あなたは働くとしたら、どんな会社で働きたいですか?厳しい上下関係で縛られた会社か、もしくは上下関係がなく自分の好きに仕事が出来る会社か、どちらかと問われれば、後者と答える人が多いことでしょう。

後者のような会社を、「フラットな会社」と呼びますが、フラットな会社にはどのような良さがあるのでしょうか?一般的にフラットな会社が良いと言われている、17個の理由をご紹介していきます。

フラットな会社がいい理由17個

最近では、大手の会社が主ですが、フラットな会社が増えてきています。

何時に出社して何時に退社するのかを社員自身が決めることが出来たり、その日の仕事内容が終われば、終業時間よりも早く帰れたりするところもあります。

また、情報通信関係の会社や、泊まり込みで仕事をすることが多い会社では、仮眠室やリラクゼーションルームのある会社も増えてきています。

快適な社内環境を整えることで、社員が伸び伸びと仕事が出来るようになっているため、そこで働く社員の離職率も低く、自分が勤める会社についての満足度も高いと言われています。

また、そこまで社内の環境が整っていなくとも、ある程度仕事内容を自分で自由に決められたり、厳しい上下関係がなかったりと従来の会社よりもフラットなところも多く、そういった会社で働きたいと希望する若者も多いようです。

では、具体的にフラットな会社が良いとされる17個の理由を以下にご紹介していきます。

人間関係が良好

フラットな会社では、一般的な会社に比べて人間関係が良好なところが多いです。

その理由の一つとして、フラットな会社は始業時間や終業時間を比較的個人の都合で合わせることが出来、また仕事内容も個人プレイが多いことが挙げられます。

始業時間や終業時間がきっちりと決まっていると、体調不良や家庭の事情などで出勤・退勤時間に変動がある人がいると、その人に対して他の人から不満が出やすくなってしまいます。

当人にとっては致し方ない事情があったとしても、「どうしてあの人だけ堂々と遅刻して来られるのか」など、口には出さなくても社内の空気が悪くなってしまうことがあります。

また、仕事内容が毎回他の人同士で協力し合わなければならない場合、チームワークも生まれますが、同時にもたついている人がいることで「早く仕事をしてくれよ」とギスギスしたり、ストレスに感じてしまったりすることもあるでしょう。

一方でフラットな会社は、出勤や退勤の時間を個人の都合や事情に合わせてくれることが多いため、誰がどれだけ遅れてきたり早く帰ったりしても、他の人から不満が出ることはありません。

遅刻してきたのなら、その分少し退社時間をずらして仕事をすれば良いのですから。

また、仕事内容も個人プレイが多いため、他の人に足を引っ張られることも、また自分が足を引っ張ることも少なく、人間関係でストレスに感じることはそこまで多くはありません。

あくまでも、個人の都合や事情に合わせてくれるため、フラットな会社は魅力的なのです。

上下関係が厳しくない

フラットな会社は、上下関係が厳しくないところが多いです。

会社によっては、会社の代表者、すなわち社長の立場はいても、それ以下の役職がないところもあります。

また、部署ごとにリーダーとなる人物はいても、あくまでも部署内のまとめ役というだけであり、偉い立場ではないため、上下関係をそこまで気にしなくても良いという利点があります。

例えるなら、「上司と部下」ではなく、「先輩と後輩」といった関係のように、会社に勤めている年数に差はあれど、気軽に、そして親しみを持って先輩の立場の人に接することが出来ます。

また、先輩の立場の社員も同じようにやってきているため、先輩風を吹かせることもあまりなく、良好な人間関係を築きやすい環境と言えるでしょう。

上司を気にしなくていい

フラットな会社は上下関係がそこまで厳しくありません。

そのため、上司の存在を特別気にしなくても良く、新しく会社に入ってきた新人がストレスを感じにくい環境になっています。

とはいえ、上司は上司ですので、きちんと丁寧な対応と敬意を払う必要はあります。

フラットな会社では、一人ひとりの社員の責任は増えますが、同時に上司の立場になる存在への負担はそこまで大きくはなりません。

そのため、「部下の責任が全て上司にかかってくる」ことは少ないため、上司もそこまで部下に対してガミガミと当たりがきつくなることはありません。

社員は自分の仕事にきちんと責任を持ち、また上司は時に頼もしくそれをサポートしてくれるため、上司と部下の関係も悪くなることはあまりないのです。

社員は上司に対して媚びを売る必要もなく、そこまで存在を気にすることなく仕事が出来、一方の上司もある程度部下を管轄していれば良いため、どちらにとってもある意味では理想の職場と言えるのかもしれません。

