存在が自然になっていくものだと思います。

しかし、幼なじみの場合は最初から存在自体が落ち着き、隣にいることも当たり前だと感じるはずです。

恋愛や仕事に疲れたとき、落ち込んだりしたときに幼なじみの気楽さや、昔からの仲だからこそのアドバイスや慰め方があると思います。

そんな二人ならではの関係こそ良いと感じる人もいるでしょう。

たしかに、気持ちが落ち着いたり前向きになったりすると、それを誘導してくれた人に対して、好感を持つかもしれません。

さらに、気心知れた相手のほうがありのままの自分でいられて、疲れてしまったり無理する必要がないなと感じたりもするでしょう。

一緒にいて心地いい

幼なじみの最大の強みかもしれません。

一緒にいることが当たり前で、昔からの仲だからこそ二人の間には二人ならではの心地いい空間が流れるのではないでしょうか。

これこそが恋愛感情につながることもあるんです。

付き合うと長く一緒にいるようになる相手だからこそ、心地よい関係や安心する仲かどうかということはとても大事なことだと思います。

付き合っていけば、楽しいことや面白いことがあったような前向きのタイミングだけではなく、喧嘩をすることや悲しいことだってあるはずです。

そんなときに、一緒にいて心地いいと思える相手でなければ、付き合いは息苦しいものになってしまい、長くは続かないでしょう。

昔からそう感じていた思いから好きだと思ったり、いくつか恋愛を経験したうえで心地のいい関係が一番だと痛感し、その相手が幼なじみだと気が付き、それが好きという気持ちになっていくということもあるはずです。

たしかに、恋愛をするうえでドキドキする気持ちや緊張感が必要なこともありますが、長く一緒にいられるかどうかはやっぱり落ち着く関係か、ありのままの自分でいられるかどうかということかもしれませんね。

気づいたら好きだった

幼なじみが好きな人の中で一番多い理由はこれかもしれませんね。

恋愛感情は、知り合った頃はまだ意識できる年齢ではなかったでしょう。

ちっちゃい頃はただ良く遊ぶ子という認識だったと思います。

それが年齢を重ねるごとに女子は女子同士、男子は男子同士で恋や好きな人の話題になりますよね。

その中で、幼なじみの話題になることもあるでしょう。

とくに女子の中では“幼なじみが好き”というのは、少女漫画の王道でもあると思います。

そのため、幼なじみが好きなんじゃないの?なんて場面もあるはずです。

そんなときに、改めて考えてみると、好きな相手が幼なじみだったという人もいるんだとか。

たしかに、昔から一緒にいると恋愛感情だとは思わなかったりするかもしれません。

だからこそ、好きになったキッカケも気が付かないまま、気づいたら好きだったという可能性も大いにありえるのです。

なので、いつ好きになったのかキッカケが分からないと悩んでしまったり、自信をなくしてしまうことはありません。

気が付いたら好きだったほど好きになったんだと、自信を持ちましょう。

今までの関係を壊したくないと思ってしまう

幼なじみを好きになったときに、一番悩むポイントはみんな一つだと思います。

それは、これまでの幼馴染という特別な関係を壊してしまうかもしないということです。

昔からの仲だからこそ、自分が友情に恋愛感情をいれて関係が壊れてしまうのが、気持ち的にもダメージが大きく、それなら恋愛に発展させないほうがと思ってしまうのも無理はないでしょう。

幼なじみというのは、好き嫌い関係なく、特別な存在で唯一無二の人だと思います。

そのため、恋愛感情をいれてしまうことで、幼なじみとしての関係もなくなってしまい、友人以下の話もできない関係になってしまったらどうしようと思うんです。

たしかに、幼なじみという関係が崩れてしまうのは怖いでしょう。

しかし、幼なじみが他の人と付き合って結婚する姿なんてもっと見たくないんじゃないんですか?

また、いつまでも好きという感情を抱えたまま、幼なじみとして一緒に過ごすのも気持ちがつらくなってしまうかもしれません。

だからこそ、恋愛に発展させる方法を探しているのでしょう。

友達にも相談しにくい?

