あなたの周りには何でもそつなくこなせるような人はいますか?

恐らく、これまで過ごしてきた人生の中で、なんでもできるようなバランスの良い人間を見た事がある方も多いはずです。

例えば、学校の生活などでも、成績もよく、運動も出来て、コミュニケーションも取れて、笑わせてくれるような、クラスの中心人物などはいたはずです。

もちろんすべてはできていなくても、ある程度そつなくこなしてしまうような、マルチな才能を持った人は身近に一人くらいはいたはずです。

誰しもがそんな人になりたいと憧れを持ったこともあるかと思います。

憧れた経験がある人は、おそらく自分自身がバランスが良い人間ではないからこそ羨ましいと思っているはずです。

生まれ持ったものだからしょうがないと思ってしまい人もいるかもしれませんが、上手に生きる事でこのバランスなども身に着けることが出来ます。

もちろんある程度の努力は必要ですが、ある程度意識すれば自分にもスキルを身に着けるチャンスはたくさんあります。

なので、今回はバランスが良いという事をテーマにして、バランスが良い人間になるための方法をご紹介します。

バランスが良いと楽に生きられる!

実際にあなたの身近にバランスが良い人間がいたことがある人はどういう人なのかということをなんとなく感覚的に理解できるはずです。

明確にこれができるからバランスが良いということはわからなかったとしてもなんとなくこんな人になりたいなと素直に憧れることができる、羨ましむことができるような人間はいたはずです。

バランスが良いとさまざまなメリットがありますが一番のメリットとしては楽に生きていくことができると考えることができます。

例えば先ほどご紹介した学校の生活の例においては、成績が良ければ先生からはある程度評価されますし、良い学校に行ける可能性も高いので自分の人生が楽に生きることができます。

運動ができれば異性である女性からモテる様になりますし、運動を通して同じ趣味を持った仲間が見つかりやすいですしストレス解消の方法として運動楽しむこともできます。

コミュニケーション能力があれば仕事の面で様々な人と仲良くなって、様々なコネクションを作ることが出来ますし、仕事で関わる相手から気に入られやすいので評価してもらいやすいですし出世しやすいというようなメリットもあります。

人を笑わせるような能力に秀でていれば必ず人から愛されるようになり様々な楽しいイベントなのに読んでもらえるようになります。

このようにバランスよくなんでもできるような人は人生においてたくさんのメリットを得ることができます。

バランスが良い人間になるためにすべき15個のこと

バランスが良い人間になる事で人生がとても楽になるということを理解いただけたかと思いますが、具体的にバランスが良い人間になるために何をすれば良いのかと考えてもなかなか明確な答えが見つかりませんよね。

学生時代や社会人になった時にでも、カリスマ性があるようなバランスが良い人間を見て憧れた経験があったり、まさしく今憧れているという人もいるかと思います。

何をすればそんな人間になれるのかという事は、考えても見つかりづらいことなので明確にどういう風に努力すれば良いのか分からない方が多いです。

実際バランスが良い人も努力をしているようには見えずに、自然とそういう受け答えができているからこそ余計にそう感じざるを得ません。

生まれ育った環境で決まってしまうようなものだと判断して、考える事や努力する事を辞めてしまう人もいますが、それはとてももったいない事です。

なので、ここからは具体的にどういう事をすればバランスが良い人間になれるのか、という事を簡単にご紹介していきます。

1. その場の空気をよく読む

バランスが良い人間になるために行うべきことだとしてその場の空気をよく読むということが挙げられます。

バランスが良い人間はその場の空気を読み適切な行動を行うことができるかが多いです。

その場の空気を読むことによってたくさんの人が行って欲しいと思うことを行うことが出来ますし、その場にそぐわないような行動をとらないことによって周りの人からの信頼感を失うことを防ぐことが出来ますし、むしろ望んでいることを行えば頼りになる人間やできる人間だと評価してもらうことができるようになります。