コミュニケーションが密になる

フラットな会社では、厳しい上下関係がなければ、人間関係での縛りもほとんどありません。

そのため、誰とでも気軽にコミュニケーションが取りやすい環境にあります。

同じ部署の人はもちろん、上司ともコミュニケーションが取りやすいため、よりコミュニケーションを密に取ることが出来ます。

チームとして仕事を行う上でも、コミュニケーションが円滑であればそれだけ作業も手早く効率的に進めることが出来ます。

また、お互いに意見を交わしやすい職場であれば、それだけ個人の考えをハッキリと口に出すことが出来るため、話し合いの場において誰でも積極的に意見を発することが出来ます。

気兼ねなく自分の考えを口に出来るということは、議論の末に自分の意見が反映されなかった場合でも、そこまで不満が残ることはなく、互いに気持ち良く仕事に取り組むことが出来ます。

情報伝達が早い

フラットな会社では、仕事内容が個人プレイになることも少なくはありません。

そうなると、自然と社員同士の会話やコミュニケーションが減って、情報伝達が遅くなると思われがちですが、そういうわけではありません。

例え仕事内容は個人プレイだとしても、日頃から気軽に社員同士や上司部下でコミュニケーションが取れている分も、何かあったときや仕事に関する情報伝達は一般の会社よりも早いです。

また、役職や立場の関係性が薄い分、情報の伝達が途中で止まってしまう可能性も低く、直ぐに職場内に情報が広まります。

さらには、チームで一つの仕事に取り組んでいる場合には、それ以上に情報伝達の速度が上がるため、少しでも何か変化があれば直ぐに周りに伝わるようになっています。

特に情報通信関係の会社では、社内での情報伝達の速度によって情報の鮮度が変わってきますので、より速い情報の伝達が求められています。

対応が早くなる

フラットな会社では、社員同士の人間関係で良好なところが多いため、それだけコミュニケーションを気軽に取ることが出来ます。

日頃から些細なことでも情報伝達を密に行っていれば、それだけ不測の事態に陥ったときにも早く対応することが出来ます。

例えば直に仕事のプレゼンが始まるというところで、資料に不備が見つかったときには、その旨を隠さずに他の人にも伝えることで、手が空いている人同士で直ぐに修正に取り掛かることが出来ます。

また、外へ出ている営業の社員に関わる問題が起きた時にも、直ぐに当人に連絡を取りながら、その社員から指示を受けて社内でも対応を行うことも可能です。

社員同士のコミュニケーションが日頃から取れていない会社の場合は、誰かがミスを犯したとしても、「それはその人の問題であって自分には関係ない」と我関せずで過ごしてしまうことが多いです。

また、時間がなくて手伝いを頼まれた場合にも、「どうして自分まで手伝わなければならないんだ」と心中で不満に思い、後の人間関係に響いてしまうことがあります。

確かにミスや不手際は本人の責任ですので、本来は他の人が手を貸す必要はないかもしれません。

しかし、他の人が手を貸すことによって、より会社への損害を減らすことが出来、結果として会社のためになるのです。

日頃から密にコミュニケーションが取れている職場では、何かあったときに自然と助け合いの精神が生まれます。

それは、過去に助けてもらった経験のある人ほど、今度は誰かの助けになろうと自分から進んで協力するからです。

フラットな会社では、そういったいざというときの社員同士の繋がりが強いため、その分対応が早いと言えるでしょう。

意見を出しやすい

先にも挙げたように、フラットな会社では社員同士の関係が比較的良好で、また上下関係が
厳しくありません。

上司に対してもおべっかを使う必要がなく、また一々上司の目を気にして仕事をする必要もありません。

余計な気づかいやストレスを感じなくて済む分、社員は仕事に集中することが出来ます。

また、そのような環境下では、自分の意見を出しやすくもあります。

例えば会議で何か提案があるときや、チーム内でディスカッションをするときなどにも、積極的に自分の意見を出していくことが出来ます。

窮屈で上下関係の厳しい会社では、入社してまだ年数も経っていない社員が意見を出すことはあまり良しとされず、「黙って上司の指示に従っていればいい」という暗黙のルールのようなものも存在します。