幼なじみを好きになった場合、仲の良い友達にもなかなか相談できないんだとか。

それはなぜなのでしょう?

おそらく、同じグループにいたり、普段から近い場所にいるからこそ、なかなか相談できなかったり、バレてしまうのが恥ずかしいと思ったりもするようです。

通常であれば、友達から発展して恋愛感情に変わっていったら、その段階で友達に相談したり、家族に話すこともあるかもしれません。

しかし、幼なじみというと家族も昔から知っているため気恥ずかしさがありますし、友達にもいつから?と聞かれたり、冷やかされるんじゃないかって心配になってしまうこともあるでしょう。

ただ、一人で行動するにもなかなか大変だったりしますし、勘のいい友達にはバレてしまったりすると思います。

幼馴染は、通常の友達よりも友達期間が長く友情も深い分、友情を恋愛に変えるのは難しいといえます。

でも、それで諦められる気持ちであれば幼なじみを好きになったりしないでしょうし、悩む前に切り替えたりするはずです。

それが出来ずに、悩んで方法を考えていることこそ、気持ちの大きさの照明になるのではないでしょうか。

幼馴染から恋愛に発展させる9個の方法

ここまで幼なじみを好きになったキッカケは悩みについて紹介してきました。

どんなキッカケや理由があったとしても、好きでいることと幼馴染にも同じ気持ちになってもらいたいと考えたからこそ、この記事を読んでいるんだと思います。

そこで、ここからは本題の幼馴染という関係から恋愛に発展させるための方法をご紹介していきます。

一言で幼馴染とはいえ、その関係は人それぞれですよね。

なので、幼なじみから恋愛に発展させる方法も人それぞれだと思います。

代表して9個の方法をこれから順番に紹介していきますが、その中でより自然にそしてより意識してもらえる方法を考えてみましょう。

また、読み進めていくなかでさらに良い方法が見つかれば、その方法も試してみるのもいいかもしれませんね。

そのヒントにもなるので、ぜひ参考にしてみてください。

1.適度な距離感を保つ


幼馴染の欠点といえば、距離が近くなりすぎてしまうことでしょう。

昔からの仲ということもあり、あとからできた友達よりも様々な話をしたり、何かあったとき一番に話す相手だったりすると思います。

幼馴染のまま友情を育んでいくのであれば問題はないでしょう。

しかし、恋愛となると話は別です。

男性が恋愛を意識するためには、近すぎない距離感が大事だったりします。

近すぎてしまうと男性は異性としてではなく、同性として見てしまったりするんだとか。

そのため、あまり近すぎてしまって、友達としての位置固めてしまうよりも、適度な距離感を保ち、つかず離れずを心掛けることが必要になってきたりします。

好きだと実感していて、くっつきすぎないようにするのも難しいかもしれません。

好きな人と一緒にいられるのであれば、いつでも一緒にいて一番近くにいたいと思うのが実際のところでしょう。

しかし、一度完全に友達と位置付けられてしまうと、その枠から抜け出すのは簡単なことではなくなってしまうんです。

なので、その位置になってしまわないように、早いうちに適度な距離感を持つようにしておくことがポイントです。

近すぎると恋愛に発展しにくくなる

恋愛に発展させるためには、なるべく仲良くなるべきだと思う人も多いでしょう。

ただ、幼馴染の場合はそんな簡単ではなかったりするんです。

もともと知り合い以上の関係で、物心ついたときから一緒にいるので、はじめから友達以上の感情が入ってしまっていますよね。

それはお互いだと思います。

学校に進学などしても、お互いがいるからとどこかで安心していたところもあったりしていたのではないでしょうか。

しかし、恋愛に関してはそれが問題となってしまったりすることも。

もともと近い存在だったため、それ以上に近い存在になってしまうと、恋愛対象ではなく親友としての位置になってしまうんだそうです。

そうすると、むしろ好きな子の相談をされてしまったり、女の子には普通しないような話をされてしまったり。

傷ついてしまうこともあるはずです。

好きな子や異性に対しては、普通そんな話はしませんよね。

近づきすぎると、異性として見られなくなってしまい、そこから恋愛対象に持っていくのは一苦労なんです。

なので、恋愛に発展させたいのであれば、距離をつめすぎてしまわないように、かつ遠すぎてしまわないように気を付けましょう。

