CoCoSiA(ココシア)

アラフォーとは何歳から何歳まで?節目だからこそ考えたい人生のこと

年齢について、いつのころからかアラ◯◯などというようになってきましたよね。

これってどういう意味なんでしょうか?例えばよく聞く「アラサー」という言葉ですが、この言葉は「アラウンド」という言葉と「サーティ」という言葉が合わさった俗語です。

この二つを合わせて「アラウンドサーティ」つまり、直訳すると「30付近」ということになります。

意味は、30歳前後という意味として使われています。

日本では特に、女性に年齢を尋ねるのは失礼だとされています。

また、女性自身もあまり自分の年齢をさらけ出したくないというのが本音です。

このような女性たちが、できるだけ年齢をぼやかして伝えたい、でも嘘はつきたくないという思いから生みだされた言い方が「アラ◯◯」だったのではないでしょうか?

今回は、この造語の仲間である「アラフォー」について、いろいろと述べて行きたいと思います。

アラフォーとは一体なんなのでしょうか?

この記事の目次

アラフォーの日々を充実させるために

アラフォーとはいくつくらいのことを言うのでしょう?

タイトルにもありますように、アラフォーは人生の節目の年齢であり、折り返し地点とも言える年齢でもあります。

近年、日本人特に女性の寿命は大変長くなってきています。

一昔前の「アラフォー」と呼ばれた人々にとっては人生の後半部分に差し掛かったとも言える年齢であったとしても、現代では「アラフォー」からこそが人生であるとも言われています。

しかし、人間には寿命があり、限られた人生しか生きることができません。

いつかは終えてしまう人生、その人生の中間地点であるアラフォー世代の日々を充実させるために、生き生きとした人生を送れるようにどのように過ごせばいいのでしょうか?

アラフォーとは何歳のこと?

アラフォーとは、「アラウンドフォーティ」つまり、40歳前後の人のことを言います。

だいたい37歳頃から43歳頃までを指すのが一般的のようですが、これといった基準はありませんので、40歳を中心として5歳前後と思っておけばいいでしょう。

人に自分の年齢を明かすときも、「40歳・・・くらいです」とごにょごにょごまかすよりも、「アラフォー世代なんですよ」と言う方が、言いやすいですし、スマートでなんだかカッコいいと思いませんか?

ちなみに、同じような法則で、30代前後の人はアラサー、50代前後の人はアラフィフと呼びます。

主に女性の年齢を指す言葉ですが、いくつになっても生き生きと輝いていきたいですね。

アラフォーの時期に考えたい人生の項目

40歳代つまり、アラフォー世代になりますと、だんだんと身体も変化してきます。

疲れやすくなったり、病気になったり、今まで出来ていたことがだんだんできなくなる、自分自身で「加齢」を感じてしまうというようなことがあります。

女性の場合は、閉経してホルモンのバランスが崩れたり、更年期障害が現れる方もいらっしゃるでしょう。

また、ご結婚なさっている、子供さんがおられると言う場合と、独身である場合でも今後の考えについては全く違ってくると思いますが、お子様がおられる方ですと、そのお子様が成人を迎える年齢に差し掛かる方も少なくないと思います。

40歳に入ったとたんに、いきなり環境が変化するわけではありませんが、それでもこの年代をきっかけに、いろいろと考え直さなければならないこと、考え直した方が良いこともたくさんあります。

1. 今後の経済的なこと

特に独身の方は、今後の経済的なことへの不安をお持ちではないでしょうか?

このままお一人で老後を迎えられるのか、チャンスがあればご結婚に踏み切るのか。

若い頃と今では相手に対して求めること、基準も変わってきているでしょう。

例えば、若い頃は相手のことを好きでさえいれば良かったということも、この年代になると相手に対して経済的な面を求めることもあると思います。

アラフォー世代では、女性の方でもバリバリ仕事をこなしている方も多いですし、独立して自営業で第一線で活躍されている方も多いです。

もちろん中には男性よりも収入が多い方もいらっしゃいますよね。

ご自身で自立できている、他人の力を借りずとも十分に生活できるという方にとっては、あまり結婚する意味がないと御考えの方もおられると思います。

貯金のふやし方や目標

アラフォー世代の独身女性の貯蓄額平均は、なんと950万円だそうです。

1000万円近い貯蓄があるのですね。

65歳まで仕事をしたとして、もう少し貯蓄額を増やしても、老後余裕を持った生活はおそらくできないと思います。

家が持ち家であったり、全く借金を抱えていないと言う場合は、生活することも可能だと思いますが、独身の場合はどうしても老後の面倒をみてくれる配偶者や子供がいないため、施設などに依存することになるでしょう。

そうなりますと、やはり貯蓄はあった方が良いですし、現在貯蓄が全く無い方は、まずは貯金を始めなければなりません。

貯蓄を始めるには、今得ている収入のまま節約した生活を行うか、収入を増やすかが基本です。

しかし、なかなか節約した生活にするというのは、今からだと結構大変ですよね。

そこで、最近皆さんがやっているのが「副業」です。

副業は、パソコンが一台あれば手軽にできる仕事ですし、時間を問わずすることができます。

お勤めの会社が副業を禁じている場合は難しいですが、現在はほとんどの会社が副業をむしろ推進しているようです。

副業もいろいろな職種がありますが、インターネットで紹介されていることが多いので、一度検索してみて下さい。