人間関係においてもその場の空気を読むことでより良い人間関係を築くことが出来ますし、仕事の面に関しても行って欲しいと思っていることを誰かに指示されないで行うことによって仕事ができる高い能力を持った人間だと評価してもらうことにつながるので人生がとても楽になり良い方向へと進んでいきます。

どうしても人間の中には指示をされなければ動けないような周りの人の事を考えて自分で動くという能力が低い人間が多いのも事実です。

社会で求められるのは、与えられた仕事を100%こなす能力ではなく、自分で考えて行動して、結果を出すという能力なので、人生や仕事において重要な行動のひとつだという事を忘れないで下さい。

2. 規則的な生活をする

バランスが良い人間になるために気をつけていただきたいこととして規則的な生活をするということです。

規則的な生活をするということは規則正しい生活を行うという意味合いであり睡眠や運動や食事などを規則正しく行うということです。

規則正しい生活をすることによってバランスが良い人間になれる理由のひとつとして、規則正しい生活を行っていなければ自分の中の精神的なバランスが保たれないという事が一つの理由です。

規則正しい生活を行うことで自分自身の精神の健康を養うことができます。

例えば一般的な規則正しい生活とはかけ離れたような生活を行ってしまうと、睡眠を朝から取って夕方に起きたり、食べるご飯は1日1食でなおかつとても量が多かったり、運動全くしなかったりするような生活を送り続けていると体調の悪い変化が訪れたり精神的にもマイナスな思考になってしまったりと精神的な健康面の影響がたくさん及んでしまいます。

精神的な健康がなければ周りの人に対して良い印象を与えたり、明るい印象を与えることが出来なかったりする場合も考えられますし、健康でなければ人と関わる事なども苦痛に感じてしまう事にもなりかねませんので、まずは体が資本なので健康な体を手に入れる事はすべての事において大事な事です。

不健康な体であれば、何かを行う上でのモチベーションも下がってしまうので、行動できないようなマインドへと変化する可能性などもあるので、自分の健康には最大限の注意を向けてください。

3. 喜怒哀楽の感情をコントロールできるようになる

バランスが良い人間になるために気をつけていただきたい方法として喜怒哀楽の感情をコントロールできるようになるということです。

バランスが良い人間は周りの人間に対して適切な行動をとったり適切な考え方を行って相手が望むような行動を行うことが必要です。

しかしながら喜怒哀楽の感情を上手にコントロールが出来なければ適切な場で適切な対応ができなくなってしまいます。

例えばあなたの身の回りにも自分の感情をコントロールできずに急に怒り出したり急に悲しみ出したりして関わる事が面倒くさいと感じるような人がいると思います。

自分が理解できないような行動をいきなり取る人を目の当りにした時に、理解できない行動を取る事からその人に対しては不信感が募ります。

不信感を相手に与えてしまうとその相手とのコミュニケーションがうまく取れなくなってしまいますし、喜怒哀楽の感情をコントロールできなければ適切な人間関係を幅広く形成することが難しくなります。

ですので喜怒哀楽の感情を上手にコントロールできるになるという言葉バランスが良い人間に近づくための大切な手段であることを理解してください。

4. ストレスを貯めない

ストレスをためないと言う行為もバランスが良い人間に近づくために行える方法です。

人間であれば普段の生活を行っていく中で様々なストレスを感じる要因が多く存在します。

例えば普通に生きているだけでも様々な人と人間関係を形成して生活をしていますが人間関係によるストレスを感じる面もありますし自分が行っている仕事がうまくいかなかったり仕事の内容などによっては仕事を行っているだけでもストレスを多く感じてしまったりすることもあります。

それ以外の面でもプライベートなので自分と親しい人間と喧嘩をしてしまったり、或いは全くの他人との間柄の中でストレスを感じるような、俗に言うイラッとしてしまう様な事をされたりなどストレスを感じると言うことを細く噛み砕いていくと様々なことが考えられます。