2.相手の気持ちを尊重する

幼馴染になると、ついつい物事を強く言ってしまったり、昔からの仲だからこその言葉や行動をとってしまったりするかもしれません。

しかし、幼なじみと恋人は似ても似つかないものだったりします。

友達や幼なじみだったらうまくいくものも、恋愛となると上手くいかない原因になってしまうことだってあるでしょう。

そんなときは、相手の気持ちを尊重し、大切に思ってあげるようにすると変わるかもしれません。

幼馴染とは対等な関係でからかわれたり注意されたりしてもなんとも思わないのに、好きな人や恋人には言われたくないなんて思う男性も多かったりするんです。

そのため、なんでもかんでも思ったことを言っていると、いつの間にか友達の立場になってしまわないように、相手の気持ちや意見は尊重するように気を付けましょう。

3.いつもと違う一面を見せる

男性にとても効果的なポイントの一つでもあるのが、“ギャップ”です。

これは近ければ近いほど効果を発揮します。

その点、幼なじみは効果抜群です。

昔から知っているはずの幼馴染の異性としての姿や魅力を見ると、思わずドキッとしてしまったり、途端に意識してしまうのが男性だったりするんです。

たとえば、普段は幼馴染と遊ぶからとパンツ姿ばかりだったりしたら、突然スカートなどを履いて女性らしい姿を見せてみたりしましょう。

もしかしたら、最初は照れ隠しから茶化されたりするかもしれませんが、そんな行動をされればされるほど女性として意識して、戸惑っているともとれると思います。

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、異性として意識してもらうために、ドキッとしてもらうために、いつもとは違った女性らしい一面を見せることをおすすめします。

4.距離を置いて自分の存在を認識してもらう

はじめにも説明しましたが、距離が近すぎるのは良い方法だとはいえません。

近すぎると存在自体が当たり前になってしまい、大切な存在だと認識されなくなってしまったりするんだとか。

たしかに、家族のように昔から一緒にいて、そばにいることが当たり前のような存在だと、なかなか好きや嫌いの感情を持たないでしょう。

なので、家族のようにいて当たり前の存在ではないと知ってもらうために、少し距離を置くようにするのも大切なんです。

少し距離をおくことで、隣にいて当たり前の存在ではなく、一人の女性として認識してもらえるようになったりもするようです。

幼馴染にとって、異性として認識してもらえるようになるのは大きな一歩なので、まずはそこを目指して頑張りましょう。

5.さりげないアピール

幼馴染の場合、距離をどう詰めていくか、どうアピールして恋愛を意識してもらえるのかが難しかったりします。

あまり強引に進めても、今までとのギャップに驚かれて変な距離感がうまれてしまうかもしれません。

しかし、あまりのんびりしていると、どんどんあなたの立ち位置が友達に固定していってしまいます。

そんなときは、さりげなくてもしっかりとアピールするようにしてみましょう。

びっくりしないまでも、アピールがしっかり伝わるように、その度合いが難しいかもしれませんが、少しずつ試していいアピール位置を見つけることが必要だと思います。

しかし、アピールしなければ何も始まらないので、アピールを諦めてしまうことだけはおすすめしません。

6.一緒にいたいと思わせる

一緒にいたいと思わせるとだけ聞くと、簡単に聞こえるかもしれません。

しかし、この一緒にいたいと思わせるというのは、幼なじみとしてではないんです。

これこそが幼なじみにとって、とても難しいポイントです。

一緒にいたいと思ってもらうために行動すると、つい友達としての立ち位置になってしまいがちです。

ただ、ここで出てくる一緒にいたいと思わせるということは、友達としてではなく、好きな人や恋人としての気持ちです。

そのためには、それまでに家族や友達とは違った魅力や居場所を作っておく必要があるでしょう。

この一緒にいたいと思わせるためまでに、ここまで出てきた方法などを使って、あらかじめ幼なじみに意識させておくことが大切なので、ギャップや距離感をうまくつかみつつ、一緒にいたいと思わせるように心の隙間に入っていくようにしてみてはいかがでしょうか。