しかし、フラットな会社ではそういった考え方は一切ないため、入社したての新人でも堂々と意見を出していくことは出来るのです。

とはいえ、フラットな会社は個人の意見や主張が通りやすい反面、いつでも積極的に自分から発言をしていくことも求められます。

会社に来ていながらまったく何も意見を出さずに他の人の意見にただ従っているだけでは、「会社に何をしに来ているのか」と思われてしまいかねません。

そのため、普段からおしゃべりな人やアイディアが豊富な人、自分の意見を積極的に発言出来る人ほど、フラットな会社に向いています。

話が通りやすい

フラットな会社では、個人の意見やアイディアが採用されやすい環境が整っています。

そのため、誰が新しいアイディアを出しても、その内容が魅力的だと判断されれば、直ぐにでも上に話が通るような体制になっています。

社内で新しい商品の企画を提案するときや、仕事の進め方についての議論など、あらゆる話し合いの場で誰でもが積極的に発言が出来るような雰囲気づくりも出来ているため、すべての社員が参加型で仕事が出来、仕事に対する充実感や達成感も覚えやすくなっています。

社員一人ひとりにとっても、自分の提案した内容が良ければ直ぐに話が通るため、その分やる気に満ちて一つひとつの仕事に取り組むことが出来ます。

やりたいことがやれる

フラットな会社では、やりたいことがやれるという大きなメリットがあります。

もちろんやりたいことの内容にも限度がありますが、一つの仕事に対して、「自分はこのようにして仕事を進めていきたい」とやり方の希望があれば、その通りにやらせてくれる可能性が高いです。

フラットな会社では、社員の自主性を重んじる傾向が強いため、社員がどんなふうに仕事をしたいか、またどんな内容の仕事をしたいかという意見をよく聞いて、内容が納得できるものがあれば聞き入れてくれます。

そのため、会社によっては例えば社員が朝「今日はこの仕事のこの部分までを進めたいと思います」とリーダーである上司に報告をして、了解が出ればその通りに仕事をするというところもあります。

自分でその日の仕事内容を決めることが出来るため、もしどうしても外せない用事が夜からある場合には、夕方までには終わる仕事の内容を組み、その通りに仕事を終えたら定時直後には帰宅するというやり方も可能です。

このように、個人で仕事のやり方を決められる会社は、育児や家庭の事情が大変な人にとってはまさに魅力的な職場であると言えるでしょう。

挑戦させてもらえる

フラットな会社では、社員一人ひとりの能力を伸ばすために、自ら手を挙げた仕事には挑戦させてもらえる場合があります。

例えば自分が「どうしてもこの仕事をやりたい」と思うものがあれば、積極的にそれを上司に相談します。

そして、自分の熱意を伝えた場合に、希望の通りにその仕事をさせてもらえる可能性が他の会社よりも高いのです。

一般的な会社では、個人の能力や年功序列など、さまざまな制限があるため、例え仕事内容を希望しても「お前にはまだ早い」や「その仕事は先に〇〇さんがやることになっているからダメだ」などと理由をつけて断られる可能性が高く、また会社によっては「出しゃばるな」と釘を刺されてしまうこともあります。

しかし、フラットな会社はある意味「出しゃばり上等」な方針をしているところが多いため、個人の希望に合わせてやりたい仕事に挑戦させてもらえる可能性が高いです。

しかし、一度でも自分で希望した仕事であれば、それだけきっちりと責任を持って周囲が満足のいくような仕事の結果を出さなければなりません。

権利を主張するのであれば、しっかりと義務や責任を果たすことも求められます。

向上心があり、プレッシャーに強い人はフラットな会社でどんどん伸びていくことが出来るでしょう。