ストレスを感じないことが一番大切ですがストレスを一切感じないようにするということは人間であれば不可能です。

自分以外の人間は言ってみれば他人なので考え方や物事の価値観のとは全く違うのでどうしてもその違いからストレスは生み出されてしまいます。

なのでなのでストレスを受けないように対処することも大切ですがストレスを上手に吐き出すことも同時にとても大切なことです。

ストレスが溜まってしまいますと身の回りの関係ない人に当たってしまったり適切な対応ができなかったりして相手に不信感や怒りを覚えさせてしまうことにつながりかねませんので、バランスの良い人間になるためには、ストレスを上手にコントロールできるように工夫を行う必要があります。

5. 自分を客観的に見る癖を付ける

自分自身を客観的に見る癖をつけることによってバランスの良い人間になれる可能性を高めることができます。

普段自分が行っている行動や対応などについて客観的に自分を見つめ直したことがありますか?
おそらく大多数の方があまり自分を客観的に見るということを癖付けている人はいないと思います。

よっぽど自分の行いを気にして周りからの評価を気にしていなければなかなか客観的に見る癖を養うことはできていないと思います。

しかしながら自分を客観的に見ることを癖付けることで自分が行っている行動や対応などが本当に正しいことなのか、もしくは客観的な目線で見たときに求められている行動なのかどうかということを確認することができます。

客観的に自分を見ることによって自然と客観的に求められる自分を理解することができるようになります。

客観的に求められる行動を常にとることができるのであれば必ず周りの人からは信頼関係が生まれ、好かれる状況へと変化します。

たった少しの気遣いだけで自分の行う行動や考え方を変化させることができるので客観的に自分を見る癖をつけることでどんな場面でも有利な立場で行動することができます。

6. 誰にでも平等に接する

バランスの良い人間になるためには必ず気をつけていただきたいことが誰にでも平等に接するということです。

例えば相手の外見や相手の内面など自分が相手のことを理解したくない、もしくは相手の事が嫌いだと思った時に、その特定の相手だけに対して、ひどい言葉やひどい対応をしている人を見かけた事があると思います。

もちろん人間なので全ての人が好きになれるかといえばそうではありません。

当然ながら嫌いな人もいますし馬が合わないと思うような人もたくさんいると思いますがわざわざその人に対して面と向かって相手が不快になる態度を取る必要はありません。

嫌いなのであれば接点を減らしたり、極力関わらないようにするなどの行いをすれば良いだけの話で、相手にわざわざそれが分かるように対応する必要はありません。

誰かに対してひどい行動しているのを見かけると当然ながら人は嫌な気分になりますしそれが伝染的に広がってあまりない面が良い人間だとは判断されなくなってしまいます。

なのでバランスが良い人間になるためにはどんな人に対しても平等に接することが大切であり、常に平等心がけることによって周りにいる人たちからは内面がしっかりしている、人格者であり、頼りがいがあるという印象を持ってもらえることにつながります。

結果的に自分のメリットへとつながるので平等に接することを心がけて普段の対応を行ってください。

7. 常にポジティブな言動をする

常にポジティブな言動する人があなたの周りにも一人はいると思います。

いわゆる性格が明るい前向きでポジティブな人間性を持った人のことですが、そのような人が身近にいると自分も明るく前向きな気持ちを持つことができます。

気持ちは伝染していくものなので、明るい気持ちや言動を常に心がければ周りは明るい気持ちを持った人がたくさん増えますし、常にマイナスな発言や後ろ向きな考え方をしていると身の回りには負のオーラを持った人たちが集まりません。

明るくポジティブな性格であるという言葉周りの人を勇気付ける、元気づけることができます。

様々なことを行うにあたってポジティブな考え方を行うことができれば、自然と可能性が広がります。

出来ると思っていれば出来ますし、出来ないと思っていると失敗してしまう可能性が高くなります。

自分に自信をもって常に明るい対応や行動、言動などを心がける事によってたくさんの人から好かれ、コミュニケーションやコネクションなども作れるようになるので、常に明るい自分を目指して行動してください。