7.恋愛相談に乗ってもらう

一見、逆効果な気がしますが、積極的に恋愛相談に乗ってもらうのもいいと思います。

恋愛相談をするということは、恋をしているということですよね。

幼馴染が自分の知らないところで、好きな人を作っているというのは、驚きや寂しさ、焦りなどがあったりします。

そして、自分のそんな気持ちに幼なじみも恋愛を意識し始めたりすることも多かったりするんです。

それまで一緒に過ごしてきて、同じものを見てきたはずなのに、自分の知らない幼なじみの姿は、男性にも特別に映ったりするかもしれません。

男性は女性に比べて、恋愛を意識したりするのが遅い傾向にあったりします。

そのため、幼なじみをその対象に入れるのも女性よりも遅かったりするでしょう。

そんなときに、恋愛相談を持ち掛けると、男性のそんな気持ちに拍車をかけるキッカケになることは大いに考えられます。

好きな相手はぼかして思わせぶりに話してみる

このときに、さらにアピールしたいのであれば、幼なじみの特徴を好きな相手として言ってしまうのもありだと思います。

とはいえ、あからさまに幼なじみのことを言ってしまうと、気持ちに気が付かれてしまって気まずい関係になってしまいかねません。

それまで幼なじみとしか考えてなかった相手の好意に気が付いて、自分との気持ちのギャップに戸惑ってしまう人もいるでしょう。

そのため、ここで恋愛相談をするとしても、ぼかしてぼかして男性からしたら、「俺と似たタイプじゃない?」と思われる程度にしておくのがいいと思います。

8.二人きりで会う頻度を増やす

幼なじみというと、二人きりで会うこともとくに違和感ないかもしれません。

しかし、中には成長していく中で友達数人で会うことが普通になってしまい、二人きりで会う機会がなくなってしまう人たちもいると思います。

そんなときは、二人きりで会うようにして、二人きりの時間を作ってみることも効果的です。

また、もし二人きりで会うのが普通になっている人たちは、出かける場所を変えてみたり、服装などでこれまでとのギャップを作ってみるのもいいでしょう。

普段近所や地元で会うことが多いのであれば、少し遠出をするのもいいでしょうし、デートスポットにでかけてみたりするのも、周りのカップルに引っ張られて、気持ちが高まってしまうかもしれません。

また、二人きりで会うのにスカートや可愛らしい格好をしていると、自分のためにと思って、ドキッとしてしまうこともあると思います。

そんなことが何回か続けば、幼なじみも恋愛にシフトチェンジしてくる可能性は十分あるのではないでしょうか。

9.臆せず気持ちを伝える

幼なじみや友達の壁は意外に高く、思っていることを素直に言えなかったりすることもあると思います。

男性相手と考えれば、ちょっと気を持たせる言葉や行動をできるのに、幼なじみ相手だと恥ずかしくてできないなんて人もいるでしょう。

嬉しいや楽しいというプラスの言葉は、なんだか気恥ずかしさもありますよね。

しかし、相手にも意識してもらいたいのであれば、怖がることなく素直に気持ちを伝えることを気を付けてみましょう。

そうすることで、関係はだんだんと良い方向に進んでいくかもしれませんよ。

気をつけること

ここまでで幼なじみを恋愛に発展させるための方法を紹介してきました。

恋愛に発展させるためには、それまでとは違い、意識してもらうための行動がいくつも必要になってくると思います。

しかし、どんな行動をするにしても、気を付けなくてはいけないこともあるんです

昔からの仲だからこそ、一度入り込み過ぎてしまうと取り返しのつかないことになってしまうこともあるでしょう。

そこで、最後に気を付けたほうがいいポイントを紹介していきます。

幼なじみであるからこそ、陥ってしまいやすい部分だったりするので、こうなってしまわないように注意しながら、アピールして恋愛に発展させていくことをおすすめします。

友人・家族のようにならないこと

近づきすぎてしまうと、どうしても家族に近い存在になってしまったり、仲良くなりすぎると仲良い友人の一人としての認識になってしまうことがよくあります。

一度この位置になってしまうと、そこから恋愛関係にいくのは至難の業です。

そのため、近づきすぎて友人になってしまわずに、遠くなりすぎて忘れられてしまわない適度な距離感が必要になってくるんです。

幼なじみにとって、この友人や家族のようになってしまわないことは、意外と難しいことだったりするので、注意しましょう。

異性でいることを忘れない

幼なじみというのは、昔からの仲なので、どうしても異性として見づらかったりします。

そのため、人一倍異性でいることを気をつけなければなりません。

これを忘れてしまうと、いつの間にか同性と同じ扱いになってしまい、恋愛に発展する以前の問題になってしまうんです。

しかし、普通よりも異性でいるのが難しいのも事実です。

なので、服装や言動などで異性として見てもらえるように努力することも忘れてはいけません。

干渉しすぎない

特別な存在になりたいとばかり考えていると、常に干渉しすぎてしまい、うっとうしい存在になってしまうこともあります。

人は干渉されすぎると、縛られているように感じたり、親のような存在だと認識してしまったりします。

そうなってしまうのは本望ではありませんよね。

気になってしまったり、もっと近づきたい気持ちも分かりますが、干渉しすぎないように注意しましょう。

親しき仲にも礼儀あり

いくら昔からの仲の幼馴染とはいえ、入り込んではいけないところもあるはずです。

どんなに仲が良くても、礼儀や遠慮を忘れてはいけないと思います。

そのため、頭の中ではいつも「親しき仲にも礼儀あり」という言葉を忘れないようにしましょう。

これを忘れてしまうと、いつの間にか家族のような立ち位置にいることもあるようです。

素を出し過ぎない

なんでも知っている幼なじみとはいえ、全てをさらけ出してしまうのは賢いとはいえないでしょう。

素を出して、全部をさらけ出してしまうとギャップや未知の部分がなくなってしまい、男性は異性としての魅力を感じられなくなってしまったりします。

男性は、幼なじみとはいえ女性的な部分やもっと知りたいという興味がないと、なかなか恋愛には発展しにくいと思います。

そのため、過度に素を出し過ぎてしまうのは、賢明な判断だとはいえません。

恥じらいも大事

男性は女性が恥ずかしがる姿が無条件に好きです。

その照れる姿を見て、気持ちが高まってしまったりもします。

なので、どんなに近い存在であろうと恥ずかしがる姿や、恥ずかしいと思う気持ちをもっておくことは大切なことなんです。

意地を張らない

昔から自分のことを知っていると、本心を知られたくなくて何かと意地を張ってしまうこともあるでしょう。

しかし、意地を張り続けてしまうと、男性からは可愛くないと思われ、離れていってしまうことも大いに考えられます。

意地っ張り程度で済むくらいならまだいいですが、あまりに意地を張り過ぎていると感じる人は、なるべく幼なじみには意地を張らずに、素直な気持ちを伝えるように心掛けることが大切です。

まとめ

今回は幼馴染から恋愛に発展するための方法を紹介してきました。

好きになるキッカケや悩みが色々とあったとしても、最終的に望むことは一つのはずです。

幼なじみは一見近い距離なので、アピールしやすいと考えられがちですが、幼い頃から場所ができてしまっているため、その関係を変えるのは難しかったりするんですよね。

しかし、とはいってもまだこれから変えていくことだって可能です。

できることを精一杯頑張ってみることをおすすめします。

後悔しないように「今」行動してみては?

幼なじみに恋心を抱いていても、なかなか気持ちを伝えられずにそのまま時間ばかりが過ぎて手遅れになってしまう人も多いんです。

近い距離だからこそ、行動できない気持ちもわかります。

でも、やらないで後悔するならやってみたほうが、あとから関係修復することだって考えられますし、ずるずると引きずることもないと思います。

ぜひ後悔しないように、いま行動を開始して、幸せを切り開きましょう。